ドラマル

『人生が楽しくなる幸せの法則』2話のネタバレ感想!忍成さん演じる森一哉に非難の声

2019年1月17日に放送されたドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』2話のネタバレ感想と3話の展開を予想してお伝えします。

関連記事

『人生が楽しくなる幸せの法則』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『人生が楽しくなる幸せの法則』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『人生が楽しくなる幸せの法則』2話のあらすじとキャスト

神様(山崎ケイ・相席スタート)は、中川彩香(夏菜)には「自己表現下手くそブス」、木原里琴(高橋メアリージュン)には「融通の効かないブス」、皆本佳恵(小林きなこ)には「開き直りブス」とブスであることを認め、ちょうどいいブスを目指して幸せになって欲しいと言うも、3人はその方法を早く教えて欲しいと急かす。「うるさい。どんだけ一方通行なのよ」と神様は怒る。

ある日、ゴーデンモバイル社のアイザック・ヘネット社長(イアン・ムーア)が社長や役員が取引先の接待で不在の時に急遽、ジャストライト物産に来られることになった。今日の夕方に契約し、動画配信を世界中に行う予定になっていた。「抜き打ちの視察だ」と総務部の吾妻博一(徳井優)たちは、急いで片付けをするがベネット社長とその秘書坂東依舞(太田緑ロランス)が到着。吾妻が応接室で時間稼ぎするも、営業部では販売予測データが消えてしまうアクシデントが起き、パソコン操作が早い木原が入力を頼まれ、渋々承諾する。

一方、おもてなしのお菓子を買いに行った皆本は、彼氏の西野龍樹(内田健司)が女の子と歩いているところを目撃し、ショックを受けて「私は死んだ」と嘆き葬式まんじゅうを買ってきてしまう。「葬式まんじゅうなんか出せない」と怒った吾妻に、「なんとかします」と中川が言い、食堂で茶菓子のアレンジを頼み、お汁粉を持っていこうとした際に慌てて、憧れの人である佐久間涼太(和田涼太)の前で落としてしまう。ベネット社長がまず社員食堂を見学したいと言って慌てて食堂を再確認しにきていた佐久間の様子を中川は察することができなかった…
ショックを受けて総務部に戻った中川。皆本も他の社員に絡んで迷惑をかけてしまっていたため、二人は別室にで待機することになる。

一方、木原は販売予測データを急いで打っていたが、営業部の森一哉(忍成修吾)にあと10分で完成させて欲しいと急かされ、営業部の落ち度なのに代わりになんで私がしないといけないのと反発。頑張ってる人の気持ちが分かってないと森に言われた木原も作業を辞めて別室にやって来る。

それらを見ていた神様が、2人はそのままだが、中川は自己表現下手くそブスから、空気の読めないブスに変わったと言われる。「3人に足らないのは、コミュニケーション能力、自分の都合しか考えていない。相手の呼吸と動きに合わせていくことが、コミュニケーションの第一歩」と神様に指摘される。

皆本は彼氏に連絡し、従兄弟と歩いていたことがわかり一安心。
営業部を見にきたベネット社長は、販売予測データを見たいと言い、正直に森が謝罪していると木原が復元したデータを持参。我が社に部署の垣根はないと言う。

総務部にベネット社長が行くと、皆本が隠れている部屋から音がして見に行くと、坂東が今日は誕生日と知っていた皆本がサプライズをして成功する。

動画配信の準備をするため控え室でいたベネット社長にお茶を出しに来た中川が社長のかつらがずれていることに気づき、自分のスカートのチャックを開けて、かつらがずれていることを伝える事に成功した。

動画撮影も無事おわり、営業部の3人が大活躍だったと社長にほめられ、喜んでいた中川だったが、佐久間とのコミュニケーションがまだうまくいかない事に落ち込む。

『人生が楽しくなる幸せの法則』2話に出演する主要キャスト

  • 中川 彩香(夏菜)
  • 木原 里琴(高橋メアリージュン)
  • 皆本 佳恵(小林 きな子)
  • ちょうどいいブスの神様(山﨑ケイ(相席スタート))
  • 佐久間 涼太(和田 琢磨)
  • 鴨志田 萌(佐野 ひなこ)
  • 森 一哉(忍成 修吾)
  • 松澤 初美(伊藤 修子)
  • 吾妻 博和(徳井 優)
  • 神原 重吉(田山 涼成)

2話に出演するゲスト

  • 西野龍樹(内田健司)
  • アイザック・ヘネット社長(イアン・ムーア)
  • 秘書・坂東依舞(太田緑ロランス)

スポンサーリンク

『人生が楽しくなる幸せの法則』2話の感想※ネタバレあり

30代女性

いなぷー

コミュニケーションは、一方通行だということになかなか気付かなかった3人が、神様にコミュニケーションのコツは自分の都合だけでなく相手の呼吸や動きに合わせることが大事と教えてもらい、実践できて会社のピンチを救えたのが良かったです。

中川さんは、ベネット社長のかつらがずれていることを自分のスカートのチャックを開けて気づかすという方法を思いついたのはさすがだなと思いました。性格の良すぎる子だから、頑張ろうとすると周りが見えなくなって空気が読めなくなるんだと思います。私も似たようなところがあるので、とても共感できます!

佐久間さんとの関係も少しでも進展して欲しいと毎回ドキドキしながら見ています。3人には幸せになれるように頑張って欲しいです!

『人生が楽しくなる幸せの法則』3話の展開予想

自己評価と他人から受ける評価は違いすぎるというテーマですが、中川さんは自己評価が低すぎるのがブスの原因だと思うので自己評価を上げるために頑張って行くとおもいます。佐久間さんに対しても、個性的な人だといい評価をもらえているので、自分に自信を持てたら近づけると思います。私も同じように自己評価が低く、自信が持てなかったので中川さんに一番共感できるから幸せになって欲しいです。

木原さんは元々仕事ができてプライドも高いので、自己評価が高すぎるから相手のミスも許せないと思うので、少しずつ改善できるように努力すると思います。
皆本さんは勘違いばかりして、自己評価が高すぎるので、彼氏が本当に自分のことを好きか確かめることができていないと思うので、少しずつちょうどいいブスになって最後に確認できたらいいですね。