ドラマル

『シャーロック』1話のネタバレ感想!ディーン・フジオカが嵌り役で面白い!松本まりかはやっぱ演技スゴ!

2019年10月7日に放送されたドラマ『シャーロック』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)が屋上から謎の転落死を遂げる!
何者かに突き落とされたと疑われる中、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、精神科医の若宮潤一(岩田剛典)をマークし…。

関連記事

『シャーロック』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『シャーロック』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『シャーロック』1話のあらすじネタバレ

場所は病院、夜中0時。精神科医・若宮潤一(岩田剛典)は帰宅のため、エレベーターを待っていました。

病院の別の場所では、消化器内科医・赤羽栄光(中尾明慶)が何者かから逃げ惑っていました。
監視カメラにも赤羽が逃げる様子が映っていましたが、警備員の石井太(木下ほうか)は眠っていて気づきません。

監視カメラの時計が午前0時3分26秒を指す頃。
看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽が逃げる最中に倒した車椅子などを見つけて直していました。
そして、「助けて」と叫び声がきこえます。
声の聴こえた方に向かう水野。中庭に血まみれになって倒れている赤羽の姿を発見します。

その同じ頃、若宮はバイクで病院をあとにしました。

翌日、担当刑事の江藤礼二(佐々木蔵之介)が、第1発見者の水野の話を聞きます。
非常階段の方から声がしたと答える水野。同じく第1発見者の警備員・石井も声を聞き駆けつけたと言います。

そこに、白衣を着た犯罪捜査コンサルタント・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が、「うそつけ」と言いながら現れ、「叫び声を聞いて何故中庭に行ったんだ?ましてや到着はナースよりあとだったんだろ?」と言います。
江藤の部下・小暮クミコ刑事(山田真歩)が、「出た」とつぶやきます。

獅子雄は「あんたは助けてと言う声など聞いていない。どうせ居眠りでもしていて彼女の悲鳴で飛び起きたんだろ。勤務中に寝てたなんてバレたら怒られるもんな」と言い放ちます。
そして、仕切ってあったつい立てをどかし、となりで話していた水野に「なぜ赤羽先生の叫び声だと分かった?」「叫び声で誰か聞き分けられるのか?」と問いかけます。
水野は「赤羽先生は具合が悪そうで、精神科の薬を飲んでいたからそう思った」と答えます。
獅子雄は「飛躍しすぎだ」と言います。

別の看護師が水野に「水野さん、あれ話せば?」と声をかけます。
水野は「赤羽先生が誰かと揉めているのを聞いた。午後19時ぐらいです」と言いながら医師の若宮を見つめ、「顔は見ていない」と言いました。
なおも獅子雄が色々聞いてくるので、水野は不審に思い「誰?」と聞きます。
小暮刑事が獅子雄の白衣を脱がすと、獅子雄は「白衣だけで医者だと判断しない方がいい」と言って立ち去りました。

獅子雄は若宮を見つけ跡を追います。
若宮の家で獅子雄は、「何故逃げた?若宮先生。赤羽先生に薬を処方したのはいつ?」と聞きます。
「2週間前に一般的な疲労で」と答える若宮。
獅子雄が「赤羽先生と同期だったんですね。何か相談受けていませんでしたか?」と聞きます。
若宮は「ただの顔見知り程度だったので聞いていません」と答えます。

その後、電話が鳴り、獅子雄は慌てて部屋から出て行きます。

獅子雄が自宅に戻ると、江藤がいました。
江藤は獅子雄に捜査協力を依頼していました。
今回の事件について獅子雄は、「どうせ院内のゴタゴタだ。夜勤の連中はいつもルーティーンで動き、犯行時刻に看護師は見回り、警備員は睡魔に襲われる。それを熟知している奴の仕業だ。」と答えます。
対して江藤は、監視カメラには逃げ惑う赤羽の姿しか映っておらず、それを熟知しているものの犯行だと言います。
獅子雄は、赤羽の胃の中にバターとパセリが残っていたのが気になっていました。

赤羽の自宅では、妻・汀子(松本まりか)が遺体をみて、江藤たちに「だれがこんな事を」と泣きながら訴えます。
赤羽の父は「だから言ったんだ」といい、汀子は父に謝ります。
獅子雄は父に何を言ったのか訪ねますが、それを交わすように赤羽・父は「警視総監とも仲良くてね」と江藤に言い、早く犯人を捕まえるように言います。
獅子雄は汀子から、赤羽の父から嫁として認めてもらえていないこと。赤羽と若宮が同じ研究サークルの仲間で仲が良かったことを聞きます。

2人が通った医科大学に赴いた獅子雄は、教授の今井茂樹(平泉成)から、赤羽は成績は下の方で優秀とは言えなかったが、民間の病院に移ってからは大活躍していると伝え聞いていたこと、若宮は父を亡くし苦労していて、バイトで勉強する時間がとれないと言っていたことを聞かされます。

獅子雄は、大学の名簿から医者にならずジャーナリストになった郡司貴生(淵上泰史)を見つけます。
若宮、赤羽、郡司の間に何かあったのではと気づいた獅子雄。
三人が学生時代に残していた写真からクルーザーをについて調べ始めます。

そして、汀子に「捜査は進展した。重要参考人の取り調べを行なっていて、解決は時間の問題だ」と伝える様に江藤へ言います。
それを聞き不気味に笑う汀子。

若宮が警察で任意の事情聴取を受けている最中、汀子は化粧をし赤い服を着て楽しそうに娘と出掛けます。
待ち合わせ場所に着き、待っていた相手に深々とお辞儀をする汀子。男性が持っていた封筒には生命保険会社の名が書かれていました。
その様子を追っていたスケボーに乗った少年レオ(ゆうたろう)。獅子雄は情報屋のレオに、事件直前に赤羽が行ったファミレスの調査を依頼していました。
赤羽は事件直前ファミレスに汀子と娘と3人で訪れていました。汀子は煮魚定食、娘はお子様ランチ、赤羽はドリンクバーのみ。それを聞き獅子雄は「ドリンクバーだけ?」と言って笑うのでした。

獅子雄は江藤に連絡をし、真犯人がわかったから若宮を釈放する様伝えます。
そして獅子雄は警察署の前で若宮を待ち構え、協力を要請します。

獅子雄に言われ汀子に電話をかける若宮。
「会えないか?」と聞き、「会えなければ警察に全てを話す」と言うと、汀子は「明日、主人を偲んでクルーザークレオパトラ号でどお?」と伝えます。
その横ではバイオリンをパトカーのサイレンの様に鳴らし、煽る獅子雄の姿がありました。

翌日クルーザーに乗り込む若宮と汀子。
クルーザーが発進し、跡を追う獅子雄とレオ。
獅子雄は若宮の首の襟元に盗聴器を仕掛け、全ての会話が聞ける様にしていました。

若宮と汀子の会話(回想)が始まります。
2013年の冬。
若宮、赤羽、郡司その他数名の学生。ホワイトボードいっぱいに何かを書いては消し書いては消しを繰り返す男性。それをノートに必死に書き込む学生達。
若宮達は郡司の知り合いから国家試験の問題を入手し、1人200万円を支払い暗記をしていました。コピーを取ることは許されず携帯の繋がらない海の上がいいと言うことで、赤羽の家のクルーザーを使用する事にしました。
そして若宮、赤羽は合格。
郡司だけ不合格になってしまいました。

その後、不正をして医師になった他の病院で勤務する医師3人が、不正発覚により、医師免許を剥奪されました。
それを知り、不合格となった郡司は、赤羽を脅迫しお金を請求するようになります。

偽物は許されないと悩んだ赤羽は、汀子に相談をし、郡司と共にクルーザーに乗り込みます。
赤羽はこれっきりで許してくれとお金を渡し懇願するも、郡司は無理だと言い放ちます。
すると、汀子が郡司に熱湯を浴びせます。
もがき苦しむ郡司。
それを見て汀子は赤羽に消火器を渡し「やって」と言います。
赤羽は躊躇します。 
汀子が「一生脅されていいのか?娘がどうなってもいいのか?」と激昂し、「やれ!」と強い口調で何度も言います。
まくしたてられ、赤羽は消火器を郡司に振り落とします。 
そして2人は郡司の死体を海に投げ入れたと汀子が語ります。
それを聞いた若宮は、「赤羽はだれが?」と汀子に尋ねますが、急に目眩に襲われます。
汀子は「あなたがそれを知る事は永遠にないわ」と言い、若宮の飲み物に大量の睡眠薬をいれたと告げます。
若宮は意識を失い倒れます。

跡を追っていた獅子雄が、汀子のクルーザーに乗り込みます。
獅子雄は倒れている若宮に赤羽先生は殺されたのではなく、自ら飛び降りた事を告げます。

汀子は再びお湯を沸かし始めます。
「追われている人間が何故屋上に逃げる?あれは1人芝居だ」と獅子雄は言います。
そして汀子に言います。
「保険金は自殺以外で6千万。ただし事件に巻き込まれれば倍額。欲を出したあんたは若宮を犯人にしたてあげる事にした。」
「証明できる?」と汀子は言います。
獅子雄は「バターとパセリが教えてくれた」と言います。
自殺する直前、最後に愛する妻と娘に会うために駅前のファミレスに向かった赤羽。
しかし汀子は警察にその事を言わなかった。
赤羽は、汀子に自殺が疑われるかもしれないからと、会った事を言わない様伝えていました。
胃の中に残っていたのは娘が食べ残したパセリ。食べれない娘の為、赤羽がバターをつけ代わりに食べてあげていたのでした。

倒れていたはずの若宮の目から涙が流れます。
その瞬間、汀子が獅子雄に熱湯を掛けようとします。が、獅子雄はそれを避け、熱湯は若宮に。あまりの熱さに飛び起きる若宮。驚く汀子。
睡眠薬が入っている事に気付いていた若宮は飲まずに灰皿に流していました。
若宮が「どうして止めなかったんだ。あんなに愛していたのに」と言います。

郡司を殺害した後、赤羽は自首すると汀子に伝えていました。
赤羽は「人を殺したやつが患者を救えない。医師も辞める。罰は受けなきゃならない」と汀子に言いました。
汀子は「だったら死んで。医者を辞めたただの犯罪者のあなたに価値はない」と告げます。

怒る若宮に汀子は「私は殺していない。赤羽に指1本触れていない」と言い放ちます。
獅子雄は「赤羽は汀子に失望し自殺を選んだ。罪に問われない。ただ日本では自殺教唆には問われる」と言うと、汀子は「私子供がいる」と言います。
獅子雄は「子供がいるから許してほしい。俺でも絶望するわ」と言います。
しかし、「汀子が捕まれば若宮が医者じゃないことがバレてしまう。俺はバターとパセリの謎が解けたからそれでいい。警察に行くか、医者を続けるかは若宮に任す」と言います。

港に警察が到着。汀子は捕まり若宮も一旦警察へ。

若宮は病院を辞め自宅へと帰ります。
パソコンで家賃の安い所をさがしていると、突然獅子雄が荷物を持ってやってきます。
自分の部屋が雨漏りで住めない為、前に来た時から若宮の部屋に目をつけていたと。
「家賃折半。一緒に暮らそう」と獅子雄は言い、若宮は嫌がります。
そして、若宮は獅子雄が持って来た書類などを窓から放り投げます。
獅子雄も若宮の本を窓から放り投げ、応戦は続くのでした。

スポンサーリンク

『シャーロック』1話のネタバレ感想

40代女性

なか

ドラマ最初に若宮(岩田剛典)がいかにも怪しく、「えっ!犯人?」と思って見てしまい、何度も色々な人が犯人?と思ってしまったりで予想がなかなかつかずおもしろく見入ってしまいました。

獅子雄(ディーン・フジオカ)もいきなり現れてみたり、スマートにサラサラっと言いたいことを言って行くところが私的にはおもしろく感じました。

刑事の江藤(佐々木蔵之介)もサラッと面白いことを言っていたりして、サスペンスですが重くなくあっという間にラストまで見ていました。第2話も楽しみです。

ディーン・フジオカが嵌り役で面白い!松本まりかはやっぱ演技スゴ!

ディーン・フジオカさんの"アレンジ版"シャーロック・ホームズ(誉獅子雄)が嵌っていました。

ドラマ『シャーロック』は、原作のシャーロック・ホームズを扮する誉獅子雄の濃いキャラがどうやら見どころ。

原作ホームズとはまた違った味があり、獅子雄の常識破りの言動は、ディーンさんだからこそ成立していましたね。
バイオリンでサイレンは笑えた!
モンクリを見ていた人は、クルーザーのシーンもニヤつきましたよね?

さて、1話では、何といっても犯人役・松本まりかさんの演技がやっぱり凄かった。
何か闇を抱えている雰囲気がビシビシと伝わってくる!
素敵な女優さんですね。

2話は菅野美穂さんが犯人(黒幕)かな?
『シャーロック』1話は面白かったので、今後の展開も楽しみですね。

『シャーロック』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『シャーロック』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

 遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

 こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_02.html