ドラマル

2019年2月26日

『節約ロック』6話のネタバレ感想!節約ロッカーズのCDデビューを待望する声殺到!

2019年2月26日に放送されたドラマ『節約ロック』6話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

関連記事

『節約ロック』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『節約ロック』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『節約ロック』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

リンの申し出はあまりに魅力的で、あんなに贅沢で悠々自適な生活を送れたらいいな~とものすごく羨ましかったです。この誘惑にタカオが負けてしまうのは仕方ない、そりゃそうでしょ~!と共感してました。そんな中でもまったくブレずに、タカオを節約の道に引き返したコウタの一本筋の通った節約へのリスペクトは、ほんとにスゴい!
タカオがはじめて作った節約グッツ・オタマのマイナスイオン導入器。正直、これを実際プレゼントで出されたらヒクわ~というシロモノだったけど(もちろんドラマで見る分には面白くてサイコー!でした)、それに感銘を受けて大事にとっておいたコウタにジーンときました。だからコウタは、あれほどタカオになにくれとなく尽くしてくれてたんですね。すごくナットクです!

20代女性

ワーク

稲葉がタカオを説得するためにおもてなしに使った節約術がいつにも増してすごくて驚きました。
米のとぎ汁風呂が美容に効くなんて、これはもう試すしかないなと思いました。
タカオも忘れかけていた節約ロックの音を思い出したようで良かったです。
2人のセッションはめちゃくちゃ熱かった!
歌詞もおもしろかったし、2人のハモりが最高で、コメディなはずなのに、なんか感動しちゃいました。
あと、リンちゃんのヘドバンがギャップありすぎてかなりおもしろかったです。
タカオのことはまだ諦めないと言っていたけど、これからリンちゃんがどんなアピールをしていくのかも注目ポイントだなと思いました。

6話で最も話題になった出来事

節約ロッカーズのCDデビューを待望する声殺到

タカオちゃんと稲葉の完成度高すぎるユニットにCDリリースを待望する声が殺到しましたね。ビジュアルはもちろん、稲葉コウタ(重岡大毅)の上ハモが絶妙だし、2人の声の相性も絶賛されています。カッコいい節約ロッカーズ!デビューしたら確実に売れますね!

スポンサーリンク

『節約ロック』6話のあらすじネタバレ

タカオ(上田竜也)がギターと高級シャンパンを持って帰宅すると、そこにはマキコ(藤井美菜)がいました。
マキコはタカオが散財したことを知ると、怒って帰ってしまいます。

落ち込むタカオでしたが、ギターを弾く姿がかっこよかったと後輩のリン(アヤカ・ウィルソン)から言われ、家に来ないかと誘われます。
リンが一人暮らしをしているという家は、執事付きの豪邸でした。
タカオはそこで贅沢なおもてなしを堪能します。
するとリンが、「仕事を辞めてここで一緒に暮らさないか?」と提案します。
タカオはマキコのことを考え悩みますが、結局リンと同棲を始めます。

タカオが稲葉(重岡大毅)をリンの家へ招待し、豪華なおもてなしをします。
しかし稲葉は、節約をしていた頃のタカオに戻って欲しいと思っていました。
そんな時、タカオの中から追い出されたという、ロックの神様(くっきー)、ジョン・レノンに出会います。
ジョン・レノンは、タカオと稲葉にしかできないコミュニケーションを取れとアドバイスをします。

今度は稲葉がタカオを自宅へと招待しました。
お風呂、お肉、ワインなど、節約好きの稲葉とは思えないほどの贅沢さにタカオは驚きます。
しかし稲葉は、これらは全て高級なものじゃなくて節約術で手に入る贅沢なのだと言いました。
お風呂は米のとぎ汁を使用、お肉は事前にヨーグルトにつける、ワインは割り箸をさしておくことで、安いものに高級感を出していたのでした。

稲葉は、以前タカオがマキコにプレゼントしたイオン導入器を出し、これを見た時からタカオのことを尊敬していると熱弁します。
するとタカオは、稲葉といるとロックな音が聞こえてくるとワクワクし始め、2人は節約ロックをセッションすることによって心を通わせました。
タカオはリンの家から出ることを決意します。

タカオから節約飲みの誘いがきて、喜ぶ稲葉は、落ちていたビンを踏んで転んでしまいます。
頭を強く打ったのか、稲葉は道路に横たわったままぐったりとしていました。