ドラマル

『スカム』8話のネタバレ感想!神部さんと毒川さんで続編を!

2019年8月21日に放送されたドラマ『スカム』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、不良たちの証言で清宮も強盗に関わっていたことが判明!
逃がそうとした誠実も共犯者扱いされてしまい…。

関連記事

『スカム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『スカム』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「NETFLIX」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『スカム』8話のあらすじネタバレ

来栖達也(福山翔大)のアジトにやってきた小沼(栁俊太郎)。
その姿を見るなり来栖は逃亡。その場にいたタイガ(中西秀斗)とトキ(ウメモトジンギ)が相手をしますが、まったく歯が立たず、拘束されてしまいます。

小沼から連絡を受けた毒川は、草野誠実(杉野遥亮)とともにアジトへ。
来栖を取り逃がしたと聞き、小沼へ追跡するよう尻を叩く毒川。タイガたちへは、他に仲間がいないかと尋問します。
すると、予想だにしなかった名前が挙がりました。
「清宮」と。
これにより、誠実にも疑いの目を向ける毒川。誠実が清宮壮一(前野朋哉)とつるんでいたことを知っていたのです。さらには、店舗の売上げを支えていたM名簿の存在についても知られてしまいます。

毒川はさっそく店舗へ連絡を入れ、剛力 卓(若林拓也)や杜 洋平(水間ロン)に、清宮捕縛の指示を出しました。

そうして、部屋に閉じ込められた誠実と清宮。
清宮は誠実に「裏切り目的でやったんじゃない」と弁明します。借金の多く残る清宮は詐欺をやめるわけにはいかない。かといって、カタギに戻るという誠実を引き止めるのは躊躇われ、誠実がいない中で上手くやっていく自信がなかったという。そこで、手っ取り早く稼ぐために、来栖を誘ってタタキに手を出してしまったと。
清宮は、今更ながら自身の浅慮を猛省し、迷惑をかけてしまった誠実へと頭を下げました。

すると、神部が部屋へ入ってきました。
神部は、清宮と誠実の裏切り行為を激しく叱責するも、最後には「失せろ」と言って見逃すことに。ただし代償として、M名簿を提出するよう要求。金主の東条(杉本哲太)への手打ちとして献上するためでした。

一方その頃、入院していた幸子(西田尚美)が退院し、吾妻美咲(山本舞香)とともに帰宅していました。
物音がする誠実の部屋へ、「ただいま」と言って顔を出す幸子。
するとそこに誠実はおらず、神部の指示でM名簿を狙っていた剛力と杜がいました。
剛力はパソコンを手に逃走しようとしますが、それを幸子が阻止。剛力の手からパソコンを奪って、美咲へと手渡します。

パソコンを手に自宅へと走る美咲。それを剛力が追い掛けます。
そして、美咲の自宅にまで押し入ってきた剛力を、護身用スタンガンを手にした美咲の祖母・エツコ(東山明美)が立ち向かい、気絶させたのでした。

警察に任意同行される美咲たち。
そこには、騒ぎを聞きつけた誠実の姿が。
美咲は誠実の姿を認めると、何も言わず、ただ頬を強く打ちました。

翌日、東条と面会する神部。
誠心誠意詫びを入れ、腕を切られるなどの無体は避けられたものの、今後3年間、売上げの8割を献上するという条件を出され、それを受け入れたのでした。

一方、力なく街を彷徨う誠実。
そこへ一本の電話が入ります。
相手は、小沼に殺されたと思っていた山田 良(山中崇)でした。

スポンサーリンク

『スカム』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

誠実のことを「相棒」と言って慕っていた清宮が、まさか裏切っていたとは…!ショックでした。
けれど清宮の真意は、誠実に縋って迷惑をかけたくなかったから、という。これを聞いて、そして「全部俺が悪い。だからコイツだけは助けてくれ!」と地に額を擦りつけながら神部に頼み込んでいた姿をみると、あぁ「唯一無二の相棒」という言葉に偽りはなかったのだな、と実感でき、清宮のことをちょっと見直しました。あまりに愚かで浅慮ではあったけれど…。

そんな清宮や誠実にきつくお灸をすえながらも、最終的には見逃してくれた神部。懐が深い!
もうほんと、裏稼業の人間にしておくのが惜しいです。

今回はアクションシーンも見ごたえがありました!
とくに今まで目立たなかった剛力。あんなに血の気の多いやんちゃっ子だったとは。
清宮へのとび蹴りがあまりにも美しく鮮やかに決まったので、思わず「うぉっ!」と声が出ちゃいました。
スタンガンを手に、闖入者に臆することなく立ち向かったおばあちゃんもカッコよかった!…ちょっと怖くもありましたけど、ね。

神部さんと毒川さんで続編を!

もう最終回ってぐらいに毎週ワクワクさせられる展開で、面白過ぎる『スカム』。今週も神部さんと毒川さんの信頼しあった深い絆が見られましたね。

イチ視聴者としては、神部・毒川という名コンビがどのようにして生まれ、今に至るのかを是非知りたい。
まだ最終回がありますが、神部・毒川での『スカム0』を期待します。

『スカム』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『スカム』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

山田に有り金すべて出すよう脅迫され、誠実は振り切って逃げる。詐欺の店舗は解散し、神部は事故に巻き込まれる。
警察の捜査が迫るなか、追い詰められた誠は幸子と共に父の退院祝いのケーキ作りに没頭し、現実逃避する。
しかし、ついに刑事たちが家に踏み込み、誠実は思いのたけを叫びながら逮捕される。
二十日後、美咲が証言を覆したおかげで誠実は釈放される。警察署の前で再会する二人だが、そこへ突然、ずっと行方不明だった祥太郎が現れて……

出典:https://www.mbs.jp/drama-scams/#story