ドラマル

『スカム』5話のネタバレ感想!ついに母・幸子に誠実が詐欺師とバレる?

2019年7月30日に放送されたドラマ『スカム』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、山田らに拉致された誠実だったが、謎の便利屋・小沼によって救出される!
そして、ついに母・幸子(西田尚美)に誠実が振り込め詐欺師とばれてしまい…。

関連記事

『スカム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『スカム』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「NETFLIX」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『スカム』5話のあらすじネタバレ

清宮壮一(前野朋哉)との待ち合わせに向かう道すがら、拉致されてしまった草野誠実(杉野遥亮)。連れられた先には山田 良(山中崇)とその一味がいました。

山田は、店舗を広げさらに実入りがよくなった神部逸(大谷亮平)を襲って売上げを奪うという計画を立てており、そのために、神部の情報をもってこいと誠実に命じます。
しかし、即答で断る誠実。神部と山田とでは格が違いすぎて、山田のような小物に神部を出し抜くなど到底出来ないと踏んでいたのです。

誠実の答えに逆上する山田。
仲間とともに誠実を痛めつけます。

そこへ、小沼(栁俊太郎)という男がやってきました。
小沼は、軽々と山田一味を倒していき、最後に、山田を車のトランクに詰めると「それでは、これで」と涼しい顔で告げ、去って行ったのでした。

あとで神部や毒川 馨(和田正人)に話を聞くと、誠実の拉致現場を目撃した清宮が車のナンバー等を毒川たちに伝えてくれたおかげで、神部が雇った裏稼業のなんでも屋・小沼が遣わされたとのこと。
神部は修羅場を乗り越えた誠実に、「一線を越えたな。もう普通には戻れないぞ」とプレッシャーをかけます。誠実自身も、一生この稼業で生きていくのだと、腹を括ったのでした。

店舗の売上げは、1週間で3600万と好調でした。
けれど、一番名簿の残りはわずかとなってしまい、今後どうやって売上げを伸ばそうかと苦慮する誠実。
そんな中、来栖達也(福山翔大)が「いっそのこと、電話で家を空けさせてノビを突っ込ませる(盗みに入る)のはどうか」と提案します。
がしかし、「詐欺はビジネスだが空き巣は犯罪。だから駄目だ」ときっぱり切り捨てる誠実。剛力 卓(若林拓也)らからは「詐欺も犯罪だ」とツッコミを受けるも、聞く耳をもたず「とにかく、ウチは詐欺以外の方法はとらない」と明言します。
そして、一度詐欺に騙された人への「おかわり」や、故人詐欺(故人の借金や隠し子等のネタで遺族をゆする詐欺)にて、売上げを伸ばそうと画策したのでした。

一方その頃。
訪問介護のアルバイトをしている誠実の母・幸子(西田尚美)は、担当する迷惑老人・竹蔵(古川がん)に苦心していました。
ゴミ屋敷のように部屋中を散らかしたり、横柄な態度で命じてきたり、色目を使ってきたり、作業をしてる最中わざとアダルトビデオを見たり。

そんな疲れる日々を送る中、吾妻美咲(山本舞香)から妙な話を聞きます。
友人の辻 姫花(華村あすか)からの話で、誠実が裏稼業の人間との付き合いがあるらしいと。

それを確かめるべく、誠実の部屋を探る幸子。
すると、ベッドの下に、大量の札束が入った箱を見つけます。
そのときちょうど帰宅した誠実が部屋に入り、「誠実、説明しなさい」と問い質す幸子でした。

『スカム』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

山田一味すら簡単になぎ倒していく小沼の残虐性、身の毛がよだちました…!
山田たちは半グレ集団みたいなもので、小沼はホンモノのヤクザ、といったところでしょうか。アマチュアとプロの違いを見せつけられたような気がします。
山田はきっと消されてしまったのでしょうね…。嫌な奴ではあったけど、でもどこか面白いキャラでもあったから、今後出てこなくなってしまうのがちょっと残念。

詐欺をビジネスと称し、窃盗はしないと断言した誠実。
詐欺も歴とした犯罪だけど、でも、詐欺は自身がしっかりしていれば防衛することもできるけれど、窃盗だとなかなか…気をつけるといっても限界があるだろうし、ましてやアポ電強盗ともなれば非力な老人は太刀打ちできないでしょうし、詐欺に比べると格段にタチが悪い。
「詐欺以外の方法はとらない」と断言した誠実の言葉に、彼の中に残る良心を垣間見た気がします。

ついに母・幸子に誠実が詐欺師とバレる?

母・幸子(西田尚美)に誠実が詐欺をしていることが、バレたっぽい所で終わりましたね。

幸子に「説明しなさい!」と言われて「はい」と答える素直な誠実(杉野遥亮)が可愛いかった。今も根はいい子で、凄く素直に生きてきたからこそ、世の中に虐げられていると感じたタイミングもあり、神部逸(大谷亮平)の言葉が響いてしまったんでしょう。

来週は、幸子に誠実が嘘なくやっていることを語るのかが注目ですね。

わたしは、母・幸子もエロ爺ちゃんやチャリ暴言爺ちゃんといった老害と出くわし、大金を目の前に目が眩んでいたので、誠実を受け入れてしまうと予想しています(追記:次回予告を見る限りこの予想は的中しました)。

そして、誠実は、エロ爺ちゃんが大金を持っていることを母・幸子から教えられ、1億2千万円のノルマを達成する展開になると思います。

『スカム』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『スカム』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

誠実が詐欺の仕事を告白すると、幸子は意外にも協力を申し出る。訪問介護のアルバイトにおける迷惑老人たちへの怒りが、幸子の中にうっ積していた。
幸子が提供した顧客情報・通称M名簿のおかげで売り上げは大幅アップするものの、集金屋不足のせいで取りはぐれが多発。
それを知った来栖は集金屋候補として仲間の不良たちを紹介するが、誠実はそれを拒否し、二人の関係は険悪になる。
そんなある日、幸子はバイト先の老人宅で侵入者に襲われる。

出典:https://www.mbs.jp/drama-scams/#story