ドラマル

『サ道』10話のネタバレ感想!偶然さんが孤独なツルピカさんを救う!【笹塚 ・マルシンスパ】

2019年9月21日に放送されたドラマ『サ道』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、悲哀のサウナー・村田直行(荒川良々)が登場!
村田直行が笹塚にある『天空のアジト マルシンスパ』でととのう。

関連記事

『サ道』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サ道』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『サ道』10話のあらすじネタバレ

ホームサウナ『北欧』の食事処、ナカタアツロウ(原田泰造)は偶然さん(三宅弘城)とイケメン蒸し男(磯村勇斗)の3人で、今日のととのいについて語り合います。
後ろの席に居た村田直行(荒川良々)は、親しげな3人を羨みながら立ち去ります。

予算を超える見積もりに取引先の担当者(本折最強さとし)に罵倒され、言い値で受注した村田は部下の女子社員(島田桃子)にまで罵倒される始末。
公園で1人寂しく昼食を摂っていると、妻からメッセージが届きます。
模試を翌日に控えた息子の追い込みで妻は忙しく、村田に外食を指示します。
更に、帰宅時間まで指定があり、23時以降帰宅可能でした。
妻は、今年高校受験の息子を溺愛するあまり、受験勉強の邪魔にならないよう村田をぞんざいに扱っていました。

仕事を終え、村田は笹塚『天空のアジト マルシンスパ』へ赴きます。
村田の自宅は京王線の終点・八王子駅から徒歩20分、時間を潰すには新宿は騒がしく、よく笹塚を利用していました。
営業課長になりたての頃、初めてマルシンスパに訪れます。
あの頃は希望に満ち溢れていました。

サウナの室温は100度を超え、高めの設定です。
サウナストーブは20人は蒸せるほどの馬力がありましたが、室内に入れるのは精々8人ほどでした。
騒がしいテレビもなく、自身と向き合えることが出来ました。
地下水を汲み上げた水風呂は深く、水温は18度ほどでした。

2セット目を迎え心のつかえが取れてきた頃、上司の愚痴をこぼす若者に遭遇、嫌なことを思い出し無心になれなくなります。
一方、北欧では、蒸しZ(宅麻伸)を捜し各地のサウナを訪ねるナカタを、偶然さんが心配します。

3セット目に入り、熱波師・マグ万平による熱波ロウリュが始まります。
アロマ水はスイートオレンジでした。
ネガティブ思考に陥った村田は、抑えつけずに汗のように嫌なことを出すことを思いつきます。
家族の幸せが全てとの思いに至り、熱波を受けながら号泣します。

最後に、マルシンスパ秘密の外気浴スポットで、村田はととのいます。
仕事に家、そして家族があることが、どれだけ恵まれていることか悟り、ゆっくり生きていけば良いと思います。

食事処に来た村田は、汗でバレないサウナに泣きに来ていると気づきます。
壁に飾られたサイン色紙を見て、ゴジラ(松井秀喜)も泣きに来たのかもしれないと思います。
注文を聞きに来たスタッフにオロポを頼みます。
オロポはオロナミンCをポカリスエットで割ったドリンクで、西麻布のサウナ『アダムアンドイブ』のオロポカが発祥とも言われています。
秘伝のタレに漬けこまれた自家製『笹塚チャーシュー』はジューシーで美味しく、そして締めにカレーライスと赤ウインナーを食べます。
村田のささやかな贅沢でした。
時計を見ると、まだ21時で仮眠を取ることにします。

北欧の食事処で今日もナカタたち3人は集っていました。
ナカタは、青森の『八甲田ホテル』のサウナに蒸しZを捜しに行った話をします。
スマホを見て妻からの帰宅指示を確認する村田に、偶然さんが蒸しZについて尋ねます。
そして、偶然さんが村田を誘い、一緒に飲むことになりました。
村田は偶然さんに『ツルピカさん』と名付けられます。
おすすめのサウナについて4人で談笑し、村田は久しぶりに笑ったことに気づきます。
サウナ仲間もでき、もう孤独じゃないと感じます。

スポンサーリンク

『サ道』10話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

MLBシカゴカブス・ダルビッシュ有投手が、放送日の前日にサ道公式ツイートをリツイートし、登板日の前日以外サウナに入るサウナーであることをつぶやいていました。
感心していたら、マルシンスパの壁に飾られている元ヤンキース・松井秀喜さんの巨人時代のサイン色紙が本編に登場。
マーケティングの一環と思いつつも、クスッとしていたら、よくよく見ると、ホリエモンこと堀江貴文さんのサイン色紙が、松井さんの色紙の横に何故か。
そもそも、その様に飾られていたかもしれませんが、怪しいと思いつつ思わず大爆笑しました。

息子を溺愛する妻に虐げられつつも家族のために働く孤独な夫の哀愁を、荒川良々さんの味わいある風貌が相殺、良い塩梅で笑いと悲しみが共存していました。

偶然さんが孤独なツルピカさんを救う!

今週は何か胸にグッとくる『サ道』でした。

ツルピカさんこと悲哀のサウナー・村田直行(荒川良々)に仲間が出来て本当によかった。

家でも会社でもプライベート(サウナ)でも孤独を感じてきたツルピカさん。ずっと仲間が欲しかっただよね。

先週と言い、『サ道』では偶然さんがキーマンになって大活躍!
あそこで偶然さんと偶然に何度か出会えたことが、村田さんの運命を変えましたね。

『サ道』11話のあらすじ

公式サイトが発表している『サ道』11話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。ところが、何故か突然サウナでととのわなくなってしまう。「蒸しZ(宅麻伸)にもう一度会う事が出来ればととのえるのでは」と思っていた時、偶然さん(三宅弘城)から蒸しZのタオルと同じものを持った人を見かけたとの情報が!確かめるために、ナカタは熊本県にある西の聖地へと向かう!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/story/