ドラマル

『サ道』3話のネタバレ感想!偶然さんのサウナ熱を感じる回【ゆ家 和ごごち 吉の湯】

2019年8月3日に放送されたドラマ『サ道』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、杉並の住宅街にある「ゆ家 和ごごち 吉の湯」でととのう。
偶然さん行きつけのサウナ施設を訪れたナカタはある事に気づき涙する…。

関連記事

『サ道』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サ道』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『サ道』3話のあらすじネタバレ

サウナ『北欧』で外気浴をしてととのうナカタアツロウ(原田泰造)、偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)。
ナカタはととのうにはシチュエーションが大事だと考えており、ふたりも同意見でした。
偶然さんのベストシチュエーションは、18時20分から30分間、笹塚『マルシンスパ』から望む帰宅ラッシュの満員電車です。
人生の勝組になれた気がして、ととのいました。
蒸し男は、木枯らし1号が吹く頃の池袋『RESTA』で、強い風の中、一瞬差し込む陽の光が気に入っていました。

ナカタは杉並の住宅街にある偶然さん行きつけの銭湯『ゆ家 和ごころ 吉の湯』に行きました。
いつものように体を清め、湯船に浸かります。
外に出ると、つぼ湯に高濃度炭酸泉、水風呂と露天風呂が充実していました。
高濃度炭酸泉は、ドイツの医療分野で利用されており、血液中の老廃物を取り除き、免疫細胞の活性化を促すとされています。
つぼ湯のお湯はコーヒーのような色をしており、姉妹店・麻布『竹の湯』に湧く黒眉水温泉を搬送したものです。

『吉の湯』は銭湯サウナには珍しく3段掛けで、ナカタは上段に座ります。
サウナの室内温度が80度なら、下段が約60度、中段が約70度、上段が約80度になり、体調により座る位置を変えました。
『吉の湯』のサウナは、遠赤外線を使用したコンフォートサウナです。
ガス遠赤外線サウナヒーターの特殊な蒸発装置により、しっとりとした蒸気で室内を蒸します。
室温は80度前後と低めで、湿度は25から35%の適湿に保ちます。
遠赤外線効果で体が暖まり、美容に良いとされています。
サウナから出て水風呂に入ると、床に埋め込まれた装置から気泡を出すバイブラバスでした。
水温は17度と高めでしたが、体を包み冷たさを緩和する温度の羽衣が気泡に破られ、体感温度が下がりました。
水風呂から出て椅子に座り、外気浴をして休憩します。
サウナ・水風呂・休憩スペースは、動線を考慮した絶妙な配置になっていました。

サウナ・水風呂・休憩の3セットめ、ナカタは外気浴をしながら何故か泣いてしまいます。
昭和を思わせる『銭湯』という響きと住宅街という環境が、子供の頃を思い出させます。
そして、泣きながらととのいました。
偶然さんも夜でしたが、『吉の湯』に行くと泣けました。
子供の頃、よく天体観測をしていました。

銭湯には珍しく生ビールが置いてありましたが、酒が飲めないナカタはカキ氷を選びます。
掃除が行き届いた綺麗な銭湯で、拘りが感じられました。
床を掃除する店長に、蒸しZ(宅麻伸)について尋ねましたが知りませんでした。

『吉の湯』のスタッフは、偶然さんに感謝していました。
サウナのマットの交換のタイミングや、水風呂の水温など的確にアドバイスしていました。
ナカタは良いサウナは探すものではなく、店と客が共に作るものだと分かりました。

スポンサーリンク

『サ道』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

この蒸し暑い夏、せっかくととのった後、再び汗をかくことにサウナーは抵抗がないのでしょうか。

今回紹介された偶然さん行きつけの銭湯は、繁華街から離れた住宅街にあり、最寄り駅からバスで行く必要があります。
歩いて行ける近所なら良いのですが、バスと電車を乗り継いで帰る間に、汗でベタつくことが気になりました。
蒸し暑い日本の夏を、どう対処してサウナに通うのか、サウナーに聞いてみたいです。

特に他意があるわけではありませんが、ナカタアツロウ役が何故ネプチューン・泰造さんなのか気になっていました。
『FLASH』の記事によると、泰造さんはサウナ歴30年のサウナーだそうです。
何かしらドラマと縁があったのかもしれません。

偶然さんのサウナ熱を感じる回

偶然さん(三宅弘城)って本当にサウナが好きなんだな~っと感じる回でした。

行きつけのサウナに椅子を提供しちゃうなんて…偶然さんって本当にいい人。愛のあるアドバイスも凄く良かった!

偶然さんが、イケメン蒸し男(磯村勇斗)とタオルを取り合う姿も可愛かったですね。

『サ道』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『サ道』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。
いつものように『サウナ北欧』へとやってきたナカタだったが、なんと本日は営業休止。そこで、現存する都内のサウナで最も古いと言われているサウナ施設へと向かうことに。
そこで働く新人熱波師は偶然さん(三宅弘城)の弟子らしいのだが…!?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/story/