ドラマル

『さすらい温泉』8話のネタバレ感想!マドンナは松本若菜【伊香保温泉「千明仁泉亭」】

2019年3月7日に放送されたドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、伊香保温泉「千明仁泉亭」を舞台に、マドンナに松本若菜が演じる増本若奈が登場!ケンさんが美人妻に恋してしまう?

関連記事

『さすらい温泉 遠藤憲一』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『さすらい温泉 遠藤憲一』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『さすらい温泉』8話のあらすじネタバレ

ぶらりと日本の温泉宿で働く仲居の中井田(遠藤憲一)は、今回は伊香保温泉に出向きました。500年以上営む老舗旅館「千明仁泉亭」という旅館で、ある親子と出会います。

いつものように中井田はお客用のスリッパを並べていた時にある女性と出会います。一目会った時に、中井田は親子旅行のお客である若菜(松本若菜)に一目ぼれ。仕事もはかどり、意気揚々としていました。

そんな時に若菜の息子である達也(中野龍)が卓球で遊んでいるところを中井田が見つけ、話しかけます。だが、達也は一人の世界に浸っていたかったようで、中井田の気遣いに反抗的な態度をとります。その後、中井田は一人で卓球を少ししました。

ある朝、この親子が口喧嘩をしていました。そこで、中井田は若菜の悩みを聞いてあげます。若菜には離婚歴があり、中井田はこの親子は卓球が好きな家族だったことを知ります。

そんな中、この旅館である出来事が起こります。達也がカバンを持って若菜に黙ってどこかへ出かけていってしまったのです。若菜は気が気ではなく、泣きながら中井田に伝えます。中井田たちは達也を探します。

外に探しに行った中井田は橋で川を見ている達也を偶然見つけます。若菜が心配していたことを伝えたが、相変わらず反抗的な態度をとるので、中井田は達也と体当たりで触れ合い、その子の心をつかもうとします。その子はだんだん中井田に心を許し、悩みを話しだしました。

そこで、中井田はこの親子に極上のおもてなしをします。中井田は卓球選手に変身して、達也と卓球の試合をしました。勝ったのは達也でした。中井田は達也に母親の若菜からもらった才能を感謝するように達也に話しました。達也は素直に聞き入れ、若菜も喜びました。リフレッシュしてこの親子は帰っていきました。

スポンサーリンク

『さすらい温泉』8話のネタバレ感想

50代女性

tomo3

伊香保温泉はまだ行ったことがないので、行ってみたいなと思いました。温泉街の雰囲気がとても素敵で、いい街だと感じました。

中井田が自分の仕事を終え、温泉に入っている様子は心から「お疲れ様です」と言ってあげたくなりました。また、達也もかわいくて、中井田と二人で歩いている場面は何とも微笑ましかったです。

中井田役の遠藤憲一さんが毎回違う衣装を着てお客におもてなしする場面で、どの衣装も似合っていて今回の卓球選手の衣装もとても様になっていて良かったです。

50代男性

濱本哲治

今回は群馬県伊香保温泉の、室町時代創業で500年以上続く老舗の千明仁泉亭が舞台でした。
明治の文豪徳富蘆花が定宿にしていたようです。
伊香保温泉は、万葉集や古今和歌集にも詠まれた、伝統ある温泉街ですね。
日本初の温泉都市計画として、戦国時代にはすでに伊香保の代名詞になっている石段街が造られていたようです。

伊香保は近くにあるので、何度か訪れたことがありますが、情緒ある素晴らしい温泉街です。

今回は卓球を通じて親子の絆を深めていくお話でしたが、温泉といえば卓球というのは、いつ頃から定番になったのでしょうね。

今回も健さんは奮闘しますが、見事に空振りに終わりました。
この健さんの痛々しいほどの外しっぷりが毎回楽しみですね。

8話で最も話題になった出来事

伊香保温泉「千明仁泉亭」でケンさんが松本若菜に恋する

ラスト、明らかに達也の父親面していたケンさんが面白かったですね。ケンさんあっさりと失恋しちゃいました。

今までの回とは違いケンさんがお客である若菜(松本若菜)に一目ぼれしたり、「千明仁泉亭」女将に言い寄られたりと、恋愛モードが凄かった。

毎度、思ってしまいますが、伊香保温泉「千明仁泉亭」も素晴らしい旅館でしたね。新宿から歩いていけるらしいので、是非、近々足を運びたいものです。

『さすらい温泉』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『さすらい温泉 遠藤憲一』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

中井田(遠藤憲一)は修善寺温泉の「新井旅館」に派遣される。中井田はそこで白いワンピースを着た清楚な女性・矢部順子(阿部純子)とド派手なギャル・なちょす(なちゅ)と出会う。
そんな中、中井田は、順子がスーツ姿の男たちに連れ去られそうになっている所を助ける。
順子は有名財閥会長の一人娘で、勝手に縁談を決められて逃げ出してきたのだという。
中井田は自由に生きようとする順子を応援しようとするが…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/sasuraionsen/story/