ドラマル

2019年2月13日

『さすらい温泉』5話のネタバレ感想!堀田真由の入浴シーンが話題!夫との最初で最後の旅行の思い出に涙

2019年2月13日に放送されたドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』5話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

関連記事

『さすらい温泉 遠藤憲一』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト(ゲスト)まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『さすらい温泉 遠藤憲一』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『さすらい温泉 遠藤憲一』5話の感想※ネタバレあり

40代男性

サクラ

今回の舞台は群馬県にある法師温泉の旅館「長寿館」でした。旅館「長寿館」には何度も行ったことがあるので、見ていて愛着がありました。本館は100年以上続く建物なので、明治の雰囲気がいまだに残っています。是非、ドラマを見て気になった方は一度は行った方が良い温泉旅館だと思います。オススメです。今回のストーリーは、主人公の中井田が89歳の澄江の亡くした夫の代わりを務めるストーリーです。夫との最初で最後の旅行だった時間を振り返るシーンは、心がジーンときます。思わず涙が出てしまいました。今回はシリアスな作品かなと思って見ていました。この時間帯の期待を裏切らないお色気シーンも約束通りありました。今回はストーリーと旅館の古さがマッチしていて、おもしろかったです。

40代男性

たか

遠藤憲一が役者を引退するという噂があり、スタッフが追いかけると温泉街で仲居として働いていたというドラマですが、5話は群馬県にある法師温泉が舞台です。主人公の中井田はある日、89歳の澄江に出会います。中井田は澄江の夫の昔の雰囲気に似ていました。中井田は澄江が食欲が無い事が気になっていたが、澄江はステージ4の末期がんで、人生の最後を誰にも邪魔をされずに過ごしたい為に訪れました。
中井田は澄江が最後に温泉に入りたがっているのを知って澄江の夫を演じ、澄江が若い頃の事を回想するシーンは泣けます。澄江が温泉宿で亡くなる事はありませんでしたが、中井田の優しさが滲み出ていて良かったですし、澄江さんが今回の旅行で人生最後の旅を満喫した表情を浮かべているのも良かったと思います。

40代女性

つくつくほうし

ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』5話は、群馬県の法師温泉を舞台に、戦争で引き裂かれた夫婦の話を主題とした、少し幻想的な話でした。
派遣中居の中井田健一(遠藤憲一)は、法師温泉で唯一営業する旅館・長寿館へ働きに来ます。山々に囲まれた木造2階建の建物は雰囲気があり、中井田が和傘を干す場面が出てくるなど、老舗旅館らしい落ち着いた雰囲気がにじみ出ていました。
中井田が宿で知り合った客は、笠木澄恵(佐々木すみ江)という老齢の女性でした。夕食時に中井田は、笠木が73年前にこの宿の同じ部屋に宿泊したことを聞かされます。太平洋戦争の末期、許嫁の男性と笠木は法師温泉に旅行に来ていました。しかし、旅行の後で男性は軍隊に招集され、帰らぬ人となりました。
5話で一番の盛り上がりだったのは、恒例の中井田のコスプレタイムでした。笠木から「許嫁に似ている」と言われた中井田は、いつもの古いトランクから軍服と軍帽を身に着け、笠木を迎えに行きます。旅行の時、許嫁と一緒に混浴風呂に入ることができなかったのが心のこり、と悲しそうに語っていた笠木の気持ちを、中井田が汲んだのです。まさしく、73年ぶりの新婚旅行です。嬉しそうに中井田に寄り添う笠木の姿を演じた、ささきすみ江さんの表情が本当に素晴らしかったです。中井田と笠木が廊下を一緒に歩いて行って、角を曲がったところで笠木が当時の三つ編み姿になるところも、幻想的で良かった!過去の思い出が甦ってくるという場面が、歴史のある宿の存在感とマッチして、今までにない名場面になっていたと思います。
話の中盤、笠木は自分が末期がんであるということを中井田に明かしていました。笠木の思うようにさせてあげたいと頭を下げた中井田も、中井田の気持ちを受けて協力を決めた宿の人たちも、人情味に溢れていて、素晴らしかったと思いました。今までは中井田が暴走したりとコミカルな場面も多々あった『さすらい温泉』ですが、5話は温泉宿とベテラン女優の力が合わさった、悲しみの中に喜びや優しさが混じった、大人の味わいになっていたと思います。

スポンサーリンク

『さすらい温泉 遠藤憲一』5話のTwitterrでの感想・反応まとめ

  • 泣ける!感動の回だった
  • 遠藤憲一さんの兵隊(士官)姿が話題
  • 堀田真由と遠藤憲一の混浴シーンが大好評

『さすらい温泉 遠藤憲一』5話のあらすじ

群馬県・法師温泉の旅館「長寿館」で働いている中井田(遠藤憲一)は、一人で宿泊している澄恵(佐々木すみ江)に、食事の相手をするよう頼まれる。89歳の澄江は、17歳の時に許嫁と泊まった思い出を振り返ろうと、宿を訪れていた。許嫁は戦争で亡くなり、それが最初で最後の旅行となった。
澄恵いわく、中井田はその許嫁に雰囲気が似ているのだという。中井田は快く相伴するが、澄恵の食欲がないことが気になって…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/sasuraionsen/story/

『さすらい温泉 遠藤憲一』のキャスト一覧

  • 中井田健一/演:遠藤憲一

5話に出演するゲスト

  • 笠木澄恵/演:佐々木すみ江
  • 若かりし頃の澄恵/演:堀田真由