ドラマル

『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のネタバレ感想!遠藤憲一がオタ芸を披露

2019年1月30日に放送されたドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

関連記事

『さすらい温泉 遠藤憲一』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト(ゲスト)まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『さすらい温泉 遠藤憲一』3話の感想※ネタバレあり

30代女性

カピバラ

3話は売れっ子アイドルがヒロイン役でした。
AKBの様なアイドルグループ、「神田川55」のセンターの大賀みな(大場美奈)が中井田健一(遠藤憲一)が働く温泉宿に来ます。

彼女を知らなかった健一(遠藤憲一)ですが旅館の同僚に彼女が今をときめく人気アイドルだと知って驚いていました。

「もうアイドルを辞める」と言う彼女に健一(遠藤憲一)は辛くてもずっと笑顔で頑張っていたから疲れてしまっているのだろう、この温泉宿にいる間はくつろいで貰いたいと心がけますがみな(大場美奈)の態度は頑なです。とても可愛いのに笑顔も無く折角、温泉宿までファンが心配して来てくれたのに「迷惑」の一言で追い払ってしまったりアイドルらしさが全然ありません。

そんな彼女に健一(遠藤憲一)がマシュマロをすすめてみたり、イワナ釣りや博物館に誘う所が今までのヒロインと違ってエロさがなくて癒やされました。

一緒にダンスを踊ったりと心を開きかけた所で健一(遠藤憲一)が「もう少し頑張ってみたら」と上から目線で言ってしまったことで「私の事何にも知らないくせに!これ以上頑張れない!」と言うやりとりが多感な女の子とお父さんの会話みたいでした。

武田信玄ゆかりの温泉だけあって、健一(遠藤憲一)の変装シーンが信玄公の出陣スタイルで格好良かったです!
赤い装束に兜が似合いすぎです!
導かれるままに付いていくと、今度はみな(大場美奈)のファンと一緒にオタ芸を全力で踊る遠藤憲一が!
かなり貴重な回でした。ピンクのTシャツ姿で一生懸命踊る姿を見てみな(大場美奈)も一緒に踊り始めるシーンは見ていて嬉しくなりました。
流石、現役アイドルだけあって可愛くてスタイルが良い上にきれっきれのダンスを見せて貰えて眼福です。
「迷惑」と言われてもみな(大場美奈)の為に集まってオタ芸で励ますファンとの絆にも凄く感動しました。

新人が入って来て、自分はセンターを奪われるかもしれないという不安と闘っていたみな(大場美奈)でしたが実際のアイドルも同じような事で悩んでいるかもしれません。
ドラマですが、現実と限りなく近い俳優、演出、シュチュエーションが感情移入しやすく見ていてとても楽しかったです。

最後に「センターでなくても自分らしく輝きます!」と言って宿を後にするみな(大場美奈)に本当のアイドルのようにエールを送りたくなりました。

40代女性

ゴーゴー☆サイリウム

『さすらい温泉 遠藤憲一』第3話は、さすらいの派遣中居・中井田健一(遠藤憲一)が、アイドルグループ「神田川55」のセンター・大賀みな(大場美奈)を驚きの方法で励ますという話でした。

今回、中井田が派遣されたのは、山梨県の下部温泉。武田信玄ゆかりの温泉宿で、怪我の療養をしていたはずの大賀みなですが、中井田の誘いにも乗らず、心配して駆けつけたファンとも言い争いになってしまうなど、どうも気持ちが不安定になっているようすです。

宿の前で出会ってから、ずっとみなのようすを心配していた中井田は、ファンとのもみあいからみなを助けたことで、みなから信頼を得ることに成功します。中井田の良さは、女性に対して親戚のおじさんのような優しさを発揮するところです。上から目線で説教するのではなくて、心から相手のことを気にかけていて、いざという時には相手のために行動できる、だから面識のない異性からの信頼を得ることができるのだろうと思います。

そして、第1話から、困った女性の味方であり続ける中井田の、探偵並みの勘と推理力が、第3話でも発揮されました。公式には怪我をして活動できなくなったと発表されているみなが、実はセンターを後輩に奪われるのではないかと不安がっている、ということに中井田は気がつきます。

前半でしっかり女性の事情を描いたところで、一番の盛り上がりとなるコスプレシーンが来ます。中井田は予告にも登場した武田信玄の甲冑姿で登場します。このまま信玄としてみなを力づける流れかな、と思いきや、明りがついたところに立っていた中井田は、ピンクの半そでシャツに、両手に持ったペンライト。昼間、みなともめたファンたちと一緒に、勢いよくオタ芸を披露したのです。

そうだ、遠藤憲一と言えば『ドロ刑』放送中も、共演した中島健人が所属するSexyZoneと歌番組で共演していたじゃないか…!と思い出してしまいました。正統派アイドルに鍛えられたダンスのキレ味は既に保証済です。

中井田たちの踊りにアイドルとして活動することの楽しさや喜びを思い出したみなが、自然と踊りだし、かっこいいダンスや決めポーズを見せる場面には、感動しました。

遠藤憲一が役者を辞める、なんて本気なのか冗談なのかわからないドラマで、まさかこんなに泣かされるとは。ゲストヒロインの大場美奈さんも、大賀みなとしての表情が素晴らしかったです。今後の活躍にも期待しています!

30代女性

さすらい女将

言わばフリーランスの仲居さん?中井田(遠藤憲一)さんが癒しの声で案内してくれて、映像を見ながら温泉旅館に行ったような気持ちになれます。物語以外にも温泉の情景や豊かな自然が癒しです。

最近はドラマのゲストが人気アイドルグループのセンターをはっていて、卒業を悩んでいる…というようなキャラクター設定良く見かけますね。時代を反映しているんでしょうか。
川を覗き込んでいただけで、自殺と早とちりしちゃって何のためらいもなく止めにかかるところが人の好さを感じさせます。少々勝手なお客のアイドル(大場美奈)のために買い出しやつきまとってくるファンから助け出したりと、いろいろ動いてくれるんですが、自分でも言っていたようにこれも極上のおもてなしということでしょうか。

アイドルグループを牽引する彼女の心の負担を癒してあげようといろいろと試行錯誤するケンさんの姿が健気です。ダンスを教わっている姿も「ドイヒー」と言われる始末ですが、出会ってばっかりなのにこんなに自分のために動いてくれるなんて私がこのアイドルならすぐ感動です。途中出てくるケンさんの荷物の中身…やたらと色とりどりの布生地が飛び出してきて妙にツボな場面でした。

遠藤憲一さんの武将のコスプレ、いかつさと迫力がどこぞの大河ドラマかと思える必見ポイントでしたね。からのやや中途半端なオタ芸を全力の笑顔で踊るケンさんの可愛いこと!いつの間にか温泉にアイドルをつけてきたファンたちも取り込んでいたんですね。意外と策士です。

最後、アイドルを「自分らしく輝きます」という気持ちにさせたケンさん。おもてなしが成功して何よりです。温泉に行ってこんな仲居さんに出会って身も心も癒されたい…!

何より、ケンさんとして働いていた中井田さんと、遠藤憲一さんの寡黙さのギャップが!このドラマ、遠藤憲一さんだからこそ成り立つなと思いますし、あの笑顔をずっと見ていたいと思わせるおじさんです。

スポンサーリンク

『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のTwitterrでの反応まとめ

総括!しっかりと温泉地および宿泊先の紹介を細かくしてくれるのがいいですよね。毎回、放送された場所に行きたくなってしまいます。

『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『さすらい温泉 遠藤憲一』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

中井田(遠藤憲一)は「信玄公の隠し湯」として売り出している山梨県・下部温泉郷の老舗旅館「裕貴屋」で働き始める。そこには、国民的アイドルグループ「神田川55」のセンター・大賀みな(大場美奈)が宿泊していた。みなは無期限休養中。同じグループに期待の新星が登場し、人気が落ち始めていた。やがて、みなの卒業を恐れたファンたちが温泉街までやって来るが、みなは迷惑だと追い返してしまい……。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/sasuraionsen/story/

『さすらい温泉 遠藤憲一』3話に出演する主要キャスト

  • 中井田健一/演:遠藤憲一

3話に出演するゲスト

  • 大賀みな/演:大場美奈(SKE48)