ドラマル

『同期のサクラ』10話(最終回)のネタバレ感想!「すぅ~」黒川に共感?ヒジョーに良い続編を求む声殺到!

2019年12月18日に放送されたドラマ『同期のサクラ』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、副社長となった黒川(椎名桔平)の誘いで、サクラが花村建設に復帰!
黒川の理念に感化されたサクラは、「すぅ~」を連発し…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』最終回のあらすじネタバレ

2020年4月。
大きな桜の木の下に、月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣祐)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)は居ました。
出会って11年目。今や会社、仕事はバラバラです。
4人は「サクラは最後まで大変だった。まさか、あんなことになるなんて」と話していました。

1ヵ月前。
サクラは6時起床。シャックリが止まりません。黒川森雄(椎名桔平)は、どうしてまた花村建設に自分を雇ってくれたのだろうかと考えるサクラ。同期のみんなに誓ったように、爺ちゃんに毎日頑張っていると報告出来るようにするしかないと思いながら、ドアを出ます。隣室の脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が良樹を見送っていました。草真の仕事も決まった様子です。
サクラは建物の写真を撮りながら会社へ。副社長室に向かいます。
サクラは黒川に挨拶をし、「何故いろいろ今まで問題を起こして来たのに、私を呼んでくれたのでしょうか」と聞きます。黒川はこの10年、会社が造ったすべての建築物の資料を見せて「どう思う?」とサクラに聞きます。
「素晴らしい物もあるが、今までの物をなぞっていて独創性も革新性もない」とサクラ。
「俺もそう思う。去年の売上げは業界3位から5位に転落した。このままでは沈むだけだ。そこで新しいプロジェクトチームを作ることにした。お前のような今までにない発想と熱い情熱をもった人間を集めて、今までにない未来に誇れるような建築物を残すためだ。お前にそのチームリーダーになってもらいたい」と黒川は言います。
サクラが居なくなって、命令を着実にこなす優等生はいくらでも居るが、上に逆らってチャレンジしようとする者は、この会社にはほとんど居ないことがしみじみとわかったと言います。
「俺は花村建設を生まれ変わらせたいんだ。その手伝いをしてくれないか?」と黒川。
「分かりました。よろしくお願いします」とサクラは了承しました。
「大事なことを言い忘れていた。お前は自分の主義主張を曲げずに散々痛い目に合ってきた。それはお前に力が無いからだ。力さえあれば周りはお前のやりたいことに従う。お前の夢だってかなえることができる。これからは力を持て」と黒川は加えて告げるのでした。

プロジェクトチームのリーダーとして挨拶するサクラ。葵もチームの一員です。
ここに居るメンバーは、黒川が各部署から抜擢したとのこと。きっといい仕事ができるはずだと葵は言います。
そこへ黒川が。着工を控えたゲートウェイブリッジの会議に同行するようにと伝えます。
会議に社長は欠席。副社長の黒川に一任されていました。会議中に黒川から意見を求められたサクラは、橋のデザインがありきたりであることや、地盤に対してのコンクリートの強度強化等、遠慮なく指摘。担当者の反感を買いますが、サクラの意見に黒川が同調すると場の雰囲気は一転します。
会議後、「見たろ?あれが力だ。お前が言っていることは基本正しい。だからこそ他の人間には厄介なんだ」と黒川はサクラに話します。
廊下で黒川とサクラは社長に会います。社長はご機嫌な様子でゴルフの話で盛り上がっていました。

エレベーターで。
「どうしてゴルフをしている暇があったら、会議に出ないんでしょうかと思わなかったか?」とサクラが言おうとしていたことを聞く黒川。
「接待も仕事と言われればそれまでだが、この会社には無駄が多すぎる。例えばエレベーターは重役専用、全社員が乗れるようにした方がいい。無駄な会議。無駄な残業。無駄な人間も多すぎる」と。
「組織というものは、前例のない物や、発想の違うものを否定し拒絶する。その時必要なのはそれを黙らせる力だ。お前がお前でいようとするなら力を持つしかないんだ。ちなみに重役専用のハイヤーはどう思う?」と黒川。「無駄だと思いました」とサクラ。「いいね。その調子」と言って黒川はそのハイヤーで去っていきました。

黒川の言葉に感化されたサクラは「花村建設の改善改革案」を作り始めました。葵はそんなサクラを心配します。葵は黒川のことを正体不明だと信用しきれていない様子でした。
葵はサクラに最近の百合の様子が心配だと相談します。サクラは百合と会うことに。

百合はサクラに元気そうに振舞いますが、夢が泣き出すと表情は一転。本当は疲れていました。
働く人が安心して預けられる託児所を作ろうとしている百合。予算やスタッフ集めは予想以上に困難で、帰宅後は夢の育児に追われ心が休まる時が無いと言います。
「こんなことなら会社辞めない方が良かったのかな」と弱音を吐く百合。「そんなことはありません。百合ならきっと乗り越えられます」とサクラは励まします。「そうかな。私ね」と百合が話しかけたところで電話が。会社からの呼び出しでした。百合は話を切り上げサクラを見送ります。

サクラが残業していると、菊夫からネット電話が。NPOの代表になった菊夫はトラブル続きで悩みを抱えていると言います。同期のみんなに会いたがる菊夫でしたが、みんな忙しいようだと言葉を濁すサクラ。
電話を切って仕事に戻ろうとしますが、再び電話が。今度は蓮太郎からです。就活中の蓮太郎ですが、やる気を出して新しいものをやりたいと言えば言うほど、どこの会社にも面倒臭いみたいな顔をされると悩んでいました。そこへ黒川からキャッチフォンが。蓮太郎は遠慮して電話を切ります。
黒川からは、ゲートウェイブリッジの資料の直しが来たのでチェックしておいてくれとのことでした。

何度も担当者とやり取りを重ね、ゲートウェイブリッジはサクラの思い描く方向へ進んで行きます。仕事に高揚感を感じるサクラ。そんなサクラに葵は「ほどほどにしといた方がいいよ。土木部のみんなは残業続きで予算も跳ね上がっている」と指摘します。
「良いものを造った方がクライアントも喜んでくれるのではないでしょうか」とサクラ。このままだと、サクラがまた会社から浮いてしまうのではと葵は心配し、みんながサクラの言うことを聞いているのは、黒川がバックに居るからだと指摘します。
サクラは、黒川が良いものを造ろうとしていることや、会社を良くしようとしていることを伝え、その手助けがしたいだけだと言います。
そこへ、取締役会で社長が解任され、会社合併の情報が入って来ました。

サクラは黒川のもとに向かいます。
「あの人がいる限り会社は変わらない」と黒川。サクラは会社の合併のことを心配しますが、黒川は「社員のために社会のために」という新会社のスローガンについて「どう思う?」とサクラに意見を求めてきました。
そこへ社長が怒鳴り込んできました。黒川に向かって「アイツにはめられた。お前らもアイツに騙されている」と叫びますが、無理やり外に出されてしまいます。その様子をサクラはじっと見つめていました。

サクラの歩く姿を見る葵。黒川に影響されすぎているサクラを心配し、同期達が集まりました。
サクラを呼び出し、黒川を信用しすぎない方がいいと助言します。合併して大規模なリストラがあると噂も流れていました。サクラが変なことに巻き込まれないか心配する同期達。しかし、サクラは仕事に戻ろうとします。
新しいプロジェクトのリーダーになって忙しく、あまり時間を無駄にしたくないと訴えるサクラ。会社を辞めた人が内政干渉することも否定します。百合は怒って「サクラ、あんた変わったね。リーダーになったらそんな人間になっちゃうの?もしかしたらあんたが1番権力を持っちゃいけないタイプだったりして」と言い放ちます。
「私は今こそ自分が変わるべき時だと思っています。今までの自分じゃ駄目。もっと力を付けたいと思っています。今度こそ自分のやりたいことが出来そうなのに、どうして応援してくれないんですか?みんな」とサクラは叫びます。
「自分のことを誤魔化していないか?」と問う葵に「何言っているんですか?そんなことはありません」と早口で答えるサクラ。「すみません。本当に忙しいので」と出て行きました。

企画書を部下に催促するサクラ。
そんな中、すみれ(相武紗季)から連絡が。リストラの対象者になったとのこと。サクラは驚いてすみれの元に駆けつけます。撤回してくれるように黒川にかけ合おうとするサクラをすみれは止めます。もうすぐ産休を取るつもりでいたこともあり、いい潮時だとすみれは言います。
すみれはサクラに、自分の心配をした方がいいと助言します。入社した頃のサクラを思い出しながら「サクラに母親としても、働く女としても生きていく勇気をもらうとは思わなかった。同期のみんなも同じだからサクラを心配しているの。自分を見失わないでね」と声をかけるのでした。

サクラが黒川のもとに行くと、社長室へ引越しをしていました。サクラは黒川にすみれのリストラの撤回を頼みますが、黒川は了承する代わりに新たなリストラ対象者をサクラが選ぶことを告げます。
「分かりました。私が辞めます」とサクラ。「そんな安直な答えしか出せないのか。悔しかったら俺を負かすほどの力を持ったらどうだ。それが無理なら俺の方に来い。お前は情にもろすぎる。大きな目的のためなら多少の犠牲も仕方がない」と黒川は言い放ちました。

サクラは部屋に戻り、コロッケを食べますが美味しく感じません。「サクラの方がおかしくなっているんだろうか」と爺ちゃんに呼びかけます。

翌朝、サクラは工事現場で働く草真と会います。以前サクラから、素晴らしい建物を造ればたくさんの人を幸せに出来ると聞いたのでこの仕事をやってみたら、自分の天職を見つけた感じがすると草真は言います。「夢が出来ました。いつか北野さんと一緒に建物を造ることです」と。

会社に着くと、内定研修に来た新入社員(美山加恋)がサクラに「この会社大丈夫ですよね?合併すると聞いてちょっと心配で」と声をかけてきました。「大丈夫です。きっといい仲間に出会うから」と答えるサクラ。
そしてサクラは突然走り出し、家に戻ります。

葵は百合の所へ。昨日から会社にサクラが来ていないことを報告します。連絡しても繋がらないとサクラを心配する葵。百合はサクラの元に向かおうとしますが、夢が泣き出します。「この頃、機嫌悪くして。訳が分からない」と困り果てる百合。葵がやさしく夢を抱き上げてあやすと、夢は笑い出します。
「なあ、百合。この子のそばにいちゃ駄目かな。この子を幸せにしたい。百合も幸せにしたい。いいかな」と葵。百合は泣き出します。そこへサクラから電話が。
サクラの呼びかけで同期4人が花村建設に集まりました。フラフラのサクラ。ずっと寝ていないと言います。一緒に生きていくことにしたと百合と葵から報告を受け、サクラは喜びます。蓮太郎も就職が決まったとのこと。大きな夢を持った人を待っていたと社長が言ってくれたと聞き、笑顔で喜ぶサクラ。
菊夫は「こうなったら、俺と結婚するか?」とサクラに言いますが「すみません。今、そういうことは考えられないので」とサクラ。
「大丈夫。仙台の仲間がいるから」と菊夫。自分の弱さを認めて頑張ろうと声を掛けたら、みんな分かってくれたと言います。リーダーの顔になったと喜ぶサクラ。
そこへ黒川が歩いて来ました。
「何故こんな私に良くしてくれるんでしょうか」とサクラは聞きます。入社面接でサクラと会った時、まるで娘と話している気がしたと黒川は話し始めます。
バレリーナになる夢を持った娘がいて、娘の夢を応援しながら、いつか劇場を建ててやろうと必死に仕事をしていた黒川。それなのに娘は8歳で事故死。面接の時に「私には夢があります」と熱く語るサクラを見て娘と重なった。履歴書を見たら、同い年で誕生日も一緒だったとのこと。
「なあ、サクラ、俺と一緒に夢を叶えよう」と黒川はサクラに言います。
退職願を出すサクラ。
「いいのか?この業界で2度と働けなくなるようにすることもできるんだぞ」と黒川は言います。
「いえ、働きます。働いて見せます」と言って、多くの未来の建物のアイデアを黒川に見せます。「どれも素晴らしいじゃないか」と黒川。
「誤解しないでください。私が同期の仲間にアドバイスを受けまくって完成したものです。私の力は仲間です。優秀な仲間がいれば素晴らしい仕事ができます。それが私の力。社長にはそんな仲間がいますか?」とサクラ。
社長に力を持てと言われて楽な道を進もうと、自分を見失っていたことにサクラは気づいたのでした。
同期のみんなが居れば困難な道もきっと乗り越えられると信じ、サクラは出て行きます。
黒川は見送りながら微笑みました。

再び就活を始めたサクラ。建物の写真を撮っていると、以前面接を受けた会社の社長(平泉成)に出会いました。
「良かったらウチに来ませんか?建物造るの、好きなんでしょ?」と。

大きな桜の木の下で待つ同期のもとへ、サクラは遅れて着きました。
就職が決まったことをみんなに報告します。これでみんなの進む道が決まりました。
「私は皆さんに会えて本当に幸せです」とサクラが言うと「こっちのセリフ」と同期達。サクラのお陰でここまで来ることができた。夢も持てたと。

「私には夢があります。孤独や不安で苦しんでいる人達に、あなたは決して1人じゃない。応援してくれる人が必ずそばにいると伝え続けることです」と菊夫。
「私には夢があります。これから社会にはばたく女性達が、子育てや生活の不安もなく生き生きと自由に働ける社会を作ることです」と百合。
「私には夢があります。自分を貫こうとして過酷な状況で働いている人達を1人でも多く幸せにする本物のリーダーになることです」と葵。
「私には夢があります。1人でも多くの人が夢を持ち、そのことを恥ずかしがらずに声に出せば、自分も奇跡を起こすことが出来ると知ってもらうことです。」と蓮太郎。

サクラはと聞かれ、「そういう気分ではないので」と断るサクラですが…。

「私には夢があります。1人でも多くの人が私のように信じあえる仲間を持つことです。毎年、このサクラに負けないように花を咲かせることです。私達が造った建物を見て、未来の人達が私達が生きていたということを思い出してくれることです。私がいつも素晴らしい建物を見て感動するように生きる希望を持ってくれることです。」とサクラは叫びました。
空気は読まないけれど人の心を読もうとするサクラ。これからも忘れないと誓い合います。
そしてみんなで写真を撮ります。
「じゃあ、またいつか」とみんなはそれぞれの道に歩き始めるのでした。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』最終回のネタバレ感想

50代女性

sun

遂に終わってしまいました。1話を1年毎の出来事として描いていくドラマは、今まで見た中で初めてでした。しかも毎回出てくる心に染みる言葉。私にとっては間違いなく今期一押しのドラマでした。

容赦なく次から次へとサクラに起こる不幸な出来事に、見ていて苦しくなってしまうことも多かったですが、それ以上に現代の世界の中で生きていく道筋を考えさせてもらった気がします。本当に新しい形で視聴者を引き込んだ素晴らしいドラマでした。高畑充希さん始め、登場するすべての役者さん達の演技も素晴らしかったです。

黒川が遂に社長まで上り詰めました。私も葵と同じように黒川のことが信用しきれずにいましたが、8歳で事故死した娘さんの面影をサクラと重ねていたとは。
最後にサクラを見送った時の微笑みが印象的でした。このドラマのキーマンでしたね。黒川の一言で展開がガラッとかわるシーンが多かったので。椎名桔平さんの演技も良かった。

「私には夢があります」と同期達が1人ずつ叫んだ所も感動でした。夢を持つことは簡単なようで難しい。サクラと出会ったことで、同期のみんなが夢を持てたことは本当に素晴らしいことだと感じました。
毎週楽しみにしていたので、早くもロスに突入です。いつまでも心に残る温かいドラマでした。

「すぅ~」黒川に共感?ヒジョーに良い続編を求む声殺到!

最終回、黒川の「すぅ~」および発言に共感!
ラスボスだと思っていましたすみません(騙されてる?)。

黒川はサクラを娘のように思っているからこそ、厳しい現実(社会)と向き合わせようとしていたのかな?

社会の荒波に耐え、力を付けるまでへこへこしてきた黒川さん。力を持ち気にかけてきたサクラ(娘)が活躍できるステージを用意してくれた。
しかし、サクラは、「我々は必ず月に行く、それは簡単ではなく困難だから」と、用意されたステージを捨て、困難な道へと旅立つことを選ぶ。
そんな成長したサクラを見て、笑顔をのぞかせた黒川社長がカッコ良かったですね。

まとめ

最終回、すみれさんと黒川社長が、サクラというまっすぐすぎる人を暖かく見守り続けていたことにジンとしましたね。
そして、サクラ2号(美山加恋)の登場に終わってしまうことを実感させられました。
間違いなく今期1・2を争う面白いドラマでしたので、本当に終わってしまい寂しい!

同期たちとは、仲を取り戻しハッピエンドとなったのが少し勇み足感があったので、もう少しじっくりと鍋パドタキャンの罪滅ぼしをしてもらいたかったですが…。
サクラが新しい夢を持ち笑顔で前に進め出せて本当に良かった。

『同期のサクラ』は、好評でしたし、いくらでも続きを作れそうなラストでしたので、SP(スペシャル)でも映画でもいいので、続編を作ってもらいたいですね。

そして続編で、サクラが故郷に橋をかける(初期)夢を実現させて欲しい。