ドラマル

『同期のサクラ』8話のネタバレ感想!葵が1話で2人にプロポーズ!結果は笑われ断られた?

2019年12月4日に放送されたドラマ『同期のサクラ』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、サクラが病院で寝たきりとなった倒れた理由が明らかに!
そして、葵が1話で2人にプロポーズをするという偉業を成し遂げるが…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』8話のあらすじネタバレ

2019年12月。
北野サクラ(高畑充希)の病室に、同期の月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣祐)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)が集まっていました。
サクラはこれ以上の回復は望めず、他の病院への転院を病院から勧められていました。
そこへサクラの部屋の隣人の、脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が息子の良樹を連れて訪れ、「すみませんでした。北野さんがこんなことになったのは、私たちのせいなんです」と頭を下げました。

2016年11月。
6時に目覚ましが鳴り、サクラ起床。
両親の写真の横に、北野柊作(津嘉山正種)の写真も加わりました。サクラは、柊作がこの世界に居ないことがまだ信じられない辛い状態でしたが、同期のみんなと、たくさんの人達を幸せにする建物を造るという夢を胸に、頑張って会社に向かいます。
途中の公園で、隣人の草真と小梅が良樹を遊ばせていました。仕事が見つかったと嬉しそうに話す声が聞こえます。良樹の遊んでいたボールがサクラの足元に転がり、取って欲しいと声を掛けられますが、気づかないで歩いて行くサクラ。いつもしていたように建物の写真を撮ろうとしますが、人に当たって躓きます。
その後、サクラは会社には向かわず、家に戻って行くのでした。

2018年1月。
サクラの部屋はゴミだらけ。サクラが会社を休職してから1年以上経っていました。
百合、葵、菊夫、蓮太郎がいつもの喫茶店に集まり、このままではまずいとサクラを心配していました。
菊夫は、サクラにプロポーズしようと思うと話します。葵は、仕事で悩みを抱えていると相談を持ち掛ければ、サクラのことだから動いてくれるのではと提案します。
百合はサクラのアパートへ。葵の提案通り仕事の相談を持ち掛け、中に入れてくれないかと戸口から声を掛けます。部屋のドアを開けるサクラ。髪が伸びてボサボサのサクラに百合は驚きます。部屋の中もゴミだらけ。慌てて窓を開ける百合。
百合は「菊夫が連れて行きたい場所があるらしい」と何とかサクラを外に出します。

菊夫は、パワハラで悩んでいた頃携わっていた図書館が完成したと話し、そこへサクラを連れて行きます。工事の途中に水道管が破裂した時、駆けつけてコロッケを差し入れたサクラでしたが、その図書館に来てもボーっとするだけ。
菊夫はサクラにプロポーズをしようとしますが言い切れず、当時落ち込む自分の尻を叩いてくれたサクラの言葉を引き合いに出し励まそうとします。サクラから尻を叩いて欲しいと頼まれますが、叩けない菊夫。菊夫の励ましはサクラには届きませんでした。

蓮太郎は、サクラが大好物だった実家のラーメンを食べさせようとしますが、食欲がないとサクラは食べません。任された建物の設計図をサクラに見せ、意見を聞かせて欲しいと頼みますが、「いくら見ても何も思い浮かばない」と泣き出すサクラ。
そこへ火野すみれ(相武紗季)がやってきてサクラを抱きしめます。すみれから、社史編纂室から人事部に戻った話を聞き、再びすみれに抱きついてサクラは大声で泣き出すのでした。

葵はサクラと歩きながら、入社した頃、「私には夢があります」とサクラが言った時のことは一生忘れないと話します。「あの頃は、お前みたいなヤツと一生分かり合えないと思ったけれど、今では一生離れたくないと思う」と葵。「俺と結婚しないか?今は無理に会社に行かなくていい。サクラはいい奥さん、いいお母さんになると思う」と真剣にプロポーズしますが、サクラは笑い出します。「こんな私なんかと結婚したいって言うから。私なんていい奥さん、いいお母さんになれないと思う」と言います。
葵も引きつりながら、サクラと共に笑うしかありませんでした。

百合はサクラに「服でも買ったら?」と買い物に誘いますが、サクラはネットで爆買いを始める始末。サクラの様子を心配した百合は「やっぱり、いつもの格好で、私には夢がありますと言っているサクラが好き。お願い、いつものサクラに戻って。私達と叶える夢は残っているのだから」と励まします。
すると、「夢、夢うるさい。あんたなんかに私の辛さなんか分からない」と突然サクラは怒り出します。それを聞いた百合も「ブス、ブス、ブス。あんたみたいなブスどうでもいいから。」と叫び、2人は喧嘩別れをしてしまうのでした。

しょんぼりして喫茶店に行き、1週間分のカレーを頼むサクラ。そこには同期4人も集まっていました。サクラへの励ましが失敗し、4人は途方に暮れていたのでした。
「さっきはすみませんでした。」と頭を下げるサクラ。自分の感情がコントロールできないと打ち明けます。
4人は今までサクラが自分達のためにしてきてくれたことに感謝しながら、爺ちゃんのためにも、残った夢を叶えようとサクラを励ましますが、「みなさん、ありがとうございます。でも、無理なんです」とサクラ。今まで自分がやってきたことが全部ムダで、これから頑張っても意味がない気がすると話します。
「せめて、爺ちゃんからのFAXが来ないかなって思う」とサクラは嘆きます。死ぬ前に「桜は決して枯れない。たとえ散っても必ず咲いてたくさんの人を幸せにする」というFAXを爺ちゃんが送ってくれたと話しますが、「私はそんな人間じゃない。皆さんに会うのも辛い。頑張れって言われる度に苦しい。だから、私なんて仲間だと思わないでください」とサクラは言って出て行ってしまうのでした。

辛い表情で帰る蓮太郎。すみれが心配して待っていました。「結局何も出来なかった。やっと、本当の仲間が出来たと思ったのに」と蓮太郎は呟きます。

田舎に電話をかける菊夫。何かあったかと心配する妹に、「大好きだったヤツに振られただけ。冗談だよ」と空元気で話します。

2人で歩く百合と葵。
葵はサクラを励ますために1番頑張っていた百合を心配します。逆に振られた葵のことを心配する百合。
「私は何だか自分の世界が変わった気がする。1番信頼出来て、ずっとそばに居たサクラが1番遠くに行っちゃった。初めて出来た親友なのに」と悲しそうに呟く百合を葵は抱きしめます。「あんたってこんなにあったかかったんだ」と百合。葵は百合にキスをしようとしますが、百合は避けます。もう一度2人は抱き合うのでした。

サクラに花村建設から書留が届きます。「解雇予定通知書」でした。「1度本社に顔を出せ」と黒川森雄(椎名桔平)からのメモも入っていました。

黒川に会いに行くサクラ。黒川は専務になっていました。退職届を出し「長い間お世話になりました」とサクラ。黒川は「残念だ。お前には期待していたのに」と言い、面接をして周りの反対を押し切って、自分がサクラを入社させたことを伝えます。会社に喝を入れる起爆剤になると思ったと。
出て行こうとするサクラに「結局俺の見る目がなかったということか?桜は散ってしまったか?」と黒川。サクラは何も言わずに出て行くのでした。

サクラは喫茶店に行き、また1週間分のカレーを注文しますが、店主(柳谷ユカ)に断られます。「あんた達が頑張っている姿を見て、リクエストがあればと頑張ってきたが、もう体がもたない。もう、あんた達も来ないみたいだし」と言われるのでした。
しょんぼりしながら歩くサクラ。道で販売されていたAIスピーカーに足を止めるのでした。

何も無い部屋で、サクラはAIに話しかけます。
「ねぇ、AI、私はどうすれば仕事に行けるようになるんだろう」
仕事に行く気が無くなるデーターを伝え、励ますAI.
「ねぇ、AI、爺ちゃんも死んじゃったし、橋を架ける夢も無くなった。島の人達に嘘をついた方がよかったのかな。」
そのことについては、情報がないとAIは答えます。
「私みたいな人間はこの世界で生きていくことは無理なのかなぁ」と卑下し、ただみんなに幸せになってもらいたくて歩み続けてきたこと、すばらしい未来があると信じていたのに、実際はそうではなかったことを語り「私みたいなのは死んだ方がいいのかな」とAIに聞くサクラ。「それについては言いたくありません」とAI。
「私はこれからどうしたらいいの?教えてよAI」と言うサクラに「それはサクラさんが決めることです」とAIは答えます。データーに基づいてアドバイスを並べるAIに、サクラは「AIお願い、もう黙って」と言って床に横たわるのでした。

2019年3月。
菊夫は会社を辞め、ボランティア活動をする団体に入りました。
蓮太郎は新しい仕事を任され、大変な毎日だが、すみれとも結婚。充実した日々を送っていました。
そして百合は子供を出産していました。父親は葵。2人の意見で「夢」と名付けました。
「結婚しよう」と葵は百合に告げますが「やめとく」と百合。葵に相談もせずに子供を産んだ百合。今でもサクラを忘れられない葵を気遣います。
そこへ菊夫と蓮太郎がお祝いにやってきました。
百合は、柊作に託されたサクラのことを、このままあきらめきれないとみんなに話し、最後に1つだけ試してみたいことがあると協力を頼むのでした。

床で眠るサクラ。目を覚まし、今日は何日かAIに尋ねます。「2019年、3月31日です。サクラさん、お誕生日おめでとうございます」とAIは答えました。
サクラは冷蔵庫を開けますが、何も入っていません。傍らに落ちていた同期のみんなとの写真を拾い上げます。
そこへ非通知の電話が。サクラが出るとFAXの音。玄関のドアの隙間からFAXのように紙が。
「俺たちはいつまでも待ってる」「お前と一緒にまた働ける日を」「だからどんなに辛くても諦めない」「サクラのいない世界なんかに生きていたくないから」と次々と続きます。その言葉をかみしめ、涙を流すサクラ。爺ちゃんにこんな素敵な仲間がいると呼びかけます。
最後に「じゃあ、また明日」と一枚。
「みんなに会いてぇ」と外に出るサクラ。この世界に生きている意味があるなら、今までの自分に戻ると4人に伝えようとして歩き出します。
外の公園で、隣人の草真と小梅が、草真が仕事を辞めたと言い争っていました。そのすきに、ボールを追って道路に飛び出す良樹。バイクにぶつかりそうになった良樹をサクラが庇って転がります。良樹は無事でした。「大丈夫ですか」と駆け寄る草真と小梅。サクラは大丈夫だと立ち上がり、フラフラ歩き出します。「私には夢があります」と繰り返しながら、同期のみんなとの思い出を胸にアパートに戻るサクラ。その後、同期のみんなとの写真を持って気を失ってしまうのでした。

病室で。
立ち直ろうとしていたサクラを思う4人。病院の先生に呼び出されます。サクラが目覚めることを信じている4人は「じゃあ、また明日」と出て行きました。
残されたサクラの目から一筋の涙が流れます。ゆっくりとサクラは目を開けました。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

故郷の島に橋を架ける夢と、爺ちゃんを一度に失ってしまったサクラ。会社に向かうことも出来なくなり、感情のコントロールもきかずに苦しむサクラの姿に涙が止まりませんでした。
必死でサクラを元気づけようと頑張る同期達ですが、逆に励ますことがサクラを苦しめてしまうという。辛いですね。
何も無い部屋でAIに話しかけるサクラの姿や、離れてしまったサクラを思う同期達の悲しみが辛かったです。特に、百合の「何だか自分の世界が変わった気がする。1番信頼出来て、ずっとそばに居たサクラが1番遠くに行っちゃった。」という言葉が心に残りました。百合にとって、サクラはそれほど大きな存在であり、サクラも同じだったはずですね。

百合の産んだ子供の父親が、葵であったのはさすがに驚きました。相談もせずに出産。葵との結婚も「やめとく」と一言。圧倒されました。

百合の提案で、同期達の言葉を、爺ちゃんからのFAX仕立てでサクラに伝えたところは本当に素敵でした。やっとみんなの思いがサクラに伝わったのに、どうして不幸な事故がまた起きてしまうのでしょうか。
悔しくてたまりませんでしたが、最後にサクラが目覚めてくれたことで希望が出てきました。
サクラが花村建設に再就職はないでしょうか。また、橋を架けることはできないでしょうか。無理だと分かっていても、いろいろ願ってしまいます。笑ったサクラの姿が見たいです。

葵が1話で2人にプロポーズ!結果は笑われ断られた?

サクラに対して、「俺と結婚しないか?」
百合に対して、「結婚しよう。」
と、1話で2人にプロポーズをするという偉業を成し遂げた葵。

結果は、サクラには「アハハ…!ハハハ…!」と笑われてうやむやに…
百合には、子どもの名前を決める相談は受けるも、産む相談はされておらず、今もサクラを想う葵は断られます。

この珍事に、ネットでは「葵には一途であって欲しかった」なんていう嘆きの声も!
悲しむ百合を抱きしめたのはいいですが、さっきサクラにプロポーズしたばかりで、百合とキスをしようとしたのは「えっ」となりましたよね?

サクラの復活後も気になりますが、葵がサクラにもう一度プロポーズをするのか、サクラへの思いを断ち切り、百合と子どもの元に行くのか気になりますね。

『同期のサクラ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

2019年12月―。サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。
 翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。
 数週間後。百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。
 一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。
 職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。
 自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。
 そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/