ドラマル

『同期のサクラ』7話のネタバレ感想!じいちゃん最後のFAXで大号泣!サクラ復活を暗示?

2019年11月20日に放送されたドラマ『同期のサクラ』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、黒川に頼まれ、サクラが島民に美咲橋の安全性を説明することに!
そして、サクラは同期の仲間を連れて美咲島に帰郷する。
今回もじいちゃんのFAXに注目!

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』7話のあらすじネタバレ

2019年11月。病室で。
黒川森雄(椎名桔平)は、眠り続ける北野サクラ(高畑充希)に話しかけていました。
「こんなに静かだとお前じゃないみたいだ。こんなことになったのも、俺のせいかもな。4年前にお前を故郷の島に行かせて、こんなことに…。」

2015年11月。
サクラは入社7年目。とうとう、故郷の島の橋の着工が始まりましたが、サクラは子会社に出向したままでした。
「橋は架からない。おまえの夢は叶わない」という北野柊作(津嘉山正種)からのFAXが流れる夢を見るサクラ。不安を感じながらも、いつも通りに身支度をして会社へ。

花村ホームの看板を掲げて、道行く人にサクラは呼びかけます。危ない傘の持ち方をしている人には、近寄って注意をする相変わらずのサクラ。
そこへ黒川から電話が入り、本社の土木部へ呼び出されます。故郷の島に架かる橋に問題が起きたとのことでした。

サクラは急いで本社に駆けつけます。木島葵(新田真剣祐)の案内で土木部へ行くと、常務に昇進した黒川と、かつてサクラとひと悶着あった土木担当役員の桑原(丸山智己)が居ました。
橋の工事を始めたら地盤が想定より弱く、完璧を期すのであれば、基礎を本来の18mから20mの深さに掘り下げた方が良いと分かったと黒川は言います。桑原は18mでも国の安全基準は達していると言いますが、ネットで噂が広がり島民が不安を抱えているために、島で住民説明会を開くことになったと言います。そこにサクラも参加して、島民を安心させて欲しいということでした。
基準は満たしており、工事を進めても大丈夫だと資料からも納得し、サクラは了承しました。

いつもの喫茶店。同期みんなが集まっていました。
月村百合(橋本愛)、清水菊夫(竜星涼)や葵が、サクラの美咲島行きの話で盛り上がる中、1人黙っている土井蓮太郎(岡山天音)にサクラは声を掛けます。蓮太郎は、やっと1級建築士の試験に受かったことを伝え、更に付き合っている人を紹介したいと言います。そこへ火野つくし(粟野咲莉)が。犯罪だと驚く一同。少し遅れて火野すみれ(相武紗季)が入って来ました。以前サクラの部屋で、つくしと一緒にゲームで遊んだ頃からすみれと親しくなったと蓮太郎は言います。
サクラも喜び、みんなで乾杯するのでした。

帰宅したサクラは、同期と一緒に島に帰ることを柊作にFAXで報告します。柊作からは「楽しみに待ってる」と返信がありました。

美咲島へ。
サクラは、久しぶりの島の人たちと楽しく話します。橋の着工場所を見て、みんなでサクラを真ん中に写真を撮ります。葵だけは少し元気がありませんでした。
そこへ島の人達がやって来ました。サクラは同期を紹介します。皆は橋のことを心配していました。
島の人達のご厚意で、同期のみんなは泊まらせてもらうことに。おばさんから柊作の具合が悪いことを聞いたサクラは、急いで家に向かいました。

家に帰ると柊作はコロッケを作っていました。テーブルの上には薬が。サクラは本土の病院で診てもらうことを勧めますが、柊作は聞こえないふりをするのでした。

その夜、同期がサクラの家に集まり、柊作のコロッケや、島の人達が持ってきてくれたご馳走を一緒に食べました。みんなで新人研修の時からの、サクラの話で盛り上がります。じっと聞いている柊作。
サクラが風呂を用意している間、柊作は「話がある」と同期4人に伝えます。
「皆さん、サクラのことをよろしくお願いします。これからも、どうか見捨てないで仲良くしてやって下さい」と頭を下げる柊作。
「頭を上げてください」と恐縮する4人に柊作は続けます。「私はもうすぐ死んでしまう。そうしたらサクラは天涯孤独となってしまう。両親が死んでから、この子だけは何があっても守ると育てて来た。不器用なあの子が、今の世の中で生きて行けるのか考えると胸が痛い。でも、今日皆さんと会えて安心できた。どうか、これからも仲間でいてやってください」と。
サクラにはこのことは内緒でと、柊作はみんなに頼むのでした。

同期のみんなが帰り、サクラは柊作と並んで寝ます。
「サクラ、いい仲間を持ったな」と言う柊作に、サクラは「爺ちゃんのFAXのおかげ」と感謝します。
「お前はわしの誇りだ」と柊作。2人は眠りにつきました。

翌朝、サクラが家を出ると葵が待っていました。葵は橋の問題点を見つけており、サクラに言おうか迷っていたのでした。
「橋に注入するコンクリートの割合が、本来入れるべき量より少なく強度が弱くなっている」と葵。「どうして?」と聞くサクラ。桑原が予算を押さえようとしていると葵は言います。基礎を20mの深さにしなかったのも、次期社長候補のライバルである黒川に先に昇進されたことに焦り、会社にアピールするために画策したと。

サクラが桑原に詰め寄ると、桑原は「国の基準は満たしている。今止めれば莫大な損失で橋の建設は中止になる。みんなどこもやっていることだ。説明会がうまくいったら、俺が土木へ呼んでやる」と言います。このまま工事を続けるか、橋を諦めるのか選択を迫られたサクラは呆然と立ち尽くします。

同期のみんなにサクラは相談します。葵と蓮太郎は島の人達に正直に伝えることを勧め、菊夫と百合は橋の建設の続行を指示。意見が割れ言い争いに。
百合は柊作に相談することを勧めます。サクラは柊作のもとへ。

家に着いたサクラ。柊作は住民説明会には行かないと言います。
「私は大人になれるんだろうか」とサクラは柊作に聞きます。「お前は大人になれない。なる必要はない」と柊作。「ずっと長生きしてね」と伝え、サクラは説明会の会場に向かいました。

会場の入り口で百合が待っていました。「決めたの?」と聞かれ、サクラは「まだ迷っている」と伝えます。百合はサクラを抱きしめ、どうしてこんなに辛い目にあうのかと悔しがるのでした。
葵は「俺はお前が好きだ。仲間として生き方を尊敬している。お前の思った通りにやれ。全力で応援する」とサクラに伝えます。
菊夫も「安心しろサクラ。桑原に何か言われたら、俺がガツンと言ってやる」と励まします。

ついに説明会が始まりました。桑原による工事の説明が行われています。待機するサクラのもとへ、蓮太郎がすみれからの電話を持ってきました。
すみれは「これから、あなたが出す答えは、どちらにしてもあなたを苦しめることになる。そうなったら、1人で苦しまないで、みんなを頼りなさい」と伝えます。「ありがとうごいざいます」とサクラは答えました。
桑原の説明を、島民たちは綺麗ごとばかりだと信じず、サクラの説明を要求しました。
サクラは壇上に上がり、目を閉じて息を整えます。
7年前、この島を出て花村建設に入社し、新人研修で同期のみんなとこの橋の模型を作ったと話し始めるサクラ。すばらしいものが出来て、その時同期に話した夢。「1つ目は故郷の島に橋を架けること。2つ目は一生信じあえる仲間を作ること。3つ目はその仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくること。」
2つ目は叶い、3つ目はいつか叶うと信じる。でも、1つ目は叶わないとサクラは伝えます。
基礎の深さやコンクリートの成分が安全とは言い切れず、島の人達が命を落とす危険性のある橋を絶対作る訳にはいかないと伝え、泣きながらサクラは謝るのでした。

説明会は終わり、「もう、うちの会社にはいられないぞ」と怒る桑原に、菊夫は「これ以上傷つけないでください。俺たちはサクラが正しいことをしたと思っている」と叫ぶのでした。

サクラが家に帰ると、柊作は倒れて冷たくなっていました。
「嫌だ、爺ちゃん、目を覚まして」と叫ぶサクラ。

葬儀を終えたサクラは、お世話になったおばさんに、静かにお礼を言います。
ふと、引き出しを開けると、そこにはサクラが送り続けてきた仕送りが。手をつけず、そのまま大切に保管されていたのでした。

東京の部屋に戻ったサクラは、同期と島で撮った写真を眺めていました。ふと、FAXを見ると、そこには柊作からのFAXが。
「桜は決して枯れない。たとえ散っても必ず咲いて沢山の人を幸せにする」と。
柊作は最後にサクラにFAXを送っていたのでした。
サクラは「爺ちゃん、サクラはこれからどうすればいい?爺ちゃんに会いたい。爺ちゃんの作ったコロッケが食べたい」と柊作にFAXを送りますが、返信はありません。サクラは、橋の模型をたたきつけ、部屋のものを床に落とします。

病室。
黒川は、「お前が会社を休んで1年以上になる。残念だが、辞めてもらうしかない。」と解雇通知書を置きました。

サクラと連絡が取れず同期のみんなは心配します。百合はサクラのアパートへ。隣人(大野いと)から、暴れるような音がした後、ずっと静かだと聞き不安になる百合。
戸を開けると、サクラは1人座っていました。「大丈夫?」と聞く百合に「大丈夫です。仕事に行かなければ」とサクラは立ち上がり、部屋を出て行くのでした。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

辛すぎる内容でした。涙が止まりません。
入社当時に掲げた3つの夢のために頑張ってきたサクラ。一生信じあえる同期の仲間たちと出会え、爺ちゃんにも紹介できたのに、1番目に掲げていた島に橋を架ける夢が叶わなくなるとは、何てことなのだろうと悔しくてたまりません。
自分と会社の利益しか考えていないような桑原のような人間は、この仕事に携わってはいけないと強く思いました。でも、これが社会の姿なのかもしれません。

同期のみんなやすみれが、必死でサクラを思う姿にも感動でした。

夢が叶わなかったサクラに、更に爺ちゃんの死という、最も辛い現実が重なってしまいました。
最後の爺ちゃんのFAXの言葉もたまらなかったです。爺ちゃんからのFAXの返信がないことを受け止めきれず、部屋で暴れるサクラの姿も辛かったですね。

これから、サクラはどうなってしまうのでしょうか。百合には大丈夫だと答えましたが、明らかに本来のサクラの姿ではありませんでした。今後の展開が心配でたまりません。

じいちゃん最後のFAXで大号泣!サクラ復活を暗示?

7話は感動の嵐!

1.自分が死んだらサクラを頼むとお願いするじいちゃん
2.説明会を前にサクラを応援&励ます同期たち
3.サクラの島民に向けた涙の演説
4.じいちゃんの死
5.帰宅してのじいちゃんからの最後のFAX

このたて続けの感動と悲劇に涙なくしてみていられませんでしたね。

【じいちゃんからの最後のFAX】

たとえ散っても
桜は決して枯れない
必ず咲いて沢山の人を幸せにする

というメッセージ。自分が亡くなった後のサクラに宛てたじいちゃんのFAXは、最高に感動しました(泣)。

夢への絶望とじいちゃんの死により、心が散ってしまったサクラ。
次回予告・あらすじを見る限り、同期たちやすみれさんが励ますもサクラは立ち直れない。会社も1年以上休んでしまうし、更なる災難も…。

しかし、「桜は決して枯れない」というじいちゃんのFAXが暗示するように、病院で眠り続けるサクラの呼吸器も取れたことだし、そろそろ復活するはず!

そして、「必ず咲いて沢山の人を幸せにする」。
今回、写真撮影で見せた同期5人揃っての笑顔をまた見せて欲しいですね。
次回お休みとか辛い…!

『同期のサクラ』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。
 2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。
 そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。
 翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。
 菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。
 心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。
 数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/