ドラマル

『同期のサクラ』6話のネタバレ感想!すみれが蓮太郎と再婚?相武紗季が格好良くて惚れる?

2019年11月13日に放送されたドラマ『同期のサクラ』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、サクラの先輩・火野すみれ(相武紗季)が有名評論家の講演会を取り仕切ることに!
仕事に子育てに奮闘するすみれだったが、ついに心が折れてしまい…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『同期のサクラ』6話のあらすじネタバレ

2019年秋、病室。
火野すみれ(相武紗季)が眠ったままの北野サクラ(高畑充希)に、中学生になった娘の写真を見せていました。すみれは、サクラにあの時助けてもらわなければ、娘と一緒にいることができなかったと思い返していました。

2014年10月。
入社6年目。サクラはいつも通り6時に起床。
祖父の北野柊作(津嘉山正種)から「何かあったか。元気がないみたいだが」とFAXが届いていましたが、子会社に出向になったことは伝えず、サクラは前向きに働いていました。

花村ホームの看板を掲げて呼びかけるサクラに、出勤途中のすみれが声を掛けます。子会社に出向になったサクラが、本当は不安を抱えているのではないかと心配するすみれでしたが、サクラは不法に自転車を駐輪しようとしている人に注意し、逆切れされて突き飛ばされたりと相変わらずの様子でした。

すみれが人事部に出勤すると、黒川森雄(椎名桔平)から、働く女性のための女性活躍推進セミナーと称して、有名評論家の椿美栄子の講演会を開くことになったと聞き、リーダーを任されます。社長案件なので、粗相のないように黒川は言います。

広報部の月村百合(橋本愛)と共に、すみれがセミナーの打ち合わせを行っていると、サクラも花村ホームの代表として参加してきました。サクラは、何故女子社員だけが集まってセミナーを行うのか疑問を投げかけますが、百合は、男性に意識改革をしてもらう前に、まずは女性同士でいろんな立場の人たちがいると分かり合うことが重要だと言います。
知らない間に、すみれが離婚していたことを知ったサクラは、百合の話に納得するのでした。
椿のマネージャーの米田から、すみれに電話がかかってきました。打ち合わせをすることとなり、すみれはサクラに「椿サイドからの要望書には理不尽な要求が書かれてあるけれど、くれぐれも問題は起こさないで欲しい。会社は守ってくれないということを、あなたが一番分かっているでしょ。」と念を押します。

打ち合わせで米田は、要望書の承諾と、テーマも椿自身が決めることを要求してきます。すみれが「講演後の質問を受け付けないというのは…」と指摘。百合も「セミナーと銘打っていますし、椿先生との対話も必要かと」と訴えると、椿の著書を引き合いに出し、米田は人に尋ねる前に自分で考えた方が良いと譲りません。
黙って聞いていたサクラは遂に「椿先生は著書の中で、何よりも大切なのは辛い状況下にある女性達に、耳を傾けることが必要だとも言っています」と反論します。
怒る米田。そこへ社長が入って来ました。サクラの態度を抗議する米田を社長は「あの子はちょっと変わっておりまして」となだめ、要望書に答える旨をすみれに告げます。

打ち合わせ後、エレベーターの中で百合は、言いたいことを我慢していたサクラを心配し、気晴らしに合コンに誘います。そこへ木島葵(新田真剣祐)が入って来ました。土木部1年目で測量から始めていると、以前とはすっかりイメージが変わった葵。サクラが美咲島の橋の着工の件を尋ねると、会社としては働きかけてはいるが進まないと言います。
百合が下りた後、サクラが百合から合コンに誘われたと知った葵は動揺します。遠回しにサクラに恋愛の話を振りますが、サクラにはその気がない様子。
葵はサクラに好きだと伝えようとしますが、できないままサクラと別れるのでした。

サクラが花村ホームに戻ると、すみれから電話が。社長の意向でサクラが今回のプロジェクトチームから外されたと言います。「これ以上問題を起こしてクビにでもなったら、どこにも行き場がなくなるわよ」とすみれは心配するのでした。

サクラがいつもの喫茶店に来ると、清水菊夫(竜星涼)と土井蓮太郎(岡山天音)が居ました。
サクラはコロッケ定食を注文。このごろはこればかりのサクラ。
菊夫のサクラへの気持ちを知っている蓮太郎は、葵もサクラのことが好きらしいと伝え、サクラに声を掛けるよう菊夫に勧めます。菊夫は焦ってサクラをデートに誘おうとしますが、結局うまく告白できないまま。落ち込む菊夫。

すみれが、米田からの細かい連絡に困り果てていると、娘のつくし(粟野咲莉)の通う小学校から連絡が。つくしがクラスの子を殴ってしまったという連絡でした。すみれはつくしを迎えに行き、「もう、周りを怒らせることはしないで」とつくしに言います。「私は自分の言いたいことを言って、やりたいことをやりたい」というつくしの言葉から、サクラのことを思い出すみれ。
そこへまた米田から電話が。すみれは急遽会社に戻ることとなり、「お母さんが働いているところを見たい」と言うつくしも連れて行くことに。

椿がセミナー会場をチェックし、照明をもっと増やすよう要求してきます。すみれが困っていると、偶然本社に用事で来ていたサクラが。内面の美しさがあれば輝けるという著書に書かれてあった椿の言葉を出して、どうして照明にこだわるのかと指摘します。
椿は、今どきめずらしくはっきりものを言うサクラに感心し、講演会に来るよう声を掛けました。
椿から食事に誘われたすみれは、断り切れず、サクラはつくしを預かることに。

サクラの部屋に入ったつくしは、古さと狭さに驚きます。2人でコロッケを食べながら、つくしと同じ8歳の時にサクラの両親が死んだという話になります。
「大人になるって大変?」とつくし。サクラは「よくわかりません。私は未だに大人になれと言われます」と答えます。「自分の思い通りに生きるのは辛い?」と聞くつくしに「そんなことはないと思っていたが、今子会社に居るので結果的には辛いかも」と答えるサクラ。
つくしから遊ぼうと誘われますが、何で遊んだらいいかサクラは困ってしまいます。

いつもの喫茶店では、葵と菊夫がサクラに電話をかけようか迷っていました。すると蓮太郎にサクラから電話が入ります。つくしから、ゲームがうまい人を呼んでくれと頼まれたのだと言います。
蓮太郎、葵、菊夫はサクラの部屋に行き、つくしとゲームで盛り上がります。
うるさくて子供が寝られないと、隣室の脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)から苦情が入り、サクラは謝るのでした。
3人が帰ろうとすると、すみれがつくしを迎えに来ました。帰りたくないと、つくしは言います。更に、仕事場ではぺこぺこしてばかりだと文句を言うつくし。すみれは思わず、つくしの頬を引っ叩いてしまうのでした。

サクラが仕事を終えると、蓮太郎から連絡が入り、サクラは急いで喫茶店へ。そこには酒を飲みまくるすみれの姿が。心配するサクラにすみれは「パパの方がいいと、つくしは出て行った。」と言います。入社した頃はサクラのように仕事に一生懸命だったが、理想と現実のギャップに悩み、結婚に逃げ、愛する家族のために生きようとしたが離婚。つくしだけは守ろうと頑張ってきたが何も無くなってしまったと、すみれは嘆きます。
そこへ、またもや米田から電話がかかってきます。すみれは出て行くのでした。

サクラはすみれを心配し、爺ちゃんにFAXを送ります。すると返信が。
「生きていれば、辛いことだらけだ。でも、人生で一番辛いのは、自分にウソをつくことだ」
この言葉をサクラは、しみじみと眺めるのでした。

セミナー当日。
米田は、椿の新刊を勝手に持ち込み、セミナー後に販売すると言います。
そこへサクラがつくしを連れて来ました。「つくしも一緒に聞いていいでしょうか」と聞くサクラにすみれは、余計なことをしないように釘を刺します。
つくしのことを気にするすみれに、サクラは「お母さんが仕事で謝ってばかりいるのは、会社のためにしてくれていること。お母さんは会社の人のことを考え、会社を守ろうとするすごい仕事をしている。お母さんと一緒に居たいのなら、自分にウソはついてはだめだと、つくしに話した」と伝えました。「いい母親でいる必要はない。そばにいて、笑ってくれて、手を繋いでくれるだけでいい」と、自分の母を思い出しながらすみれに話すサクラ。

セミナーが始まりました。予定よりもかなり早くに椿の講演は終了。新刊を売り込み始めます。みんなはあっけにとられますが、社長は派手に絶賛します。サクラの足は震えます。すると、すみれが立ち上がり、「先生は本の宣伝のために、セミナーにいらしたんですか?その割に、自分の著書をなぞっただけの話で、時間も短い」と抗議しました。
慌てる社長にも「私は自分の考えにウソは付かないと決心ができた。娘や後輩のサクラを見習って」と言い放つすみれ。
すみれの跡を追ったつくしは「かっこよかった」と抱きつきました。すみれは「つくしはつくしのままでいい。好きなように生きなさい」と言いました。手を繋いで帰る2人をサクラは見つめていました。

サクラの仕事場にすみれがやって来ました。サクラの撮った写真を見て褒めるすみれ。「あなたは私みたいになってはダメ。10年後もその先もそのままで。あなたを応援する。悩んだ時は私を頼りなさい。自分の生き方を貫きなさい」とサクラを励まします。
会社に入って初めて褒められたとサクラは喜びます。母と話しているみたいな気持ちになり、思わず「お母さん」とすみれを呼んでしまうサクラ。2人で記念写真を撮るのでした。

病室で。
すみれは「あの時の約束は忘れていない。私とつくしはどんなことがあっても味方。だから目を覚ましなさい」とサクラに呼びかけるのでした。

サクラは爺ちゃんに、子会社に出向になったことを正直に伝えました。しかし、爺ちゃんの方は心臓の具合が悪いことをサクラに内緒にしています。

黒川から人事部に呼び出されたサクラは、すみれが社史編纂室へ異動のなったことと、美咲島の橋の着工が決まったことを聞きます。

爺ちゃんに橋の着工が決まったことを知らせようとすると、爺ちゃんからのFAXが届きます。
「橋は架からない。お前の夢は叶わない」と。立ち尽くすサクラ。
そこでサクラの目が覚めました。これは夢なのでしょうか?

『同期のサクラ』6話のネタバレ感想

50代女性

sun

子会社に出向になってしまったサクラは、前向きに仕事をしながらも辛い気持ちを抱えていました。自分の思ったことを即座に口にしてきたサクラが、言いたいことを必死で我慢している様子には胸が痛みました。

つくしに、会社で謝ってばかりいると言われ、すみれが思わず手を挙げてしまったシーンは、母親としてのすみれの気持ちが伝わってきて、苦しかったです。
米田の理不尽すぎる要求や、椿に対する社長の態度に腹が立って仕方がありませんでしたが、すみれがバシッと言い放ってくれた言葉に心から感動でした。つくしとサクラの力で、すみれも変われたのに、結局、社史編纂室に異動とは、なんて理不尽なのだろうかと悔しくてたまりません。
すみれから褒められて喜ぶサクラにも涙が出ました。

葵と菊夫が、サクラに気持ちをなかなか伝えられない様子や、サクラの部屋の隣室の夫婦に、逆に苦情を言われる様子など、所々で笑いが含まれているのも癒されますね。

最後の爺ちゃんのFAXが夢なのか、どうなのか非常に気になります。来週も目が離せません。

すみれが蓮太郎と再婚?相武紗季が格好良くて惚れる?

2019年、すみれさん結婚指輪してましたね。
そして蓮太郎も…

予告で、蓮太郎が「実はおれ付き合っている人がいて」とサクラたちに報告。そこにつくしちゃんが。

ということは…
蓮太郎が付き合っている人はすみれさん。で、すみれは蓮太郎と再婚するで確定かな。
蓮太郎はつくし(粟野咲莉)とも仲良しだったしね。
でも、百合と蓮太郎が結婚すると思っていたので少し意外でした。

さて、今回は相武紗季さん演じる火野すみれ回。
最後のすみれさんの爆発にスカッとしました。
サクラの気持ちを代弁する(それ以上?)の心に響く言葉でしたね。

そして、サクラに対して、「10年後に私みたいになってはダメ…」「そのままのあなたでいなさい」という言葉に感動!
亡くなったサクラの母が、サクラに言ってくれていた言葉。
ずっと面倒をみてくれていたすみれ先輩に言われて、実は相当に落ち込んでいたサクラは救われましたね。

でも、すみれにはやはり罰が!
花村建設は何かあるとすぐ社史編纂室へ異動させられる。

もうこれは、猫をかぶり続けている黒川森雄(椎名桔平)の下刻上に期待するしかない?

『同期のサクラ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 2019年11月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていた……。

 2015年11月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていた……。
その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出される。急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿が。黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと話す。今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないのだが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得してほしいと頼まれるサクラ。調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決め……。

その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ。美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告。さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表する!楽しい時を過ごすサクラだが、不吉な夢のことは頭から離れず……。 そして島での住民説明会前日。サクラの故郷を見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深く満面の笑みをこぼす。そんな中、葵だけは複雑な表情を浮かべているのだが……。
柊作がずっと体調不良をサクラに隠していたことを島民に聞いたサクラは実家の祖父の元へ向かう。病院に行くことを勧めるが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかり。その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごす。入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作だが、サクラが席を外した隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り……。柊作から切なくもショッキングな頼み事を託された同期たちは言葉を失う……。
翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れる。葵は、橋の工事について、あることに気づいたと打ち明け……!夢の実現を前に究極の選択を迫られるサクラ。ブレず曲がらず生きてきたサクラの集大成とも言える第7話。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/