ドラマル

『同期のサクラ』5話のネタバレ感想!サクラにモテ期到来?葵も含め五画関係に!

2019年11月6日に放送されたドラマ『同期のサクラ』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、社長賞を受けた葵(新田真剣佑)を祝おうと、サクラが同期を集める!
しかしその頃、葵は担当プロジェクトが国から急遽凍結されてしまい…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』5話のあらすじネタバレ

北野サクラ(高畑充希)の病室。
傍らで木島葵(新田真剣祐)は、かつてサクラからもらった「たいへんよくできましたシール」をサクラに見せながら、サクラのお陰で本当に社長を目指す勇気をもらったと、話しかけていました。

2013年9月。
サクラは入社5年目。無期延期となった故郷の美咲島の橋の着工が再開されることを願っていました。
「会社を辞めた」と夫婦でもめる声が隣室から聞こえてきます。
いつも通り朝の身支度を整え、サクラが玄関を出ると、隣室の脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が。息子を抱いた草真がパートに出る小梅を見送るところでした。サクラの前で息子が落としたおもちゃに慌てる2人。サクラは草真のベランダでの喫煙の方を注意して会社に向かうのでした。

サクラは道行く人の歩きスマホを注意しながら、いつも通りギリギリ会社に到着。
火野すみれ(相武紗季)は、勉強しない娘のために用意した「たいへんよくできましたシール」を眺めていました。興味深げに見ているサクラにもシールを渡します。
そこへ黒川森雄(椎名桔平)がやってきて「社長賞の受賞者が決まったので、社内報に載せるように広報と打ち合わせをして来てくれ」と言います。葵も27歳の若さで社長賞に選ばれていました。

広報部に行き、サクラは月村百合(橋本愛)から、社長賞は自分からエントリーした人だけがもらうのだと聞きます。「葵君もですか?」と聞くサクラに「当たり前」と百合は答えます。

表彰式。葵は社長から表彰され、受賞の言葉として「自分はトラブルが起きた時は社長ならどうするか考えて行動している」と話します。
それを聞いた百合は、心にもないことを言って社長に気に入られようとしていると呆れていました。
社長は「お父さんによろしく」と葵に声をかけます。葵の父は国交省の官僚だったのです。

社長は帰り際に、サクラに声をかけます。入社式で意見したサクラを覚えていたのです。サクラは「社長賞は社長が社内を周り、社長の目で決めた方が価値が上がると思います」と再び意見します。近くにいたすみれは慌て、黒川は社長に謝るのでした。

表彰式終了後、帰り際に葵は、相変わらずだなとサクラに声をかけます。
サクラは同期のみんなと今夜お祝いをしようと、いつもの喫茶店に葵を誘います。

都市開発部に戻った葵は、社長賞をとった葵への同僚のリアクションが薄いことに拍子抜けしますが、上司から、都市開発プロジェクトの着工が凍結になったことを聞かされます。戸惑う葵に上司は、「着工凍結リストから外してもらえるよう、お父さんに頼んでほしい」と言ってきました。葵は困惑します。

その夜、いつもの喫茶店に、サクラ、百合、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)が葵を祝うために集まっていました。葵は遅れてやって来ましたが、昼間の一件でお祝いのことは忘れていました。みんなの前ではいつもの調子を取り戻し、みんなで乾杯をします。今日はお祝いと言うことで、いつもお酒は飲まないサクラもお酒で乾杯です。
それぞれが頑張っている話で盛り上がっていると、葵は鼻で笑いながら、それぞれの同期の仕事の話に難癖をつけ始めます。いつまでもそれでは勝ち組になれないと上から目線で言う葵。百合や蓮太郎、菊夫は怒って帰ります。サクラも帰ろうと誘われましたが、もう一杯飲みたい気分なのでと、葵と残ります。
酒に酔ったサクラは泣きながら、地道に頑張っているみんなを傷付けるのは止めてほしいと、葵に訴えます。葵は「俺とあいつらでは目指しているゴールが違う」と言いました。酔いつぶれたサクラは突然寝てしまいます。

葵は酔ったサクラを部屋まで送ります。部屋に入りすぐに倒れこんで寝てしまうサクラ。葵はサクラの眼鏡を取り、「結構かわいい顔してるじゃん」と呟きます。部屋を見まわしながら、「お前らしい部屋だな」と言い帰るのでした。

家に帰った葵は、父に会社で社長賞をもらったことを報告します。「良かったな」と父は言いますが、後から入って来た官僚の兄と忙しそうに仕事の話を始めます。
葵は、ベイサイドプロジェクトの予算の凍結のことを、考え直してもらえないかと父に相談しますが、国が決めたことに民間が口を出すなと、取り合ってもらえません。

翌日、都市開発部に足が向かない葵は、ロビーでサクラと会います。昨夜の記憶が曖昧だと心配するサクラに、葵は「キスしたのも覚えてないの?」と冗談を言ってからかいます。驚いてシャックリをするサクラでしたが、葵の元気のない様子に気づき心配します。

都市開発部では、上司が「お父さんに話してくれたか?」と聞いてきました。他に良い方法を考えてみんなで頑張りましょうと、葵は明るく呼びかけます。
すると、上司は「お前はただのコネ入社で、誰もお前の実力なんて認めていない。会社がお前をとったのは、こういう事態が起きた時、国交省の父親の力を借りるためだ。そうでなければ、お前みたいなヘラヘラしたヤツを、大事なプロジェクトに抜擢するわけがない」と言い放ちました。葵は呆然と立ち尽くします。

いつもの喫茶店には百合、蓮太郎、菊夫がいました。葵のプロジェクトが凍結した噂話をしていました。葵も来ていましたが、入り辛く、陰で立ち聞きしています。すると、サクラが入ってきて葵に気づきます。いつもの調子でちゃかす葵に、百合は怒り、「あんたみたいな人に誰もついて行かない」と言い放ち、蓮太郎と菊夫と共に帰ってしまいました。

サクラは残り、食事をします。葵は酒を飲みながら、「俺はただのコネ入社だった。完全に負け組だ。官僚になった兄に負けないように頑張って来たのに」とサクラにやりきれない気持ちを打ち明けるのでした。

酔いつぶれた葵をサクラは家まで送って行きます。葵の家の設計に感動し写真を撮るサクラ。
家に入ると官僚の父と兄が居ました。高級官僚に見惚れながら、サクラは美咲島の橋の着工を求める島民の嘆願書を父に見せます。そして、都市開発部のベイサイドプロジェクトの提案書も見せ、素晴らしいものだと説明します。
父は、個別の案件に答えるのは差し支えたいと答えますが、葵も土下座をして、話を聞いてほしいと父に頼みます。父は、いつもヘラヘラしている葵を批判し「これ以上がっかりさせるな」と言い捨てて行ってしまいました。

葵はサクラに「俺は何の価値もない偽物。家では無理だから、せめて外ではリーダーになりたかった。小さいころから兄と比べて運動も成績も駄目だった。唯一母は作文を褒めてくれた」と話しました。その母も家を出て行ってしまったと言います。
「お前、結構かわいい顔してる。俺と付き合わないか?」とサクラの眼鏡を外してキスをしようとする葵。思いっきり引っ叩くサクラ。「葵君が心にも無いことを口にしたので」とサクラは言います。
それを聞いて「二度としゃべるのを辞めるわ」と言う葵にかける言葉がみつからず、サクラは葵の家を後にします。

生まれて初めて人を叩いてしまったと悔やむサクラは、自信を無くして貝のようになった葵にかける言葉が見つからないと、祖父の北野柊作(津嘉山正種)にFAXを入れます。
すると返信が。
「そいつがダメなのは、結局勝ち負けにこだわっているからだ。大切なのは『勝ち』より『価値』だ」と書かれていました。

葵は出社しますが、茫然としたまま定員オーバーのエレベーターに乗り込み、突き飛ばされます。そのまま会社から出て走ってくるトラックの前に。サクラが助けました。
サクラは葵をいつもの喫茶店に連れて行きます。百合、蓮太郎、菊夫も駆けつけました。葵への言葉をサクラが考えている間、他の同期達が葵を励ましますが、次第に責め口調になってしまいます。

サクラが考えていた葵への言葉がようやくまとまり、サクラは葵の前に座ります。
「葵君、あんた黙っていたら何の価値もないから。嘘も方便。自分だけでなく人を幸せにしたいと思っていれば、いつか本当の言葉になる。新人研修の時、作った橋のプレゼンで、言いたかったことを全部言葉にしてくれたあなたに感動した。あなたにはすばらしい才能がある。自分の価値を知るべきだ」とため口でサクラは伝えます。

そこへ上司からメールが入ります。葵の父と兄が都市開発部に来ることになったので、すぐに葵にも来てほしいと言う内容でした。

みんなで駆けつけますが、結局、父と兄はプロジェクトの凍結を言い渡しに来ていただけでした。
葵は「あなた達はそれでも国のリーダーですか?都市開発部の人たちは、地域の発展や、そこで暮らす人たちの幸せを思って、誇りをもってこの仕事をやってきた。」と上から命令するだけの父と兄に訴えます。

怒った父は部長に今後の関係を見直すと伝えます。個人の意見だと主張する葵。同調するサクラ。父は息子が変わったのはあなたのせいだとサクラに伝えて出ていきました。

他の同期達が葵を迎え入れます。みんなに謝る葵の頬に、サクラは「たいへんよくできましたシール」を貼り、「将来、社長になる姿が浮かびました」と葵を褒めました。百合が2人の写真を撮ります。サクラを見つめる葵の目を見た百合は、葵のサクラへの思いに気づくのでした。

病室。
サクラからもらったシールを見せながら、葵は「俺はあの時、お前を好きになった」とサクラの手を握ります。その後に起きた出来事を思いながら、葵はサクラに謝るのでした。

翌日、同期に刺激され、サクラも頑張っていつもより早く出社します。
そんなサクラに黒川は、高級官僚を怒らせたことが原因で、葵が土木部へ、サクラは子会社に出向になったと伝えました。
葵は自分のせいで、サクラが出向になってしまったと悔やみますが、サクラは自分の夢を諦めるつもりはないと伝え、会社を後にします。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』5話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回は、いつも自信満々な木島葵の知られざる苦しみが描かれていました。高級官僚の父と兄に引け目を感じ、会社では頑張ってリーダーを目指していた葵ですが、いざという時に父親を利用できそうだということで雇われたコネ入社だと、上司からはっきり言われた時の葵の気持ちを思うと切なくて仕方がありませんでした。
口がうまく要領の良い葵が、私はあまり好きではありませんでしたが、精神的に打ちのめされてしまった葵がトラックの前に出た場面は、悲しくて涙が出ました。

いつもながら、爺ちゃんの言葉にはまた泣かされました。毎回、サクラと共に、爺ちゃんの返信を待つ自分がいます。

サクラに救われた同期達は、みんなサクラのことが好きになっていきますね。菊夫は前面に気持ちを出していますが、葵も加わりました。百合は葵のことが好きだったんですね。いつも文句ばかり葵にぶつけていましたが、気持ちの裏返しだったとは。いち早く、葵のサクラへの気持ちに気づき、2人の写真を撮る手も止まっていましたね。

残酷にも、土木部に異動したのは葵で、サクラは出向することになってしまいました。土木部から遠ざかって行ってしまうサクラが不憫です。今後の展開が気になります。

サクラにモテ期到来?葵も含め五画関係に!

サクラにモテ期到来!
葵が本気でサクラを好きになっちゃいましたね。

そこで、サクラと同期の恋の関係をまとめると、「清水菊夫→北野桜←木島葵←月村百合←土井蓮太郎」という形になったようです。

サクラは同期に対して真の仲間になれたと喜びを感じているだけですが、他の同期たちは恋人関係への進展も期待しているようですね。

2019年のサクラ病室にて…
葵は結婚指輪はしていません。
百合は子どもがいます。
蓮太郎は結婚しているようです。
つまり、百合と蓮太郎が結ばれるんでしょうかね。

サクラはというと、2019年時も菊夫と葵はサクラを好きそうですが、どうやらどちらとも恋人関係にはなっていなさそうです。

やはり、サクラの夢は結婚することではなく、
1.一生信じ合える仲間をつくること(実現済み)。
2.その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を造ること。
3.ふるさとに橋を架けること。

3つの夢が実現するまでは誰とも結婚しないんでしょうね。

でも、菊夫と葵の恋のバトル、百合は蓮太郎とどうやってくっつくのかなど、恋の五画関係の行く末も見どころとなりましたね。

『同期のサクラ』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

2019年、10月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた……。

2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた……。
一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性研修セミナー”の仕切りを丸投げされる。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。
数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加する。わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張。サクラはすみれが離婚してシングルマザーになったことを知る。その後、米田を交えた打ち合わせが始まるが……。余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまう!その時、タイミング悪く社長が現れて……。

打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとするが……。
講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出され……!周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるように……。女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい……!!

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/