ドラマル

『同期のサクラ』4話のネタバレ感想!蓮太郎の回!百合のサクラ溺愛ぶりにほっこり

2019年10月30日に放送されたドラマ『同期のサクラ』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、社史編纂室から人事部に戻ったサクラが、社員のメンタルケアを担当する事に!
そんな中、サクラはイジメを受けて周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかり…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『同期のサクラ』4話のあらすじネタバレ

病室で眠り続ける北野サクラ(高畑充希)。3ヵ月が経っていました。
土井蓮太郎(岡山天音)はサクラの傍らで、サクラの手の傷跡を見ながら、自分がこんな風に変わることができたのは入社してから4年目だったと語りかけていました。

2012年9月。
入社して4年。サクラは社史編纂室から人事部に戻っていました。サクラの島に架かる橋の着工は震災対応で延期になっています。
サクラはいつも通りに6時に起床。隣室からは子供の泣き声と夫婦喧嘩の声が聞こえてきます。
サクラが玄関に出ると、隣室の脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)夫婦に出くわし、子供の夜泣きの声がうるさくないか心配する草真に、大丈夫であると伝えますが、共有廊下に置いた荷物のことはしっかり注意し、サクラは会社へ向かいます。

会社に着くと、サクラは早速、黒川森雄(椎名桔平)に呼ばれ、メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、アンケートの回収を頼まれます。口頭で質問しても良いからと火野すみれ(相武紗季)に言われ、サクラは各部署に向かいます。

都市開発部の木島葵(新田真剣祐)はベイサイドプロジェクトで忙しく充実しており、悩みやストレスは全くないと答えます。
営業部の清水菊夫(竜星涼)は、震災以来ボランティアを行っていました。相談にのってほしいとサクラを食事に誘いますが、仲間だからと強調するサクラに対して浮かない様子。気になる人がいるという悩みを抱えているようです。
広報部の月村百合(橋本愛)は、結婚を辞め、仕事にやりがいを感じ生き生きと働いていました。相談する人は居るかとの問いには、目の前のサクラだと答えます。
設計部の土井蓮太郎(岡山天音)は、メンタルヘルスケアはやる必要がないとサクラに言いますが、ピリピリしていました。今年も1級建築士の試験に落ちたと同僚や後輩からからかわれており、昼食も蓮太郎だけは一緒に行きません。
サクラはラーメン屋に誘いますが、ラーメンは食べないと言い張る蓮太郎。
サクラは心配そうに蓮太郎を見つめるのでした。

蓮太郎帰宅。その実家はラーメン屋でした。
自分の部屋で、蓮太郎は設計図に向かいますがイライラがとまりません。会社の同僚や家族の悪口をネットに投稿して憂さ晴らしをしていました。

翌日、会社のロビーでサクラは蓮太郎を待っていました。そこへ百合と葵がやって来ます。何をしているのかと尋ねられ、メンタルヘルスケアのアンケート用紙を蓮太郎が出してくれないので、待っているのだとサクラは説明します。
蓮太郎は、設計部でも浮いているようだったと心配するサクラ。蓮太郎が1級建築士の試験に落ちたことや、百合が去年辞める時、蓮太郎から告白されたことを話していると、菊夫が歩いて来て、陰で様子を伺っている蓮太郎に気づき声をかけます。
サクラは蓮太郎に気づき、駆け寄ります。蓮太郎は、「建築士の試験に落ちたのは、忙しくて勉強ができなかったから。百合に告白したのは冗談。」だと弁解し、社内コンペがあるからと行ってしまいました。

社内コンペの準備を整え、蓮太郎が会場に行くと誰もいません。部長に連絡を入れると、「コンペの時間が2時間早まったの、伝えてなかったっけ?」と言われてしまいます。
蓮太郎が設計部に戻ると、サクラも来ていました。入り口で、蓮太郎のデザインは見るだけ無駄だから、わざと時間変更を知らせなかったと、部長たちが話しているのを聞いてしまいます。
そばにあったカッターナイフを手に取り、部長たちに向かおうとする蓮太郎。サクラは必死に止め蓮太郎ともみ合い、そのはずみでサクラは手を切ります。血がしたたり落ち、それを見た蓮太郎はその場から逃げ出してしまいました。

サクラは手を押さえて人事部に戻ります。驚いたすみれは、応急処置をしながら「何があった?」と聞きますが、嘘がつけないサクラは、「ノーコメントで」と答えるのでした。

サクラは蓮太郎を訪ねて実家のラーメン屋に行きます。蓮太郎の母(西尾まり)は、帰ってくるなり「会社へは行かない」と部屋に閉じこもった蓮太郎を心配していました。
サクラが蓮太郎の部屋に行くと、「手は?」と蓮太郎が心配して聞いてきました。「5針縫ったけど大丈夫です。このことは会社には言っていません。」とサクラは答えます。「転職を考えている。」と蓮太郎。
サクラは、蓮太郎が書いた設計図を見て、すごいコンセプトだと褒めながらも、問題点をいくつか指摘しました。
蓮太郎は、一流企業のエリートだったのに脱サラして、ラーメン屋を経営した父(遠山俊也)や、父の夢を応援している母や弟(福山康平)を嫌い、この家を出たいと言います。
サクラは、蓮太郎に考え直してもらえないかと、仲間として訴えますが、「仲間なんかいらない。帰れ」と戸を閉められてしまいました。

黒川は、蓮太郎が何日も無断欠勤をしており、このままではクビになるとサクラに伝えます。
それを聞いたサクラは、葵、百合、菊夫を呼び出し、蓮太郎の家に一緒に行って、会社に来るよう説得してほしいと相談し、蓮太郎の家へ。

菊夫や百合がそれぞれ、ドア越しに蓮太郎に呼びかけますが、蓮太郎からはメールでの返答のみ。葵は「お前の問題点はストレスを解消していないから。今度キャバクラに行こう」と声をかけますが、蓮太郎は戸を開けて「おまえのことが一番嫌い」と言い放ちました。
さくらは「明日までに会社に来ないとクビになってしまう。同期のみんなは本当に心配している」と伝えます。「お前らに俺の辛さは分からない。俺には才能がない。会社に入ったのも失敗だった。一生、この部屋に居る」と蓮太郎は言います。
サクラは新人研修で蓮太郎が作った橋のことを思い出しながら「あなたには才能がある。遅咲きだっていい。いつか、花村建設を背負うデザイナーになってください」と訴えますが、蓮太郎は「設計も辞める」と、自分の書いた設計図をくしゃくしゃにして投げ飛ばしました。
サクラはたまらず「あーそうですか。」と帰ってしまいます。

サクラは部屋に戻ると、蓮太郎のことを思い、自分で自分が嫌になったと祖父にFAXを送ります。すると祖父からの返信が。
「その若造、ムカつく。でも、お前まで自分を嫌いになってどうする?辛い時こそ自分の長所を見失うな」と書かれてありました。

部屋に引きこもりゲームをする蓮太郎。そこへ百合から「サクラが今から設計部に殴り込みに行く」と伝える電話が入りました。蓮太郎は会社に向かいます。
設計部では、サクラが部長に、蓮太郎がコンペに出そうとしていた設計図を見せていました。サクラの指摘をもとに蓮太郎が修正した部分に加え、百合と菊夫もそれぞれの視点から手を加えてありました。葵が考えたキャッチコピーも添えてあります。
サクラは、蓮太郎の設計図には無限の可能性があることを伝え、「彼には粘り強さがある。こちらの無茶な要求にも答えてくれる柔軟性と包容力がある」と蓮太郎の長所を伝えます。
追い出されそうになるサクラ。サクラは自分の夢を訴えます。そこへ蓮太郎が駆け寄りました。
「今まで本当にすみませんでした。」と、うまくいかないことは全て周りのせいにして、人の話には耳を塞いでいたことを謝りました。
「俺にもやっと1つ夢ができました。いつか同期のサクラに認めてもらうものを作ることです。あきらめません。だから、今日から皆さんとまた働かせてもらえませんか?」と伝えました。
「ありがとう。サクラ」と言う蓮太郎に、サクラは「蓮太郎君に負けないように、どんなに辛いことがあっても頑張ります」と伝えます。
「ごめんな」と同期達に謝る蓮太郎。「いいから、胸を張れ」と蓮太郎を真ん中にして歩き出しながら、アンパンマンの歌を歌い出す5人でした。

蓮太郎が帰宅すると、サクラがラーメンを食べていました。「俺も食べようかな」と蓮太郎も食べ始めます。「うまい」と蓮太郎。それを見た家族は喜びました。
「ご両親はこのラーメンを食べた人が少しでも幸せになることを願いながら出しているそうです。建物の方がたくさんの人を幸せにできると私は思いあがっていました。負けられませんよ。私たちも」とサクラ。蓮太郎もうなずき、2人で記念写真を撮るのでした。

病室で、蓮太郎はサクラに話しかけます。
「あれから、1級建築士になるのも、会社で設計を任されるのも、結構時間がかかったけど、サクラに認めてもらえるデザインができた気がする。目を覚ましてくれ。お前に1番に見てもらいたいんだ」と。

人事部で、黒川は、サクラは人事部に向いていると話します。それでも、土木を希望するサクラ。そんなサクラに、黒川は、サクラのふるさとの島に架ける橋の着工が無期延期になったと告げるのでした。

『同期のサクラ』4話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回も泣けました。同期の中でサクラと同じように、入社当時から自分のやりたいことを決めていた蓮太郎が、苦しんでいる姿は辛かったですね。
カッターナイフで部長たちを切りつけに行こうとした蓮太郎を、サクラが体を張って止めてくれて本当に良かったと思いました。
蓮太郎を守ろうとしているサクラの必死な姿や、蓮太郎がそのサクラに動かされ、サクラに認めてもらうものを作りたいという夢を持つことができたことに、涙が出てしまいました。
同期5人で歌っていたアンパンマンの歌の歌詞にも、あらためて感動です。

毎回心に染みる、爺ちゃんの言葉も楽しみになっています。今回の「辛い時こそ自分の長所を見失うな」という言葉は、毎回そうですが胸に刺さりました。

このドラマを毎回見るたびに、私自身も人生の教訓をもらっているような気がします。本当にすばらしいドラマです。

蓮太郎の回!百合のサクラ溺愛ぶりにほっこり

蓮太郎の誓いにジンとしましたね。
まずは自分が心を開かないと相手も開いてはくれません。勇気を振り絞って、心を開いた蓮太郎はカッコ良かったです。
それまでは、じいちゃんと同じく「ムカつく」でしたが…笑。

そして、アンパンマンの歌を昼休み?何時か分からない時に歌い合う同期の仲間たち。自分を心から心配し駆け付けてくれる仲間がいるっていいですよね。

それにしても、前回(1年前)の1件により、サクラと百合が友達(親友)として滅茶苦茶仲良くなっていることにビックリ!
百合のあまりのサクラ溺愛ぶりにニヤついてしまいました。

菊夫もサクラにホの字ですし、次回、葵(新田真剣佑)もサクラに告白しちゃう模様。
サクラのモテ期きてますね!

『同期のサクラ』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。

 2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。 社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。
その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。怒った百合たちは帰ってしまい……。残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。 翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/