ドラマル

『同期のサクラ』3話のネタバレ感想!百合(橋本愛)回は大号泣!菊夫と蓮太郎の恋心が判明?

2019年10月23日に放送されたドラマ『同期のサクラ』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、採用パンフレット作りのため、サクラは広報部の百合と協力することに!
サクラと百合は各部署で3年目を迎える同期たちに取材をしていく…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』3話のあらすじネタバレ

北野サクラ(高畑充希)が眠っている病室。
月村百合(橋本愛)が自分の娘を連れて寄り添っていました。娘の名前は「夢」。サクラみたいな大人になってほしくてつけたと言います。
百合は、入社3年目の頃、サクラとした大喧嘩のことを思い出していました。

2011年3月。サクラ達は入社3年目になっていました。
いつも通り6時起床。サクラの故郷の島に架かる橋は今年中に着工することになっていました。
隣の部屋からは「生まれるー」という声が聞こえます。
出勤のためサクラが玄関に出ると、隣室の脇田草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が病院へ行くところでした。「何かお手伝いできることはありませんか?」と声をかけるサクラ。同時に、草真がこっそり出したAVのゴミの出し方を指摘し、それがもとで2人の喧嘩が始まります。

サクラは相変わらず、気に入った建物の写真を撮りながらの9時ギリギリの出社です。
火野すみれ(相武紗季)が、同期の百合が来ているとサクラに伝えます。
百合はミス広報部と言われていました。会社のパンフレット作成のために、3年目の社員の取材に百合と行ってくるよう黒川森雄(椎名桔平)はサクラに伝えます。「こんなものを作る必要があるのでしょうか」とサクラは質問しますが、黒川の説明で納得したサクラは百合に同行します。

百合は、相変わらず納得しないと動かないサクラに苦言を言います。「私と一緒にいるときは、面倒を起こさないで」と釘を刺し、他の同期のもとへ取材に向かいました。

都市開発部では、木島葵(新田真剣祐)はベイサイド開発のプロジェクトチームに抜擢され、生き生きと働いていました。相変わらず調子良く、要領の良い物言いの葵に百合は「ザ・サラリーマンって感じ。コメントも自慢話とおべっかばかり」とけなします。

設計部の土井蓮太郎(岡山天音)は、1級建築士の資格を取るために、今は会社が終わってから専門学校へ通っていると言います。先輩は土井のことを「愛そうが無くて暗い」と言います。それを聞いたサクラは文句を言おうとしますが、百合に止められます。

営業部では、嫌な上司も異動し、清水菊夫(竜星涼)が吹っ切れたように生き生きと働いていました。菊夫は、自分の信念を貫いているサクラを尊敬していました。
仲の良い菊夫とサクラを見て「もしかして、あんた達出来てるの?」と百合。「そんなことはありません。仲間ですから」とサクラは答えます。

取材を終え、撮った写真を送っておいてと百合から頼まれたサクラは、百合も取材を受けた方が良いと提案します。断る百合ですが、広報部の部長に勧められ取材を受けることに。

百合は「充実した毎日で、広報の仕事が今は自分の天職だと思っている」と笑顔でカメラの前で話すのでした。

食堂で、サクラは百合の取材時のコメントに感心しますが、百合は「あんなのはパンフレット向けのコメントで、実際は天職どころか転職したいくらいだ」と言います。サクラにどうしてかと聞かれると、百合は「ゼネコンなんて男社会。責任ある仕事は任せてもらえない。2,3年経ったら寿退社した方が賢明だ」と言い放ちます。
そこへ、取引先の自動車メーカーの専務からの食事の誘いのメールが入りました。接待に同席してから、しつこく誘ってくるので百合は困っていました。上司に相談しても、相手を怒らせないように大人の対応をするようにと言われていました。
百合は、2人で行けば変なことにはならないとサクラに同行を頼みます。
三ツ星レストランへ行くため、家族カードを使い、百合はサクラに服をプレゼントしました。
着なれない服に戸惑いながら、サクラは百合と専務との待ち合わせのレストランに向かいます。
豪華な食事に驚くサクラ。百合がトイレに席を立つと、専務はサクラにタクシー代を渡し百合と2人にしてほしいと頼んできました。専務は、百合も自分に好意を持っていると話し、サクラが希望の部署に行けるよう頼んであげても良いと言ってきます。

百合が席に戻ると、専務はすでに帰った後でした。専務はどうしたと尋ねる百合に、サクラは「専務は何か勘違いをしていたので、百合はあなたに好意を持っていない。取引先だということを利用して、弱い立場の女性を誘惑するのは止めてほしい」と伝えたと言いました。

百合は驚きます。「専務が上司にどなりこんだらどうするの?」と焦る百合に、サクラは「私は百合を助けようと思っただけ」だと伝えるのでした。

百合は家に帰宅します。家では両親と会社の部下がどんちゃん騒ぎです。
部屋に入り、「どいつも、こいつも最悪だ」と百合。彼からの電話も面倒くさいと感じてしまうのでした。

翌日、広報部長がすごい剣幕で百合を伴い人事部に来ていました。大事なクライアントを怒らせたと聞いた黒川はサクラを呼びつけます。同期を守ろうとしたことを、サクラは説明しますが、部長は「手を少し握られただけであり、彼女はそれくらい慣れている」と言います。百合も黙っているだけでした。
サクラが謝ろうとした時、激しい揺れが起こりました。東日本大震災でした。

激しい揺れの後、人事部は地震に伴う情報収集、連絡等に追われます。火野は娘のために先に帰宅しました。女子社員も早く帰るように言われます。女子社員だけ早く帰ることに納得がいかないサクラでしたが、黒川に説得されます。

いつもの喫茶店にサクラが寄ると、百合もいました。電車が止まっていてタクシーもつかまらず帰れないと言います。
「家に泊まりませんか?」とサクラは百合を誘います。近いと聞いていたのに、結局45分以上歩き、やっとサクラの家に着いたのでした。

部屋に入ると、祖父から「無事か?」とFAXが届いていました。無事だとサクラは折り返します。百合は色気がない部屋だと見まわし、入社研修で作成した橋の模型を見つけました。橋の着工が始まった話になり、百合は橋を架けることが夢だと言っていたサクラに「焦らないの?」と聞きます。「いつか土木に行けると信じている」と話すサクラに百合は「今のままでは無理だと思う」と言います。
サクラと違い、百合は会社に思い入れが無く、一流企業に受かったのが一つだけだったという理由で入社を決めたと言います。サクラのように本音を言いたい気持ちはあるが、押し殺して笑顔を装っているという百合に、サクラは「百合が新人研修の時に素直に自分の思いをぶつけてくれて、みんなが自分のことをどう思っているのかがわかった。ありがたかった。だから、素直なままで大丈夫だと思う」と言います。
百合は親にも自分の気持ちを素直に言ったことがありませんでした。成金の父や、銀座のクラブで働いていた母のことをずっと下品で恥ずかしいと思っていたのでした。

震災対応も一段落し、人事部も通常業務に戻りました。
黒川は、先日クライアントを怒らせたサクラに何らかの処分が下ることを伝えます、火野もサクラがクビになったりしないかと心配します。
黒川は、百合が結婚で会社を辞めるらしいので、パンフレットの百合のコメントを差し替えるようにサクラに言います。
百合の結婚の話を聞いたサクラは百合のもとへ向かいました。

サクラは百合に「結婚するって本当ですか?」と聞きます。結婚しても会社を辞める必要はないと言うサクラに百合は「いい子の振りして、笑っているのが疲れた」と言います。「結婚は夢?そうでなかったら会社を辞めてほしくない。もっと一緒に働きたい」とサクラは言います。自分の夢について語ろうとするサクラに百合は「止めてくれる?馬鹿の一つ覚えみたい。私はあんたの仲間じゃない。夢がないと生きていてはいけないの?」と怒ってわめき散らします。
「ブス、ブス、ブス。さっきからえらそうに、現実から逃げてるだけ。どこへ行ってもいまの繰り返しだ。無理して笑うの止めれ。このままだと、どんどんブスになる」と、方言でサクラもわめきます。
血が上った百合はサクラの首をつかみ、「言っとくけど、私とあんたは住む世界が違う。二度と私の前には現れないで」と叫びその場を離れました。

帰宅したサクラは祖父に「同期と大喧嘩してしまった。仲直りしたいけど、同じ空気を吸いたくないと言われた」とFAXします。すると「いい人と出会ったな。本気で叱ってくれるのが本当の友達だ。彼女と別れるな」と祖父から返信が来ました。

百合の結婚退職の日。「お世話になりました」と挨拶しているとサクラがやってきます。
「こんなに優秀な人材を辞めさせてもいいのでしょうか」と部長に訴えるサクラ。百合はサクラを連れ出し、「いいかげんにして」と怒ります。
「百合さんは私にとって本当の友達だから。何があっても百合の味方でいる。私の友人になってくれませんか?」と手を差し出すサクラ。「誰があんたなんかと」と吐き捨て立ち去る百合。

エレベーター前にいた葵は「おめでとう。いいよな女は。嫌なことがあったら、とっとと結婚しちゃえばいいから」と嫌味たらしく百合に言いました。葵に花束を押し付け百合がエレベーターに乗り込むと、中には蓮太郎がいました。「好きだった。お幸せに」と今まで言えなかった言葉を投げかけました。百合がエレベーターを降りると今度は菊夫が。「結婚おめでとう。俺はサクラの事仲間だと思っている」と言います。「サクラの仲間になれってこと?」と百合。「そう。そうしたら、俺も百合ちゃんと仲間になれる」と菊夫。

その時サクラが追いかけてきました。「大事なことを言い忘れました。IDカードを返してもらえますか?そして、もう一つ、最後に2人で写真を撮りませんか?」と百合に言います。断って立ち去ろうとする百合に、「だったら、せめて良い友人を作ってください。私も頑張って百合さんみたいな友人を探しますから」とサクラは叫びました。
サクラの言葉に、百合は足が前に進みません。涙も出てきます。「あんたのせいで、彼にも謝らなきゃいけないし、上司にも頭を下げてもう一度働かしてくださいって言わなきゃいけない」と百合は泣きながらサクラのもとに近づきます。サクラは百合の気が変わるかもしれないと百合の「退職届」をまだ預かっていました。
百合は「サクラ」と初めて名前で呼びます。喜ぶサクラに「百合でいい」と伝えました。2人は一緒に写真を撮るのでした。

病室で。百合は、あの時もし引き返さなかったら今でも私は自分の居場所を探し続けていたかもしれないと考えていました。
自分にとっての北極星だったサクラを救い出したいと願うのでした。

百合は、その後、生まれ変わったようにバリバリ働き始めました。
一方サクラは、クライアントを怒らせたことで、社史編纂室に異動となったのでした。

『同期のサクラ』3話のネタバレ感想

50代女性

sun

サクラと百合の、女同士の喧嘩は結構すさまじかったですね。高畑充希さんと橋本愛さんの熱い演技がたまりませんでした。

今回もじいちゃんのFAXの言葉「いい人と出会ったな。本気で叱ってくれるのが本当の友だ。彼女と別れるな」には泣かされました。筆文字というところも心に刺さりますね。
百合からはすべてを否定されるような、どんなにひどいことを言われても、百合の本当の気持ちを理解して仲間だと言い続けたサクラはすごいと思いました。
百合に拒絶されても、自分が百合のことを好きだという気持ちを信じてブレないサクラが素敵でした。
誰が何といおうと、自分の信じるものを手放さないサクラが、回を重ねるごとに好きになっていきます。

サクラは今度は社史編纂室に異動になってしまいました。土木部へたどり着ける日がくるのでしょうか。
毎回、感動で涙なしではみられません。今後もしっかり見届けます。

百合(橋本愛)回は大号泣!菊夫と蓮太郎の恋心が判明?

土井蓮太郎(岡山天音)は月村百合(橋本愛)が好きだということが判明しましたね。

蓮太郎は、百合にいきなりぶっちゃけ告白をしちゃいましたが、菊夫が仲間を超える?サクラへの恋愛感情をぶつける時が来るのか、楽しみ。

それと、百合は結婚することを辞めましたが、2019年(現在)において子どもを抱えています。
一体誰の子なんでしょう?蓮太郎の恋が実るのかな?
百合のお相手も見どころですね。

さて、今回は百合とサクラのやりとりが非常に面白く見ごたえがありました。
「ブス!ブス・ブス・ブス」と連呼し、方言で百合を厳しく叱咤するサクラ。結婚して会社を去る百合に最後に仲間(友達)としてエールを送るサクラ。
百合と本音でぶつかるサクラの言葉に感動しました。
本当に泣ける!

そして、高所恐怖症で腰が引けているサクラ。
百合に橋はかからないと言われて、はじめて本気で怒ったサクラが可愛かった。
怒りがMAXになると方言がでちゃうのかな?

『同期のサクラ』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

 2012年9月―。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。
ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。
その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

 翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。
その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/