ドラマル

『同期のサクラ』2話のネタバレ感想!「大人になるとは自分の弱さを認めること」じいちゃんの言葉に共感!

2019年10月16日に放送されたドラマ『同期のサクラ』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、「残業時間を減らせ」という部長・黒川の命令でサクラが各部署を回ることに!
そして、営業部の菊夫(竜星涼)が上司との関係に苦しんでいることを知ったサクラは…。

関連記事

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『同期のサクラ』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』2話のあらすじネタバレ

病室で寝ている北野サクラ(高畑充希)。そばに寄り添う清水菊夫(竜星涼)。
菊夫は今一緒に働いている仲間の写真をサクラに見せながら、入社して2年目、サクラが自分を救ってくれた頃のことを思い返していました。

2010年5月。
入社から1年が経っていました。朝、サクラはいつも通り起き身支度を済ませます。
隣の部屋からは喧嘩をする脇田草真(草川拓弥)と中村小梅(大野いと)の声が聞こえています。
会社へ向かうために玄関を出ると、ゴミを投げ合って、まだ脇田と中村の喧嘩が続いていました。サクラはいつも通り真顔で、「汚れたところを後で掃除していただけると助かります」と2人に伝えるのでした。

気に入った建物の写真を撮りながら通勤するので、サクラはギリギリで会社に到着します。急いでエレベーターに乗り込むと、大声で電話をかけている男性がいました。サクラは「すみません、誰もいない所で電話をかけなおしてもらうと助かります」と声をかけます。その男性は「俺のことを誰だと思っているんだ」と怒っていました。

人事部に着くと、今日もギリギリのサクラを火野すみれ(相武紗季)が心配していました。頼んでいた仕事を確認します。こんなサクラですが、仕事はいつも早くて丁寧でした。
黒川森雄(椎名桔平)が入ってきて、火野を呼びつけ、最近残業が増えているので、経費削減と効率的仕事の徹底を各部署に通達するよう話します。火野と一緒に行くようにと言われたサクラは、なぜ残業がダメなのか尋ねますが、黒川が、会社のみんなの健康を守るためだと答えると納得しました。

面倒なことは全部こちらに丸投げする黒川のことを不満におもう火野。嫌なら断ればいいと、サクラは火野に話しますが、火野は「そんなこと、上司に言えない。あなたみたいに空気を読まないなんて無理よ」と言います。
サクラはかつて、同期の月村百合(橋本愛)から同じことを言われたことを思い出していました。

都市開発部では、木島葵(新田真剣祐)が順調そうに仕事をしていました。「サクラ、久しぶり」と声をかける葵に、サクラは「電話の声はもう少し落とした方がいいと思う」と助言します。
広報部では、百合が。「この部署は残業が少ないけれど、仕事は少ないわけではない。女子トイレは少ないし、女だから責任ある仕事を任せてもらえない」と男社会のゼネコンを嘆いていました。メモを取るサクラ。
設計部では土井蓮太郎(岡山天音)がコピーをしていました。雑用ばかりだと嘆きます。サクラは壁に掛けてある美咲島の橋のデザインの写真を見つけました。もう少しデザイン性があった方がよいと思う。色も微妙に違うというサクラに、蓮太郎は自分も同じことを言ったけれど相手にしてもらえなかったと言いました。
営業部では、菊夫が忙しそうに働いていました。サクラが声をかけると、結構頼りにされているのだと、上司をサクラに紹介します。その上司はなんと、今朝エレベーターの中でサクラが注意した部長の桑原だったのでした。火野は残業を抑えてもらいたいと桑原に伝えますが、「営業は24時間走り回るのが仕事だ。いいよなー。人事はこんなのが仕事で」と嫌味を言ってきます。言い返そうとするサクラを火野が止めました。
桑原に怒鳴られている菊夫を、サクラは心配そうに遠くから見ていました。

定時を知らせるチャイムが鳴ります。黒川は「帰っていいぞ」と真っ先に出ていきました。
サクラは各部署を周ろうとしますが、火野に止められます。会社にはいろいろな立場の人たちがいると火野は言います。火野も、これから子供の迎えに行かなくてはなりませんでした。

営業部では菊夫が桑原に、今から現場に行って工期を1か月早めるようにして来いと怒鳴られてました。菊夫は、今のキツイ現場の状況を桑原に伝えますが、取り合ってくれません。菊夫は桑原と現場との板挟みで苦しんでいました。

菊夫は悩みながら、サクラに以前教えてもらった喫茶店に行きます。すると、他の同期たちも来ていました。何でも出てくる店なので、同期たちもそれぞれこの店によく立ち寄っていました。
みんなは桑原の悪い評判を話し、疲れている様子の菊夫を心配します。菊夫は大丈夫だと強がります。1人だけ黙っているサクラに蓮太郎が意見を求めますが、サクラはそろそろ帰ると出て行ってしまいました。

サクラの部屋。
ストレスを貯める菊夫が、このままでは良い仕事ができないのではと心配するサクラ。その思いを書いて祖父にFAXで送るのでした。

人事部では、営業部だけが残業量が変わっていないと問題になっていました。若い社員は逆に増えており、特に清水菊夫の残業量がひどいと黒川は言います。
火野は黒川に桑原に注意してほしいと頼みますが、黒川は桑原が苦手だと言います。サクラは「私が行きます」と自ら志願します。黒川は認めますが、火野は何か起こさないかと心配します。

サクラが営業部に行くと、菊夫が桑原に怒鳴られていました。菊夫は、しっかり仕事をしてくれている現場の職人たちのことを思い、工期を今まで通りにしてくれるよう桑原に頼みますが、桑原は許しません。
そこへサクラが「菊夫君を定時に帰らせてもらえませんか。」と割って入りました。営業部だけ残業時間が改善されていないことを伝えると、桑原は「営業には営業のやり方がある。口を出すな」と怒鳴ります。「そのことを上に伝えてください」とサクラ。環境を整えるのが人事の仕事だと言い返します。

怒った桑原は人事部に乗り込んできました。黒川に言われたことをそのまま言っただけだというサクラに、桑原は更に怒ります。桑原と同期の黒川がその場を納め、黒川はサクラに二度と営業部には行かないよう注意するのでした。

疲れ切った菊夫はやっと家に帰ります。荒れ放題の部屋。「仕送りありがとう」という実家からの留守電を聞く菊夫。そこへ桑原から電話が。接待の場に今から来いと言います。遅い時間でしたが菊夫は断れず向かうのでした。

会社の食堂で食事をしながら転寝をする菊夫に、サクラは大丈夫かと声をかけます。良い仕事をするためには体力をつけないといけないとサクラは伝えますが、菊夫はろくに食べないで出ていきました。

黒川に営業部へ行くことを禁止されたサクラは、菊夫の残業を止めようと1階のロビーで待っていました。
そこに葵が通りかかります。桑原にはかかわらない方が良いと葵はサクラに助言しますが、サクラは菊夫を怒鳴りながら歩く桑原のもとに近づきます。「これ以上菊夫君に残業を強要しないでください。菊夫君が体調を崩したら管理責任を問われる覚悟はおありでしょうか」と言うサクラに「何様だ?」と怒鳴る桑原。こんなことをしていたらクビになるぞと脅かす桑原に、サクラは菊夫が体を壊して会社を辞めてしまっては困ると言い返します。
困惑する菊夫に桑原は、自分とサクラのどちらの意見をきくのか迫ります。菊夫は迷いますが、サクラに「俺なら大丈夫。応援団に入っていたから体力もある。この会社に入れたのは桑原のお陰だ」と言いました。

同期が苦しんでいるのに何もできない自分を責め、大人になれとよく言われるが、どういう人を大人というのか分からないと祖父にFAXを送ります。
「大人になるとは自分の弱さを認めることだと思う。自信はないが」と祖父からFAXが返ってきました。
そこへ火野から、菊夫が倒れたと電話がかかってきました。

点滴を受ける菊夫。
目を覚ますと、隣でサクラが菊夫の担当する図書館の完成図を見ていました。サクラは作り手の愛に溢れた建物だと褒めます。菊夫は、相変わらず建物が好きなサクラに感心し、希望の土木に行けなくて辛くないのか聞きます。サクラは、今は人事部にいてよかったと思っていることを伝えます。仕事上いろいろな部署に行き、どの部署も会社を支えていることがわかったと。
菊夫はサクラに感心し、夜は眠れず、朝は会社に行くのが辛い自分を責めます。「何のために働いているのか分からなくなった。どうしたらいいのか」と問う菊夫に、サクラは「それは私にも分からない」と出て行こうとします。不安そうな菊夫に、サクラは「菊夫君は少し大人になったのだと思う。自分の弱さを認めることが大人になることではないかと爺ちゃんが言っていた。私は会社のみんなを応援しようとする菊夫君はすごいと思う」と言いました。「けれど、今一番応援するべきはあなた自身では」というサクラの言葉を聞いて菊夫は涙を流すのでした。

朝、ギリギリにエレベーターにサクラが乗り組むと、同期のみんなが乗っていました。みんなで菊夫を心配していると、「今から部長に自分の考えを伝えてくる」と菊夫からメールが来ました。同期のみんなは営業部に向かいます。

営業部の前で緊張している菊夫。菊夫はサクラに「ケツをたたいてほしい」と頼みます。思い切りたたくサクラ。菊夫は桑原のもとに歩いて行きます。桑原は、倒れた菊夫に「しばらくは残業をしなくていい」と言いながらも、「病み上がりの菊夫が現場に行った方が、同情を買い、工期を短くできるかもしれない」と言い放ちます。
「嫌です」と菊夫。驚く桑原に「もう、部長の言う通りにはできません。目の前の仕事をやらされるのではなく、自分がやるべきだと思った仕事をやりたい」と伝えます。担当している建物を愛していなかったと菊夫は気づいたのです。その言葉にいらだつ桑原。
そこへ菊夫の担当している現場から水道管が破裂したと連絡が入りました。

昼休みに差し入れを持って、サクラが菊夫の現場に行くと、菊夫の助けもあり、水は止まっていました。菊夫のために工期を早めようとする現場の人たちに、菊夫は今まで通り良い仕事をしてほしいと伝えました。
これからも応援すると思いながら、「みんなで写真を撮りましょう」とサクラは誘うのでした。

病室。目を閉じたままのサクラに寄り添う菊夫。
その時の写真を見ながら、早く目を覚ましてほしいと菊夫は願っていました。

その後、営業部の残業は改善され、桑原は土木部に異動となりました。
サクラはエレベーターで偶然桑原に会います。桑原は、「お前を絶対土木には入れない」と言います。サクラはひるむことなく、「オーデコロンの匂いに気をつけてください」と桑原に注意するのでした。

スポンサーリンク

『同期のサクラ』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回は入社2年目のサクラとサクラの同期の様子、特に営業部に配属された菊夫の苦しみが描かれていました。思いやりのある優しい菊夫が、上司の桑原と現場で働く人たちとの板挟みで苦しんでいる姿には、涙が出ました。

いつも無表情で、空気を読まず思ったことを口にするサクラは、相変わらず問題を起こしていましたが、苦しんでいる菊夫を思い、自分に何ができるか悩みながら必死で菊夫を守ろうとするサクラの姿に人間らしさを感じ、感動しっぱなしでした。その思いは、サクラのブレない夢である「故郷の島に橋を架けること。一生信じあえる仲間をつくること。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくること」にしっかりと繋がっていますね。

ふるさとに橋を架けるというサクラの夢を早くかなえさせてあげたいのに、天敵になってしまった桑原が土木部に異動になってしまうとは。
サクラにまだまだいろいろな試練が降りかかってくることが予想されますね。来週も目が離せません。

「大人になるとは自分の弱さを認めること」じいちゃんの言葉に共感!

「大人になるとは自分の弱さを認めることだ」というじいちゃんからサクラへのFAXに共感の声殺到!

前回の「だって、お前には自分にしか出来ないことがある サクラが好きだ」というサクラを応援する言葉を超えましたね。

本当にサクラのじいちゃんいいことを言いますし、「と思う。自信はない」と言うところが可愛い。

心臓が悪くどうも容態が優れない達筆じいちゃん。
身体には気を付けて、物語の最後までサクラやわたしたちにFAXを通じて色々と教えて欲しいですね。

『同期のサクラ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『同期のサクラ』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

 東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

 その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。
イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!
その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/