ドラマル

2021年10月3日

『最愛』ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・結末考察

ドラマ『最愛』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

吉高由里子さん主演の連続ドラマ『最愛』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『最愛』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『最愛』の基本情報

概要(見どころ)

『最愛』は、『リバース』を手掛けた脚本家・奥寺佐渡子、清水友佳子によるオリジナルのサスペンスドラマです。

連続殺人事件の重要参考人で「真田ウェルネス」社長の主人公・真田梨央(吉高由里子)が、初恋の相手で刑事の宮崎大輝(松下洸平)と、彼女に心を寄せる弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)との恋に揺れながらも、事件の真相に迫っていく姿を描いた物語です。

キャスト一覧

  • 真田梨央(さなだ・りお):吉高由里子
    真田ウェルネスの代表取締役、連続殺人の重要参考人
  • 宮崎大輝(みやざき・だいき):松下洸平
    連続殺人事件の真相を追う捜査一課刑事、梨央の初恋の相手
  • 加瀬賢一郎(かせ・けんいちろう):井浦新
    真田ウェルネスの法務部に所属する弁護士、あらゆる手段を使って梨央を守ろうとする
  • 真田梓(さなだ・あずさ):薬師丸ひろ子
    梨央の母、真田ホールディングスの社長
  • 後藤信介(ごとう・しんすけ):及川光博
    真田ウェルネスの専務
  • 朝宮達雄(あさみや・たつお):光石研
    梨央の父、大学陸上部の男子寮の寮夫
  • 橘しおり(たちばな・しおり):田中みな実
    フリーランスのノンフィクションライター
  • 渡辺昭(わたなべ・あきら):酒向芳
    梨央に近づく男、15年前に失踪した子どもを探し続ける父親
  • 渡辺康介(わたなべ・こうすけ):朝井大智
    白山大学大学院薬学部2年生
  • 山尾敦(やまお・あつし):津田健次郎
    警視庁捜査第一係長、大輝の上司
  • 桑田仁美(くわた・ひとみ):佐久間由衣
    大輝とコンビを組む所轄刑事、あだ名は「桑子」
  • 藤井隼人(ふじい・はやと):岡山天音
    富山県警の刑事、大輝の後輩
  • 長嶋透(ながしま・とおる):金井成大
    白山大学3年、陸上部部員、渡辺康介の友人
  • 青木菜奈(あおき・なな):水崎綾女
    白山大学2年、陸上部マネージャー
  • 高城隆之介(たかぎ・りゅうのすけ):菅原健
    白山大学3年、陸上部部員
  • 高橋文哉
    ミステリアスな情報屋、真田ウェルネス専務の後藤の指示で会社の情報や梨央の素行を探る
  • 真田政信(さなだ・まさのぶ):奥野瑛太
    梨央の兄、真田ビジネスサービス社長
  • 児島彩夏(こじま・あやか):宮下かな子
    梨央の秘書
  • 朝倉優(あさみや・ゆう):柊木陽太
    梨央の弟、事故で記憶障害がある
  • 長岡恵(ながおか・めぐみ):芽島成美
    梨央と優の祖母、他界した秋子の母親

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子
  • 音楽 :横山克
  • 主題歌
    曲名:君に夢中
    歌手:宇多田ヒカル
    レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ
  • プロデュース:新井順子
  • 演出:塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭
  • 編成:中西真央、東仲恵吾
  • 製作:TBSスパークル、TBS

各話の視聴率

『最愛』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月15日8.9%
2話10月22日
3話10月29日
4話11月5日
5話11月12日
6話11月19日
7話11月26日
8話12月3日
9話12月10日
10話・最終回(仮)12月17日

『最愛』の最終回ネタバレ・結末考察

15年前の2006年、岐阜県の田舎町に住んでいた高校3年生の真田梨央(吉高由里子)は東京の大学の薬学部進学を希望していました。

白山大学陸上部の男子寮の寮夫として忙しく働く父・朝宮達雄(光石研)に代わり、弟・優の面倒もみていた梨央。
そんな梨央は、陸上部のエース宮崎大輝(松下洸平)に恋心を抱いていました。

大輝が出場する大会で声援を送る梨央。実は大輝も思いを寄せていて、梨央の推薦入試が終わったら告白しようと決めていました。

そんなある日の夜。達雄が留守にしていた寮で、失踪事件が起こります。
居なくなったのは、渡辺昭(酒向芳)の息子で、寮にいたのは寮生たちと梨央で、アリバイがないのは梨央だけでした。

梨央を心配した母・真田梓(薬師丸ひろ子)は、顧問弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を梨央の元へと向かわせます。

その後、梨央が事件に関わっている証拠も、被害者も見つからず、事件は未解決のまま捜査打ち切りに。

それから15年後。東京の大学の薬学部へ進学後、30歳で母親が経営する真田ホールディングスの関連会社「真田ウェルネス」の代表取締役に就任した梨央は、「世界を変える30代の社長」にも選ばれ、世間から注目を集めていました。

そんな中、梨央の前に渡辺昭が現れます。当時の記憶とともに封印したはずの事件を思い出し、苦しむ梨央。
更に新たな殺人事件の容疑が梨央にかけられます。

梨央は殺人事件の重要参考人として、かつて心を通わせた大輝と15年ぶりに再会します。
15年前、寮内で起きた事件後、梨央と合えず告白できなかった大輝。別人のようになってしまった梨央に戸惑いながらも、再び彼女に惹かれていき、刑事である自分とに葛藤します。
また、過去の失踪事件の時から梨央を守り続けている加瀬も、彼女への愛と弁護士としての職責に葛藤します。

真相は、愛で消える。
全ては、愛するがゆえに。

とポスタービジュアルに記載されていること、タイトルが「最愛」というから、連続殺人事件の真相は「愛」が鍵となります。

「真相は、愛で消える。」という言葉は、大輝に向けられたもの。
「全ては、愛するがゆえに。」は、加瀬に対する言葉と解釈できます。

最終回は、正義感が強く真面目で心優しい大輝が、梨央を愛するが故に、真相を解明して、事件を解決します。
15年前の失踪事件は、梨央の犯行で、加瀬は証拠(遺体遺棄)を消す手伝いをしていました。
当時、梨央に好意を抱いていた被疑者(渡辺昭の息子)に性的暴行をされそうになったため、咄嗟に身を守るため、梨央は手にした包丁で殺害していたのです。

そして現在に起こった第2の殺人は、真相に迫った藤井隼人(岡山天音)から梨央を守るため、加瀬が実行したものでした。
こうして最愛が引き起こした事件は幕をとじます。
以上が結末までの予想となります。

『最愛』各話のあらすじ

2021年10月15日からTBS系にて放送開始された吉高由里子さん主演の連続ドラマ『最愛』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

事件?記憶のない梨央

時価総額1千億円企業『真田ホールディングス』の子会社、製薬会社『真田ウェルネス』社長・真田梨央(吉高由里子)。
真田ホールディングスの後継者と目される梨央は、「世界を変える100人の30代」に選ばれていました。
そんな梨央が、雨の中、数名の警察官に付き添われ警察車両に乗り込み、髪をかき上げるその手は赤く染まっていたのでした。

15年前の2006年、全国大学対抗駅伝・東海地区選考会で白山大学・陸上部が優勝した日、高校3年生の朝宮梨央(吉高由里子)は白山大学3年生で陸上部のエース・宮崎大輝(松下洸平)に告白しようとしていました。
しかし、優勝直後の思わぬ展開に大輝は照れてしまい、梨央の告白を遮り、梨央も告白するのを止めます。

梨央の父・朝宮達夫(光石研)は陸上部の寮夫をしており、組合の会合に行くついでに姉の結婚式のために帰省する大輝を車で駅まで送ります。
梨央は東京にある帝北大学・薬学部の推薦入試を明後日に控えており、大輝は車に乗る前、合格祈願の御守りを渡しました。

達夫に寮と弟・優(柊木陽太)のことを任された梨央は、優を病院へ連れて行きます。
優は頭部外傷によるびまん性軸索損傷、事故により記憶障害が残り、興奮すると記憶の一部を失うのです。
成長と共に症状がよくなることもありましたが、現在の医療では完治は難しいとされていました。

陸上部員たちは優勝を祝い飲み会に出かけていたものの、3年生・長嶋透(金井成大)は友だちが訪ねてくると飲み会には行かずに寮に残っていました。
梨央が食堂で受験勉強をしていると、長嶋の友だちで白山大学大学院薬学部2年生の渡辺康介(朝井大智)が訪ねてきました。
透と康介は寮に女友だちを無断で連れ込み大騒ぎ、注意をしに行こうとしたその時、康介が現れたのです。

食堂で帰ると言っていた梨央が目を覚ますと自宅の布団に優と寝ており、時計を見ると朝4時を回っていました。
明かりを点け、机の上の受験票を確認しようと手を伸ばすとその左手には記憶にない赤い痣。
物音がして玄関へ行くと達夫でした。
達夫は泥で汚れた長靴を脱ぎ捨て家に上がり、梨央に気づきます。
「ごめんな、父さんがもう少しはよ帰っとれば」
梨央に謝る達夫でしたが、梨央には昨日食堂で勉強して以降の記憶がありませんでした。
震える達夫に気遣う梨央は風呂を沸かしに行き、何故か回っている洗濯機を確認すると赤く染まった服が洗濯されていたのです。

風呂に入っている達夫に昨日着ていた服がどこにあるか尋ねる梨央、大輝に貰った合格祈願の御守りがポケットに入っていました。
達夫は分からないと答え、昨日のことを気にする梨央に受験に集中するよう励まします。
東京に行って良いのか吐露する梨央、優は梨央が目を離した隙に遊具から転落し責任を感じていたのでした。

寮の中で御守りを探し回る梨央でしたが見つからず、非常口近くの床で血痕らしきものを見つけ、そこへ達夫が迎えに来ました。
そして、梨央は達夫に駅まで送ってもらい、電車で試験会場に向かう梨央を、達夫はいつまでも駅のホームから見送るのでした。

達夫が死亡!一部の記憶が甦る梨央

推薦入試が終わった頃、達夫がくも膜下出血で他界します。
そして、康介が失踪して10日目、寮に康介の父・昭(酒向芳)が康介を捜しに来ました。
その夜、達夫の写真を探しに屋根裏部屋に行った梨央は、赤く染まったTシャツを見つけ、入試前のあの日の記憶の一部が蘇ります。
梨央は康介に引きずられ、その康介は朝になったら全部忘れると言っていたのです。
あの日何かあったことを察した梨央は、焚き火台代わりの一斗缶に薪をくべTシャツを燃やすのでした。

別れ

達夫の葬儀の日、達夫の元妻で真田ホールディングス社長・真田梓(薬師丸ひろ子)の名代として弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)が訪ねてきました。
梨央が梓に最後に会ったのは高校に入学した時、梨央と優は母親が違い、梨央の生みの母は梓、達夫が再婚し既に他界している秋子が生んだのが優でした。

梨央は帝北大学に合格、全国大学対抗駅伝まであと6日、優と祖母・長岡恵(茅島成美)の後押しもあって梨央は東京に行く決意を固めます。
その夜、大輝は梨央の自宅を訪ね梨央に告白し抱き寄せ、梨央は大輝を抱きしめようとし、まだ残っている左手の痣に気づきその手を下すのでした。

全国大学対抗駅伝当日、梨央は迎えに来た加瀬とハイヤーで空港に向かいます。
ラジオの実況で大輝の活躍を知る梨央、加瀬は気を使い飛行機から新幹線に変えて東京に向かうことにしました。
中継所付近に差し掛かると梨央はタクシーを降り、歩道橋から涙を浮かべながらゴールした大輝に静かにさよならを告げます。
梨央に気づいた友だちが大輝に知らせ、慌てて大輝は歩道橋に上りましたが既に梨央の姿はありません。
東京に着き加瀬と『真田不動産第一ビルディング』を訪れ、梨央は梓と兄・真田正信(奥野瑛太)と再会しました。

再会、はじめまして

メールも電話も返信がなく、大輝が梨央に会えないと分かるまで少し時間が掛かりました。
そして、梨央に会えたのは15年後の2021年。

世田谷区芝池公園の池で昭の遺体が発見、他殺でした。
元白山大学陸上部の富山県警刑事・藤井隼人(岡山天音)に、警視庁捜査一課刑事・大輝が連絡し資料を頼みます。
行方不明から昭と同じく他殺体で見つかった康介の身元が、10日前に判明したのです。

昭の遺体が発見された池のふちには争ったような昭以外の足跡痕が複数あり、死後3~4時間が経過していることから、前日の深夜11時から1時の間に殺害されたと思われました。
大輝と駒沢署刑事・桑田仁美(佐久間由衣)は、遺留品の印刷物に記載のあった真田ウェルネスに捜査に向かいます。

真田ウェルネス専務・後藤信介(及川光博)が、フリーライター・橘しおり(田中みな実)に梨央の今週のスケジュールをリーク。
情報屋(高橋文哉)に調べるよう指示し後藤がベンチに何かを置き、後藤が立ち去ると情報屋が回収しました。

警備室で真田ウェルネスの監視カメラ映像を見る大輝と仁美、昨日、2021年8月2日に訪ねてきた昭が映っており梨央を見るなり喚き散らし警備員に取り押さえられていました。
隼人から康介の捜査資料がスマホに届き、大輝が梨央の合格祈願に送った御守りを入れていた「必勝合格!百戦百勝!」と書かれたメモが遺留品にあったのです。
外出していた梨央が戻り、警察手帳を見せる大輝に「はじめまして」と梨央は挨拶するのでした。

2話のあらすじネタバレ

『最愛』2話のあらすじネタバレは、2021年10月22日(金)22:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。