ドラマル

『サギデカ』3話のネタバレ感想!田中泯と麿赤兒が激似?見間違う人続出!

2019年9月14日に放送されたドラマ『サギデカ』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、祖母・しのぶが胸に秘めてきた今宮の過去が明かされる!
そして、なぜか首魁の男から廻谷に電話が…一体どんな関係があるのか?

関連記事

『サギデカ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『サギデカ』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『サギデカ』3話のあらすじネタバレ

港の埠頭にバイクで現れた警部補・今宮夏蓮(木村文乃)は、元掛け子・加地颯人(高杉真宙)に会います。
店長(玉置玲央)が準備中の新しい箱に、加地は誘われていました。
加地が電話をすると警察が犯罪教唆に問われるため、今宮は取り引きを辞めます。
何より加地を心配していました。
2人のやり取りは、カメラで撮影されていました。
その頃、全国銀行協会を名乗りキャシュカードを騙し取る福田亜佐美(古川琴音)が逮捕されます。
亜佐美は若く、両親と3人で詐欺を働いていました。
逃走中の事故で入院中の亜佐美の聴取に訪れ、今宮は腕に虐待と思われる火傷の跡を見つけます。

一方、番頭(長塚圭史)の依頼で店長と静岡県山内市に、加地は大金を運ぶことになります。
取り調べを担当する今宮は、亜佐美の境遇に涙、その話が南新宿分室に知れ渡ります。
同じ頃、住んでいた家を訪ねた加地は、弟を思い出し泣いていました。

管理官・北原宗一郎(鶴見辰吾)に呼び出された係長・手塚賢三(遠藤憲一)は、加地と会う今宮の写真と事実調査報告書を見せられます。
手塚は今宮を屋上に呼び捜査から外すことを告げます。
拒否する最中、祖母・しのぶ(香川京子)から連絡があり、話を聞いていた手塚は、看病のため休暇を取らせます。

二日後。
両親について、今宮はしのぶを問い詰めます。
答えたがらないしのぶは、焼き鳥屋『しのぶ』に現れた起業家・廻谷誠(青木崇高)に連れ出すよう頼みます。
やむを得ず、2人はバイクでツーリングに出かけます。
パーキングエリアで休み、廻谷の学生時代の失恋トークで盛り上がります。
廻谷はグリちゃんは喋らないほうが良いと振られ、その意見に今宮も賛同します。
グリちゃんは、ニックネームでした。
電話ボックスを見た今宮は、4歳の頃の記憶が蘇ります。
父に言われるがまま、おばあちゃん助けてと電話をしていました。
その頃、手塚が店を訪ね、事実調査報告書をもとに詐欺事件について、しのぶに確認していました。
図書館の閲覧室を訪れた今宮は、地方紙の縮小版の中に事件の記事を見つけます。
「詐欺師夫婦幼い我が子を使って金奪う算段か。」

1989年9月。
印刷業を営む両親は、借金を抱えていましたが、元号が「平成」に変わり仕事が増え希望が見えます。
そんな折、台風で土砂崩れにあい、3人は助かりましたが、経営は行き詰まります。
一年後。
借金返済のため、今宮の両親は娘を掛け子に詐欺を働きます。
両親は今宮を置いて、金を受け取りに軽自動車で出かけ、逃走中、車が橋から転落し2人は亡くなります。

出された酒を飲み店を後にした手塚と入れ替わり、今宮が戻ります。
記事のコピーをしのぶに見せ、調べたことを謝罪します。

黒ずくめの男2人によるアポ電強盗殺人未遂事件が発生、店長が関わっていると見られる中、通話記録に加地の名義が見つかります。
今宮から加地は、任意で取り調べを受けます。
これまでと違い、今宮は加地に厳しく接します。
両親のことを思うと犯罪者にも道理があると思ってしまうからでした。
店長について何も話さず、加地は警察を後にします。

夜道を歩く加地に、店長から電話があります。
足を洗えると思い、番頭を通さず犯行に及びました。
帰ってきた今宮は、廻谷と酒を酌み交わします。
庭園のある屋敷では、番頭が老人(田中泯)に振り込め詐欺が限界であると具申、すると老人は電話を掛けます。

夜の浜辺に着き、加地は岩場で店長のスマホを見つけ辺りを見回します。
うつ伏せの全裸の店長の水死体を見つけ、立ち去ります。

廻谷のスマホに着信があり、確認して無視します。
老人(田中泯)の見つめるスマホの画面に『グリ』と表示されていました。

『サギデカ』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

畳みかけるように、加害者側の道理と涙を持ち出してきた意図はなんでしょうか。
善悪はともかくとして、人には行動の根拠が必ずあります。
警察が加害者の道理を考慮する必要はなく、事実と証拠に基づき職務を全うすべきです。
裁判を受ける権利が保障され、酌量もあります。
道理を考慮する場は、裁判です。

道理までテーマにするなら、裁判まで描かないと意味がありません。
5話完結で今の話のペースでは、描けないでしょう。

警察視点のサギデカ、犯人視点のスカムがあるので、振り込め詐欺を扱ったリーガルドラマが必要な気がします。

田中泯と麿赤兒が激似?見間違う人続出!

「あっ!ルパンの娘のお爺ちゃんだ!」と、多くの人が思ったのではないでしょうか?

詐欺の首魁を演じている田中泯さんのスキンヘッド姿が、現在ドラマ『ルパンの娘』に出演している麿赤兒さんに似ていることが話題を集めました。

今まで全く似ていると思ったことが無かったんですが…。
同時期に酷似したヘアスタイル&踊りというのが、より似て見える要因となったんでしょうかね?

『サギデカ』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『サギデカ』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

店長(玉置玲央)の死に加地(高杉真宙)が関わっているとにらんだ今宮(木村文乃)と森安(眞島秀和)は、メンバーを総動員して行方を追うが、加地の消息はぷっつりと途絶えてしまう。そんな折、戸山(清水尋也)が、被害額は1000万円以上ばかりという高額の振り込め詐欺の動きを察知する。その被害状況を精査した今宮は、ある事に気づく。一方、新薬承認の折衝に行きづまった廻谷(青木崇高)は、とある人物にひそかに会いに行く…

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/sagideka/html_sagideka_story.html