ドラマル

『竜の道』5話のネタバレ感想!竜一と竜二の兄弟愛が泣ける!美佐が2人の絆を割く?

2020年8月25日に放送されたドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、竜二が視察という名目で源平のいるキリシマ急便へ!
一方、竜一は晃を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが…。

関連記事

『竜の道 二つの顔の復讐者』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『竜の道 二つの顔の復讐者』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『竜の道 二つの顔の復讐者』5話のあらすじネタバレ

矢端竜一(玉木宏)は、霧島源平(遠藤憲一)を「キリシマ急便」から追放するべく、晃(細田善彦)に取締役の半数以上を味方につけるよう提案します。その第一歩として、まずは社長の一番の側近で、取締役の中で最も影響力のある小田嶋聡介(利重剛)をターゲットに。
砂川林太郎(今野浩喜)と遠山凛子(奈緒)に協力してもらい、小田嶋を脅す材料となる弱みを探ります。
すると、小田嶋がキリシマ急便を担当している損害保険会社の人から、契約を継続するのと引き換えにキックバックを受け取っている不正を掴みました。しかしその金は、難病を患う娘の治療費を捻出するためだと判明。その事情を知った晃は、小田嶋を脅迫することに良心の呵責を覚えます。そんなためらいをみせる晃に代わって、竜一は、不正の現場を押さえた写真を、小田嶋の自宅に送り付けました。
妻と子供に写真を見られてしまった小田嶋はショックを受け、晃に「協力するから許してほしい。家族を巻き込まないでほしい」と懇願。
晃は、小田嶋を落とせたことを竜一に報告するも「あなたのやり方を責めはしない。ただ…」と言葉を濁し、納得のいかない気持ちを滲ませたのでした。

竜一は、巨大ヤクザ組織会長・曽根村始(西郷輝彦)からも「復讐なんて企てたら、関係ない人間まで巻き込んでしまうことを覚悟しておけ」と忠告を受けます。

一方、竜一の過去について調べ始めたフリージャーナリストの沖和紀(落合モトキ)。
竜一が関係していると思われる、8年前に心臓発作で亡くなった大野木(川瀬陽太)社長の息子・健斗(二宮慶多)に接触します。
健斗は、大野木が自宅で亡くなったとき、「斎藤一成(当時、竜一が名乗っていた名前)」という男がその場に居合わせていたことを明かしました。

「斎藤一成」についてさらに調べる沖。
すると、「斎藤一成はヤクザに捕まって死んだ」という情報を掴みます。これは、竜一が曽根村に流してもらったデマでした。

矢端竜二(高橋一生)のことを交際相手として受け入れ始めた源平の娘・まゆみ(松本まりか)。
源平の妻・芙有子(斉藤由貴)は、竜二のおかげで、まゆみが自分のことを気遣ってくれるようになり、少し雰囲気が柔らかくなってきたと感謝します。

一方その頃、秘書の大友由伸(渡辺邦斗)から、竜二に関する調査報告書を受け取った源平。
竜二の過去を知った源平は、竜二を呼び出し「復讐のために娘に近づいてきたのだろう?」と問い詰めました。
竜二は、はじめは復讐するつもりだったと肯定しつつ、でも今は違うと断言。「両親のような負け犬にはなりたくない。あなたのような強い人になりたい」と言明しました。
源平は、その気概を気に入り、竜二と握手を交わしたのでした。

両親の自殺の原因を知った吉江美佐(松本穂香)も、竜二に「まゆみと付き合っているのは復讐のため?」と問い詰めます。
けれど「本気で付き合ってる」と、復讐を否定する竜二。
その答えに、いまひとつ納得できなかった美佐は、竜一のもとへ。美佐は、先日、窮地から救ってくれた竜一は、竜二の復讐を手伝っていたから尾行していたのではないかと疑っていたのです。
そこで美佐は、竜一に対し「復讐の手助けをしないでほしい。兄(竜二)には危険な目に遭ってほしくないから。もし兄になにかあったら、あなたを一生許しません」と申し立てました。

その後、竜一は竜二を呼び出し、復讐計画から外れて美佐と静かに暮らすよう命じます。
納得のいかない竜二は、竜一と口論に。
互いに、美佐へ恋愛感情があるのではないかと言い合います。
そして、事あるごとに「お前だけが美佐にとって唯一の家族なんだから」と言う竜一に対し、「兄だと正体を明かせばいいじゃないか」と詰め寄る竜二。
そこで竜一は、自分が人殺しであることを白状します。そのため、復讐が終わったら3人で一緒に幸せに暮らすという夢は叶えられない、自分は竜二や美佐と歩んでいる道が違う、と言い捨てます。
けれど竜二は「それでも俺は、お前と一緒に行くぞ」と断言し、竜二や美佐を想って突き放そうとする竜一を抱き締めたのでした。

スポンサーリンク

『竜の道 二つの顔の復讐者』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

竜二が源平と握手を交わした直後、こっそり、でもしっかりと手を拭っていた姿に思わず吹き出してしまいました。心底、源平のことを嫌っているんだなぁと。
源平は、抱き着いた奥さんに悲鳴上げて拒否られたり、竜二には手を拭われたりと、まるでばい菌扱いされていて、ちょっと可哀相になってきちゃいました。

今回のラスト、竜一と竜二が激しい口論を繰り広げ、このまま亀裂が深まって、第1話のオープニング(竜一が竜二へと銃口を向けるシーン)へと発展していくのかと思いきや、竜二が「それでも俺はお前と一緒に行くぞ」と断言し、竜一をギュッと抱き締めました。この兄弟の絆の深さを物語る抱擁に、胸がアツくなりました。感動です!
こうなってくると、なおさら、なぜ竜一が竜二の命を奪うことになるのか謎が深まるばかり。あれは周囲を騙すための演技だったのかしら?いやでも鬼気迫ったあの表情は…う~ん。ますます、この先が気になって仕方ありません!

前回、当サイトの解説欄で『曽根村は竜一たちの実の父親か』と取り上げられてましたが、今回も「復讐が終わったらどうするんだ?捨てた親にでも復讐するのか?」という思わせぶりな台詞が出たので、どうやら曽根村が実父という説は確定っぽいですね。
どういったいきさつで子を捨てることになったのか?これについても気になるところです。

竜一と竜二の兄弟愛が泣ける!美佐が2人の絆を割く?

双子の兄妹、竜一と竜二の互いを思い合う絆がカッコ良かったですね。

竜二の気持ちや生活、将来を考えて全うな道へと進ませようとする竜一。そんな竜一の気持ちを受けて、たとえ人殺しだとしても一緒に復讐を遂げると誓う竜二。
1話のデジャブハグが泣けました!

でも、最後は竜一が竜二を殺す…?
一体何があったのでしょう。どうも美沙が2人の絆を割く鍵になりそうで怖いですね。

『竜の道 二つの顔の復讐者』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『竜の道 二つの顔の復讐者』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

出典:https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/