ドラマル

『路~台湾エクスプレス~』3話(最終回)のネタバレ感想!繁之が可哀想すぎる!3回は短すぎた?

2020年5月30日に放送されたドラマ『路~台湾エクスプレス~』3話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、安全性の確認に予想以上の時間がかかり、台湾新幹線の開業が延期されることに!
そんな中、春香(波瑠)のいる台湾に、婚約者の繁之(大東駿介)が突如訪ねてきて…。

関連記事

『路~台湾エクスプレス~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『路~台湾エクスプレス~』3話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『路~台湾エクスプレス~』3話(最終回)のあらすじネタバレ

2004年、開業まで残り1年、工事が遅れ開業延期の可能性がある中、運行担当副社長代理・レスター・王(梁正群(リャン・ジェンチュン))が高鐵(台湾高鐵)を去りました。

2005年、台湾新幹線の走行試験が始まり、多田春香(波瑠)は高雄縣・燕巣の整備工場に居ました。
陳威志(李梓誠(リー・ズーチェン))が整備士として就職、春香と新幹線の陸揚げの夜以来の再会を果たします。
同じ頃、東京の劉人豪/英語名:エリック(炎亞綸(アーロン))は大日本設計のオフィスで仕事に没頭していました。

走行試験は台湾オリジナルのための変更の影響で、安全確認に時間がかかり遅れていました。
高鐵に開業延期の発表を主張する安西誠(井浦新)は、苛ついていました。

5ヶ月後、日本の新聞社が台湾新幹線の開業延期をスクープ。
ジャック・バルト(Gary Edward Gitchel(ギャリー・エドワード・ギッチェル))は、プロジェクトリーダー・山尾一(寺脇康文)と安西を高鐵に呼びつけます。
バルトは安西のリークを疑っていたのです。
延期発表には高度な経営判断を伴い、バルトは渋っていました。
銀行団から返済計画の見直しを迫られれば、資金がショートし計画そのものが頓挫する恐れがあったからです。

その夜、婚約者・池上繁之(大東駿介)が春香に会いに日本から台湾に来ました。
春香はおばちゃん(林美秀(リン・メイシュウ))の台湾料理屋に繁之を連れて行きます。
結婚を5年も待った繁之は、開業延期で台湾に残ることが当たり前のように振る舞う春香が許せず声を荒げます。
責任ある仕事を任された春香は結婚のことは考えられず、ふたりは口論になりました。

翌日、徹夜続きの安西が日本連合のオフィスで体調を崩し、山尾に休養を命じられ早退します。
昼の閑散とした飲み屋街を彷徨いクラブ『クリスタル』の前に辿り着くと、店から出て来たケビン(許光漢(グレッグ・ハン))と鉢合わせします。
ケビンがユキ(邵雨薇(シャオ・ユーウェイ))の弟であることは事実でした。
そして、ユキは安西のことを心配していたのです。

既にユキはクリスタルを辞め、安西はケビンの運転する車でユキの居る田舎の小さな漁港に案内されます。
路地の突き当りに、おばさんたちと魚を捌くユキが居ました。
心ない言葉でユキを傷つけたことを安西は謝罪し、ユキに背を向け立ち去ります。
ユキが後を追い安西を後ろから抱きしめると、安西はその場に泣き崩れました。

その夜、高鐵が今年予定していた10月の開業を来年の10月末に延期したニュースが流れます。

ある日、親友の呂燿宗/日本式名:中野赳夫(楊烈(ヤン・リエ))に会いに台湾に来た葉山勝一郎(高橋長英)から連絡があり、中国茶専門店に出向いた春香。
エリックの姿はなく、勝一郎ひとりで台湾に来ていました。
挨拶もそぞろに、突如、勝一郎が倒れ、病院に救急搬送されます。
勝一郎は末期のすい臓癌で、医者の呂が「最後を見届ける」と言い、勝一郎は生まれ育った台湾に残ることにします。

一方、高雄縣の威志はスクーターで祖母の家を訪ねます。
張美青(吳玳昀(ウー・ダイユン))は出かけるところでした。
威志が頻繁に訪ねて来る理由を美青は尋ねましたが、期待とは裏腹に威志の答えは美青の息子・辰辰がカワイイからでした。

2006年、台北市。
台湾新幹線開業まで5ヶ月に迫ったある日、春香は入院中の勝一郎を見舞い、新幹線に乗せると約束するのでした。

6月3日、高鐵・指令所。
本線上での訓練が本格的に始まります。
しかし、運転士や指令員は新幹線経験の無いフランスのTGVなどの高速鉄道経験のある外国人たちで、更に開業は12月に延期されました。
そんな中、台湾メディアから安全性を危惧する声が上がります。
高鐵は多国籍のスタッフを要し、中国語でのコミュニケーションが取れません。
スタッフの台湾化が進まない限り、将来の安全性にも影響しかねないと見られていたのです。
そんなある夜、屋台で食事をする王をバルトが訪ねました。

11月のある日、指令所が緊張に包まれる中、春香たち日本連合のスタッフも呼び出されていました。
すると、王が現れたのです。
報道を切っ掛けに台湾新幹線は人々に不安視され、信用を回復する必要がありました。
安全性を証明するため、開業後と同じダイヤで1ヶ月間の無事故試運転をすることを指令所に居るスタッフたちに王は告げます。
そして、一番大切なものは『鉄道マンスピリット』と胸を叩き、皆を鼓舞するのでした。

1ヶ月間無事故試運転は事故もなく最終日を迎えます。
山尾はバルトを誘い最終列車に乗り込みました。
板橋駅を出発した台湾新幹線は無事に左營駅に到着、指令所のスタッフたちは歓喜に湧きます。
ホームに降りたバルトは駅のスタッフと握手、すると後ろの車両から安西が降りて来ました。
これまで対立して来た安西とバルトでしたが、笑顔で握手を交わすのでした。

2007年1月5日、台湾新幹線の暫定開業のニュースが流れます。

ある日、春香は日本に帰国、繁之が勤める名古屋のホテルを訪ねます。
カフェで待つ春香は、繁之が席につくと婚約指輪を返し謝罪します。
繁之は本音を隠して来たことを後悔、逆に春香に謝罪します。
7年前、繁之は春香に台湾に行って欲しくはありませんでした。

台湾・台北市。
日本連合オフィスで山尾から本社勤務を言い渡された春香でしたが、台湾に残る決意をしたことを告げました。

ある日、勝一郎の車椅子を押し板橋駅の通路を歩く春香。
通りかかったエリックに勝一郎が気づき、貰った新幹線のチケットを春香に返し、駅員を呼ぶとその場を去りました。
エリックは春香が携わった新幹線に乗りに台湾に戻って来たのです。
春香がチケットを差し出すと、エリックは春香を抱きしめ、春香もエリックの背中に手を回すのでした。

板橋駅を出た新幹線、車両には勝一郎の姿がありました。
曜子の写真を取り出し、台湾の風景が流れる窓に写真を向けます。
別の車両には、美青と威志、そして辰辰の3人が乗っていました。
突然立ち上がった威志は美青にプロポーズ、美青がプロポーズを受け入れると車両内は拍手に包まれました。

また別の車両に春香とエリックが、並んで座っていました。
台湾に残ることにした春香は、台湾に進出する日本企業と台湾を繋ぐ手伝いをしようとしていました。
離ればなれになることを落ち込むエリックの手を、春香が握りしめます。
春香の脳裏にエリックと出会ってからの台湾での出来ごとが走馬灯のように蘇ります。
すると、車両内に拍手が沸き起こり、電光掲示板には時速300kmに達したことが表示されていました。
春香とエリックは互いに見つめ微笑み合うのでした。

『路~台湾エクスプレス~』3話(最終回)のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

どうにも複雑な気持ちでモヤモヤです。
これまでの繁之に対する春香の言動は、ちょっと許せません。
エリックと再会した時点で、春香は繁之に別れを告げるべきてした。
繁之とエリックが誠実であればあるほど、春香が不快に見えてしまいます。

美青と威志の喜びは台湾新幹線の開業を彩るのも良いですが、春香とエリックに関しては何とも言えず違和感を覚えます。
ただ、春香が台湾新幹線に注力して来たのは確かな事実です。
開業の喜びとともに描かれるべき存在です。

どうせフィクションなんだから、何でも強引にハッピーエンドにしてしまえと日頃は思っています。
単純な喜怒哀楽に終わらず、複雑な感情を抱かせるのが、単純ではない人の人間模様を描くドラマや小説のあるべき姿なのかもしれません。

繁之が可哀想すぎる!3回は短すぎた?

婚約指輪を渡して、春香(波瑠)との5年後の結婚を待ちに待っていた繁之(大東駿介)が不憫でなりませんでしたね。

春香は、エリック(アーロン)との初再会の際、エリックへの想いが恋だったときづいたならば、緊急帰国してでも繁之に別れを告げに行ってほしかった。

といっても、原作では、春香が台湾に行ってからの7年の間に、繁之との関係にもいろいろ合っての別れ。
それらをドラマ3回(約180分)では他の要素もあり、カバーできなかったのが残念でした。3回は短すぎた!

まとめ

最終回、台湾新幹線の開通に時間がとられていて、ようやく台湾新幹線に乗ってみたいという気持ちになりました。

他、登場人物たちの恋は急ぎ足でしたので、なんだかモヤっとする部分や「え~」っと絶叫したくなるような展開もありましたが、わずか3回では致し方ないかな…。

わたしは台北しか行ったことがありませんが、非常に魅力的な街がたくさんあり、心が躍ったことを覚えています。
いつか、台湾新幹線に乗って、台湾を上から下まで堪能したいですね。