ドラマル

『ランウェイ24』9話のネタバレ感想!チェインストーリー9.5が神回と話題!

2019年9月15日に放送されたドラマ『ランウェイ24』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、大介の職人としての成長ぶりに、桃子は彼の家業を継ぐ覚悟を知る!
一方の大介は、桃子の徹也への責任の取り方に疑問を抱き、ある言葉を投げかける…。

関連記事

『ランウェイ24』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ランウェイ24』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ランウェイ24』9話のあらすじネタバレ

退職願を淀川CEO(小倉久寛)に提出した後の帰り道、井上桃子(朝比奈彩)は、海野大介(犬飼貴丈)の婚約者・西村優子(清水綾乃)に呼び止められます。

優子は、大介の”心ここにあらず”といった様子から、きっと桃子のことを考えているからだろうと感じていました。そこで、大介のためならばと、桃子に「大介と会ってください」とお願いする優子。

そこで、桃子は大介に会いにいくことに。
桃子は久しぶりに大介が作った和菓子を食べて、その腕前の成長に目を見張ります。
そして、香月徹也(白石隼也)が空を飛べなくなってしまったこと、それが自分のせいであること、責任を取るべくパイロットを辞めたことを大介に告げました。
すると「それは逃げているだけだ。桃子らしくない」と返す大介。さらに「空が桃子の居場所だろ?」と付け加えたのでした。

これらの大介の言葉が深く脳裏に焼きつき、反芻する桃子。
桃子は、徹也と会って話をする決心をします。

そして、徹也が療養している東京へ向かうため、Peachに乗る桃子。
客として乗ることに、ちょっとした感慨に耽ります。

離陸後、天候の急激な変化で積雲に突入し、大きく揺れる機体。
これに、同便に搭乗した修学旅行の女子高生がパニックを起こしてしまいます。元々、飛行機が苦手だった彼女は、揺れが収まってもパニック状態が続き、次第にその不安な空気が周りへ伝染して、学生たちはもう大騒ぎ。

機長の新開浩平(長谷川朝晴)が「積雲を無事抜けたので問題ありません。安心ください」というアナウンスを入れても、誰も聞こうとしません。
CAの浅野あかり(傳谷英里香)や山村一郎(ko-dai・Sonar Pocket)も対応に窮します。

そこで桃子が、客席の前に出て「聞いてください!」と声を上げ、冷静に、安全であることを説明しました。
そして最後に、「『安心ください』というパイロットの言葉は、安全を守る為に力を尽くしているPeach全職員からの言葉。どうかわたしたちを信じて」と締めくくります。

桃子の機転のお陰で、無事、パニックは収まったのでした。

到着後、新開に呼び止められる桃子。
新開に「まだ辞めるつもりか?」と問われ、「やっぱり私の居場所はここしかない」と答える桃子でした。

その後、桃子は大介に電話をし「大介のお陰で、大事なことに気が付けた。もう迷わない」と告げると、「大介も必ず夢を叶えてね。優子さんのこと幸せにしてあげて」とエールを送りました。

そして、徹也との待ち合わせ場所に向かったのでした。

スポンサーリンク

『ランウェイ24』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

パイロットを辞めようとした桃子が、また空に戻る決心をしてくれてよかった!

そのキッカケを与えてくれたのが、大介の婚約者・優子の後押し。
本当に出来た女性ですね。桃子と大介が寄りを戻してしまうリスクを負ってでも、自分の幸せを犠牲にしてでも、愛する大介のために行動を起こせるなんて。心打たれました…!
こんな素敵な彼女に愛された大介が羨ましい。
大介には、ずっと彼女を大事にしていってもらいたいです。

そして、今回(9.5話)のチェインストーリーでは、山村一郎演じるko-daiさんが歌声を披露!
さすが本職、素敵な歌声に聞き惚れちゃいました。
でも歌が短めでちょっと残念。もっと聴きたかったな。
Sonar Pocketのメンバーも出てきて、面白かったです!

チェインストーリー9.5が神回と話題!

一郎とあかりによるチェインストーリー9.5が話題になりました。

「エモになっちゃった!」と歌い出す一郎(ko-dai)。そして一郎というかko-daiさんに思わぬサプライズが…。
ファン必見のチェインストーリーでしたね。

『ランウェイ24』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ランウェイ24』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

香月徹也(白石隼也)と会った井上桃子(朝比奈彩)は、新たな決意を徹也に伝える。しかし、徹也の態度は素っ気なく、今後についても何一つ語ることはなかった。
数日後、PeachはSky Road Airとの統合記念フライトを発表。新開浩平(長谷川朝晴)と桃子がそのフライトを任される。
フライト当日は台風による荒天で、他社便は次々と欠航に。だが、Peachは地上スタッフと機上スタッフが一丸となってフライトプランを模索。離陸の決断を下す。
着陸の模様はテレビでも中継。海野大介(犬飼貴丈)は西村優子(清水綾乃)とともに画面を見つめている。しかし、強風の中での滑走路進入は困難を極める。そんな中、新開の体調に異変が発生。急きょ桃子が操縦することに!怖気付く桃子は着陸を諦め引き返そうとするが、その時、インカムを通して意外な声が飛び込んでくる!?

出典:https://www.asahi.co.jp/runway24/