ドラマル

『ランウェイ24』8話のネタバレ感想!徹也はドラマ「GOOD LUCK!!」新海元に憧れている?

2019年9月8日に放送されたドラマ『ランウェイ24』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、国際線のフライトで桃子と徹也が台湾へ!
桃子の誘いに応じて台湾の街へと繰り出した徹也だったが、思わぬ事故に遭い…。

関連記事

『ランウェイ24』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ランウェイ24』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ランウェイ24』8話のあらすじネタバレ

香月徹也(白石隼也)機長のもと、副操縦士として台湾行きの国際線に乗った井上桃子(朝比奈彩)。
台湾に到着後、桃子は徹也に「ちょっと奮発して食事に行かない?」と誘いました。
すると、徹也は「機長の俺が奢ってやる」と快諾。

二人は台湾の街並みを楽しみながら、食事をしました。
すっかり角の取れた徹也に「変わりましたね」という桃子。これに徹也は「お前らのせいだ」という。すると桃子も、徹也のおかげで変われた(悩みを打ち消せた)ことを明かします。
ぐっと距離が縮まる二人でした。

そんななか、一人の少年が近づいてきて、桃子たちに水鉄砲を浴びせてきました。
しばらくそれに付き合ってはしゃぎ合うも、その後も桃子の後をついてくる少年。
少年は母親とはぐれてしまったという。

そこで桃子は、少年の母親探しをすることに。
徹也も何だかんだ文句言いながらも、少年の相手をしたり、おんぶしてあげたりと甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるのでした。

しばらくして、無事に母親をみつけた桃子たち。
少年と別れます。
その直後、少年のお気に入りだったお面を返しそびれた桃子は、慌てて少年へ渡そうと走り出しました。

すると、物陰から出てきた人と出会いがしらにぶつかり、その反動で、工事中の柵にもぶつかってしまい、その衝撃で、桃子の頭上に鉄パイプが!

間一髪のところで、徹也が桃子を押し出し、代わりに徹也が鉄パイプの下敷きとなってしまいます。

頭から血を流して意識を失くす徹也。
桃子はそれを震えながら見つめ、固まってしまうのでした。

一週間後。
無事、徹也が退院しました。
けれど桃子は、罪悪感に苛まれたまま、生気を無くしていました。
そんな桃子を、浅野あかり(傳谷英里香)や山村一郎(ko-dai・Sonar Pocket)、新開浩平(長谷川朝晴)らが気遣いますが、一向に元気を取り戻しません。

そして徹也も、桃子が話しかけようとするも「このくらい何ともない」と言ったきり、それ以上は話をしようとせず、まるで避けるように桃子から距離を取ってしまいます。

そんな中、淀川CEO(小倉久寛)から徹也の病状を明かされます。
脳への損傷で、しばらくは太陽の光を眩しいと感じてしまうという。そのため、日常生活には支障がないものの、パイロットとしては致命的で、しばらくは空を飛べない、とのこと。
そこで来週から、徹也は東京の実家に戻って、しばらく休養することに。

これを聞いて、さらに自身を責める桃子でした。

一方、大介は家業を継ぎ、和菓子作りに励んでいました。
しかし、相変わらず上の空で、姉の松美(渡辺舞)に話しかけられても、なかなか反応を返しません。
松美は、婚約者である西村優子(清水綾乃)に家のことを案内しながら、まるで身の入らない大介のことが心配になります。

優子もまた、気がそぞろな大介のことが気に掛かり、あらためて自分の想いをストレートに伝えます。
「わたしは、心の底から大好きです。大介さんのことも、大介さんが作る和菓子も。だから、これから大介さんを支えられるように精一杯頑張ります」と。

するとその時、大介の携帯に電話がかかってきました。
優子から「どうぞ」と促され、電話に出る大介。相手は桃子でした。

とくに用事はないという桃子でしたが、近況を聞かれて「万事順調だ」と強がる大介。
結婚についても明かします。
これに「おめでとう」と返す桃子。
しかし、明らかに元気の無い桃子の様子に、大介は心配になります。
けれど桃子もまた「わたしも順調だから」と虚勢を張り、電話を切りました。その傍らには、退職願と書かれた封筒が…。

翌日、淀川に退職願を提出する桃子。
淀川は「その様子では、今、空を飛ばせるわけにはいかないな」と、退職届を預かることに。
そして、「とりあえず今は休んで頭を冷やしなさい」と言い添えたのでした。

その後、力ない足取りで帰宅する桃子。
そこに、優子がやってきて声を掛けられるのでした。

スポンサーリンク

『ランウェイ24』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回は、徹也にキュンとくるシーンが満載でした。

まずはオープニング、英語による、徹也の離陸時の流暢な挨拶。あまりにカッコよくて聞き惚れちゃいました。
次に、何だかんだ文句言いつつ、結局、おんぶしてくれたり、お面被ったりしてくれるお茶目さ。とくにお面被ったあと、少年への「見てねぇじゃねーか」ていうツッコミが可愛いかった!
そして…桃子を救うため、身代わりとなってくれた男気。
もうほんと、今回は徹也の魅力に、心が鷲掴みされまくりでした!

でも、その優しさと男気が仇となって、パイロット生命が絶たれるかもしれないなんて…。
あんなに頑張って掴み取った機長なのに…哀しい。
どうかこの先、回復して、また空が飛べるようになってほしいです!

大介の婚約者、優子もとてもいい人でしたね。
あんなに健気に、大介のことを支えようとしてくれてるのだから、大介もいつまでも後ろ髪引かれてないで、優子ちゃんの良さにも気付いてほしいな。

香月徹也はドラマ「GOOD LUCK!!」新海元に憧れている?

チェインストーリー8.5がネタ元なんですが、桃子が言うように、徹也は、ドラマ「GOOD LUCK!!」の新海元に憧れてそうですよね。
ちょっと違いますけど、確かに雰囲気や髪型が似ています。

2人の台湾旅行は楽しそうでしたね。
すっかり打ち解けた2人でしたが、徹也に悲劇が起こり亀裂が…
この後二人の関係がどうなるか非常に気になります。

『ランウェイ24』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『ランウェイ24』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

井上桃子(朝比奈彩)は、海野大介(犬飼貴丈)の婚約者、西村優子(清水綾乃)の訪問を受けた後、大介の店へと足を運ぶ。久しぶりに食べる大介が作る和菓子は以前よりどれも美味しく、桃子は大介の覚悟を実感。一方の大介は、桃子の顔に悩みの色を見て取る。香月徹也(白石隼也)に対する桃子の責任の取り方を、「らしくない」と感じた大介は、店を去る桃子にある言葉を投げかける。その言葉が桃子の脳裏に深く焼きつく…。
翌日、桃子はある決意を胸に、乗客としてPeach便を利用し、東京の実家で療養中の徹也を訪ねて行く。
同便には高校生の団体客が搭乗。飛行機初体験の生徒もおり、途中、機体が大きく揺れたのをきっかけに生徒たちはパニックを起こしてしまう!混乱を鎮めようと思わず立ち上がる桃子。が、自分のお節介が徹也の事故を招いたことを思い出してしまい…。

出典:https://www.asahi.co.jp/runway24/