ドラマル

『リカ』6話のネタバレ感想!主題歌「STRIP」を歌う倖田來未がゲスト出演!

2019年11月16日に放送されたドラマ『リカ』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、3年前花山病院で同僚だった千秋(夏菜)とリカが偶然の再会をする!
一方、リカの行動に困惑する本間は、正直に事情を伝え謝罪する事にしたが…。

関連記事

『リカ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『リカ』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『リカ』6話のあらすじネタバレ

最初の会食時、急用でレストラン(AARU)を出た本間隆雄(大谷亮平)を尾行して本間の勤務先を掴んでいた雨宮リカ(高岡早紀)が、映画会社「宝映」を訪れます。
それに対して、居留守を使う制作部の本間。――1階ロビーに居合わせた本間の部下のアシスタントプロデューサー・坂井政司(内田健司)がリカに近付き来訪目的を尋ねます。リカは本間と電話が繋がらなくなって、それで心配になってのことと言います。

その直後、花山病院の受付嬢だった金沢千秋(夏菜)とも再会したリカは、彼女を喫茶店に誘います。そこで、本間には妻子がいることを聞かされたリカは、本間に関する情報収集を千秋に要請。離婚して旧姓の金沢を名乗っている千秋は実家暮らしで経済的に苦しい立場。そんな千秋に「友達になれそう」と、現金を握らせます。

電話が繋がらないのを理由に会社に度々来られるのは困るということで、着信拒否を解除する本間。即、リカから連絡が入ります。で、二度と会わないという本間に対して、もう一度だけ会いたいとリカ。レストランで会い、そして、ちゃんと目を合わせての説明を求めるリカ。――本間は、マッチングアプリ登録が映画制作のリサーチ目的だったと説明して謝礼金を差し出しますが、その受け取りを拒むリカ。そして、別居中の妻・葉子(徳永えり)と娘・亜矢(稲垣来泉)のことは忘れて、新しい未来を歩もうと本間に言います。――妻の葉子は、全国チェーンの飲食店勤務中、上司と関係を持ち、半年前に別居。両親が住む実家が近いので、妻が娘の亜矢を引き取っています。本間は、いまのところ葉子の不倫を許せずにいて、ヨリを戻したい葉子を拒否していますが、だからと言って、リカとの将来など思いも寄りません。
更に続けて、「きっと好いお母さんになる」と言って娘の話を持ち出すリカ。そんなリカに怒りをぶつけた本間は、リカの前から立ち去ります。「御礼」と書かれた本間の謝礼金がテーブルに残されます。

本間が自宅に帰ると娘の亜矢がいます。食事中、チャイムが鳴って室の外に出ると、本間がリカに差し出した「御礼」の封筒とその中身の三万円が掲示板に貼り付けられています。――本間の新しい電話番号のほか、住まい(マンション)の住所を教えていたのは、現金を掴まされていた千秋です。

本間が手掛けるアクション映画(クライマックスジュピター)の主題歌担当アーチスト(倖田來未)との打ち合わせ直後に、妻の葉子から電話が入ります。昨日、食事と泊りにやって来た娘の亜矢の件のお礼電話です。リカに執拗に追い回されていることを伏せた上で、今は暫く合わない方が良いと妻に告げます。

本間が、部下の坂井に、リカのしつこいストーカー行為に困り果てていることを打ち明け、その打開策として元警察官の探偵・原田信也(柏原収史)にリカの調査を依頼しようということになります。原田は、坂井が担当する映画の探偵監修をしている男です。原田探偵事務所の所長です。
原田の調査では、三年前の花山病院での不審火(五人の焼死体)など、数々のリカに関する疑惑が暴き出されます。モンスター・リカが浮かび上がります。

喫茶店で、千秋に新たなアルバイト指令するリカ。その帰りがけに坂井と出会う千秋。千秋が去った後、怒りを露わにして、本間の迷惑をリカに訴える坂井。――「死ねば好い」と呟くリカ。で、坂井が渋谷の歩道橋から転落します。救命センターに搬送されて意識不明の重体であることが、警察からの連絡を受けたデスクの千秋を経て、本間に知らされます。その後、佐々木(武田晋)制作部長がやって来て、坂井の死亡が告げられます。

電話で、千秋に盗聴器(スマホ)設置を促すリカ。本間の会話内容を知りたいリカ。特に、坂井の紹介で本間が雇ったという探偵のことを調べて欲しいリカ。千秋が、坂井が死んだと告げると、「あなたが坂井を死なせたようなもの」とリカ。「アルバイトで情報提供したあなたは、リカの仲間(共犯?)。坂井のようになりたくないでしょ」と脅される千秋。

原田が本間の会社を訪れて、坂井の転落死についての調査報告をします。転落時の目撃者も無く、何時もイヤホーンで音楽を聴きながら歩く坂井の不注意による転落かな、ということになります。原田と別れ自宅に帰りますと、マンションのドアが施錠されておらず妻と娘が来訪しています。部下の死で落ち込んでいるだろうとやって来た妻と娘。

夜間の「宝映」、本間の机の引き出しをあさって、その中から探偵の原田の名刺を見付ける千秋。原田の顔写真とともに、リカにその情報をメール転送する千秋。すると、次に、リカは本間の娘と妻の情報を千秋に求めます。

『リカ』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

第2部の第6話で最初に死んだのは、探偵の原田ではなく、部下の坂井でしたね。予告によれば、探偵の原田が注射針で襲われるのは次回の第7話。それに次いで、娘の亜矢にも、リカの魔の手が伸びることになるのでしょうかね。

それにしても、最初から坂井殺しの犯人がリカと分かってしまった千秋が、それでも引き続き、リカに情報を流し続けます。離婚して経済的に困窮しているということなのでしょうが、しかし、映画会社のデスクという職を得ているのですから、僅かな金を握らされてリカの「人殺し」に協力してしまうというのが、ちょっと不自然のような気がしました。
もう少し、千秋の暗部とか、秘密の部分があれば、止むを得ずにリカに協力してしまうことに対しても、納得がゆくのかなと思いました。

倖田來未がゲスト出演!可愛いし演技も自然と話題に

アクション映画「クライマックス ジュピター」の主題歌を歌う歌手役で倖田來未さんが登場。

一瞬でしたが、ファンから、「來未さん可愛すぎたぁぁあ」「くぅちゃん可愛かったー」「めちゃくちゃ可愛かったわぁ~」など、多くの喜びの声が上がりました。

ドラマ『リカ』の主題歌「STRIP」を歌う倖田來未さん。
中には、「リカに殺されないよね?」と心配する声も!
そして、自然な演技が好評でしたね。

『リカ』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『リカ』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

映画会社・宝映の会議室で、探偵の原田(柏原収史)に、リカ(高岡早紀)のストーキングについて相談をする本間(大谷亮平)。その二人の会話を、リカは強引に操っている千秋(夏菜)に仕掛けさせた盗聴器を使い、自宅で全て聞いていた。原田は本間に、携帯を非通知着信拒否にするよう指示する。「ストーカーとは接触しない事が重要ですから…」。それを聞いてショックを受けるリカ。

会社から出てきた本間が「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていた!「私はストーカーなんかじゃない!」と言いながら近寄ってくるリカからたまらず逃げ出した本間は、通りかかったタクシーに急いで乗り込むと急発進させる。一瞬安堵した本間だったが、振り返るとそこには全力疾走で追いかけてくるリカがいた!

その後、帰宅したリカの元に千秋からラインで、ある画像が送られてきた…。

翌日、リカの部屋にミシンの音が鳴り響く。一生懸命縫い物をするリカが嬉しそうに見つめる視線の先には、ある写真が飾られていて…。

一方、その頃、原田は以前リカが勤めていた花山病院のスタッフリストを入手し、本間に見せる。リストを本間が読み上げているところに、千秋が入ってきて、自分の旧姓が入っていることに驚き震える。

リカの本間への執着はエスカレートしていくばかり…。物語は、周りの人々を巻き込み、怖さ倍増の驚愕の展開を見せる―――。

出典:https://www.tokai-tv.com/rika/story/