ドラマル

『レンタルなんもしない人』4話のネタバレ感想!増田貴久の魅力爆発!レンタルさんが可愛いすぎた回

2020年4月30日に放送されたドラマ『レンタルなんもしない人』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、化粧品会社に勤める京野彩(山口紗弥加)からの依頼を受けることに!
「離婚届の提出に同行してほしい」という依頼を受けたレンタルさんは…。

関連記事

ドラマ『レンタルなんもしない人』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『レンタルなんもしない人』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『レンタルなんもしない人』4話のあらすじネタバレ

ある男性(長友郁真)から「山手線で1日過ごしてみたいので同席してほしい」という依頼があり、山手線を13周もした森山将太(増田貴久)。
さすがに話す内容も無くなって、じっと座っている時間が長かったものの、「なにもしない」ことが苦にならない将太にとっては理想的なこと。また、車内の群像劇を眺めるのも興味深く、満足して依頼を終えました。
下車したのは、夜更けの終電。すると、テレビスタッフから「自宅までのタクシー代出すんで、家ついて行ってイイですか?」と直撃されます。けれど将太は「ソレダメです」と断り、帰宅しました。

後日、化粧品会社に勤める京野彩(山口紗弥加)から「離婚届の提出に同行してほしい」との依頼が舞い込みます。
彩は、取引先のドラッグストアに勤めていた京野健太(笠原秀幸)と結婚。健太は、家事を積極的にやってくれたり、姑(磯西真喜)からの「子供はまだ?」催促の間に立って彩を守るなど、常に彩のことを気遣ってくれる理想的で完璧な夫でした。けれど、バリバリ働いていた彩は、つい家庭よりも仕事を優先しがちに。それが祟って、すれ違うことが多くなりました。そしてある日突然、健太から離婚を切り出されたのです。

彩としては、がんばって良き妻をしてきたつもりだったので、何がダメだったんだろう?と頭を悩ませます。そこで、自分のことを自己採点してみることに。
仕事、外見、料理、趣味、健康など10以上もの項目で、5点満点で採点。結果、3.9点の平均点となりました。それを将太にも見せます。
彩は、まずまずの好成績だと自負しますが、一方で「そういうところがダメなんだろうな~」と零しました。

その後、離婚届を提出するため市役所へ。
順番待ちをしていると、婚姻届けを提出したカップルが、記念写真を撮ってほしいと役場の人に懇願していました。けれど、役場ではそういうことは引き受けていないと断られ、そこで、彩が撮ってあげることに。
するとカップルが恩返しのつもりで、彩たちの記念写真を撮ると言い出しました。
それをやんわりと遠慮するも、あまりにも強く勧められ、根負け。将太も夫と間違われ、かといって弁解したり断るのも面倒だと感じて、記念写真に入ることに。
写真を撮ったことで、彩が手にしている書類が離婚届だと気付いたカップルは、気まずそうにそそくさと去って行きました。
そんななんとも言えない空気の中、手続きを済ませた彩。その様子を、将太はじっと見守ったのでした。

帰りに、健太からプロポーズされたという思い出の公園に立ち寄ります。
そこで感傷に浸りながら、「私って今、何点なんですかね」と将太に意見を求める彩。
将太は「点数必要ですか?」と問い返し、「人間て生きているだけで、わりと偉業だと思います」と答えたのでした。

依頼を終えて別れた後、彩は、記念写真を添えて、離婚届の提出に立ち会ってくれた感謝をDMで送りました。この記念写真には点数はつけられない、と。
おかげで踏ん切りがついた彩でした。

一方その頃、恋人・まりあ(松川星)とディナーをしていた上昇志向サラリーマンの神林勇作(葉山奨之)。
神林は、まりあが「レンタルなんもしない人」をフォローし、リツイートしているのを見て、「付き合う人や環境で、人が形成されていく。だから、志が低い人をフォローすべきじゃない」と苦言を呈しました。
これに嫌気がさしたまりあは、別れを切り出します。これに愕然とする神林でした。

帰り道、いつものようにホームレスの金田(古舘寛治)と遭遇する将太。
今回はしおらしく「今日は売るのやめたわ、はやく帰りな」と促します。これは、逆説を狙ったもので、そう言えばむしろ買いたくなるだろう、という魂胆でした。けれど将太はそれには乗らず、早々に立ち去りました。

帰宅した将太は、妻の沙紀(比嘉愛未)に「なんで僕と結婚しようと思ったの?」と質問。
これは彩から問われ、「忘れた」とした返せなかった問いでした。すると沙紀も「忘れた」と返答。ただ、一緒にいると楽しかった、それくらいのかんじだったかも、と付け加えます。
将太も、たしかにそんくらいだったかも、と笑顔で納得したのでした。

スポンサーリンク

『レンタルなんもしない人』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

まずはオープニングの、テレ東人気番組小ネタにクスッと!
『家ついて行ってイイですか』のスタッフに取材を求められて、増田貴久さんがレギュラー出演されている『ソレダメ!』のポーズで拒否。でもレンタルさんの『家ついて行ってイイですか』、ちょっと見てみてみたいかも。おもしろそうですよね!

今回は、将太が金田に初勝利!
きっと、この先ずっとうまく口車に乗せられて、あのナゾな雑誌を買わされ続けるんだろうな~と想像していたので、この展開にはちょっと意表を突かれました。

意表を突かれたといえば、離婚届の記念写真。
これはかなり気まずいし断るかと思いきや、まさかの了承。でも、断るほうが面倒くさい展開になるから、という理由に納得。
彩も、離婚届を手に、しかも旦那でもない人と一緒に記念写真撮るなんて、ふつうなら耐えられないと思います。…が、最終的には、そのおかげで踏ん切りがついたようで。人生、何が功を奏すか分かりませんね。レンタルさんって、そういうミラクルを起こす天才だなぁ。

驚き続きの今話でしたが、一番びっくりしたのは、ラストのベッドイン依頼を、将太があっさり了解したこと。
「ウソでしょ!?」と思わず声に出ちゃいました。
これは断るべき案件…というか、奥さんの立場だったら絶対断ってほしい!
ただ、オープニング依頼は大抵、クスッと笑えるエピソードだから、このベッドイン依頼もそういう笑えるオチになるのかな。どんな展開になるのか楽しみ!

沙紀に「今、楽しい?」と聞かれて、「今は水が冷たい」と答えた将太。
わたしなら条件反射的に「楽しい」と無難に答えてしまいそう。そこを媚びずに、淡々と本音だけを言うところが将太らしい。だからこそ、「結婚してよかった」というごくふつうの台詞がちゃんとした重みをもって、沙紀を大事にしているかんじが真摯に心に響くんでしょうね。
わたしもそうありたいと思いますが…それには、本音を曝け出しても人を嫌な思いにさせない心のキレイさが必要かなぁ。うーん、精進せねば。

増田貴久の魅力爆発!レンタルさんが可愛いすぎた回

依頼者との待ち合わせ場所で、ソックリの服装の人と依頼者を間違えて「しまった…」というところや、『家、ついて行ってイイですか?』の取材に「ソレダメ!」するところ、次回予告の沙紀(比嘉愛未)さん両親に無職バレした時の顔とか、全てが可愛すぎましたね。

そして、最後の添い寝依頼に「了解です」と返事を打ち、少しデヘデヘするところも良かった。

依頼としては、やっぱり初っ端案件の方がインパクト強くてきになりますね。
山手線13周する映像をスピンオフで垂れ流して欲しい!

『レンタルなんもしない人』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『レンタルなんもしない人』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。
依頼が早めに終わり自宅に戻ると、家に妻・沙紀(比嘉愛未)の両親が来ていた。沙紀は将太が会社を辞めたこともレンタル業を始めたことも話していなかった。心配させたくないから黙っていようという沙紀。何とか必死に話を合わせる将太だったが、複雑な思いは消えず…。ついに仕事を辞め“なんもしない”ことにしたと告げる。それを聞いた義父は激怒して…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/rentalsan/story/