ドラマル

2021年3月25日

『レンアイ漫画家』原作ネタバレ!ドラマの1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『レンアイ漫画家』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

鈴木亮平さん主演の連続ドラマ『レンアイ漫画家』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『レンアイ漫画家』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『レンアイ漫画家』の基本情報

概要(見どころ)

『レンアイ漫画家』は、モーニングKCで2010年から2012年の間に連載されていた、山崎紗也夏の同名漫画を原作とするラブコメディドラマです。

恋愛下手な天才漫画家の主人公・刈部清一郎(鈴木亮平)と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)。そんな恋に不器用な2人の姿を描いた、笑い、癒される物語です。

ぎこちない関係だった清一郎とあいこが、やがてかけがえのない存在になっていきます。

キャスト一覧

  • 刈部清一郎(かりべ・せいいちろう):鈴木亮平(青年期・松大航也)
    33歳、『少女モーニング』で大ヒット漫画『銀河天使』の連載を続ける天才少女漫画家、女性名「刈部まりあ」のペンネームで正体を隠している
  • 久遠あいこ(くおん・あいこ):吉岡里帆
    29歳、葬儀場スタッフ→無職のアラサー女子
  • 二階堂藤悟(にかいどう・とうご):眞栄田郷敦
    22歳、あいこの行きつけのカフェ&バー『2 STORY CAFE』で店長代理として働く店員
  • 刈部レン(かりべ・れん):岩田琉聖
    9歳、大人びた性格の小学生
  • 伊藤由奈(いとう・ゆな):小西桜子
    21歳、二階堂に好意を寄せる『2 STORY CAFE』の店員
  • 刈部純(かりべ・じゅん):白石隼也(青年期・奥平大兼)
    享年31歳、清一郎の弟、あいこの初恋の人、超が付くほどの女好き
  • 早瀬剛(はやせ・つよし):竜星涼
    29歳、元ラガーマンの好青年で一流企業に勤務しているエリートサラリーマン、あいこが初疑似恋愛ミッションをする相手
  • 金條可憐(きんじょう・かれん):木南晴夏
    32歳、『少女モーニング』で連載中の売れっ子少女漫画家、苅部まりあをライバル視する
  • 金條麻央(きんじょう・まお):星乃あんな
    9歳、可憐の姪、レンの同級生
  • 向後達也(こうご・たつや):片岡愛之助
    42歳、清一郎の担当編集者、元ラガーマンで元々はスポーツ誌に配属
  • 大倉シンゴ(おおくら・しんご):稲葉友
    レンの担任教師

スタッフ一覧

  • 原作:レンアイ漫画家
    作者:山崎紗也夏
    出版社:講談社
    雑誌・レーベル:モーニングKC(全5巻)
  • 脚本:松田裕子
  • 音楽:末廣健一郎
  • 主題歌
    曲名:カタワレ
    歌手:佐藤千亜妃
    レーベル:EMI Records
  • オープニングテーマ
    曲名:ZENSHiN ZENREi
    歌手:BiSH
    レーベル:avex trax
  • プロデュース:小林宙
  • 演出:石川淳一、小林義則、淵上正人
  • 編成企画:佐藤未郷、江花松樹
  • 制作:フジテレビ
  • 制作著作:共同テレビ

各話の視聴率

『レンアイ漫画家』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話4月8日6.5%
2話4月15日
3話4月22日
4話4月29日
5話5月6日
6話5月13日
7話5月20日
8話5月27日
9話6月3日
10話・最終回(仮)6月10日

ドラマ『レンアイ漫画家』の最終回ネタバレ(予想)

『レンアイ漫画家』は愛を知らない恋愛漫画家・刈部清一郎(原作では苅部清美)(鈴木亮平)と、ダメ男ばかり捕まえてしまうアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)の、恋愛に不器用な二人が織りなすハートフルラブコメディーです。

清一郎は、女性のペンネーム「刈部まりあ」をつけて漫画を描いています。ほとんど外出もせず人を寄せ付けず、たった一人きりで、大ヒット少女漫画『銀河天使』の連載を続けています。
そんなある日、弟が死に残された弟の息子・刈部レン(岩田琉聖)を引き取ることになり、孤独だった清一郎の生活は一変します。
一方、葬儀屋『あかり葬祭』で働くアラサー女子(原作では23歳)あいこは、初恋の人・刈部純(白石隼也)の葬儀で、純の兄の清一郎と衝撃の出会いを果たします。

ひょんな出会いを果たした清一郎とあいこでしたが、清一郎にケガをさせたことが原因で葬儀社を解雇されてしまったあいこに、清一郎は「俺のためにレンアイしろ!」と突拍子もない仕事の依頼をします。清一郎の漫画のネタにするために疑似恋愛をするというミッションでした。

原作ではあいこは、清一郎の指示のもと、清一郎の担当編集者の向後達也(片岡愛之助)の後輩の早瀬剛(竜星涼)と良い感じになります。しかし、順調に恋愛が進みそうなところで、清一郎に今度は別れてこいと指示されてしまいます。
剛はあいこから別れを告げられた後、原作ではあいこのストーカーになります。ドラマでもストーカーにはならないまでも後半まで何かしら関わってきそうな予感がします。

その後も原作では葬儀屋の花屋さんの前田さんやレンの担任の大倉と疑似恋愛をしていきます。ドラマにも同じような役回りが出てきて、あいこは清一郎のむちゃぶりに従って次々と疑似恋愛をしていくと予想します。

一方の清一郎は、彼の熱烈なファンである金條可憐(木南晴夏)に男であることがバレて猛アプローチを受けます。さらには結婚まで迫られます。
原作では、清一郎はそれを渋々受け入れます。そして、その関係にあいこはショックを受けます。その後、可憐の姪・金條麻央(星乃あんな)によって清一郎が男であるとSNSで拡散されたことによって清一郎は漫画を描けなくなります。そのことがきっかけで清一郎とあいこは急接近します。
そして原作では、実は可憐と結婚していなかったことを知った二人は互いの気持ちを伝えるが付かず離れずの関係を続けるという結末です。
そのため、ドラマ版の最終回でも、清一郎とあいこは心は通じ合いながらも良い距離感で暮らしていく結末になるのではと予想します。

『レンアイ漫画家』各話のあらすじ

2021年4月8日からフジテレビ系にて放送開始された鈴木亮平さん主演の連続ドラマ『レンアイ漫画家』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』では、若くして亡くなった刈部純(白石隼也)の葬儀が営まれていました。
あいこは、先輩社員から、まだ幼い純の忘れ形見の息子・レン(岩田琉聖)の面倒を見るよう言付かります。

レンは、屋上に登って空を見上げていました。
その姿が、高校時代の純・(奥平大兼)を彷彿とさせ、当時を思い起こすあいこ。
純は、あいこ(高校時代・若柳琴子)の初恋相手だったのです。あいこは純のことが大好きで、5回も告白してようやく付き合えたことをレンに話します。
それを傍らで偶然聞いていた純の兄・刈部清一郎(鈴木亮平)。突然、あいこに「レンアイしろ!」と詰め寄ります。
あいこは、その勢いとあからさまに不審者のような容貌(黒パーカーのフードをかぶった大柄の男)とで、思わず悲鳴を上げ、突き飛ばしてしまいます。結果、清一郎に怪我を負わせてしまい、職場をクビに。

そんな無職になってしまったあいこに救いの手を差し伸べたのは、清一郎でした。
清一郎は、正体を隠して大ヒット漫画「銀河天使」の連載を続ける人気少女漫画家「刈部まりあ」だったのです。
しかし最近、ネタ作りに行き詰っており、担当編集者の向後達也(片岡愛之助)や編集長の山田(林和義)から、早くネームを上げるようにとせっつかれていました。
そこで、漫画のネタになるような疑似恋愛をあいこにしてほしいと要求する清一郎。
しかしあいこは、「ダメ男ホイホイ」と揶揄されるほど男を見る目が無く、ロクな恋愛もしてこなかったため、自分には無理だと断ろうとします。が、100万円という高額報酬に、つい引き受けてしまいました。

清一郎が要求する疑似恋愛のシチュエーションは「丸の内OLが、エリートイケメンサラリーマンと偶然出会って恋に発展する」というもの。
相手は、元ラガーマンの早瀬剛(竜星涼)。向後の大学ラグビー部の後輩だという。
そこで、向後からラグビーについてのレクチャーを受けることになったあいこ。洗練された丸の内OLに扮するために、ファッションの勉強もします。
おかげで一気に生活が華やぐのを感じ、こんな生活も悪くないと思えるあいこでした。

シミュレーション決行の日。
偶然の出会いを装うべく、朝、早瀬が訪れるカフェでスタンバイするあいこ。
元ラガーマンらしき人に片っ端から接触していきますが、どれも不発で、心が折れかけてしまいます。そんな時、ようやく早瀬が登場。まるで少女漫画のようなシチュエーションに、おもわずキュンとしてしまうあいこでした。
その後の会話も弾み、早瀬と仲良くなれたあいこは、早速、清一郎に報告。
すると、次は「デートに誘え」とのミッションが。
これについても、早瀬のほうからスポーツバーに誘われるなど順調にこなしました。

そんな中、あいこの良き相談相手である・二階堂藤悟(眞栄田郷敦)から、「彼、本気になりかけてるからマズいよ」との忠告を受けます。
早瀬のSNSに「僕にももうすぐ春が来そうです」という意味深な投稿があったのです。
これを知ったあいこは、騙している罪悪感に苛まれ、デートの日、OLであることも、ラグビーファンであることも、すべて嘘だったと告白。
すると、ちょうどその時、清一郎と一緒に住むことになったレンから「叔父さんが倒れちゃった…どうしよう」との連絡が。
あいこは、慌ただしく早瀬に別れを告げ、清一郎の自宅へと向かいました。

清一郎の病状は、ただのぎっくり腰でした。
とはいえ、動けないほどの激痛に苦しむ清一郎。あいこは病院へ行くよう促しますが、締め切りが迫っているため、それを固辞。激痛に耐えながら原稿に向き合い、あいこはそれを懸命にサポートしました。
おかげで、無事、原稿を描き上げます。

落ち着いた後、あいこが早瀬と別れたことを告げると、清一郎から「嘘から真実が生まれることもある。きっと彼はまだ待ってくれてるはずだ」と背中を押されます。
疑心暗鬼で、デートの場所・スポーツバーへ戻ると、本当に早瀬が待っていました。
「また、戻ってきてくれる気がして」と言う早瀬。あいこが本当のことを打ち明けた後も、嘘とはいえ、自分のためにラグビーの勉強をしたり頑張っておしゃれしてくれたことが嬉しかったと述べます。
そんな早瀬の人柄に惹かれたあいこは、早瀬と本当に付き合うことに。

そんな矢先、今度は清一郎から「別れろ!」と命じられ、目を丸くするあいこでした。

2話のあらすじネタバレ

『レンアイ漫画家』2話のあらすじネタバレは、2021年4月15日(木)22:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。