ドラマル

『REAL⇔FAKE』3話のネタバレ感想!翔琉と凛、守屋で社長にカマをかけてる?

2019年9月18日に放送されたドラマ『REAL⇔FAKE(リアルフェイク)』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、翔琉が守屋にある頼みごとを持ち掛ける!
そんな中、社長の図らいで急遽、「Stellar CROWNS」は結成記者会見を開くことに…。

関連記事

『REAL⇔FAKE』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『REAL⇔FAKE』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『REAL⇔FAKE』3話のあらすじネタバレ

「怪しいのは翔琉だ」と電話越しに伝えた沢瀬 凛(小澤 廉)。
その相手は澤木田薫(大高洋夫)社長でした。

一方その頃、牧野凪沙(荒牧慶彦)と瀬名征行(和田雅成)は、カバンから鳩時計とクマのぬいぐるみを取り出して、なにやら密談します。
「バレる」とか「バレない」とか、「手袋を嵌めて証拠を残さないように」とか、「クマの目をくりぬいて…」だとか。
そして「大丈夫、俺たちは一人じゃない」と頷きあう二人でした。

探偵事務所へ姿を見せた凛。
とあるパソコンのデータ復旧を、顔見知りの探偵・里見(郷本直也)に依頼していたのでした。
里見は、凛が両親の借金のせいで苦しんでいることを知っており、何かと凛のことを気遣い、お代についても「お前からは受け取れない」と無償でやってくれました。
澤木田社長についても「あいつは信用できないから気をつけろ」と忠告する里美。これに「大丈夫。社長には恩もあるしね」と答える凛でした。

「真実を知ってしまった以上、もう歌えない!」と泣きながら縋り付いてきた朱音のことを回想する鈴木翔琉(佐藤流司)。
そこへ守屋英俊(染谷俊之)がやってきました。
翔琉は、守屋と朱音が高校時代の親友であったことを知ると、「あんたに頼みがある」と言って、誰かと繋がっている携帯を差し出しました。

その後、澤木田社長へ進捗報告する守屋。
依然として犯人の目星が付かないと報告する中で、ぽろっと朱音と同級生であったことを明かしました。けれど「ただの顔見知り程度だ」と言うに留め、そのとき朱音は、他界した両親の実家とは別に持っていたマンションの一室で、兄と一緒に暮らしていたことも明かします。
そして「もしかしたら今もそこにいるのかもしれない」という予測をし、澤木田に「住所を知らないか?」と尋ねる守屋。
しかし澤木田もマンションについては初耳で知らないという。そこで、自分が調べると申し出る守屋でした。

Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)の結成記者会見の前夜、6人はリビングに集まり、会見に向けての決起集会を行いました。

その後、夜風に当たり物思いに耽る凛。
そこへ、凛と幼馴染の梅原黎士郎(松村龍之介)がやってきました。
黎士郎は、凛の苦労を知り「昔はお前の傍にいてやれなかったけど、今度はお前が落ち着くまで傍にいる。俺が守ってやる」と告げます。しかし凛は表情を変えず、それを適当にあしらい、部屋に戻っていったのでした。

結成記者会見、当日。
集まったマスコミには「朱音の件については一切触れないように」との禁止事項を申し送りした澤木田。
しかし、一人の記者がそれに構わず朱音のことを口にしてしまい、そこから一気に、朱音に関する質問が噴出し、会見場は騒然となってしまいます。
それを収めるべくマイクをとった翔琉は、「朱音さんは生きている。いつかまた、必ずみんなの前に現れる」と高らかに宣言。
これにて、会見場は一時、水を打ったように静まり返りますが、また記者たちがその発言に関して質問を投げ掛け、混乱を極めます。

そんな中、不敵な笑みを見せながら立ち去る翔琉。その後に続いて、5人も会見場を後にしました。

澤木田は、朱音に関する勝手な発言をした翔琉を追いかけます。
その先には凛がいて「やっぱり翔琉は失踪に噛んでいる。翔琉は『証拠を押さえるため、隠しマンションに行く』と言っていた」と澤木田に伝えました。
そして、翔琉から聞いたというマンションの場所に向かう凛。澤木田もそれに付いていこうとしますが、車のキーや金庫の鍵などを纏めた鍵束をどこかに置き忘れたことに気付き、慌てます。凛はそんな澤木田を「タクシー使えばいい」と言って急かしました。

そのとき、楽屋に置かれた澤木田の鍵束を手に持ち「どうしたものか」と呟く守屋。

時は遡り、12年間―――

マンションの一室でギターの演奏をする朱音の兄・奏真(平野良)。
朱音が帰宅すると演奏を止め、「デビューした朱音と作曲家として一緒にやっていきたいな」と朱音へ夢を語ったのでした。

スポンサーリンク

『REAL⇔FAKE』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「真実を知っちゃったらもう歌えないよ」と泣きながら訴えていた朱音。
この台詞が出たらもう、失踪は他人の仕業じゃなく、自らの意志でというのが確定した気がするのですが…どうなんでしょう。

そして、カバンから鳩時計とクマのぬいぐるみを取り出した凪沙と征行。これはもしや、また隠しカメラを設置しようとしてる…?
みんな其々、行動を探り合ってるのかな。

なんかもうみんな怪しそうに見えちゃうけど、一番きな臭いのは澤木田社長。
失踪には関係してないと思うけど、失踪の原因(朱音がショックを受けた原因)を作った張本人のような気がしてならないです。

それと、失踪事件には(たぶん)関係ないですが、征行の「凪沙のシャンプー使っちゃう問題」。
一旦、入浴を中断してまで、凪沙の隠されたシャンプーを持ち出すほどの執念深さ。いやぁ、すごい!
なんかもう、朱音の失踪事件の真相より、征行と凪沙の関係のほうが気になってきちゃいました。笑

翔琉と凛、守屋で社長にカマをかけてる?

朱音の失踪は、クイーンレコード社長・澤木田薫が黒幕だと多くの人が予想しています。

確かに、もはや社長しか怪しい奴いないだろ!ってぐらい怪しい。
翔琉と凛、守屋は、上手く社長にカマをかけてボロを出させようとしているのでしょう。

澤木田社長と朱音との間に何があったのか?
澤木田社長が朱音のお兄さんを殺してしまったんでしょうか?
最終回が楽しみですね。

『REAL⇔FAKE』4話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『REAL⇔FAKE』4話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

会見で「朱音は生きている」と突如発言した翔琉(佐藤流司)。澤木田社長は翔琉の後を追って、朱音の隠しマンションに凛(小澤廉)と一緒に向かっていた。そこで、社長が目にしたものとは。
朱音が失踪した真相がついに明らかに-。誰が真実を話し、だれが嘘をついているのか…。REALとFAKEの顔が浮き彫りになる大波乱の最終話!

出典:https://realfake-official.com/story/index.html