ドラマル

『REAL⇔FAKE』1話のネタバレ感想!瀬名征行(和田雅成)の壁ドンに胸キュン!

2019年9月4日に放送されたドラマ『REAL⇔FAKE(リアルフェイク)』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、天使の歌声をもつ歌姫・朱音が新ユニット加入の矢先に失踪!
事務所に届いた怪文書の真相を探るため、映像ディレクターの守屋は、ステラクラウンズメンバーの密着を始めるが…。

関連記事

『REAL⇔FAKE』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『REAL⇔FAKE』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『REAL⇔FAKE』1話のあらすじネタバレ

天使の歌声をもつ人気歌手・朱音(蒼井翔太)が突然、アーティスト活動休止の宣言をすると同時に、消息を絶ってしまいます。

新ユニット「Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)」への加入が発表された矢先のことでした。
このステラクラウンズは、所属事務所の垣根を超えて編成されたタレントユニットで、各事務所とも大金を注ぎ込んだ巨大プロジェクトでした。

世間では、朱音の失踪について、自殺したとか、誘拐されただとか、殺されただとか、様々な噂が飛び交う中、朱音の事務所の社長・澤木田薫(大高洋夫)のもとに一通の怪文書が届きます。

「朱音は生きている。ユニットの中に犯人がいる」と。

これが本当であれば大変なスキャンダルになると恐れた澤木田は、警察には届け出ず、秘密裏に探ろうとします。
フリーの映像ディレクター・守屋英俊(染谷俊之)に、ステラクラウンズのドキュメンタリー作成と称して彼らの生活に密着しながら、朱音失踪の犯人探しをしてほしいと依頼し、100万円を渡しました。

守屋は乗り気になれない中、澤木田に気圧されて仕方なく引き受けることに。

翌日。
ステラクラウンズのメンバーが住むシェアハウスに、隠しカメラを仕込む守屋。

メンバーがレッスンから帰ってきた後、ドキュメンタリー作成で密着取材することを告げます。
カメラの前では、陽気にはしゃぐメンバーたち。
全員でのオープニング動画を撮った後、メンバー個別のインタビューをします。

牧野凪沙(荒牧慶彦) 23歳。
昔はアイドルをやっていて、今は俳優。同じ事務所の同期である瀬名征行を慕っており、ステラクラウンズに応募したのも、征行がきっかけ。
人見知りの凪沙は、ルームシェアの相手が征行でよかったという。
朱音について尋ねると、途端に、動揺して目を泳がせます。朱音の話題は、メンバー内でタブーとされている空気があり、口にするのが憚れるとのこと。

瀬名征行(和田雅成) 24歳。
凪沙の力量を評価しており、ステラクラウンズに受かることは確信していたという。凪沙と一緒に活動できることを喜んでいる。他メンバーについては、梅原黎士郎以外の皆と面識があるとのこと。
朱音のファンだという征行、朱音のことも気さくに話します。
ただ、他メンバーは朱音の話題にナーバスになっている者もいるから、話題に上げないほうが良いと守屋に忠告しました。

梅原黎士郎(松村龍之介) 23歳。
オーストラリアから帰国したばかりの帰国子女。まだ日本語に慣れていないせいか、会話が少し硬め。
沢瀬凛とは幼馴染だという。ルームシェアの相手は育田悠輔。
朱音のことについては、「なんでステラクラウンズを降板したんですか?」と守屋に逆質問するなど、あまり知らない様子をみせます。

沢瀬 凛(小澤 廉) 24歳。
俳優でありながら、最近ではバラエティ番組への出演も増え、自分の職業を見失いがちだという。カメラの前では終始明るい笑顔をみせるも、カメラが止まった途端、無愛想な態度をみせます。
悠輔と征行とは共演経験があり、黎士郎とは幼馴染。ルームシェアの相手は、初対面の鈴木翔琉。
朱音については全く面識がなく、その音楽についても興味がないという。

育田悠輔(植田圭輔) 25歳。
元子役で芸歴は長い。鈴木翔琉とは高校の同級生。とはいっても翔琉の2つ年上で、病気を煩い、休学(留年)していたという。
朱音とは共演経験があり、とても仲が良かったとのこと。今でも朱音には連絡を入れているが、まったく返事はないという。
そして、カメラが止まった後、軽々しく朱音の話題を扱うようならドキュメンタリー作成に協力しないと、守屋に釘を刺したのでした。

鈴木翔琉(佐藤流司) 23歳。
素っ気無い態度で口数は少なめ。
朱音の歌に聞き惚れ、歌手を目指したという。また、朱音と同じ事務所で、かわいがってもらっていた、とも。

その夜、シェアハウス内の各部屋では…

凛と黎士郎は、朱音のことを話題に出してきた守屋のことを訝しがり、ネットで守屋のことを調べる凛。

「裏切るのか!」と責めるような言葉を凪沙に投げ掛け、部屋を出て行く征行。

そして、悠輔には行き先を告げずバーへとやってきた黎士郎。
外国人へ数万円を渡して、スマートフォンを受け取ります。
そのスマートフォンから電話をかけ、「例のモノが手に入った」と切り出す黎士郎でした。

スポンサーリンク

『REAL⇔FAKE』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

人気歌姫の失踪、その歌姫が入るはずだったユニットに犯人がいるという怪文書、それを探るためにドキュメンタリー作成と称してシェアハウスに潜入調査。この設定だけでワクワクどきどきが止まらないです…!

しかもこれを演じる役者さんたちの見目麗しいこと!
天使の歌声をもつという朱音さん、最初、ふつうに女性かと思っちゃいました。

また、メンバー其々がとっても個性的で魅力を感じます。
とくに興味を引いたのは、凛くん。カメラの前では天真爛漫の好青年なのに、カメラが止まった途端、心を閉ざすかのような素っ気無さ。メンバーの中で一番表と裏の顔のギャップがある凛。何が彼をそうさせたのか、人として興味が沸きました。

関係性で興味を引いたのは、凪沙と征行。インタビューでは唯一無二の親友と言ってもいいくらい親密さを見せていたのに、突然、征行の壁ドンからの仲違い。一体何があったんでしょうね…?

失踪事件もさることながら、メンバー其々の人間ドラマも興味深く、この先が楽しみです!

瀬名征行(和田雅成)の壁ドンに胸キュン!

場面代わって突然の瀬名征行(和田雅成)の牧野凪沙(荒牧慶彦)に対する壁ドンに、胸キュンしちゃった人が続出!
かなり勢いのある壁ドンで迫力がありましたね。

さて、タイトル『REAL⇔FAKE』通りの「現実(真の顔)」「嘘(偽りの顔)」を見せるキャストたち。
顔面偏差値が高いこともさることながら、内容も入り込みやすく、これからどんどん面白くなっていきそうです。

でも、本ドラマは、どうやらたった4話で完結!
1話のメンバーたちの自己紹介だけでも見応えがありましたので、30分×4回だけじゃもったいない気もしますね…。

『REAL⇔FAKE』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『REAL⇔FAKE』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

守屋(染谷俊之)は、Stellar CROWNSメンバーが個々に活動する現場での密着取材をすすめていた。一方、メンバーは取材だと言いながらも、失踪した朱音(蒼井翔太)の事ばかりを聞く守屋に、不信感を募らせる。
そんな中、朱音の所属事務所社長・澤木田(大高洋夫)が突然シェアハウスに訪問。社長の不審な行動から、凛(小澤廉)と翔琉(佐藤流司)が、部屋に設置された隠しカメラの存在に気づき-。

出典:https://realfake-official.com/story/index.html