ドラマル

2021年9月28日

『ラジエーションハウスⅡ』原作ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・結末考察

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

窪田正孝さん主演の連続ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ラジエーションハウスⅡ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。またFODプレミアムでは『裏ジエーションハウス』も配信中。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ラジエーションハウスⅡ』の基本情報

概要(見どころ)

2019年4月にシリーズ第1弾が放送された『ラジエーションハウス』が、新メンバーを加えて帰ってきました。

『ラジエーションハウスⅡ』は、脚本を大北はるかが手掛けた横幕智裕の同名漫画を原作とする医療ドラマです。

2年のアメリカ留学を終えて帰ってきた医師免許を持つ放射線技師の主人公・五十嵐唯織(窪田正孝)が、再び『ラジエーションハウス』の仲間たちと力を合わせて、視えない病を診つけ出し、患者の命を救う姿を描いた物語です。

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

キャスト一覧

  • 五十嵐唯織(いがらし・いおり):窪田正孝
    医師免許を持つ天才放射線技師
  • 甘春杏(あまかす・あん):本田翼
    甘春総合病院前々院長の娘、放射線科医、唯織の幼馴染み
  • 広瀬裕乃(ひろせ・ひろの):広瀬アリス
    新人放射線技師、唯織に好意を抱いている
  • 辻村駿太郎:鈴木伸之
    父親が大手大学病院の教授を務めるボンボン中堅整形外科医、杏のことが好き
  • 鏑木安富:浅野和之
    診療部長兼放射線科長、甘春総合病院の副院長
  • 小野寺俊夫:遠藤憲一
    放射線技師長、酒とギャンブルが好き
  • 黒羽たまき:山口紗弥加
    白金乳腺クリニックの中堅放射線技師、ガサツで男勝りな性格
  • 軒下吾郎:浜野謙太
    オリオンメディカルクリニックの中堅放射線技師
  • 威能圭:丸山智己
    相英大学医学部附属病院Aiセンターの中堅放射線技師、Aiを得意とするナルシスト
  • 悠木倫:矢野聖人
    麗洋医科大学病院の放射線技師、ややコミュ障なメカオタク
  • 大森渚:和久井映見
    甘春総合病院の前院長
  • 田中福男(たなか・ふくお):八嶋智人
    放射線技師、見栄っ張りで小心者
  • 灰島将人(はいじま・まさと):髙嶋政宏
    甘春総合病院の新院長、病院の合理化を実施
  • 甘春正一:佐戸井けん太
    甘春総合病院の元院長で杏の父親

1話ゲスト

  • 菊島亨:イッセー尾形
    世界的な写真家
  • 森迫由美:森カンナ
    菊島の娘、妊娠中
  • 賀屋壮也(お笑いコンビ・かが屋)
    新人放射線技師

2話ゲスト

  • 速川走太:長野蒼大
    12歳、小学生、てんかんの治療中
  • 一郎:眞島秀和
    走太の父、元陸上オリンピック選手
  • 叶恵:入山法子
    走太の母
  • 花恋:白鳥玉季
    走太の妹
  • 柳田哲平:きたろう
    庭木の手入れ中に転落したという患者

3話ゲスト

  • 宮本すみれ(みやもと・すみれ):堀田真由
    22歳、小学校教諭
  • 丸井耕吉:温水洋一
    外来患者
  • 荒井和真(あらい・かずま):萩原利久
    19歳の学生、すみれの幼なじみ

4話ゲスト

  • るり子:中田喜子
    たまきの母
  • 堀田誠司:忍成修吾
    弁護士
  • 堀田成美:臼田あさ美
    誠司の妻

スタッフ一覧

  • 原作:ラジエーションハウス
    作者:横幕智裕
    漫画:モリタイシ
    出版社:集英社
    雑誌・レーベル:グランドジャンプ
  • 脚本:大北はるか
  • 主題歌
    曲名:Remember Me
    歌手:MAN WITH A MISSION
    レーベル:ソニー・ミュージックレコーズ
  • 企画:中野利幸
  • プロデュース:草ヶ谷大輔
  • 演出:鈴木雅之、相沢秀幸、水戸祐介
  • 制作著作
    フジテレビジョン

各話の視聴率

『ラジエーションハウスⅡ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話10月4日11.3%
2話10月11日9.8%
3話10月18日10.8%
4話10月25日
5話11月1日
6話11月8日
7話11月15日
8話11月22日
9話11月29日
10話・最終回(仮)12月6日

『ラジエーションハウスⅡ』の原作ネタバレ

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』の原作は、グランドジャンプで連載中の横幕智裕による漫画『ラジエーションハウス』です。

2015年22号から連載が開始され、電子版を含めたシリーズ累計発行部数は170万部を突破しています。コミックは11巻まで発売中です。

『ラジエーションハウスⅡ』原作漫画の結末

原作漫画の『ラジエーションハウス』は、まだ連載中ですので結末はわかりません。

最新刊(11巻)では、被爆低減推進のリーダー、黒羽たまきを中心とする話でした。
手のレントゲンをとりに病院に来た小児の患者、柚月ちゃんに息切れと胸の心雑音が視られ、ラジハでCT検査をするという展開です。

検査を受けて被爆しガンにならないか心配する柚月の母に、たまきは過去に被爆の問題で辛い経験があるようで、何も言えなくなってしまうのでした。

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』の最終回ネタバレ・結末考察

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』は、原作が完結していないので、前作に引き続き、オリジナル要素を含めつつ展開していくと予想されます。

前作最終回でアメリカへ旅だって2年、帰国した五十嵐唯織(窪田正孝)は、大好きな甘春杏(本田翼)から「貴方に負けない放射線科医になるから、戻って来てください」と言われた言葉を胸に、甘春総合病院を訪れます。
しかし、新院長・灰島将人(髙嶋政宏)の病院の合理化計画により、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は辞めて別の病院に転職。更に、杏の姿もありませんでした。

唯織は杏の父で元院長の正一(佐戸井けん太)を訪ねて、杏の居場所を聞きます。
その後、再会を果たす唯織と杏ですが、杏は2年前「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。だから……必ず戻ってきてください」と約束したことを後ろめたく感じていました。

ここからは予想ですが、唯織が旅だっている間の2年の間、杏は唯織の助けなしでも、必死に患者さんの診療と向き合っていました。
しかしある日、ラジハおよび杏は、患者の重篤な病を見落としてしまいます。
その責任を問われて、ラジハは縮小、杏は別院へ異動となります。
この一件後、「戻ってきてください」と言った手前もあり、唯織に合わせる顔がないと落ち込み続けていた杏。そこへ、帰国した唯織が現れたのです。

唯織は、杏と同じ病院に務めるでなく、甘春総合病院のラジハで広瀬裕乃(広瀬アリス)、小野寺俊夫(遠藤憲一)、田中福男(八嶋智人)と力を合わせて、杏、たまき、軒下吾郎、威能圭、悠木倫、らが配属する病院の患者を含めて、多くの命と向き合い病や怪我の根源をみつけだして救っていきます。

彼らラジハの活躍を無視できなくなってきた新院長の灰島ですが、断固としてラジハの体制復活および杏の復帰を認めません。
そんな意固地な灰島に、副委員長の鏑木安富(浅野和之)が一喝(いいとこ全部もってく!)。
甘春総合病院に、万全の体制をもったラジエーションハウスの必要性と、放射線科医として杏がいかに優秀かを進言します。

鏑木の意外な援護もあり、再び甘春総合病院に集まり顔を合わせる一同。
新米だった裕乃も、認知症予備軍と診断された小野寺をサポートできるまでに成長しました。そして杏も自信を取り戻します。

また、杏を巡る唯織と辻村駿太郎(鈴木伸之)の恋バトルは、唯織の勝利で決着。杏と唯織は医師と技師、恋人として関係を深めていきます。

最終回は、笑顔が戻ったラジハメンバー、唯織を中心に抜群のチームワークで縁の下の力持ちとして活躍する姿が描かれ、結末を迎えると予想します。

原作漫画を無料で読む方法

『ラジエーションハウス』の原作漫画を無料で読みたい場合は、電子書籍配信サイトを利用するのがおすすめです。

次の電子書籍配信サイトでは、新規会員登録(無料)することで、『ラジエーションハウス』を無料またはお得に読めるポイントやクーポンを配布しています。

電子コミックサービス特徴
Amebaマンガ新規会員登録で100冊まで半額クーポン配布中
ebookjapan新規会員登録で50%分(最大500円分)値引きされるクーポン×6枚
U-NEXT無料トライアル登録時に600円分(継続利用で毎月1200円分)のポイント付与
コミック.jp無料体験時に約マンガ2冊分の1350ポイント付与
まんが王国毎日最大50%ポイント還元

最もお得に全巻読む裏技

現在、漫画『ラジエーションハウス』は11巻まで発売されており、『Amebaマンガ』『ebookjapan』『U-NEXT』にて、1巻~3巻までは無料で読むことができます。

そのため、4巻~11巻までをどう読むかですが、『U-NEXT』『コミック.jp』の無料トライアル時に付与されるポイントを利用することで、合計3冊をほぼ無料で読むことが可能です。

そして、残りの5巻(5冊)は、『Amebaマンガ』または『ebookjapan』の半額クーポンを利用する、というのが最もお得に全巻読む裏技です。

電子書籍配信サイトのサービス内容および作品の配信状況は、記事の公開日(更新日)時点の情報です。正確な情報は公式サイトでご確認くださいませ。

『ラジエーションハウスⅡ』各話のあらすじ

2021年10月4日からフジテレビ系にて放送開始される窪田正孝さん主演の連続ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

ワシントン大学放射線科医ピレス教授から人工知能(AI)を使った読影補助ソフトの開発プロジェクトに誘われ渡米していた五十嵐唯織(窪田正孝)が、二年(+108日)後、開発の一段落を機に帰国。が、甘春総合病院に戻ってみますと、前院長だった大森渚(和久井映見)は研究目的で、唯織と同様、ワシントン大学に転出。渡米の際、後任として旧知の灰島将人(高嶋政宏)に新院長を任せ、それから、唯織の帰国に合わせるように、甘春総合病院に循環器内科長という肩書で復帰していました。が、灰島新院長は、合理化を理由に放射線科を廃止しており、読影は外部の遠隔画像診断センターに委嘱。それに伴って、ラジエーションハウスは縮小になり、メンバーはバラバラ状態。白金乳腺クリニックに移った黒羽たまき(山口沙弥加)、オリオンメディカルクリニックの軒下吾郎(浜野謙太)、相英大学医学部付属病院AIセンターの威能圭(丸山智己)、麗洋医科大学病院の悠木倫(矢野聖人)という具合です。ラジハに残っているのは、技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)の他、広瀬裕乃(広瀬アリス)、田中福男(八嶋智人)の三人だけ。しかも、裕乃は、どうやら小野寺が、脳の萎縮による認知症予備軍であることを知り、たまき、軒下らに助けを求めます。が、いずれの人物も冷たい反応。

唯織は杏の父で元院長の甘春正一(佐戸井けん太)が赴任している鹿児島の美澄島診療所を訪問。正一は病も癒え、釣りなどを楽しむ悠々自適生活をしています。そこで唯織は、ラジハのメンバーのみならず、放射線科医の杏も、既に甘春総合病院を去り、読影委嘱先の遠隔画像診断センターに移ったことを知らされます。

ヴァイオリニストの宝生真凛(田中みな実)がリサイタルの舞台上で倒れます。観客として居合わせた灰島は甘春総合病院に彼女を緊急搬送。彼女には顔面の痺れなどの症状があります。声の掠(かす)れ、歩行障害もあります。

杏は仕事帰りに、妊娠中の森迫由美(森カンナ)が蹲(うずくま)っているところに遭遇。由美は、半年前に夫を事故で亡くしており、唯織がかつて命を救った写真家、菊島亨(イッセー尾形)の娘でした。そこに偶然、唯織もやって来ます。二人は、由美を甘春総合病院に運びます。切迫早産になるということで、父の菊島も娘を心配して病院に駆け付けます。

大森渚前院長が灰島新院長に唯織を放射線技師として採用するよう求め、当初、それには断固反対の姿勢を崩さなかった新院長でしたが、前院長の進言を受け容れます。
甘春総合病院に復職直後、MRIで由美の右股関節検査を強行する唯織。そこで、出産に悪影響を及ぼす骨髄浮腫を発見します。これは妊娠中に発症することが多い病です。それと前後して、前院長の計らいで、黒羽たまき(山口沙弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)ら元ラジハスタッフが全員復帰します。

そんな時、入院中の由美が腹腔内での大量出血を起こします。医師免許を持ってはいるものの、放射線技師として甘春総合病院に採用されている唯織が手術をしなければならない状況に立ち至った時、杏が現れ、彼女によるIVRが実施されます。IVRとは、CTを診ながらカテーテルを体内に入れ治療を施すという技法であり、これは通常の手術と違って、身体的負担が少なくなります。杏が見事に動脈瘤破裂による出血を止め、出産に成功します。その後、杏も、改めて甘春総合病院への復職が叶います。

因みに、小野寺技師長の認知症の疑いについては、これは単にアルコールの過剰摂取と偏った食事が原因のウェルニッケ脳症でした。こちらは、ビタミンBを摂ることで、簡単に完治する見込みです。

また、真凛の病は、ワレンベルグ(延髄外側)症候群と判明。脳梗塞の一種であり、こちらは、今後、適切な治療とリハビリにより完治が見込まれます。真凛の退院の様子がテレビ報道されて、読影希望者が病院に殺到します。鏑木安富(浅野和之)副院長のコメントがテレビ報道で流れたことで、病院経営が潤います。

復帰が叶った杏が、ラジハに挨拶です。「お帰りなさい」という唯織に、「それは、こちらのセリフ。お帰りなさい。五十嵐さん」と、杏。
「五十嵐さんが帰国するまでに立派な放射線科医になっているので、必ず、ここ(甘春総合病院)に戻って下さい」と、渡米前の唯織と約束していた杏。で、唯織は、「約束を果たした暁(あかつき)には、お食事に行きましょう」と記した手紙をアメリカから送っていました。それで、「あの約束を覚えていますか? お食事に行きましょう」と、杏を誘う唯織。

杏は待ち合わせ場所の公園広場に向かいます。と、そこにはラジハメンバー、当直を裕乃に任された田中を除く全員(六人)が集結。唯織は、杏だけでなく、ラジハメンバー全員に「戻ったら食事をしましょう」という手紙をアメリカから送っていて、それに全員が応じていました。唯織と二人だけの食事と思い込んでいた杏はヘソを曲げて怒り、用事を思い出したという口実で、足早にその場を去り行きます。それを慌てて追いかける唯織は、蹴躓(けつまず)いて前のめりに転倒。勢い余って杏のお尻に両手で捕まる形になります。お尻を鷲掴(わしづか)みしてしまいます。唯織は、「サイテー!」と叫ばれ、顔面にグーパンチを喰らいます。

ラジハに一人残された田中がメモ書きをしています。「広瀬裕乃(ハート)→五十嵐唯織(ハート)→甘春杏」と、書かれています。杏に思いを寄せる整形外科医の辻村駿太郎(鈴木伸之)が田中の背後にやって来て、「私の名前も足しておいて……。勝負はこれから」と、告げます。

2話のあらすじネタバレ

五十嵐唯織(窪田正孝)が在籍するラジエーションハウスに、陸上競技大会中(100M走)のてんかん発作で転倒した12歳の少年、速川走太(長野蒼大)の頭部CT(放射線)検査依頼が入ります。
走太は、もともと甘春総合病院の脳外科に通院中であり、彼の両親は、日本陸上界の宝と称されていた元オリンピック選手の一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)

走太は、この大会で先に優勝を決めていた妹、花恋(白鳥玉季)との同時優勝を狙っており、決勝を目前にした予選をトップでゴールした直後に倒れていました。

CT画像を読影した甘春杏(本田翼)は、これまでの薬物療法から外科手術への転換を考えます。走太の脳外科手術を担当することになる渋谷慎一(野間口徹)も、手術によるてんかん完治の可能性に言及。が、唯織は、治療法の選択肢を増やす意味でも、ファンクショナルMRI(磁気)検査を追加すべきと主張。MRI画像を読影した杏は、左足運動野の異常を発見。手術を行うことで、確かに認知機能の低下は回避できますが、左足の機能を失ない、歩けなくなる可能性が高まります。
父親の一郎は、手術を断固拒否し、薬物療法を求めます。脳手術か薬物療法かの決定権は自分にあると考える父がいます。

その頃、広瀬裕乃(広瀬アリス)は、庭木の手入れ中に地面に転落した柳田哲平(きたろう)の左足レントゲン検査を担当。格別な異常はありませんが、それにも関わらず裕乃の気を惹こうということなのか、大袈裟に騒ぎ立てて周囲を困惑させます。動物園の飼育員時代に世話していたチンパンジーの名前、「アカネ」と裕乃を呼んで困らせます。

完治しない病を抱え込んで苦しむ患者がいることを思い、裕乃は哲平の我儘に憤りを向けます。柳田の我儘に付き合い切れず、呼び出しに応じようとしないのを見た唯織が、彼女に代わって柳田の病室に向かいます。
そして、左足を痛がる柳田を超音波検査して、大腿部深部静脈血栓(DVT)を発見。血栓が血流に乗って肺に入り、肺塞栓症になれば、命が危険に曝されます。肺動脈が詰まれば命を落としかねません。それを唯織の適切な判断により回避。柳田は命の危機を脱します。
裕乃は、柳田を冷たくあしらっていたことを謝罪します。

薬物療法と決まった走太は退院して練習を再開しますが、再び倒れ込み、甘春総合病院に戻されます。唯織は、手術か、薬物療法かの選択を走太自身にさせるべきと考えます。
それを受けて、裕乃と杏が病院から一旦帰宅しようとしている走太の両親を呼び止めます。「お兄ちゃんは嘘吐きだ」と呟いていた花恋も両親の横にいます。「パパは命令ばっかり。お兄ちゃんの気持ちは分からない」と言って、走太の本当の気持ちを聞くよう求めます。

母、叶恵の説明を病室で聞いた聡太の結論は、「僕は、(手術で)てんかんを治したい」。てんかん発作が起きると呼吸が止まって、目の前が真っ暗になります。死の恐怖が襲い掛かります。「お父さん、ごめんね。お父さんの夢、叶えてあげられない」と、走太。一郎は、走太の選択を尊重し、手術を受け入れます。
改めて画像を診た外科医の渋谷慎一は、左足のダメージを最小限に抑え込む手術により、その後のリハビリ次第では歩行が可能と告げます。一郎は、走太に陸上競技用シューズではなく、街中で履く一般シューズをプレゼントします。

正しい判断に導いてくれた裕乃に感謝の意を告げる一郎。
「お姉さん、ありがとう」と、父を説得してくれた裕乃に感謝する花恋。父親のやり方(命令調)に反発して、大会で獲得したばかりの金メダルを病院のゴミ箱に投げ捨てていた花恋。そんな花恋の首に、裕乃は、ゴミ箱から拾い上げていた金メダルを掛けます。

黒羽たまき(山口沙弥加)と軒下吾郎(浜野謙太)に、「あれっ、アンタまだいたの?」と言われるまで、辻村大介(名高達男)との美術館(世界の印象派たち)デートを忘れていた杏は、急ぎタクシーで駆け付けます。
美術館は既に閉館になっていますが、その前に立ち続ける辻村は、杏に何かあったのかと心配しつつ、杏が好きであることを改めて確信しています。

杏と辻村のデートを知っているラジハの帰宅組メンバーが、「今頃、デート、楽しんでいるのかな~」という会話をしていて、それを何も知らない唯織が聞き付けます。「今の話、どういうことですか?」と問う夜勤の唯織に、「お疲れ~」と言って、足早に職場を後にする帰宅組の仲間たち。「えっ!」と、絶句する唯織。

3話のあらすじネタバレ

辻村大介(名高達男)が甘春杏(本田翼)を美術館デートに誘ったと知った五十嵐唯織(窪田正孝)は、明らかに辻村にリードを許したことで大きく動揺。

前日のマッチングアプリ・デートをスッポかされた軒下吾郎(浜野謙太)は、左腕、右足ギブスで松葉杖の入院患者、荒井和真(萩原利久)のレントゲン検査です。で、軒下は和真のオカルト骨折(=画像ではなかなか発見困難な骨折)を見つけ出します。その検査に付き添って来たのが宮本すみれ(堀田真由)で、彼女こそ軒下とのデートをスッポかした張本人。努力家で常に明るい小学校教諭の彼女は和真の幼馴染であり、住まいが近所です。
で、スケートボード練習中の怪我を聞き付けた彼女は、和真の両親が海外旅行中なので、親代わりに病院搬送に同行していました。それで、軒下とのデートをスッポかすことになりました。
そのことを詫びた上で、改めて彼女からデートに誘われます。

夜景が映えるおしゃれなレストランでデートです。軒下は「のきっち」と呼ばれて有頂天です。給料3ヶ月分を出費して、結婚(?)指輪を購入します。

ほどなくして、すみれが別入の松葉杖の患者と和真とを見誤っている場面に遭遇する唯織。更に、その後、田中福男(八嶋智人)を軒下と間違えて、お菓子の差し入れ(お土産)を手渡します。こうなると、脳機能傷害に伴う相貌失認(失顔症)が疑われます。
脳腫瘍が顔認証領域を圧迫しているということなら、この腫瘍を取り除く手術で完治する可能性があります。

すみれの異変と前後して、外来患者の丸井耕吉(温水洋一)が激しい咳込みをして倒れます。直ちにレントゲン検査を行います。
毎日50本近いヘビースモーカーで喫煙歴は40年。丸井の右下肺には腫瘤(しゅりゅう)の影が見えます。肺にできる腫瘍は、悪性のものであれば、それは肺癌と判定されます。 が、早期発見の腫瘍摘出手術で完治は可能。
こちらは唯織のPET検査により、杏が肺胞栓菌症(はいほうせんきんしょう)と判定。悪性腫瘍(肺癌)ではないことが判明し、身体に負担を強いる腫瘍の摘出手術を回避できました。

和真の話から、実は、生徒の顔を覚えられないすみれは小学校でトラブルを起こして休職中ということが分かります。
田中がすみれの落としたノートを拾い上げると、その中には、担任生徒たちの髪形など、姿形の特徴が書き記されています。顔認証が出来ないすみれは、髪型や服装の特徴で生徒を識別していたのです。ノートは軒下を経て、すみれに返却されます。
その日、MRI検査担当だった軒下が、和真に付き添って病院を出ようとしているすみれを呼び止め、真剣に真摯に脳の画像検査を奨めます。「すみれのこと、お願いします」と、和真が軒下に頭を下げます。

軒下の検査を経て、手術が実施されます。すみれの場合、良性の脳腫瘍ではありましたが、認証機能部位を圧迫していた腫瘍を摘出したことで顔認識が可能になります。和真がすみれの担任生徒の顔写真を添付したファイルを作成していて、それを手渡します。それを見たすみれは、「生徒の顔が分かる」と、嬉し涙を流します。軒下は、すみれを幸せにできるのは和真と確信し、身を引きます。「ひまわりちゃん、ピチピチの21歳、マッチング!」と、次なるターゲットに狙いを絞ります。

肺癌の心配がなくなって、見舞いに訪れた仲間たちと温泉旅行の相談に興ずる丸井がいます。その頃、退院で病院を後にしようとしているすみれと和真。
「俺じゃダメか? ずっと、すみれのことが好きだった」と告白し、それを冗談で片付けられていた和真でしたが、改めて、「あれ、冗談じゃねえからな」と言い直します。すみれは、「軒下さんみたいなステキな大人になったらね」と、返答します。

杏は、交際を申し込まれている辻村に、「もう少しだけ時間をください」と返事します。「勿論、待ってるよ」と辻村。
その頃、黒羽たまき(山口沙弥加)の母、るり子(中田喜子)がラジエーションハウスを訪ね、たまたま、そこに居合わせた唯織の腕を取ります。「みかん作り向きな好い腕をしている。ウチの娘を貰ってくれないかな……」と、懇願されます。

4話のあらすじネタバレ

『ラジエーションハウスⅡ』4話のあらすじネタバレは、2021年10月25日(月)21:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。

原作漫画をチェック

漫画『ラジエーションハウス』は、「Amebaマンガ」でお得に読むことができます。ドラマを200%楽しむために、放送前・後お好みでチェックしてみてください。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。