ドラマル

『ラジエーションハウス』特別編のネタバレ感想!ドラマに満足も特別編に回想多すぎの声!

2019年6月24日に放送されたドラマ『ラジエーションハウス』特別編のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

特別編では、次回の月9に臨床検査技師・高橋涼介役で出演の中尾明慶さんがゲストに登場!
空の上と地上で緊急事態発生!唯織とラジハメンバーが新しい一歩を踏み出す。

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ラジエーションハウス』特別編のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』特別編のあらすじネタバレ

五十嵐唯織(窪田正孝) が甘春杏(本田翼)との新しい約束を胸に、ラジエーションハウスの仲間たちに別れを告げてアメリカへと旅立つ機内。1枚の写真を見ていた唯織は、不意に背後から「いい写真だね」と声を掛けられます。
声の主は、世界的な写真家・菊島亨(イッセー尾形)。菊島はサンフランシスコ経由でアラスカに向かい、流星群を撮影する予定なのだと言います。

離陸して間もなく、機内で外国人男性が突然苦しみ出します。アナウンスで医療関係者の搭乗を尋ねるCAの鶴田夏葉(須藤理彩)と内田彩(東加奈子)。東和医大の内科医・黒川守(中島歩)が名乗り出て、男性の元に駆け寄ります。
その様子を観察していた唯織は、男性の腹部に発赤があることに気付きます。食物アレルギーを示すカードを所有していますが、とりあえず、機内配布のピーナッツ袋に手を付けた様子はありません。
唯織の問いに手を強く握り返して、この男性が、昨日、病院でCT、MRI検査をしたことが分かります。唯織は、即座に造影剤投与が原因ではないかと思い至ります。遅発性のアナフィラキシーショックです。これは、造影剤投与の24時間後に遅れて発症します。
最寄り空港まで2時間というところで緊急着陸かどうかで悩みますが、唯織の見立て通りなら、抗アレルギー剤で発作は治まります。アドレナリン、ステロイド剤なら、機内常備薬の中にあり、それで一件落着です。

その頃、甘春総合病院には高校球児の平山良平(前田旺志郎)がやって来ます。右肘の痛みを訴える良平のレントゲン検査を、小野寺俊夫技師長(遠藤憲一)がやります。――良平が将来を有望視される投手だと知った軒下吾郎(浜野謙太)は、広瀬裕乃(広瀬アリス)にサインを貰って来るよう命じます。が、サインを頼む裕乃に、天才投手と言われたのは去年までで、今は、ベンチにも入れない落ちこぼれだと、サインを拒否します。
肘の怪我を理由に野球を止めるつもりの良平。裕乃は、良平に右耳が聞こえ辛いことを確認し、そして、杏と辻村駿太郎(鈴木伸之)は、良平に頭の画像検査を薦めます。――結局、技師長の写真で、聴神経腫瘍ということになります。であれば、腫瘍を取り除けば治ります。ただし、手術ということになれば、夏の大会には間に合いません。そんな中、自らの体験を語りつつ裕乃が良平を励まします。

唯織の乗る機内では、もともと体調の悪かった工藤機長(金田明夫)が深澤副機長に操縦を任せてトイレに立ち、そこで腹部を抑えて倒れます。再び、黒川医師と唯織が駆け付けます。機長も前日に病院に行っているとのことなので、その病院名を唯織は尋ねます。
昨日、検診したというのが成田中央総合病院であることを聞き出した唯織。その病院に写真転送を求めた唯織は、そこにウェスタ―マークサインを見出します。
無血管野が見えることから「肺塞栓症(はいそくせんしょう)」の可能性を指摘します。目的地到着まで、あと5時間。しばらく様子を見ようという黒川医師。が、唯織が頸静脈の怒張を指摘して、一刻を争う事態だと主張。黒川医師もそれに従い、CAを介して副機長に緊急着陸を要請します。で、アンカレッジに緊急着陸となります。

唯織は、大事な写真を機内で落とし、紛失しています。探し回りますが見つかりません。「乗り換えもあるし、もう諦めよう」と言う菊島。その時、「探し物はこれですか?」と、黒川医師が唯織に写真を手渡します。
再び、「好い写真だね」と菊島。杏を真ん中にしたラジエーションハウスの面々の集合写真です。――甘春病院では、杏が、自身が撮った唯織の後ろ姿画像を見ています。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』特別編のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

第11話のラストシーンが、特別編で、もう一度映し出されます。杏が、去り行く唯織の後姿を撮影するシーン。これを改めて見ますと、今度は杏が唯織の写真を持って、唯織が戻るのを待ち続けるという意味かと思い至ります。そういう意味での、杏の写真撮影。つまり、杏は、幼馴染みの唯織に殆ど気付いていることになります。新しい約束をして唯織を待つことが、杏の最大限の愛の証になります。――そういうことに勘付いて貰いたいということでの特別編かなと思いました。

ドラマに満足も特別編に回想多すぎの声!


https://twitter.com/_y7oa/status/1143159192892538880

『ラジエーションハウス』の楽しさに『最高』『ありがとう!』の声が上がりましたが、特別編に関しては、回想シーンがあまりにも!あまりのも多くて、ガッカリしたという声もきこえてきました。

確かに多すぎましたね…
視聴者としては、杏ちゃんが唯織との記憶を思い出した様子をはっきりとさせたり、もう一歩踏み込んだ展開を期待していたんですよね。

『またね!』って言っていたから、『ラジハ シーズン2』待ちってことかな?

まとめ

特別編も、ある意味で『ラジエーションハウス』らしい、ハチャメチャの展開でしたね。

一度のフライトで体調不良の人が2人も…しかも1人は機長!
そして、ラジハチームは相変わらず暇そう(笑)

まあこういったツッコミどころ満載なところが、『ラジエーションハウス』の面白味の一つでしたよね。

さて、結局のところ甘春杏(本田翼)が五十嵐唯織(窪田正孝)との過去(約束)を思い出すシーンはありませんでした。

ということは、新しいライバル・黒川守(中島歩)も登場しましたし、『ラジハ』は視聴率も好調でしたので、続編の製作に期待できますね。