ドラマル

『ラジエーションハウス』6話のネタバレ感想!杏が中心となる回!本田翼への賛否が再熱!

2019年5月13日に放送されたドラマ『ラジエーションハウス』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、IVRという力量を超える治療を行うことに苦悩する杏。
患者の命を救うため立ち上がった杏を、ラジハチームがサポートするが…。

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ラジエーションハウス』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』6話のあらすじネタバレ

診療部長の鏑木安富(浅野和之)は、大森渚院長(和久井映見)に、日頃の五十嵐唯織(窪田正孝)の画像読影行為が医師法に抵触する可能性を指摘します。が、それは技師としての所見を述べているだけであり、何かあったら院長として責任を取ると渚は宣言。やむなく鏑木は軒下吾郎(浜野謙太)に接触し、唯織を監視するよう言いつけます。

その頃、唯織は、甘春杏(本田翼)と辻村駿太郎(鈴木伸之)が、鏑木の取材協力によって書き上げられた医療小説「外科医六人と金閣寺の松」で盛り上がっているのを目撃します。ラジエーションハウス内でも、軒下が全員にその小説本を配布していて、唯織も読み始めます。

数日後、公園で転落事故(ブランコから飛び降り鉄柵に激突)を起こし、腹部を強打した女の子、後藤沙里(中島琴音)が緊急搬送でラジエーションハウスに運ばれます。
母(安藤聖)も付添っています。で、腹部CT依頼を受けた小野寺俊夫(遠藤憲一)、黒羽たまき(山口沙弥加)らの画像を診た杏は、脾臓出血を確認。即座に緊急IVR(画像下治療)による止血手術を考えますが、鏑木は断固それを拒否して担当医による開腹手術を命じます。

前医院長の杏の父(佐戸井けん太)はIVRの権威でしたが、このIVRについて、杏には助手経験しかありません。
相手が少女ということもあり、足の付け根に、数ミリの穴を開けるだけで済むIVRに広瀬裕乃(広瀬アリス)も期待しますが、どうやら今回はダメなようです。
当初から、鏑木に反抗してIVR治療をやるべきと主張し、そのチームに加わることを希望していた悠木倫(矢野聖人)もガッカリです。ですが、次回に備えて、ラジエーションハウスではIVRの勉強が各自開始されていて、それを杏は期せずして目撃します。

と、後日、心筋症を合併しつつ、大腸癌の治療で入院していた中年男性(篠原)が病院内の廊下で突然倒れます。
即刻、内臓出血を止めないといけないのですが、この患者、心機能低下していて大きな開腹手術には耐えられません。
IVRが良いのですが、その時、それが出来る経験豊富な鏑木は、シンポジウムに出席していて不在です。が、腸管内出血の徴候があり、一刻を争う場面です。大腸癌治療をしている担当医の田中はIVRが望ましいとは言うものの、これまでIVRについては、助手経験しかない杏の手術には反対します。が、ラジエーションハウスの面々が完全サポートするということでIVR決行です。
鏑木が戻るのを待つ猶予は無く、杏は止血手術を決行します。

「ラビリンス」(迷宮)の真っ只中を、杏が、唯織ら強力な助っ人を得て走り抜けます。杏には、「患者を見捨てるようでは医師を名乗っていられない」という信念があります。迷宮を、松明(たいまつ=小さな灯)を持っての前進です。
金閣寺の脇道を見逃す人がいます。金閣寺の壮麗さに目を奪われて、山道脇の松に気付かない人が多いという医療小説「外科医六人と金閣寺の松」の記述からヒントを得て、大腸癌からの出血ではなく、小腸出血という唯織の読影が当たり、杏のIVRが続行され、無事、止血に成功します。

杏は、父という大きな背中ばかり見ていて気付かなかった人たち、自分の周りの頼りになる人たちに思い至ります。杏、唯織に接近して右手を大きく振り被ります。再び、何かの阻喪(そそう)で顔面パンチかと身構えている唯織に、杏、ハイタッチです。

急遽、手術の連絡を受けた鏑木、牡蠣(かき)料理が振舞われている懇親会を抜け出して、その20分後には病院に戻りますが、杏によるIVR成功を軒下より報告されます。

自分が必要でなかったことに落胆している鏑木に、唯織が言います。鏑木の取材協力本のおかげで「小腸出血」を発見できたと感謝の言葉を申し述べます。
迷宮を抜けるための「松明」というのが放射線科技師を意味しているのでしょうねと、感謝の気持ちを伝えます。
感慨深い内容であり、なにより、自分たちの影の仕事の評価が嬉しいと伝えます。おそらく、唯織にとって、その言葉は、皮肉ではなく本心なのでしょう。

『ラジエーションハウス』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

今回は、CT、MRI画像読影による診断を下し、それを主治医に伝える放射線科医の杏が迷宮を駆け抜けます。主治医に画像診断結果を伝えるだけでなく、放射線照射治療(ピンポイント照射)のほか、画像誘導(ガイド)による低侵襲(ていしんしゅう)局所治療(IVR:インターベンショナルラジオロジー)を実施するのも、放射線科医(杏)の仕事なのだということが、今回のストーリーで分かりました。局所麻酔、穿刺部位からのカテーテル挿入手術は、今日的にも、血管病変、癌治療に大いに有効とされているというのも、サイト上の情報で知ることが出来ました。

因みに、放射線科専門治療(診断)医というのは、5年の修練後、専門試験に合格した最先端医療専門家ということにもなっているようです。主治医に画像読影を通じて、治療、手術の方向性を定める手助けをするだけではなく、IVRという患者の身体に優しい手術の専門家ということにもなります。ある意味、通常の医師より、高度な先端技術を学んでいる専門医師ということになるのですね。そういうことも含めて、「迷宮」を前進する際の「あかり」の大切さを、今話では学べたように思います。

本田翼が中心となる回で賛否が再熱!

1話以降はそこまで酷評されることが少なかった本田翼さんですが、今回、話の中心であったということもあり、放送後、その演技に酷評を呈す人もいました。

わたしは、演出や本田翼さん自身に?医者というものに対する何か理想像があるのか…無理に迫力を持たせるように声を出しているのが気になりました。
普段の辻村駿太郎や唯織、大森渚(この人と話す時が一番いい)と会話する時と同じように演じずにもっと普通にしゃべった方がいいのにと思いました。

本田翼さんは花があるし、医者って結構軽い雰囲気やチャラい感じの人もいるから、独自の医者を確立する感じでやればいいのにと感じます。でも、原作があるドラマだから難しいのかな…。

『ラジエーションハウス』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ラジエーションハウス』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index07.html