ドラマル

2019年5月6日

『ラジエーションハウス』5話のネタバレ感想!名探偵・五十嵐唯織が事件解明!アンナチュラル回?

2019年5月6日に放送されたドラマ『ラジエーションハウス』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話は、ラジハ原作でも扱ったAi(死亡時画像診断)についての話。
少年・藤本直樹が死んだ真相を知るためAiを行う唯織たち!犯人は誰なのか?

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ラジエーションハウス』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』5話のあらすじネタバレ

ラジェーションハウスの威能圭(丸山智己)は、CT、MRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング(通称Ai)による死亡時画像診断のスペシャリストです。が、鏑木安富(浅野和之)は、会議の中でも、放射線科の受診患者増を理由にAiの受け入れを最小限にしたいと提案。しかし、院長の大森渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは医療界にとって必要と考えていて、今後のAi実施を鏑木に了解させています。

そんな折、警察から、河川敷公園で倒れて死亡した少年、藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が舞い込みます。第一発見者は弟の雄太(斎藤汰鷹)で、救急通報したのは近所の少年、山村肇(小林喜日)でした。ふたりは、直樹の遺体が運び込まれた病院の待合所で待機しています。
が、直樹の両親は、小野寺俊夫(遠藤憲一)らの説得に耳を貸さずにAiを頑なに拒否。異常死に対する警察依頼ですから、これは司法解剖もOKで、本来、親の承諾は不要です。しかし、通常の場合、心情的配慮から遺族の承諾を求めたいというのが基本姿勢になっています。司法解剖とは違い撮影のみなのですが、ラジェーションハウスとしては、親の承諾に拘ります。

直樹の両親は、トラック運転手の勝彦(三浦誠己)、パート勤めの歩美(森脇英理子)で、彼らは2年前に再婚していました。死んだ直樹は保美の連れ子です。
で、甘春杏(本田翼)らの重ねての説得で母親がAiを承諾し、それで撮影をしてみると、肝臓破裂(出血性ショック)が死因と分かります。
弟とのキャッチボールで、胸にボールがぶつかったくらいでは肝臓は破裂しません。そうなると、広瀬裕乃(広瀬アリス)にも、これは義父による虐待死かと疑念が生じます。
辻村駿太郎(鈴木伸之)は、心臓付近に擦過傷が見られるところから胸骨が未発達な子供の胸に衝撃が加わることで生ずる心臓震盪の可能性を言及していましたが、この見解も退けられます。

病院内の一室に、五十嵐唯織(窪田正孝)、小野寺、威能、裕乃、そして、杏、辻村。その対面に、勝彦、歩美、弟の雄太、友達の山村肇が座っています。
唯織は、直樹が左利き(格闘技経験者)のパンチで肝臓破裂させられたものと推察します。父親は右利きです。左利きの空手経験者が山村でした。
唯織は山村に拳ダコがあること、そして、左利きであることは、不意に放ったボールを左手でキャッチしたことで分かっていました。
唯織が勝彦の携帯を借り受け、死んだ直樹の携帯番号に電話してみると、山村のポケット内の携帯が鳴ります。着信音が鳴っているのは、最後の遣り取りを知られたくない山村が、直樹を殴った後に奪った携帯です。

山村は父親による虐待を受けていて、同じ匂いのする直樹と親しくしていたのでしたが、直樹が義父とキャッチボールをしたがっているのを知り、「裏切られた」と感じたのでした。直樹が常々、「親父なんか要らない」と言っていたのに、急に義父とのキャッチボールを楽しみにしているというのが許せなかったのです。
それで山村は、河川敷公園でひとり、空にボールを放ってはキャッチするという遊びをしていた直樹の腹部(肝臓)を殴り付けていたのでした。で、山村が去った後、倒れている兄を発見した弟が山村に助けを求め、山村が緊急通報していたのでした。

父親の最後の着信履歴に「お父さん」とありました。決して母親の連れ子の直樹には受け入れて貰えないと思っていた義父でしたが、直樹が自分との交流を希求していたことが分かりました。父と母が直樹の遺品(グローブなど)を受け取ります。山村が振り返って一礼し、警官に連行されるのを、雄太の両親は見送ります。

『ラジエーションハウス』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

左のボディブローというのは、右利きの者でも、かなり練習する技です。本来の空手なら中段は急所の「水月(=みぞおち)」狙いになりましょうが、ボクサー感覚ならば、左のボディプローは多用される技になります。
よって、レバーを打たれているから左利きと考えるのは、ちょっと無理がありそうに思いました。

また、放られたボールを左手でキャッチしたから左利きというのも、不自然に思いました。右利きならグローブは左手ですから、左が出たら正解です。
投手が強襲打を打たれて、咄嗟に右手が出ることはありますが、唯織が下から山なりに放ったボールを左で捕ったからといって、それで左利きという判断には、ちょっと違和感がありましたね。

それにつけても、左ボディブローを上手に打つシーンが挿入されていたら、もう少し、分かり易かったのかなという気がしています。であれば、空手経験者ではなく、ボクシングジムに通う少年という設定の方が良かったのかなという気がしたりしています。

名探偵・五十嵐唯織が事件解明!アンナチュラル回?

かなりツッコミどころ満載の回でしたね。特に多くの人が感じたのが、アンナチュラルっぽかったってこと。
ドラマ『アンナチュラル』でへっぽこ探偵だった六郎(窪田 正孝)が名探偵・唯織となったことがツボでしたよね。
警察呼ばずに、みんな集めて「犯人はお前だ!(いってませんが)」って…金田一かと思っちゃいました。

でも、唯織と杏の絡みや放射線科メンバーでの笑いや、泣かされるシーン(今回は三浦誠己さんの子を想うところ)、ためになる内容もあって、ラジハは面白いですね。

『ラジエーションハウス』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ラジエーションハウス』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index.html