ドラマル

『ラジエーションハウス』3話のネタバレ感想!山口紗弥加&広瀬アリスの演技が最高!

2019年4月22日に放送されたドラマ『ラジエーションハウス』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、仲間のたまき(山口紗弥加)が乳がんの危機?
マンモグラフィ検査を受け「異常なし」と診断された患者の病を天才技師の唯織が発見する。

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ラジエーションハウス』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』3話のあらすじネタバレ

五十嵐唯織(窪田正孝)は放射線科入局説明会での甘春杏(本田翼)の講演を聞きに行った折、杏が辻村駿太郎(鈴木伸之)と食事に行ったと知りショックを受けます。

広瀬裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査撮影に苦戦しています。手際が悪いわけです。そこに結婚が近い女性編集者、葉山今日子(内山理名)がやって来ます。
今日子は、母と祖母が癌にかかっていることから毎年マンモグラフィ検査を受けています。不安気な今日子を励まそうと会話する裕乃を、黒羽たまき(山口沙弥加)は、「ここは、おしゃべりの場ではない」と叱責します。

被験者の今日子は、日本人に多いデンスブレスト(乳腺密度)が濃い女性でした。読影した杏は鏑木安富(浅野和之)と相談の上、病変が見つからないので「異常なし」との診断を示します。デンスブレストは病気ではないのですが、唯織は超音波検査を受けて欲しいと今日子に伝えます。

一方、たまきは、友人のモノと偽って自身のマンモ画像を杏に診せます。杏は、右胸の腫瘤が悪性の可能性があるとして再検査を勧めます。
放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)も、「友達に、すぐ超音波検査を受けろって言え」と、たまきに促します。で、とりあえず、たまきは裕乃に声をかけ、自らが被験者になってマンモ検査の練習をさせます。そして、そのUSBメモリー画像をこっそり持ち去り、ラジェーションハウスで乳房回りのしこりの確認しているところを唯織に見られます。

後日、マンモ検査のことについて調べ上げ、そして、それに納得できなくなった葉山今日子が病院にやって来ます。今更、超音波検査では、今まで毎年続けて来たマンモ検査が無駄だったことになるという怒りもあります。
担当医の谷山(小松和重)も超音波検査の不要を主張しますが、今日子は、唯織の説得に負けて再検査を受けることになります。唯織の超音波検査が開始され、更に、その追検査として造影剤MRI検査に進みます。そして、ついにクモの巣状の癌細胞の発見に至ります。

同じ頃、「10万円払うから、もう一度、練習台になってください」とたまきに言って、裕乃は、たまきの超音波検査をします。小野寺の指示でモードを切り替えると、こちらは良性の腫瘍だと分ります。
唯織を含む他のスタッフが今日子にかかりっきりの中、裕乃と小野寺の機転によって、たまきは癌ではないと分かり、心配の種が解消されました。

唯織が、杏とともに、検査が長期に及んだことを今日子に謝罪します。「彼に何と言えばいいんでしょうかね。彼に申し訳ない」と今日子。
――そこに、たまきが割って入ります。「何が申し訳ないんですか。いま、乳癌は11人中1人がなる病気なんです。でも、お互いに好きになって結婚したくなるような相手と出会えるのは奇跡に近い確率です。40年近く生きて来て、私はそういう人に1人も出会わなかった。奇跡を大事にしてください。生きるために検査を決断した貴方を尊敬しています」と言って頭を下げます。
今日子のもとには、7歳下の婚約者、平田公太(松下洸平)が迎えに来ています。「右胸、取らなくちゃいけなくなった」、「これからの将来、見た目が変わるのはお互い様」という会話を交わして、2人は手を繋いで病院を後にします。

たまき、カップラーメンをすすりながら裕乃に練習台報酬の10万円を請求します。生きるための検査を進んで自ら選択した今日子と、一方、新人の裕乃の「10万円」に乗って検査を受けた自分を重ね合わせて、たまきは今日子を「尊敬」したということでしょうか。その照れ隠しをするには、是非、裕乃に10万円請求しないといけなかった、ということでしょうか。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

乳癌に怯える結婚が近い女性編集者、葉山今日子、それに、放射線技師のメンバーを牛耳っている裏のボス的存在で男勝りな独身女子、ドSで毒舌が持ち味のたまきのそれぞれの事情。今日子は、7歳年下の結婚相手への申し訳なさを背負い、たまきは老いた母と40歳近くで独身の身であるという宿命を背負っています。

たまきのドS毒舌キャラが一貫しているように見えて、実は、秘かに涙したり、裕乃に対する愛情が見え隠れしていて、今回の第3話では、たまきが美しく見えました。または、たまきを持ち上げるだけ持ち上げてみようという回(第3話)に見えました。
だから、裕乃への10万円請求は嘘で、それと同程度のお礼を、たまきは裕乃に用意するのかなという気がしました。そういうことの伏線が10万円請求で、実は逆請求というオチになっていると思いました。次回以降で、裕乃へのお礼の品が分かると思います。結構、つまらないものをお礼にして、笑わすことになるのでしょうかね。

3話で最も話題になった出来事

山口紗弥加&広瀬アリスの演技が最高!

放送後に乳がん検診を受けようという声が殺到!

山口紗弥加さんと広瀬アリスさんの出番が多い今回、二人の演技が光っていたと好評でしたね。わたしも今までラジハはどうしても途中からぼんやり見ていましたが、今回は引き込まれたため、乳がんの検診の大切さなど話が非常によく入ってきました。

やっぱり、山口紗弥加さんもよかったし、ゲストの内山理名さんもよかったし、ストーリー展開も内山理名さんが技師である窪田正孝に検査結果の文句を言っていた場面以外は、凄くよかったと思いました。

『ラジエーションハウス』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ラジエーションハウス』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は、友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が、以前股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。

あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。

診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、それは大切な、そして苦い思い出の詰まった『FLY AGAIN』と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。

そんな折、唯織は、患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index.html