ドラマル

『ラジエーションハウス』2話のネタバレ感想!ありえない演出だが窪田正孝の演技やキャスト陣は最高!

2019年4月15日に放送されたドラマ『ラジエーションハウス』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、神の目を持った天才技師・唯織(窪田正孝)の秘密が明かに!
そして、想いを寄せる杏(本田翼)に思い出してもらうため試行錯誤するも…

関連記事

『ラジエーションハウス』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ラジエーションハウス』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』2話のあらすじネタバレ

甘春総合病院院長の大森渚(和久井映見)の推挙により、そこで働き始めた五十嵐唯織(窪田正孝)。医師免許を持っていることを隠して放射線技師として働いています。

放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)は離婚問題を抱えていて、膝の痛みを訴える少年、健太郎(石田星空)のエックス線撮影をした際には、離婚したら会えなくなる息子のことを思います。ともあれ、小野寺の写真を診た整形外科医の辻村駿太郎(鈴木伸之)と杏(本田翼)は、少年の膝の痛みは成長痛の可能性があるとして、しばらく経過を見ることにします。どうやら母子家庭で忙しく働く母の美佐子(中越典子)に対するアピール行為としての痛みの訴えで、これは、母の愛の渇望が原因というところに帰着します。

一方、唯織と広瀬裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査の際にスマホを放さない金田富恵(宮田早苗)に困惑します。
閉所恐怖症だという富恵は、スマホ保存の愛犬画像と一緒でないと検査装置に入れないと騒ぎ立てます。が、イケメン放射線技師の威能圭(丸山智己)の機転によりMRI検査を完了。
その間、富恵の愛犬が逃げるというトラブルが発生します。無事捕獲した唯織は、かつて、少女時代の杏が怪我した犬を助けたことを思い出します。富恵の愛犬を杏に差し出すことで昔の自分を思い出してくれるかも知れないと考えますが、犬を見た杏は怯えた表情で後ずさりします。
更には、犬を逃がしたものと思い込んだ富恵にはパンチを喰らいます。

鏑木安富(浅野和之)には、富恵の愛犬を連れ去ったものとして、きつく叱責されます。富恵は、鏑木が研究費支援を受ける金田製薬会長夫人です。いずれにせよ、閉所恐怖症で愛犬家の心の病は、夫の金田製薬会長(鶴田忍)の妻に対する無関心さが原因のようです。

母の愛を杏に諭された健太郎は病院を後にして母の美佐子と乗合バスを待つのですが、その時、美佐子が腹部を抱え倒れ込みます。
美佐子は、再検査で副腎系の癌と診断されます。バス停から親子に付き添って来た小野寺の息子の大樹(田中奏生)が、正社員登用か危くなるとして検査を拒否する美佐子に「検査を受けてあげてください」と頭を下げ、小野寺による写真撮影が可能になっていました。
実は、大樹は母親に託された離婚届を父親に渡そうとラジェーションハウスにやって来ています。待合所の椅子に腰かけて、「子供のことを考えない親はいない」と健太郎に諭す唯織に対して、その背後に腰かけていた大樹が「自分勝手な親もいる」と言い返します。で、そのままラジェーションハウスの小野寺の机の上に母に託された離婚届けを置いて帰ります。黒羽たまき(山口紗弥加)が大樹を追いかけ「自分で直接渡しな」と離婚届を返します。

その一方、母と一緒に病院に戻った健太郎を、もともと癌と疑っていた唯織が独断で再検査します。富恵の再検査に付添う金田会長を待たせて、昔ながらのフィルム画像解析で健太郎の膝の痛みの原因解明を試みる唯織。鏑木が早く会長夫人の再検査をと迫る中、杏がやって来て、健太郎の画像検査をオーダーします。これで唯織の独断の検査ということではなくなります。
唯織の写真で、杏は健太郎が骨肉腫、骨の癌であると断言します。これは50万人に1人の大変珍しい遺伝性疾患です。母親の美佐子やその親族の癌病歴により、唯織が推察していたとおりの病名が発見されたのでした。

杏が、健太郎に話しかけます。「健太郎君ゴメンね。大丈夫だなんて間違ったことを言って。でも、きっと良くなるから」と。その時、後方から小野寺が現れて、「君のお母さんは偉いんだぞ。普通、一度、病気になると、もう何もかも諦めてしまう人が多いものだが、君のお母さんは病気を乗り越えて立派に働き、君を育ててきた。だから、君も絶対に負けるな」と言います。それを聞いて、「間違えていないよ。僕、大丈夫だよ」と健太郎が杏に言います。

大事な会食があると言っていた金田製薬会長。「もし、商談が飛んだら責任取れますか?」と迫っていた会長でしたが、なんと会食はキャンセルして、妻の付き添い最優先ということになっています。
「誠に申し訳ございません」と鏑木が謝るのを遮って、「いや、逆に助かったよ。今日妻の誕生日だったことをすっかり忘れていたが、やたら前髪を触る男(威能)が教えてくれた」と会長。妻の再検査の付添いで長い間待たされていた会長の怒りは今にも爆発しそうでしたが、威能の「切り札」の「奥様の誕生日だから最後まで付き添いましょう」作戦が成功しました。
「良く気が付く先生のいる病院だね」と金田会長に鏑木は褒められて、研究費支援の件も一安心です。実は、イケメンの威能は、妻、富恵から誕生日デートを誘われていて、それで、富恵の誕生日を承知していました。
しかし、夫が妻の誕生日を失念しているようでは、こちらは離婚真近です。が、小野寺の方は、そうはいきません。「ほらよ」と離婚届を息子に渡していた小野寺でしたが、病院を出てから離婚届を開けて見ると、そこには「バーカ、離婚なんてするか!」と殴り書きがあるばかりです。

ひと段落後、院長と唯織が会話しています。杏の父親は優秀な放射線科医でしたが体調を崩してリタイア。もともと、杏の兄が継ぐ予定の病院でしたが、20年前に兄が死亡しています。
工事現場内に入ってしまった犬を追って行こうとする杏を止め、兄がひとりで現場に入り、その直後に足場が崩落。それ以来、杏は昔の話は一切しない人になっています。
何も知らずに、富恵の愛犬を杏に近付けた行為を反省する唯織。ずっと忘れ去られたままだとしても杏を支え続けようと誓う唯織がいます。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

犬がらみで、杏が過去を思い出すことに期待する唯織。そんな面倒を考えずに、その昔に住んでいた地名、出会った場所や状況など、子供時代の杏の背面写真とともに提示すれば、杏は、唯織を思い出すかも知れないのに、何故、そうしないのかと思っていましたが、眼前での兄の死という杏の哀しい過去を知ってしまうと、唯織は、今後、もう昔を思い出させようなどという行為は何も出来ません。

しかし、まあ、あるいは、昔のことなど一切思い出さないまま、今の唯織を好きになるという設定(展開)が美しいとも思えるわけで、それはそれで、その方が純粋な愛ということになるのでしょうかね。

または、過去の約束を引きずった愛より、今の愛を見せて欲しいということで、杏は唯織を試しているのかも知れませんね。あえて、唯織を次期病院長候補(杏と結婚すれば、そうなる可能性大)と認めるべきか否か、そのテスト期間中、杏は過去の唯織を知らないことにしている、という可能性もあります。今後の展開で、そういうことが紐解かれるものと期待します。

因みに、第1話で、杏のお尻を触ってパンチを喰らった唯織。勤務初日に抱きついてビンタ一発、更に、尻を触っておきながらパンチ一発で許されている唯織。普通に考えれば、初日にビンタやパンチを喰らう行為を働いたら解雇ですが、そうならなかったのは、杏が、唯織のことを良く記憶しているからだと思われます。

それにしても、今回の第2話では、富恵にパンチされて、どうやら、誰かに毎回パンチされる唯織ということになるのでしょうかね。お気の毒様です。

2話で最も話題になった出来事

ありえない演出だが窪田正孝の演技やキャスト陣は最高!

ありえない演出?設定が絶賛非難されていますね。そして、1話に続いて本田翼さんの演技に対する酷評が続いています。
う~ん。本田翼さんは今回のようなクールで暗い過去を持つ役よりも、明るくはっちゃけた役が似合うのかな…。でも、ラジハで世間のイメージが変わるような印象を演技でぶつけてほしいですね(応援しているので)。

さて一方、主演の窪田正孝さんは声がいい!目の演技が凄いと絶賛されてますね。確かに引き付けられるものがあります。

なお、まだ2話で、窪田さん、本田さん以外はまだキャラがはっきりとは見えてきてないし存在感も薄いので(各役者は豪華なんですが…)、今後キャスト全体でラジハが盛り上がるのを期待しています。

『ラジエーションハウス』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ラジエーションハウス』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

出典:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index03.html