ドラマル

2019年3月1日

ドラマ『QUEEN』8話のネタバレ感想!STAP細胞(小保方さん)の風刺?

2019年2月28日に放送されたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、大切な研究、働く女性を守るために氷見と与田、真野が仕掛けたアクションは見応えがありました。研究を守るために、あえて混乱させ海外に研究の場を移させる手段などは、特に驚きの展開でしたね。

関連記事

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話のあらすじネタバレ

髪の毛一本からあらゆる病気がわかる、フィニシスという研究が注目を集めます。その代表をしているのが、和久井純菜(森カンナ)。美人で巨乳な彼女はそのルックスを生かしてメディアに露出し、客寄せパンダとなって研究資金を募ります。一躍時の人となった彼女でしたが、論文に不正が発覚したと大学から告発されます。時の人となっていた彼女は、一気に世間からのバッシングを浴び、さらにはフィニシスの研究についても疑われてしまいます。

そんな彼女に骨抜きにされている副所長(バカリズム)から、弁護を依頼された氷見(竹内結子)たち。今回の弁護の目的は、フィニシスの研究を存続させること、そして女性研究者の地位を向上させることです。

氷見たちはいったん、柏木さつき(伊藤麻実子)の協力をあおぎ、純菜にフィニシスを手放させます。その後、純菜によって会見を開かせ、大学側が女子入学希望者の点数を操作して入学者を減らしていたこと、学長によるセクハラ発言を暴露します。さらに、フィニシスは海外企業に売り、研究パートナーであるさつきが代表をが引き継げるよう手配します。これによって、フィニシスの研究を存続させるというミッションも無事に完了するのでした。

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』8話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

まだまだ男尊女卑が色濃く残る、医科大学内部の話でしたが、これは日本の社会全体にも言えることでしょう。
男性だから、女性だからという発想はそろそろ手放していきたいですね。
男女の違いは、個性がそれぞれ違うのと同じように考えていく必要があるでしょう。
それには、男性が根本的に考えを変える必要があることはもちろんですが、女性も発想を変えていく必要がある部分もあるでしょう。
氷見と与田の関係が気になりますが、いつも考えさせられるストーリに見入ってしまいますね。

20代女性

なお

毎回、実際に話題になっている時事問題を混ぜてあるのでとても面白いです。今回は大学による女子入学者の数減らしということで、ニュースで聞いたのと同じ内容が風刺されていて興味深かったです。氷見が昔の仕事の関係でいまだに政治家と繋がっていることを、副所長は知った上で採用したのかが気になります。最終話に向けて、その関係から何かしら事件が起こるのではないかと予想しています。氷見と与田のコンビが解散しない結末を期待しています。

8話で最も話題になった出来事

STAP細胞(小保方さん)がモデルの風刺と話題

今回は、東京医科大学のSTAP細胞騒動をモデル?とした話だったと話題になりました。小保方さんの割烹着→ニットになり、リケジョ女子・和久井純菜を森矢カンナさんが演じました。また、医大の女子得点下げの風刺もあり、ゴシップ要素の詰め込みまくり回でしたね。結局、STAP細胞は会ったんでしょうかね…。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

氷見江(竹内結子)は、与田知恵(水川あさみ)からクライアントを吾妻涼介(山本耕史)のために利用していたのではないかと疑われる。東堂裕子(泉里香)から届いた、吾妻の元秘書を使った政治資金スキャンダルのメールを与田に見せた氷見は、危機管理部でやれることはやったと帰って行った。

スキャンダル疑惑は大きく報道され、元秘書も氷見だと特定されたため鈴木法律事務所は対応に追われるが、真野聖子(斉藤由貴)も手が回らないほど。与田は氷見に電話するのだが繋がらずにいた。そこに来た鈴木太郎(バカリズム)は、氷見は事務所を辞めたと言い、新たに吾妻がクライアントになったと告げる。

吾妻は林光蔵総務大臣(山田明郷)とともに事務所に来た。応対する与田と鈴木に、吾妻は党の顔で妻の美咲(山崎紘菜)の父は党のドン、五十嵐幸夫(小野武彦)なので泥を塗るわけにはいかないと言う。鈴木は吾妻に久しぶりと挨拶。二人は大学の同窓生だった。鈴木が氷見も同窓生だと話すと、林は苦い顔。与田が氷見と不倫関係にあったのかと尋ねると吾妻は否定。スキャンダルも不正献金の疑惑も潰せと林は半ば脅しのように言い放った。

与田と鈴木、真野はまず氷見と吾妻の不倫スキャンダルから対応することに決める。吾妻の会見を準備する間、与田は東堂から氷見の情報を得た。そして、5年前の、とある死亡事故への氷見の関与を知る。

出典:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/story/story_09.html