ドラマル

『パーフェクトワールド』10話(最終回)のネタバレ感想!主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉が登場!

2019年6月25日に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、ゲストに主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉が登場!

結婚を決めた樹とつぐみは反対するつぎみの父・元久の許しを得られるのか?

関連記事

『パーフェクトワールド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『パーフェクトワールド』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』最終回のあらすじネタバレ

川奈つぐみ(山本美月)の実家に何度訪ねても門前払いになるだけだった鮎川樹(松坂桃李)ですが、ある日訪ねると、つぐみの父・元久(松重豊)が樹とふたりで話をしたいと言い公園に向かいます。

公園は娘たちとの思い出の場所で、元久は親の子供に対する思いを吐露します。
そして、樹との生活では周りの人間も介助で大変になることをわかっていて、なぜ一緒になろうとするのかと問いただします。
樹はつぐみを守ることはできないかもしれないが、どうすれば守ることができるかを事前に考え、準備することはできると答えます。
それまでは、目の前のことだけを考えていた自分が、つぐみと出会って未来を見ることができるように変わったとも話しました。
しかし、元久の考えは変わらず、帰ろうとするのですが、その時元久が胸の苦しみを訴え、公園の砂場に倒れ込んでしまい樹は救急車を呼びます。
元久が薬を飲もうとするのですが上手く取れず、樹も砂場の中には車椅子で入って行けず、車椅子から飛び降り、で這って元久に近づき薬を飲ませます。

病院に運ばれた元久は、とりあえず落ち着きを取り戻すのですが、翌日心肺停止状態に陥り、緊急手術をします。
つぐみの妹の川奈しおり(岡崎紗絵)と是枝洋貴(瀬戸康史)も病院に駆けつけ、しおりはつぐみと樹のせいだと責めます。
是枝は、元久に樹に会うように言ったのは自分だから、自分のせいだとしおりをなだめます。

元久の手術は成功して、リハビリを始めることになるのですが、手術で動揺し、どう励ましたらいいのか悩むつぐみを、樹も毎日のように病院に通い支えます。
つぐみや母の川奈咲子(堀内敬子)の付き添いもあり、2週間のリハビリを無事終え、元久は退院できることになります。

元久は、咲子につぐみは元久を懸命に支えていたが、そのつぐみを東京から毎日通ってきた樹が支えてくれていたことをふたりの姿を見ながら打ち明けられます。

父が退院して東京に戻ったつぐみは樹の元へ駆けつけます。

樹の母・鮎川文乃(麻生祐未)もつぐみの母の咲子を訪ね、これまでの樹とつぐみの様子を伝え、見守って欲しいと話します。

そんなある日、元久は樹の家を訪ね、助けてもらったお礼をして、入院して経験したことで気づいた自分の認識の間違いを認め、樹とつぐみの結婚を認めます。そこにつぐみも帰ってきて、元久に花嫁姿を見せてくれと言われ一緒に喜びを分かち合います。

その晩、樹はつぐみに、元久と行った公園でつぐみとしおりのことを幸せそうに話す姿や、自分の母・文乃が大変だったのに苦労だと思っていない姿を感じて、つぐみに苦労をかけることになるが子供が欲しいと打ち明け、つぐみも喜んで苦労をすると答えます。

樹とつぐみは、市役所に婚姻届を出しに行きます。
その対応をした職員は、ドラマの主題歌『まちがいさがし』を歌っている菅田将暉さんでした。

樹とつぐみの結婚式の日に会っていた長沢葵(中村ゆり)と洋貴ですが、葵は来月から老人ホームで働くことになっていて、洋貴も新たなアプリを開発して、好評なようです。
多くの人に祝福されて、樹とつぐみは結婚式を挙げることができました。

「これから先、いろんなことが僕たちを待ち受けているだろう。」
「でも、たとえどんなことがあっても、ふたりで選んだ未来を僕はつぐみと生きていく。」

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』最終回のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

しおりが晴人との会話の中で言っていた「障害者には障害というハンデはあるけど、誰だって弱点はあって、弱点や欠点のない人はいないわけないから、障害者も健常者も最初から対等だ。」という言葉や、樹が最後に語りの中で「健常者でも障害者でも皆欠けているものがあって、完璧な人間はいない。でもその欠けている部分を補い合い、支え合うことのできるパートナーや家族、友人を見つけるだけで、この世界は輝きを放つ。」
と言っていたように、障害者、健常者という部分だけでなく、あらゆる違いを認め、許し、支え合うことができるようになれば、人間界ももっともっと進化していくでしょう。
そんなパーフェクトワールドに少しでも近づけるようにチャレンジしていきたいですね。

主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉が婚姻届けを受理!

樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)の婚姻届を受理する役所職員として菅田将暉さんが登場。婚姻届を確認すると「まちがいありませんので、本日付で受理させて頂きます」と受理する演出が憎かったですね。

最終回で、主題歌タイトル「まちがいさがし」の意味を本人が回収してくるとは…
意外な展開でしたね。

まとめ

最終回は納得の終わりかたでスッキリしましたね。

途中、川奈つぐみ(山本美月)&ヘルパー長沢葵(中村ゆり)の言動にイライラさせられる場面もありましたが、最終回は演技の上手い松坂桃李さんと松重豊さんが引っ張る形で、すごくいい感じで終わりました。

樹とつぐみが素敵な結婚式を迎えられたことはもちろん、しおり(岡崎紗絵)と晴人(松村北斗)が手を繋いで歩く姿にほっこりしましたね。

そして、「まさか!」と思いましたが、ヘルパーの長沢さんと洋貴(瀬戸康史)が付き合うようなことにならなくて、本当によかった!