ドラマル

『パーフェクトワールド』4話のネタバレ感想!岡崎紗絵と松村北斗が主役2人より気になる?

2019年5月14日に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、樹と葵の間に、入り込む余地がないことを悟り始めたつぐみ。
それでも、樹を支えたいつぐみは、サポートしたい一心で無理を重ねついに…。

関連記事

『パーフェクトワールド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『パーフェクトワールド』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』4話のあらすじネタバレ

川奈つぐみ(山本美月)は鮎川樹(松坂桃李)のため、また自分自身のために、樹には内緒で介護の勉強をして資格を取りたいと考え、週2回仕事の後に介護セミナーに通い、自宅でも夜遅くまで勉強し、会社、セミナーの後に樹の家にも毎日のように通っていました。
また、つぐみは資格を取るだけでなく食事や身の回りの世話などでも、長沢葵(中村ゆり)の代わりに樹を支えたいと考えるようになっていました。

その頃樹は、失った感覚のない足や手などの痛みを感じる『幻肢痛』の痛みに苦しんでいました。
つぐみがスクールの後に洋貴と食事をして、樹の家に行けなかった日の夜、眠れないほどに幻肢痛の痛みが出て、葵に連絡を入れて薬を届けてもらいます。
薬もそれほど効果のない樹は、翌日大切なプレゼンテーションの場でも痛みが出たため、コンパスを足に刺してまで痛みを抑えようとして仕事をしていました。

是枝洋貴(瀬戸康史)は、つぐみの妹の川奈しおり(岡崎紗絵)につぐみが介護資格取得のためにセミナーに通い始めたことを聞き、つぐみを迎えに行くようになり、疲れているつぐみを心配します。

渡辺晴人(松村北斗)は、会社の仕事で外出中に階段を踏み外して怪我をしてしまい、義足での歩行が難しくなりますが、レンタル彼女で会ったしおりに再度指名を入れて会うと、想いが募っていきその後も何度も指名を入れようとしますが、なかなか空きがありませんでした。
そんな時、街で他の指名客と会うしおりに出くわして、後をつけて行くと、その指名客がしおりに違反行為をしようとしていたので、晴人が追い払います。
しかし、しおりに感謝され、気が合うとも言われるものの、障害者である晴人とは付き合えないと告げられます。

ゴールデンウィーク中に、帰省していた娘のつぐみたちに薬を飲んでいるのを隠していた川奈元久(松重豊)は、体調が優れず仕事を早退して帰ってきていました。
妻の川奈咲子(堀内敬子)は、病院に早く行くことを勧め、つぐみたちに知らせた方がいいと話すのですが、心配をかけたくない元久は次の定期検診で結果が出てからにすると言うことを聞きません。

樹の幻肢痛のことを、樹の勤めている会社の代表である渡辺剛(木村祐一)から聞いたつぐみは、ショックを受けて何でも言って欲しいと樹に話し、早速幻肢痛について調べ、樹も知らなかった治療効果があると言われている方法を見つけて、樹を連れて行きます。

ある日セミナーの帰りに、つぐみが樹の家に行くと、葵が薬を届けようとしていました。
樹の幻肢痛のことも葵は知っていて、樹に夜中に呼び出されたことも話し、離婚もしていて、樹と同じマンションに引っ越して来ようとしていること、自分の人生を犠牲にしてでも、樹の人生を支えたいと考えていることもつぐみは葵に告げられます。
また、葵はつぐみに自分のこのポジションを譲る気もなければ、つぐみに樹が望む幸せを与えられるとも思えないと、恋の宣戦布告をしてしまいます。

翌日、つぐみは会社で代表の東美千代(とよた真帆)に渡辺への届け物を頼まれ訪れると、渡辺と晴人が、建築士の資格試験の件で言い合いをしていました。
晴人はしおりとのこともあって、障害者であることに辟易としていて、障害を言い訳にしていたり、障害受容が出来ていないことなど、つい本音が溢れ出てきていました。
その晴人の言葉に樹も同調して、正直な気持ちを話します。
しかし、自分たちだからこそ出来ることもあると実感して欲しい、誰かの役に立てるように努力する必要もあると晴人に話します。

話を聞いていたつぐみは、自分が何もわかっていなかったと反省していました。
樹と駅のホームで電車を待っていたつぐみは、このところの睡眠不足が影響したのか、めまいを起こしてしまい、通行人と接触してホームから転落してしまいます。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

人生の中では誰しも、どうにもならないことで受け入れられないことはあるものでしょう。
それを抱えた時に、その先をどう考えていくかがとても大切なことです。それが大きなことであっても、小さなことであっても同じですね。

そこへの向き合い方で、その人の未来の可能性が決まってくると言ってもいいでしょうね。
どんな状況になったとしても、生きている限り進むことのできる道は必ずあります。
そんな人生において、もっとも大切なことに気づかせてもらえる内容でしたね。

岡崎紗絵と松村北斗が主役2人より気になる?

樹とつぐみの関係も魅せられますが、わたし個人としては、岡崎紗絵さん演じるつぐみの妹・川奈しおりと松村北斗さん演じる渡辺晴人の関係が、今後どうやって進展していくのかの方が気になっています。
SNSでも二人の恋愛を気にしている声が増えてきていますよね。

予想としては、晴人いわく運命の二人なので、きっと運命的な再会を果たすでしょう。それが、来週のつぐみが入院する病院でとなるのかはまだ分かりませんが、きっとこの二人も付き合うようになるんじゃないでしょうか?

しおりはまだ大学生なので、晴人とすぐさま結婚とはいかないでしょう。しかし、晴人はしおりのことがかなり好きみたいだし、しおりも助けられたことで今までよりも晴人のことを意識しそうですよね。この二人の恋の進展は丁寧に感動的にやって欲しいですね。

『パーフェクトワールド』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『パーフェクトワールド』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

つぐみ(山本美月)が駅のホームから転落した。車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹(松坂桃李)は、一緒にいたのに助けられなかったと、激しく自分を責める。さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事のかたわら、介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ、がく然とする。

しばらくすると、松本から元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)が駆けつける。愛娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に追い打ちをかけるように、ものすごい剣幕で樹を責める。その言葉に、頭を下げて謝罪することしかできない樹を、葵(中村ゆり)や渡辺(木村祐一)は心配する。

翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、転院する前に一度、つぐみと話をしたいと考える。つぐみに会うために訪れた病院で、樹は元久と偶然再会、2人で話をすることに。つぐみの幸せを願う元久が、樹に伝えたこととは…!?

出典:https://www.ktv.jp/perfectworld/story/05.html