ドラマル

2019年3月3日

『パーフェクトクライム』7話のネタバレ感想!毎週同じのしか流れてない?

2019年3月3日に放送されたドラマ『パーフェクトクライム』7話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、東雲の心の中の葛藤、香織を憎もうとする心とどうしようもなく惹かれてしまう心。そのせめぎ合いにグッときます。
そして、衝撃の新事実発覚!拓馬(眞島秀和)と千夏(永尾まりや)の関係とは…。

関連記事

『パーフェクトクライム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『パーフェクトクライム』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「TSUTAYAプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『パーフェクトクライム』7話のあらすじネタバレ

香織(トリンドル玲奈)を潰すために近づいた遥斗(桜田通)でしたが、香織(トリンドル玲奈)の抱えている寂しさに触れだんだんと惹かれていってしまいます。

そんな中、遥斗のもとに非通知で電話がかかってきます。
それは番号を知らないはずの美和(伊藤ゆみ)からでした。
美和は遥斗が日本に来た理由を拓馬(眞島秀和)を潰しに来たと勘違いしていました。
拓馬に何もしないでと泣きつくの美和。

香織が駅で目撃した二人の姿はその時のことだったのです。
二人が寄り添う姿を見てその場を逃げた香織でしたが、実はあの後すぐに、遥斗は香織を追いかけていたのです。
一緒の時間を過ごし、さらに惹かれていく遥斗。

でもその後、遥斗に「愛をもてあそんだ俺への罰」が起きたのです。
全てに気づいてしまった香織は怒ってその場から帰ってしまいました。
その場に立ちすくむ遥斗。

そこに現れたのは同僚の千夏(永尾まりや)でした。
千夏は遥斗のことを自業自得だと言います。
遥斗が昔、美和と付き合っていたこと、拓馬と香織が不倫関係にあったこと、すべてを知っている千夏。
それは千夏が拓馬のいとこだったからなのです。
美和に遥斗の電話番号を教えたのも千夏だったということがわかり…。

スポンサーリンク

『パーフェクトクライム』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

心奪われてはダメだ、ダメだ!と自分に言い聞かせながらも、どんどんと香織へ溺れていくクールな東雲の葛藤がたまらなく心鷲掴みされました!

濡れ場では「俺に堕ちろ」とか「俺を選べ」「溺れろ」とか強気発言満載で、私自身はとくにS男が好きというわけではないのに、それでもグッ!ときます。S好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか!

いろんな葛藤を超えて、いよいよ香織と結ばれるのかな?!と思いきや、恋路を邪魔する千夏登場。ふつう恋敵を蹴落とすには、好きな男性が恋敵の女性を嫌いになるように仕向けるのが一般的な気がするんですが、千夏は逆に、好きな男性・東雲が思いを寄せる女性・美和や香織が、東雲を嫌うように仕向けて孤立させる、というやり方がなんとも斬新で、怖いぃ~!と震えました。ホラーばりの怖い笑顔をみせた千夏が、今後どう絡んでくるのか見もの。

30代女性

ファンディーナ

遥斗(桜田通)がときどき見せていた優しさは本心から来るものだったということがわかり、そこはホッとしました。
千夏(永尾まりや)が拓馬(眞島秀和)といとこ関係だったという事実にはびっくりしました。
遥斗狙いだと思っていた千夏でしたが、遥斗を狙っていたというよりは香織(トリンドル玲奈)を敵対視していただけだったのかなと思いました。
香織を蹴落とそうとしている人は遥斗だけだった中、そこに千夏が加わり、よりドロドロとした感じになっていきそうで楽しみです!

50代男性

濱本哲治

同じ出来事も、当然のことではあるのですが前島香織(トリンドル玲奈)目線で見るのと、東雲遥斗(桜田通)目線で見るのとでは違ってきますね。
前島にはわからなかった東雲の真意と、不自然に感じていた行動には東雲の心の動きがあったことが明らかになってきました。

ミイラ取りがミイラになることはよくあることですが、憎しみが愛情に変わっていく瞬間もあります。
憎悪に満ちていた東雲の心が一粒の涙で揺らいでいく姿は、あの場面の気持ちはこういうことだったのかと納得してしまいました。

しかし東雲の真意も変化も知っていた存在がさらにいたことには驚きました。
加藤千夏(永尾まりや)がこれからどう関わっていくのか注目されるところですね。
今後の展開がまた楽しみになってきましたね。

7話で最も話題になった出来事

毎週同じのしか流れてない?

ネットで話題なのは、毎週同じ映像の使い回しをしていること。確かにここ何週か同じシーンが繰り返されていて、「あれ」ってなりますよね。細かくキャストの心情を拾っていったり、実はここでこんなことを思っていたっていう話なんだけど…あまりにデジャヴ(笑)。

千夏が拓馬のいとこだったっていうのが分かったりするんだけど、毎回同じの繰り返し・回想はここまでで、次の展開を期待してしまう。

『パーフェクトクライム』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『パーフェクトクライム』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 東雲遥斗(桜田通)の仕掛けた罠の正体を知り、彼の元を去った前島香織(トリンドル玲奈)。その後ろ姿を見つめていた東雲の前に現れたのは、同じ部署の加藤千夏(永尾まりや)だった。驚く東雲に千夏は「あの女が傷つけばいい」と意外な事実を告げ「まだ終わりじゃない」と意味ありげな言葉を残す。
 東雲の真意を知り、傷つきながらも彼への想いに苦しむ香織。一方、香織を憎んでいたはずが心を奪われてしまった東雲。2人は結ばれぬ運命と自らに言い聞かせる。互いに想いを寄せながらも、すれ違う2人の心は…。
 そんななか、元気のない香織をデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)が優しく励まそうとするが、2人が手掛けるデザイン案件で突如トラブルが発生する!

出典:https://www.asahi.co.jp/perfect_crime/