ドラマル

2019年1月28日

『パーフェクトクライム』2話のネタバレ感想!東雲(桜田通)のドSっぷりが最高

2019年1月26日に放送されたドラマ『パーフェクトクライム』2話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

2話では、前島香織(トリンドル玲奈)と東雲遥斗(桜田通)の関係が、キスからさらに深まっていく。
ネットでは、東雲の飴と鞭にキュンキュンする人続出!

関連記事

『パーフェクトクライム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『パーフェクトクライム』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「TSUTAYA TV」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『パーフェクトクライム』2話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『パーフェクトクライム』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 クライアントと飲みに行った帰り道、東雲から、上司の冬木拓馬(眞島秀和)との不倫関係を断ち切ってもっと自分らしく生きるべきだと告げられた香織。互いに反目し合っていた2人だが、自分の仕事への情熱や才能を理解してくれる東雲の言葉に、香織は思わず涙してしまう。だが、それは甘い罠の始まりだった…。
 東雲の歓迎会の最中、冬木のいつもの誘いを断った香織。だが、後悔しはじめた彼女の前に東雲が現れ、冬木との別れを迫る。さらに強引にキスをした東雲は、歓迎会の後に家に行くと言い残し、立ち去ってしまう。
 東雲の言動に呆気にとられ、マンションに帰宅した香織。だが、彼の言葉が頭から離れない。女としての幸せを失いたくないと仕事への情熱に蓋をして、やりたいことを押し殺してきた。東雲の言葉を思い出し、香織の心は揺れる。
 そのとき、マンションのチャイムが鳴り、東雲が本当に現れる。驚きながらも、東雲に魅かれていた香織は…。
 翌日、冬木に資料室に誘われた香織は自ら別れを告げる。その後冬木から、東雲ではなく小野幸哉(落合モトキ)と仕事で組むよう指示された香織。冬木は自分と東雲の関係に気づいている…そう考えた香織に、「いずれわかる」と謎めいた言葉を残す冬木。さらに、香織とタッグを組むことになり、大喜びする小野まで秘密めいた言葉を…!

出典:https://www.asahi.co.jp/perfect_crime/#story

『パーフェクトクライム』2話に出演する主要キャスト

  • 前島香織(トリンドル玲奈)
  • 東雲遥斗(桜田通)
  • 小野幸哉(落合モトキ)
  • 加藤千夏(永尾まりや)
  • 冬木拓馬(眞島秀和)
  • 冬木美和(伊藤ゆみ)
  • 宇佐美礼子(喜多陽子)

『パーフェクトクライム』2話の感想※ネタバレあり

30代女性

ファンディーナ

前回の1話の終わり、急に優しくなった東雲(桜田通)にドキッとさせられるエンディングになっていましたが、2話冒頭ではさっそく「勘違いしないでくださいね。俺は前島さんのことは嫌いですから」とか「早くその目から流れている液体拭いて下さい。」とかSっけあふれるセリフが聞けて先週とは違うドキドキ感を味わえました。

また、歓迎会中にトイレの外で東雲(桜田通)に壁ドンからのキスをされたシーンでは、部長が来ちゃわないかと緊張しちゃいました。
冬木(眞島秀和)に別れを告げた後、香織(トリンドル玲奈)と東雲(桜田通)が廊下で話しているシーン、誰かが二人をのぞき見しているようなアングルで撮られていたので、冬木(眞島秀和)に見られていたのではないかと思いました。
もしくは、やたらと香織(トリンドル玲奈)のライバルの加藤(長尾まりや)や身の回りのことに気づく宇佐美(喜多陽子)も実は香織(トリンドル玲奈)を蹴落とそうとしているのではないかと気になります。

東雲(桜田通)は香織(トリンドル玲奈)に「俺と冬木どっちがいい?早く答えろ」とかきつい言葉をかけたり、「はるとって呼んで」って甘えるような声で言ったりと、飴と鞭に女はやられちゃうんだよなと思います。
そんな東雲(桜田通)も独占欲が強いのかなと感じました。

20代女性

ami

今回はとにかく、東雲(桜田通)くんのドSっぷりに、終始悶えまくりでした。1話からちょっとSっぽい兆しはあったけど、まさかこんなにいい感じに化けてくれるとは驚いた!

急な壁ドンからの、「黙って従えよ。この強情女。」といきなりタメ口になった時は、キター!と叫んじゃいました。
急にタメ口はズルい!絶対にキュンキュンしてしまう!

香織(トリンドル玲奈)も、1回目は拒んだけど、次はキスを受け入れてて、やっぱりそうなっちゃうよねと、かなり納得です。

さらに、手首をネクタイで縛られてのお仕置きシーンはかなり興奮しました。
「俺と冬木琢磨(眞島秀和)のお仕置き、どっちがいい?」なんて質問、東雲(桜田通)くんしか選択肢ないでしょ!
東雲(桜田通)くんの魅力満載の良い回だったなと思います。

30代女性

みゆ

主人公はインテリアプランナー・前島香織(トリンドル玲奈)。

社内では一目置かれる存在ですが、上司である冬木拓馬(眞島秀和)と不倫関係にあります。

第1話では、そんな香織の元へNY支社からきた有能かつイケメンの一流デザイナー・東雲遥斗(桜田通)が現れ、冬木と不倫関係を持つ香織のことを嫌いだと言いながらも「有能なプランナーが不倫というバカバカしい理由で潰れるのが許せない」と優しさも見せる東雲に香織は戸惑っていました。

第2話は東雲の歓迎会。その最中にいつものように冬木が香織を誘いますが、香織は東雲のことを思い出し、結果冬木の誘いを断ります。

しかし冬木への愛がある香織は少し後悔‥飲み会の場から少し離れた廊下で、冬木のことを考えていました。

するとそこへ突然東雲が!「まだわからないんですか?!」と冬木に想いを寄せる香織に強い口調で言います。

「私のこと嫌いなら放っておいて!」と東雲を振り切ろうとする香織を強引に引き止め、なんと突然キス!!

「歓迎会の後、お前ん家行くから。」と言い残して去っていきます・・。

本当に強引!キスするってことは好きなのかな?イヤよイヤよも好きのうち?でもやり方がおとなげないなぁ?と感じます・・。

その後、歓迎会を途中で抜け帰宅した香織は考え事をします。

小さい頃から憧れていた今の仕事が大好きな香織。

でも、冬木との関係ができてから有能な男性デザイナーとの仕事は避けてきたのも事実。

東雲の言う様々な言葉が突き刺さり、忘れられません。

そんな香織の元へ、本当に東雲がやってきます。

驚きながらも東雲に魅かれていた香織は部屋に入れてしまい、またも強引にキスされてしまいます。

あぁ?ついに、深みにハマってしまいましたね。東雲は怪しいけど、良いのでしょうか‥。

翌日、香織は冬木に別れを告げます。「わかった」と冬木は立ち去ってしまい、何ともあっけない終わり方。しかし直後、香織は東雲と組んでいた仕事を冬木に外され、小野幸哉(落合モトキ)と組むことに。冬木はその理由を「いずれ分かる。」と香織に伝えます。それは東雲の『真実』についてでした。

さらに小野にも「東雲の真実を知ったら傷付くのは前島さんだ」と忠告されます。ここで第2話は終了!

東雲の真実って、何なのでしょう?どうしてみんな止めるのでしょう?

何かよっぽどの理由ですよね・・。気になる?!

『パーフェクトクライム』2話のTwitterrでの反応まとめ