ドラマル

『おっさんずラブ-in the sky-』7話のネタバレ感想!ナル様が可愛すぎる!千葉雄大のあざとさが爆発?

2019年12月14日に放送されたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、執行役員となった獅子丸が、春田たちに厳しい組織改革を迫る!
そんな中、ナル様こと成瀬竜は春田の助言を受けつつ四宮にアプローチをするが…。

関連記事

『おっさんずラブ-in the sky-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『おっさんずラブ-in the sky-』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で最新話の放送はご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』7話のあらすじネタバレ

獅子丸怜二(山崎育三郎)の正体が執行役員だったことに驚く春田創一(田中圭)たち。
すると、当の獅子丸が職場に現れ、厳しい表情で「抜本的な組織改革をする」と宣言。現場に緊張が走りました。

後日、獅子丸の宣言通り、CAの機内売り上げ1週間で6000万円という厳しい目標数値が出されたり、企画満載のファン感謝デーを課されたり。
ただでさえ業務が立て込んでいる中、皆、悲鳴を上げます。おかげで和気あいあいとした職場の雰囲気が悪くなりはじめたと、春田は獅子丸に直訴します。がしかし、獅子丸は「結果が全て。家族みたいなあったかさは必要ないんだよ」と突き放しました。

けれど、そんな冷酷な態度をとった獅子丸の本心には別の想いが。
黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の前で本音を吐露します。
「CAとして一週間働いてみて、この職場がどれほどあったかいかわかったんです。だから本当は頭ごなしに数字を押し付けたくない。それを上層部に掛け合ったんだけど聞き入れてもらえず…結局、現場のみんなを大変な目に」と。
獅子丸の嘆きに対し「愛があると、俺は思うよ」と励ます黒澤。これに対し獅子丸は「それを言うならキャプテンも。部下(春田)を真正面から叱る姿に深い愛を感じましたと」と返したのでした。

先日、成瀬竜(千葉雄大)に告白されたことを思い出し、ため息を吐く四宮要(戸次重幸)。
そんな時、黒澤が通り掛かったので、春田にフラれたことを明かし、抜け駆けのようなことをしてしまって申し訳なかったと謝罪しました。
すると「じゃあ今、春田はフリーなんだな」と若干テンションが上がる黒澤。春田のことが諦めきれず今でも好きだと、素直に四宮に明かすと、「お互い難儀な奴を好きになってしまったな」と傷を舐め合いました。

黒澤は、娘の橘緋夏(佐津川愛美)に、自分の本当の気持ちを打ち明けることに。
「春田のことが好きなんだ」と。
これを聞いた緋夏はまともな返事ができないほど、狼狽えてしまいました。

そして春田とも、あらためて話をすることに。
緋夏に全部話したことを明かし、その上で「ファイナルアプローチOK?」と春田に迫る黒澤。
春田は戸惑いながらも「ノー」と返答。
すると黒澤は「…なんてな」と冗談めかして笑い、「こうやって一緒に仕事できるだけでも幸せだよ」と言って去って行ったのでした。

一方、寮の中でギクシャクした関係になってしまった四宮と成瀬。
それを察した春田は、一人思い悩んでいる成瀬に理由を聞きました。成瀬は、四宮に告白して、キスして襲い掛かろうとしたことも明かし、「キスまでにやるべきことってなんですか?」と春田に尋ねます。
春田は、意外なところで世間知らずで不器用な成瀬に呆気にとられながらも、それが放っておけず、まずは遊びに行ったり、ご飯に行ったりすればいいとアドバイスし、元気付けました。

春田のアドバイス通り、スマホでデート場所を検索する成瀬。
CAの根古遥(MEGUMI)たちにも、オススメのデート場所を聞いてみたり。
「自分の好きな場所に連れて行ってみては?」とアドバイスされ、四宮にも古墳を好きになってもらおうと、潜在意識にすり込むべく、寮の食堂に愛読書の古墳書籍をばら撒いてみたり。しかし、普通に片付けられて不発に終わります。

そんな中、「こういう場所にシノさんを誘ったらいい」というアドバイスを込めて、成瀬をイルミネーションに誘う春田。
けれど成瀬は「コックピットの眺めのほうが綺麗」と、あまりピンときていない様子。そんな成瀬に、景色の良し悪しもさることながら、一緒に見ることに意義があると説きます。これには成瀬も納得した表情を浮かべました。
そんな成瀬の手をとって、「例えばこういうことも…」と、その手を自分の上着のポケットに入れます。しかし成瀬の沈黙が怖くて、すぐ手を放してしまう春田でした。

寮に帰宅すると、食堂に、四宮と酔いが回った獅子丸がいました。
成瀬は四宮の姿を見た途端、逃げ出そうとしますが、それを春田が引き止めます。すると、酔っ払った獅子丸が絡んできて、「あれ、この二人怪しいね。デートしてきたでしょ?」と余計なことを言い出し、挙句、歌って踊って収拾がつかない状態に。春田と成瀬は、酔い潰れた獅子丸をベランダに運び出しました。

ベランダで介抱すると、「ノルマや感謝デー、大変だよね…ごめん」と泣き出す獅子丸。
春田は獅子丸の葛藤を知り「怜二も上からいろいろ言われて大変なんだな…。会社を良くするためだし、俺も頑張るよ」と慰めたのでした。

ファン感謝デー当日。
風船や限定グッツを配ったり、クイズ大会を開催したり。なかなかの盛況をみせます。

そんな中、怪しい男(今野浩喜)が「責任者出て来いー!」とオフィスに押し入ってきました。
黒澤が、責任者は自分だと名乗り出ます。この状況に危機感を募らせた道端寛太(鈴鹿央士)が、無線にて援護要請。春田と獅子丸が現場へ向かいます。

男の訴えは、ルール通りの時間に来たら既に整理券が無くなっていたという苦情でした。つまりはそのせいで、限定グッツが貰えなかった、と。
怒りが収まらない男は暴れ出し、黒澤をなぎ倒してしまいます。その男をなんとか宥めようと、間に入る春田。すると、男の胸に、年間30回以上搭乗した証となる限定バッチがあることに気付きます。しかも3種類フルコンプリート。まさかの常連さんだったことに驚くも、日頃の愛顧に感謝を伝える春田。その誠意が伝わり、男はまんざらでもない表情を浮かべると、落ち着きを取り戻し、一件落着したのでした。

春田は、倒れた黒澤に駆け寄ります。
すると「春田、怪我はなかったか?」と心配する黒澤。春田は「それはこっちのセリフですよ!もしキャプテンに何かあったら…!」と目に涙を浮かべ、声を張り上げました。その春田の様子に、感じ入ってしまう黒澤でした。

感謝デーも無事終わった後、「春っぴのおかげで大事に至らずにすんだ」と声を掛ける獅子丸。
今回の件で、数字に表れない真心といったものが大事だと気付かされた上層部は、さっそく手のひらを返して、また元のスタンスに戻すという。
獅子丸と春田は、「また現場は大変になると思うけど、春っぴ、期待してます!」「怜二も頑張って!」と互いにエールを送ったのでした。

寮に帰宅した四宮が、また散らかされた古墳の本を片付けていると、成瀬から「イルミネーション行きませんか?」と声を掛けられます。
先日酔った獅子丸の発言から、春田は成瀬のことが好きと知った四宮は、敢えて素っ気無く「行かないよ」と返事します。すると「古墳とか、甘いものとか、美術館とか…。一緒ならどこでもいいんですけど」と言い募る成瀬。これに対し、四宮は「しつこい!俺はお前に一切興味がない。いい加減迷惑だ!」とわざと声を荒げたのでした。

四宮に拒絶され、逃げるように寮から走り出る成瀬。玄関先で春田とすれ違います。
成瀬の様子が気になりつつも、中に入ると、四宮から「成瀬のところに行ってやれ。早く!」と促され、戸惑いながらも成瀬を追うことに。

成瀬は、公園の遊具の中に隠れるようにして泣き崩れていました。
春田が声を掛けると「はじめてフラれたんです…きつい」と零す成瀬。
春田は成瀬を励まし、「帰ろう」と言って手を差し出します。成瀬はその手を取り、春田は成瀬の手を、また上着のポケットに入れ、手を繋いで帰宅しました。
その様子を、遠くから黒澤が見ていました。

寮に戻ると、荷物を抱えた四宮が出てきます。
「俺、寮を出ていくことにしたから」と。
春田は「なんで!」と問い掛けますが、それには答えず、ただ「今までありがとうな」と告げて去ってしまいました。

翌日。
黒澤からも衝撃発表が。
「パイロットを辞めることにした。来週が最後のフライトになる。さよならだ、春田」と。
まさかの言葉に固まってしまう春田でした。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

恋に不器用で、自分の趣味を大好きなシノさんにもわかってもらいたくて、古墳の本を目のつくところにばら撒く成瀬が、とっても可愛かったです!
こんな健気な姿を見せられたら、成瀬の恋も応援したくなっちゃう。
一方で、春田の幸せを願い、自分の想いは封印し、嫌われるのを覚悟してわざと成瀬に冷たく言い放つシノさんの優しさも身に沁みて…シノさんの恋も成就してほしいと願ってしまう。
あぁ、おっさんたちの切ない片想いに、心が焼かれます!

今回、獅子丸が実績主義の厳しいビジネスマンな一面を見せましたが、ぐでんぐでんに酔ったときの様子をみると、やはり素顔は茶目っ気溢れる男性のようで。そのギャップに萌えました。
歌って踊ったりと、演じる山崎育三郎さんの良さが遺憾なく発揮されてましたね。酔ってもなお美しい歌声の獅子丸。さすがです!

ラストは、黒澤のパイロット引退宣言に、春田同様、言葉を失ってしまいました。
春田への切ない恋心がそうさせたんでしょうか?…いやでも、さすがにそれでパイロットを辞めちゃうなんてもったいない。

最終回の空模様がどうなるのか、ますます読めなくなってきましたが、でも主人公の春田はめでたく恋を成就させそうですね。
そして黒澤とシノさんも…?なんていう予想も一瞬過りましたが、黒澤には前作同様、「春田」への純愛を貫いてほしいところ。ということで、シノさんと黒澤は同志として親睦を深めることになるのかな。

ナル様が可愛すぎる!千葉雄大のあざとさが爆発?

ナル様こと成瀬竜(千葉雄大)のシノさんへの不器用すぎる恋のアプローチが面白かったですね。

古墳デートに誘おうと、古墳をシノさんの潜在意識に擦り込もうとしたり、壁にぶつかったりと、子どものようなナル様が可愛すぎました。

断られても断られても、デートの提案を必死にするナル様。つい「頑張れー」と応援したくなってしまいました。千葉雄大さんのあざとさ?可愛らしさは恐ろしいですね。

『おっさんずラブ-in the sky-』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『おっさんずラブ-in the sky-』8話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「さよならだ、春田―。 」

突如告げられた、黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)のパイロット引退宣言。
その決断に春田(田中圭)は、自分でも驚くほどに激しく動揺する。

一方、社員寮を出て行った整備士・四宮(戸次重幸)の行方を心配する成瀬(千葉雄大)だが、
ひょんなことから、四宮が“黒澤家”に居候していることが発覚…!
黒澤の“愛の境地”を学ぶべく、魁黒澤塾に弟子入りしたようで…。

尊敬するグレートキャプテンの退役を受け入れられない面々に、
ある日黒澤から、呼び出し状が届く。
約束の時間、土手に現れた黒澤は、おもむろに『黒澤杯相撲大会』の開催を告げ…?

そして迎えたクリスマスイブ。黒澤機長のラストフライト――。
自ら機内アナウンスを志願した春田が、最後に紡ぐ言葉とは…?

おっさんたちの青春(アオハル)、ついに完結。
人を“愛する”とは、一体どういうことなのでしょうか―?

それぞれが着陸する、愛の終着地はいかに…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0008/