ドラマル

『おっさんずラブ-in the sky-』6話のネタバレ感想!成瀬が告白!初恋に戸惑う姿が可愛すぎ

2019年12月7日に放送されたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、1週間のお試し交際をする四宮と春田を前に、黒澤と成瀬が結託モードに!
そんな中、春田と同い年の嵐を呼ぶCA・獅子丸怜二(山崎育三郎)が突如降臨し…。

関連記事

『おっさんずラブ-in the sky-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『おっさんずラブ-in the sky-』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で最新話の放送はご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』6話のあらすじネタバレ

春田創一(田中圭)に告白して、「まずはお試しで一週間付き合ってほしい」と頼み込んだ四宮要(戸次重幸)。
春田は押し切られる形で、それを受け入れることに。
デート内容は、四宮が用意した「やりたいこと」カード7枚の中から、その日1枚ずつ引いて決めます。

1日目。
この日のカードは「オムライスを作ろう」。
春田と四宮は、夕飯に、一緒にオムライスを作ることに。

この日、職場では、新人CAとして獅子丸怜二(山崎育三郎)がやってきました。
春田は、その獅子丸の教育係に任命されます。
ただ、新人といっても、中途採用で、春田と同じ35歳。2カ月前まで外資系のドバイ航空にいたという。
獅子丸は、眉目秀麗、頭脳明晰で覚えが早く、なんでもそつなくこなします。
そのあまりの完璧さに十文字美冴(片岡京子)と有栖川民代(木﨑ゆりあ)は胸をときめかせますが、根古遥(MEGUMI)は「何か裏がありそう…」と口にします。

一方その頃、四宮に声を掛けようとするも、なかなか勇気が出せずにおろおろする成瀬竜(千葉雄大)。
通り掛かった道端寛太(鈴鹿央士)に、「成瀬さんが来てますよー」とバラされ、おずおずと四宮の前に出ます。そして意を決して「週末空いてますか?」と尋ねる成瀬。しかし埋まってると断られ、さらには「春田と付き合うことになったから。お試しで1週間」と打ち明けられます。これに成瀬は「別に、好きにすればいいんじゃないですか」と言い捨て、イラつきながら立ち去ったのでした。

その日の夜、獅子丸の歓迎会、兼、フラれた橘緋夏(佐津川愛美)の慰め会が開かれました。
参加メンバーは、主役の2人と、3人のCA女性陣。
獅子丸は、春田のことを「みんなに温かくていい奴だ」と評価し、そんな春田を好きになった緋夏は素敵だと称えました。

その頃、春田と四宮は、カードのお題通り、二人でオムライス作り。
四宮が春田に懇切丁寧にレクチャーし、二人で料理を楽しんだのでした。

2日目。
この日のカードは「おもちゃを作ろう」。
一緒にプラモデルを組み立てます。

3日目。
この日のカードは「タピオカを飲む」。

4日目。
この日のカードは「銭湯に行く」。

5日目。
火鍋を囲んで食事する黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と成瀬。機長、副機長という立場で、ダイバート(運航上の問題で、当初の目的地以外の空港などに着陸すること)について熱く議論を交わしていました。が、なぜか次第に、恋愛についての話題へ。
成瀬が、春田と四宮が付き合ってるらしい、と明かします。すると黒澤が「俺は緋夏のために身を引いたのに」とか「四宮は以前『恋路の邪魔するつもりはありません』と宣言していたのに」とかボヤきだします。ついには「四宮が悪い!」と断じる黒澤。これに成瀬は「春田が悪い!」と反論。二人は譲れぬ想いで、思わず大きな声で怒鳴り合ってしまいます。
周囲からの痛い視線でようやく冷静になった二人は、ふと互いに恋の利害関係が一致していることに気付きます。そこで、二人は結託することに。
黒澤と手を取り合った成瀬は、鬱憤を晴らしに行こうと提案します。

そうして向かった先はバッティングセンター。
するとそこには、春田と四宮の姿も。カードのお題でした。
黒澤と成瀬は、仲良くバッティングする春田と四宮の様子が気になって覗き見するも、その行為が虚しくなって、自分たちもバッティングを楽しむことに。
すると、見事なホームランを出してしまった黒澤。ファンファーレが鳴り響いて、春田と四宮に気付かれてしまいました。

とりあえず4人は、ひとつのベンチに座ることに。何とも言えない重苦しい空気が漂います。それを助長するかのように「春田と四宮って付き合ってるの?」と問う黒澤。
春田と四宮はそれを否定し「あくまでお試しで」と説明します。これに黒澤は「ええ~?お試し期間?そんな通販みたいな恋愛ってどうなの?」と非難。さらに「緋夏とダメになったのはそういうことか?」と春田を問い詰めます。春田はそれを否定して、成瀬に視線を送りますが、成瀬は知らん顔。
また沈黙が流れ、空気が一層重くなります。
それを打開すべく、4人はそれぞれ、バッティングに打ち込んだのでした。

6日目。
プライベートがぱっとしない中途半端な春田は、せめて仕事だけでも完璧にこなそうと、気合を入れて仕事に臨みます。がしかし、それが空回ってしまう春田。
配布チラシを間違えたり、客から預かった便変更のチケットをそのままほったらかしにしてしまったり、忘れ物をしてしまったり、打ち合わせに遅刻してしまったり。
そんなミスの多い春田を見かねた黒澤は、春田を呼び出し「一気に全部やろうとせず、ひとつひとつの仕事に責任持て」と注意。そして最後は「大丈夫、お前ならやれるよ」と励ましました。

帰宅後、寮で落ち込む春田。
四宮は春田を心配して、ゆっくり休むよう勧めますが、春田は自ら「カードを引く」と申し出ます。
引いたカードは「まったりDVD鑑賞」。
二人は肩を寄せ合いながら一枚の毛布を掛けて、ホラー映画を鑑賞しました。その様子をドアの隙間から覗き見てしまった成瀬は、また苛立ってしまうのでした。

7日目。
春田は風邪を引いてしまいますが、この日は獅子丸の初フライト日ということで、無理を押してでも教育係として同行しようとします。がしかし、結局倒れてしまう春田。
医務室で目覚めます。
そこに黒澤がやってきて、帰って休めと命じました。それでも同行しようとする春田に「もし倒れたのが上空だったらどうする?」と問い掛け、その考えの甘さを指摘。「自分本位な人間に空を飛ぶ資格なんてない!一度、本気で自分自身を見つめ直せ」と叱り飛ばしました。

黒澤に大事なことを気付かされた春田は、素直に帰宅することに。
その途中、獅子丸から「愛されてるじゃん。あんな真剣に叱ってくれる人、ほかにいないよ」と声をかけられ、獅子丸からも励まされて力をもらう春田でした。

帰宅すると、具合の悪い春田のために、四宮が鍋を作ってくれました。
「今日はもう寝ろ」という四宮に、また「カードを引きたい」と願い出る春田。最後のカードには「手をつなごう」と書かれていました。
四宮は躊躇いがちに春田の手を取ると、ぎゅっと握って「ありがとう」と一言。そして感慨深く「一週間あっという間だったな」と呟きました。
そんな四宮に、春田は意を決して、本心を伝えました。
「俺、一週間シノさんと過ごして、やっぱり大好きだなって思いました。でもそれは恋愛感情ではなく、人として、先輩として、友情としての”大好き”でした。だから、俺はシノさんとは付き合えません」と。
四宮は予想通りの春田の答えに「うん、わかった」と返すと、零した涙を拭って笑顔を作りながら「はっきり言ってくれて、ありがとな」と感謝の言葉を掛けたのでした。

その後、春田はベランダにいる成瀬のもとへ。
四宮にはっきり断ったことを報告。その上で、先日のキスのことを謝りました。

成瀬は、ソファで項垂れている四宮のもとへ。
「どうして、お試しなんか…?」と四宮らしからぬ行為に疑問を投げかけます。すると、わざとおどけて「そもそもお前が焚きつけたんだぞ。お似合いだって。俺も2%くらい可能性あると思ったんだけどな」と返す四宮。
すると、成瀬は四宮の手を取って「俺は、お試しなんかいらないです。忘れさせてあげるから」と、四宮に覆い被さります。が、「やめろ!」と成瀬を突き飛ばす四宮。そうやって面白半分で人の気持ち弄ぶのはやめろ!と。
しかし成瀬は、切実な表情で「本気だよ。だけど、どうしてあげたらいいか、わからないんだもん。俺だって、誰とでもキスできると思ってました。でももう、あんたとしかしたくない」と言い募りました。

一方、雨が降りしきる中、物思いにふけって傘もささずに外を歩く春田。
獅子丸と鉢合わせます。
春田は獅子丸の顔を見た瞬間、泣き出してしまいます。そんな春田に、獅子丸は何も聞かずに、ただ「頑張ったんだな、春っぴ」とだけ声をかけて抱き締めました。

その翌日。
人事情報が更新され、獅子丸が執行役員だということが判明。
これに驚きの声を上げる春田たちでした。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回も名シーン満載でした!
シノさんと春田の一週間お試しデート、とっても仲良さそうで楽しそうで、見てる此方までホクホクした気分に。
そして銭湯デートでは、シノさんのサービスショットが…!
シノさん、いいからだ!きれいなシックスパックに見惚れちゃいました。

黒澤と成瀬が、火鍋をつつき合いながらアツく議論するシーンも面白かったです!
「四宮が悪い!」「春田が悪い!」と言い争う姿に、それぞれの推しへの愛が感じられて。

シノさんへの、成瀬の真剣な愛の告白も印象的でした。
今までは、おそらくスマートで強気な恋愛をしてきたであろう成瀬が、フラれて落ち込んだシノさんに対して「どうしてあげたらいいか、わからないんだもん」と戸惑う姿にキュン。その成瀬らしからぬ不器用さに、シノさんへの切なる想いが痛いほど伝わってきました。

次回は、そんな不器用な成瀬を、春田がアシストする流れになるそうで。
春田は、シノさんの優しさやお節介さ(何かと成瀬の食生活を気に掛けてましたもんね)と通ずるところがあるから、そこから成瀬の気持ちも少しずつ春田のほうへ傾きだすのかな。

今回登場した獅子丸怜二は、山崎育三郎さんらしいキャラでしたね。
身のこなしの、なんと軽やかなこと!獅子丸の完璧さに色めき立つ女性陣の心情、わかります!
そんなパーフェクトヒューマンな獅子丸がつけた春田の愛称「春っち」。「はるたん」に続く、なんとも可愛らしいネーミングセンスですね。
そういえば黒澤の「はるたん」、今作ではすっかり聞かくなっちゃいました。それがなんとも寂しい。また復活してほしいものです。

成瀬が告白!初恋に戸惑う姿が可愛すぎ

成瀬はどうやら今まで本気の恋をしたことがなく、シノさんが初恋の相手のようですね。

「本気だよ…。」
「どうしてあげたらいいかわかんないんだもん。」
「俺だって誰とでもキスできると思ってました。」
「もうあんたとしかしたくない。」
という成瀬の言葉が必至で、可愛すぎて、シノさんも辛い時だけど受け入れてあげて欲しいと思ってしまいました。
予告を見る限り、そうはいかないみたいですが…泣。

「いい加減諦めてくれ迷惑だ!」と成瀬を突き放し、成瀬を好きな春田のところへと向かわせようとするシノさん。辛すぎる…。

でもひょっとしたら、成瀬はシノさんに対してどう接すべきか春田に相談している中で、少しずつ春田に気持ちが傾いている?

獅子丸が何をしようとしているのかも気になるし、次回が待ち遠しいですね。

『おっさんずラブ-in the sky-』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『おっさんずラブ-in the sky-』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

突然やってきたCA・獅子丸怜二(山崎育三郎)の正体は、なんと執行役員だった――! 
オフィスに現れた獅子丸は、春田創一(田中圭)たちに冷徹な“組織改革”を告げる。
親友が豹変し“最強の敵”として帰ってきたことに、春田はどうにも納得がいかず…。

一方、整備士・四宮要(戸次重幸)は、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に“1週間お試し”で付き合った結果、春田にフラれたことを報告。
黒澤もまた、娘の緋夏(佐津川愛美)に、自分の気持ちを正直に告白する決意をする。

そんな中、春田は寮で、四宮と副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)のギクシャクした雰囲気を察する。話を聞くと、「キスまでにやるべきことがわからない…」と成瀬は思い悩んでいる様子。
あまりの不器用すぎるアプローチを放っておけず、春田は成瀬をイルミネーションに誘い…?

それぞれの片想いが加速する中、獅子丸に課せられた『お客様感謝デーイベント』がついに開催。しかし、突如“ある事件”が発生し、黒澤が絶体絶命の窮地に立たされ…!?

君の気持ちを、知ってしまったから…。
ついにおっさんたちの恋は、最終決戦へ。
―――それは紛れもなく、恋でした。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0007/