ドラマル

『おっさんずラブ-in the sky-』5話のネタバレ感想!シノさん告白!春田に無料トライアル打診に爆笑

2019年11月30日に放送されたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、春田を恋心を抱く四宮の過去が明らかに!
そんな中、春田は成瀬への感情に気づくが、四宮からお試しでの付き合いを提案されて…。

関連記事

『おっさんずラブ-in the sky-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『おっさんずラブ-in the sky-』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で最新話の放送はご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』5話のあらすじネタバレ

四宮要(戸次重幸)の息子だという少年・森本翼(長野蒼大)がやってきて、四宮を呼びにいく春田創一(田中圭)。
しかし四宮は、「手が離せない」と適当な理由をつけて、会いに行こうとしませんでした。

その不自然な様子と、四宮に子供がいたことに驚いた春田は、事情を知ってそうな根古遥(MEGUMI)に話を聞くことに。
四宮は当時CAだった森本蘭(松島花)と10年ほど前に結婚し、今は離婚しているという。

寮に帰宅した春田に、四宮も自らバツイチであることを明かします。
その場には成瀬竜(千葉雄大)もいて、「お子さん何歳なの?」「名前は?」と、春田が気を遣って避けている話題を気にせず、ずけずけと聞いていきます。
その様子に「なんでそんな普通に聞けるの?」と疑問を口にする春田。すると成瀬は「あるあるでしょ。恋愛対象が同性でも、普通に家族欲しいっていう人はいっぱいいますよ」と答えます。そして四宮に「会わなくていいんですか?」と問い掛ける成瀬。四宮は、翼が1歳の時からずっと会っていないことを理由に「顔を見てもわからないだろう」とか「俺には父親として名乗る資格がない」など、会うつもりがないことを強調したのでした。

そんな折、小学生が航空会社の仕事ぶりを学ぶ「体験学習」期間が始まります。
広報の橘緋夏(佐津川愛美)から各部署の担当として任されたのは、CAの春田、パイロットの成瀬、ディスパッチャーの烏丸孫三郎(正名僕蔵)、整備士の道端寛太(鈴鹿央士)。

生徒たちの中には、翼の姿も。
「きっとお父さんに会いに来たんだ」と察した春田は、四宮と会わせようとします。が、成瀬から「お節介はやめたほうがいい。あの人、そういうの嫌いだし」と止められてしまいます。
その言い方が、癪に障る春田。まるで「四宮のことについては何でもわかってる」と仲良しアピールされたようで。
そんな苛立ちを持て余していると、ふいに我に返って「なんで俺、ムカついてるんだろ?この感情はなんだ?」と困惑します。
その様子を傍から見ていた烏丸は「それは嫉妬です」と言い当てました。
以後、「嫉妬」という言葉が頭から離れず、つい成瀬のことを意識してしまう春田でした。

そんな時、緋夏から食事のお誘いが。
食事をしながら、次のデートでどこへ行こうかと相談します。するとそこへ、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が乱入。黒澤は、断腸の思いで春田への想いを断ち切り、その悲しみを紛らわせるが如く、娘の緋夏の恋を応援しようと躍起になっていました。
デートの相談も、アシストのつもりで何かと口出しをする黒澤。緋夏は、それがうっとおしくて、無下に追い返してしまいます。

そして後日、デートする春田と緋夏。
けれど、春田の話題は成瀬や四宮のことばかり。
緋夏は「わたしのこと、好きじゃないでしょ…?」と、ストレートに問い掛けます。これに春田は困惑し「俺、頑張るから…」と返してしまいます。この返事に、余計に傷付く緋夏。
「好きじゃないなら、デート断ってほしかった。春ちゃんのそういう優しいところ好きだよ…でも、その優しさに傷付きました」と言って帰ってしまいます。
立ち去る緋夏の後ろ姿を、春田は罪悪感に苛まれながら見遣り、項垂れるのでした。

一方その頃、喫茶店で遥と話をする四宮。
今でも時々、蘭と連絡を取り合ってるという遥は、近況を教えてくれました。
CAを辞めた後はホテルで働いており、来週、新しくできるホテルのオープニングスタッフとしてバンコクへ行くことになったという。
遥は「お互い嫌いで別れたわけじゃないんだし、会いに行かなくていいの?」と問いますが、「二人の未来を邪魔したくない」と、相変わらず会おうとしない四宮でした。

体験学習の最終日。
翼がバンコクに行ってしまうと遥から聞いた春田は、この機会を逃したらきっと四宮は後悔するだろうと思い至り、翼と引き合わせるべく、四宮を半ば強引に引っ張り出すことに。
その頃、道端が整備士についての授業をしていました。
けれど子供たちは、地味な整備作業には一切興味を示さず、好き勝手に騒ぎ出します。それを傍で見ていた成瀬は「お前ら、ふざけんなよ!」とキレて、整備の重要性を演説しはじめました。が、これが逆効果で、さらに子供たちの不満が爆発。収拾がつかない事態に。
その状況を見かねた四宮は前へ出ると、穏やかに子供たちを宥めます。子供たちは、素直に四宮の言葉に耳を傾け、整備士の授業にやる気を出してくれたのでした。

その後、工具を片付ける実演で、翼にも声をかける四宮。
最初こそぎこちなかったものの、翼も積極的に器具についての質問をするなど、二人は和気あいあいと会話しました。

後日、子供たちの体験学習レポートが貼り出されました。
あの時、名札から四宮が父親だと気付いた翼は、整備士を題材に選んでおり、レポートには「お父さんは自分の仕事に誇りをもっていて、とてもカッコイイと思いました。そして、パイロット、CA、整備士、たとえ皆の顔が見えなくて離れていても、心はひとつに繋がっているんだと思いました」と書かれていました。絵には、作業着を着た四宮の姿と翼の姿が。
これを見て、感極まる四宮。そんな四宮に、春田は「翼くんたちが日本を発つ日は今日。まだ間に合いますよ」と、見送りに行くよう促しました。

そうして、蘭と翼を捜しに出た四宮。
蘭が四宮の姿に気付き、声を掛けてくれました。
蘭は再婚を明かし、家を飛び出してしまったことを詫びました。けれど、嫌いで飛び出したのではなく、四宮を苦しめたくなくて別れを決意したという。そして、結婚したことも後悔していないし、翼が生まれて幸せだったと感謝を伝える蘭。四宮へも「だから幸せになってね」と言葉を掛けます。
そこへ翼もやってきました。
四宮はレポートを読んだことを伝え、ここでもまた仲良く会話を交わします。そして時間が迫り、「ばいばい、お父さん」と口にする翼。
その言葉に涙し、思わず抱き締めてしまう四宮。
「お母さんのこと、頼んだぞ」と託して、二人を見送ったのでした。

見送った後、また四宮に悪態つきながらも、普段見せないような満面の笑みを見せる成瀬。
それを春田は複雑な表情で見ていました。

帰宅後、夕ご飯を作った四宮に、成瀬を呼んでくるよう頼まれます。
春田は、ベランダで本を読んでいる成瀬に夕ご飯を知らせると、食堂に向かおうとする成瀬の肩を不意に掴んで引き留めてしまいます。
「お前が誰かとしゃべったり笑ったりするの、すげえ嫌だ。そんな自分にもむかつく。でも、誰にも渡したくないっていうか…。俺、お前のことが好きみたいなんだよ」と、これまで溜め込んできた苛立ちと想いをぶつける春田。そして真剣な眼差しで「俺じゃ駄目か…?」と問い掛けます。
これに「駄目です」と答える成瀬。
すると春田は、成瀬の顔を強引に引き寄せてキス。
成瀬はそんな春田を突き飛ばし、逃げ去ってしまいました。

食堂に戻ると、四宮から翼の一件で「お前のおかげで家族と向き合えて、前に進もうと思えた」と感謝されます。
そして、「俺は春田のことが好きだ。俺と付き合ってほしい」と告白する四宮。
成瀬にフラれたばかりで心の整理がついていない春田は、思考停止に陥りそうになりながらも「それは…ごめんなさい」とだけ辛うじて言葉を絞り出しました。
けれど四宮は、それにショックを受けるでもなく「そういう反応だと思ったよ」と、あくまで爽やかな笑顔で「まずはお試しで一週間」と言い募ります。
これには完全にフリーズし、返答に困る春田でした。

一方その頃、黒澤邸では。
緋夏が「春ちゃんにフラれた…」と零していました。
これを聞きつけた黒澤は、心中穏やかじゃありません。緋夏のために泣く泣く身を引いたのに!と。
その緋夏を振った春田に怒りが湧いてきた黒澤は「話をしてくる!」と家を飛び出そうとしますが、緋夏が必死にそれを止めるのでした。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

嫌いになって別れたわけではないという四宮。
「きのう何食べた?」のドラマで、主人公のシロさん(西島秀俊)が「世間体や親を悲しませないためにも結婚しようかと考えたことがある。でも、自分の気持ちに嘘はつけないから、きっと後々、家族を傷付けてしまう。だから結婚しないと決めたんだ」というようなことを言ってたのを思い出しました。シノさんは、このシロさんの”if”の姿なのかもしれませんね(余談ですが、料理上手なところも似てますし!)。同性愛者の生き辛さをあらためて感じて、心が痛みます。
でも今回、家族と良い再会ができて、そして息子とも良い思い出が作れて、本当によかった!

そして、ラストは怒涛の展開に!
春田が成瀬に告白して、壁ドンキス。これは予告やスポットCMで何度か目にしていたんですが、それでもやっぱりドキッ!と心臓が飛び跳ねました。
その壁ドンキスの衝撃で頭がクラクラしてる中、今度はシノさんが春田に告白。これにはめちゃくちゃびっくり!
しかも「まずはお試しで一週間」と、シノさんらしからぬ強気な姿勢。過去が吹っ切れたことで、頭のネジもどこか吹っ飛んじゃったのかな?でも、そんな強気なシノさんもイイ!

公式サイトの次回予告をみると、実際、シノさんと春田は7日間のお試しデートをするそうで。すっごく楽しみです!
さらには、四宮と春田がくっつくのを阻止すべく、黒澤と成瀬が共同戦線を張るとか…?
これはもう、絶っ対に面白くなること間違いなし!ですね。
今からもう、来週が待ち遠しくて仕方ないです!

シノさん告白!春田に無料トライアル打診に爆笑

シノさんと息子との感動シーンの後に、とんでもない爆弾をぶっこんできましたね。

シノさんはもっと重い感じで告白すると思っていたのですが、まさかの「まずはお試しで1週間。」という、無料トライアル発言に爆笑しました。

さらに次回あらすじを見ると、「1日1枚カード」なるものを引き、カードに書いてあるイベントを毎日するという謎の付き合い方まで実行。

シノさんって意外とお茶目?
パフェのクリームを鼻につけちゃったりもするし、しっかり者だと思いきや、実は可愛らしい天然乙女なのかもしれない。

『おっさんずラブ-in the sky-』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『おっさんずラブ-in the sky-』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ついにCA・春田創一(田中圭)に気持ちを打ち明けた整備士・四宮要(戸次重幸)。
突然の告白にフリーズする春田に、四宮は“1週間お試し交際”を提案。
ついつい押し切られた春田は、翌日から四宮プロデュースにより、1日1枚カードを引き、書いてあるイベントを二人で実行するという不思議な七日間に巻き込まれることに――。

そんな中、天空ピーチエアラインに、嵐を呼ぶ男が降臨。
獅子丸怜二(山崎育三郎)――春田と同い年で、2カ月前まで外資系のドバイ航空にいたというCA。
眉目秀麗、優秀、更には気さくでいいヤツ…そんな獅子丸の教育係に、なんと春田は任命されて…?

一方、娘の緋夏(佐津川愛美)が春田にフラれたと知ったキャプテン黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。
娘のために身を引いた自分の立場はいったい…と、モヤモヤする黒澤に追い打ちをかけるように、
副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)から、春田と四宮がお試しで付き合っているという情報が入ってくる。
受け入れがたい事実に、火鍋をつつきながらヒートアップする黒澤と成瀬は、やがてお互いの“恋の利害の一致”に気づき、まさかの結託モードに…!?

叶わない恋に身を焦がす空の男たち。
ああどうして。
好きになってくれる人を、好きになれたらいいのにー。
そして明かされる、獅子丸の真の目的とは…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0006/