ドラマル

『おっさんずラブ-in the sky-』3話のネタバレ感想!シノさんの初恋は音楽の先生?遂に抑えてた気持ちが制御不能に!

2019年11月16日に放送されたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、春田を巡る父・黒澤と娘・緋夏の仁義なきラブバトルが幕を開ける?
そんな中、春田は成瀬が隠していたある秘密を知ってしまい…。

関連記事

『おっさんずラブ-in the sky-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『おっさんずラブ-in the sky-』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で最新話の放送はご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』3話のあらすじネタバレ

橘緋夏(佐津川愛美)に、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が「お父さん」だと告げられた春田創一(田中圭)。
両親が離婚し、緋夏は母親に育てられたのですが、その母が病気で亡くなってしまい、今また黒澤と共に暮らしているという。
そう説明されるも、未だ状況が飲み込めずに、緋夏と並んで黒澤の前で正座する春田。
黒澤から「付き合ってるのか?」と厳しく追及されますが、「そういうわけでは…」とつい言葉を濁してしまいます。そんな煮え切らない春田を引っ張り出し、仕切り直してまた遊園地へ行こうとする緋夏でした。

東京-石垣間の新路線就航まであと3日と迫り、チーフパーサーの十文字美冴(片岡京子)から、その記念すべき就航便の機内アナウンスを春田に任せたいというお達しが。
春田は、張り切ってこれを引き受けます。
このとき、先日の黒澤からの告白が気になっていた春田は、先輩CAの根古遥(MEGUMI)や有栖川民代(木﨑ゆりあ)に意見を伺うことに。
「好きになってもいいですか?」とはどういう意味か?と。
すると、呆れた表情で「ノロケか」と言われてしまいます。それは、相手が100%自分のことを好きだと確信してる人が言う台詞だと。
「どうせ緋夏ちゃんから言われたんでしょう?」と遥たちに勘違いされ、焦る春田でした。

気を取り直し、機内アナウンスの練習に励む春田。
するとまた、外で女性と揉めている成瀬竜(千葉雄大)の姿が。
春田は、相変わらず問題を起こす成瀬の態度を注意しようとしますが、成瀬は「ウザい」と一蹴。

帰宅後も、寮の食堂で成瀬を見かけた春田は、昼間の件で注意しようとします。
そこで仕方なく、昼間揉めていたのは色恋関係の女性ではなく、妹の胡桃(榊原有那)だと明かす成瀬。春田は、早とちりしてしまったことを謝りました。
間もなくして、四宮要(戸次重幸)も帰宅。
いつもグラタンしか食べない成瀬の偏った食生活を心配し、手料理を振舞うことに。
3人で食事をとりながら、緋夏とのデートの話を聞いて「緋夏と春田、お似合いだと思うぞ」という四宮。
そんな自分の気持ちを押し殺して緋夏との恋を応援しようとする四宮に、成瀬は苛立ちを隠せませんでした。

一方その頃、黒澤は「青物横丁の祖母」と名乗る占い師(大方斐紗子)に呼び止められ、恋の相談をしていました。
「告白してOKを貰えたのだけど、他の人とイチャイチャしているのを見てしまった。これは二股なのか…?相手の気持ちが知りたい」と。
すると「それは、アンタの嫉妬心を煽ってるだけ。むこうもアンタを好いとるよ」と答える占い師。この答えに大喜びする黒澤でした。

就航イベントの前日。
春田は四宮と一緒に、四宮の母校(高校)にやって来ます。
というのも、広報室に、働く先輩の仕事ぶりを授業で話してほしいという依頼がきて、緋夏から任された四宮が、そのアシスタントに春田を選んだのでした。
二人は無事に授業を終え、その後、はぐれてしまった春田は、音楽室から聞こえるピアノの音色に聴き入ります。その音色は綺麗で、けれど、どこか物悲しいメロディー。
惹き寄せられるようにそこへ向かうと、四宮がピアノを弾いていました。その素晴らしい腕前に関心する春田。自分も弾いてみたい!と息巻きます。
けれど、ろくにピアノを触ったこともない春田は「きらきら星」をたどたどしく弾くのがやっと。それでも楽しそうに無邪気にはしゃぐ春田の手に、そっと手を重ねてレクチャーする四宮。ふと視線が絡まり、つい複雑な表情を浮かべてしまいます。

一方その頃。
緋夏とばったり会った遥と民代は、先日、春田から聞いた台詞「好きになってもいいですか?」を話題に上げ、意味が分かっていなかった春田にバッチリ意味を伝えてあげたとアピール。
けれど緋夏は「そんなこと言ってない」と戸惑います。一体誰が春田にそんな告白をしたのだろうかと、眉を顰める緋夏でした。

いよいよ就航イベントの当日。
フライトの最終打ち合わせをします。
機内アナウンスを任された春田は、張り切りすぎて、独自に、沖縄方言を交えた挨拶を考案。けれどそれはどうにも聞き取りにくく、美冴たちに即刻却下されてしまいます。がしかし、黒澤だけは微笑みの表情で温かく見守りながら、心の中で「尊い…」とキュン。黒澤がそんな密かに胸をときめかせているとも知らずに、春田は黒澤に、話があるから少し時間をくださいと打診。

内容は、先日の告白の件でした。
その後の黒澤からの長文メールで、春田がOKしたという誤解の記述があり、それを解こうと必死に弁明します。しかし、なかなか伝わりません。
黒澤は、占い師からの言葉「あなたの嫉妬を買いたいだけ」を信じており、OKの意味じゃないという弁明も「わざと困らせたいんだな~」などと余裕をみせていたのです。けれど、あまりに必死に春田が弁明するので、とりあえず軽く「わかった」とだけ返す黒澤。
春田はやっと誤解が解けたと、ほっとします。
そして黒澤は、足取りも軽くその場を立ち去りますが、しかしふと「あれ、もしかして…ふつうに俺、ふられた?」と気付いてしまいます。あまりのショックに、その場に蹲ってしまう黒澤でした。

そんなことがありつつ、けれどフライトは無事に成功させた黒澤たち。
途中、突然の雷雨に見舞われるも、ディスパッチャーの烏丸孫三郎(正名僕蔵)の協力も得て、無事やり過ごすことができました。

記念フライト後、今日は四宮の誕生日ということで、緋夏や整備士の道端寛太(鈴鹿央士)が誕生日会の準備を進めているから、成瀬も一緒に来ないかと誘う春田。
しかし成瀬は、春田の手を振りほどいて、即刻帰ってしまいます。その態度に、またイラっときてしまう春田でした。

そんなとき、職場に胡桃から電話が。
成瀬の父が危篤だというのです。
言われてみれば、フライト前にも何度か携帯に着信があったのに、出ようとしなかった成瀬。きっとフライトのために、敢えて出なかったのだろうと察する春田。それと同時に「そんな大事なこと、一人で抱えてたのかよ。なんで俺は気付いてやれなかったんだ」と自分を責めます。

そして、雨が降りしきる中、成瀬を探しに走る春田。
ようやく成瀬を見つけて、「親父さんのとこ行ってこいよ!」と伝えます。しかし「今さっき、亡くなりました」と答える成瀬。その表情は悲し気で、雨に濡れて泣いているようにも見えました。
春田は、たまらず抱き締めます。成瀬は「はなせ!」ともがきますが、腕を緩めようとせず、むしろ一層力を込めて「ほっとけねぇんだよ!」と一言。
成瀬も、春田の腕の中で涙を流します。

その様子を四宮が目撃。
ショックで傘を落とし、雨に打たれながら力ない足取りで、寮へと戻ります。
そのときちょうど寮から出てきた緋夏は、びしょ濡れの四宮に戸惑い、告げられた言葉に衝撃を受けます。

「ごめん、俺は…春田が好きなんだ」と、ついに四宮が、秘めていた想いを打ち明けたのでした。

『おっさんずラブ-in the sky-』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

最後の、雨が降りしきる中、涙する成瀬を春田が力いっぱい抱き締め、それを四宮が目撃してしまうという一連のシーンが、あまりにもラブストーリーすぎて直視できませんでした。
そして、夕暮れに染まる音楽室で、四宮が春田の手と重ね合わすシーンも。

これまでずっと、春田への想いを胸に秘め、押し殺してきた四宮が、ついに「春田が…好きだ」と気持ちを吐露させたときの、辛く切なそうな表情に、胸が締め付けられました。
そして「春田が好きだ」という言葉の頭に「ごめん…」と付けるのが、なんとも四宮らしい。
そんな四宮に、これまで春田との恋愛相談に乗ってもらっていた緋夏が、来週、どんな反応をするのか気になるところです。

甘くて酸っぱいラブストーリー色が強かった今回、黒澤武蔵がまた笑いのスパイスを効かせてくれました。
思わず琉球踊りをしだしちゃう黒澤が可愛い!
春田演じる田中圭さんも、これには素で笑いを堪えていたような。そういう自然な空気感が伝わってきて面白かったです。
機内アナウンスで無邪気に張り切る春田を見て、「尊い…」と乙女のように呟く黒澤の姿にもクスッと。

前作は、黒澤や牧凌太(林遣都)に言い寄られて当惑するノンケの春田が醍醐味でしたが、今作は春田の片想いが醍醐味のひとつになっていくのかな。
成瀬も相当、四宮のことが好きっぽいし、春田がどうやって成瀬を振り向かせるのか、その成り行きをドキドキしながら見守りたいと思います!

シノさんの初恋は音楽の先生?遂に抑えてた気持ちが制御不能に!

戸次重幸さん演じるシノさんこと四宮要への注目度が急上昇しています。「シノさん」というキーワードがトレンド入りしちゃってます。

春田のことが好きなシノさん。
その思いに蓋をして、苦しむ姿が切ない!

ですが、抑え込んできた春田への想いも、春田へのピアノレッスン。そして、自身の誕生日に春田と成瀬が抱き合っているところを目撃することで、完全に崩壊しました。

春田との恋を応援していた緋夏の前で、気持ちがあふれ出して、「春田が好きだ」と宣言。
つまり、緋夏に対して恋のライバルといったようなものです。

それにしても、気になったことが2つ。

1つ目は、音楽の先生。
あれはシノさんの初恋の相手?
ひょっとして、シノさんが自分の気持ちに蓋をするのは、音楽の先生との間で、何か悲劇があったからなのではないでしょうか?

2つ目は、成瀬の気持ち。
次回予告やこれまでの言動を見る限り、成瀬はシノさんに気があるように見えます。
シノさんのことが好きだからこそ、春田を好きだと気づいたし、何だかんだシノさんの言うことを成瀬はききますよね?
果たしてミスリードなのか、次回の展開が気になりますね。

『おっさんずラブ-in the sky-』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『おっさんずラブ-in the sky-』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

降りそそぐ雨の中、春田創一(田中圭)が副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃し、立ち尽くす整備士・四宮要(戸次重幸)。
四宮は心配して様子を見に来た広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に
「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。

一方、春田のことを好きだと言う娘・緋夏のために、
断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。
必死に春田を嫌いになろうとするが…うぅぅぅ…無理ぃ……。

数日後、父親の葬式を終えた成瀬が出社。
いつになく素直に、家族の話をぽつぽつと話しだす成瀬を、春田は四宮の誕生日会に誘う。

翌日、改めて行われることになった四宮の誕生日パーティーには、
胸にフクザツな思いを秘めたおっさんたちが大集結…!?

無防備かつ無邪気すぎる春田に我慢の限界を迎えた黒澤は、
突如「ここらで決着つけようか!」と、卓球大会の開催を宣言する。

スマッシュに乗せて、次々に繰り出される男たちの本音――。
果たして、愛と憎しみの卓球対決の行方は…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0004/