ドラマル

ドラマ『おっさんずラブ(続編)』1話のネタバレ感想!成瀬と春田のキスシーンに武蔵&視聴者くぎ付け!

2019年11月2日に放送されたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-(続編)』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、CAとなった春田に、早くも機長・黒澤武蔵が急接近!
そんな中、なぜか春田は副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)とキスをしてしまい…。

関連記事

『おっさんずラブ-in the sky-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『おっさんずラブ-in the sky-』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「AbemaTV」で最新話の放送はご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』1話のあらすじネタバレ

35歳にして航空会社「天空ピーチエアライン」に転職した春田創一(田中圭)。
2か月間の厳しい訓練を経て、CAとしての初日を迎えました。

しかし初日早々、朝寝坊してしまい、さらには道中で、困ってるお婆さんが見過ごせずに手伝ったり、お客さん・茂木(吉田ウーロン太)に急に呼び止められて、便器に落とした婚約指輪を素手で拾ってあげたり。
そうこうしているうちに、ブリーフィングに遅刻してしまいます。
機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、副機長の成瀬竜(千葉雄大)、CAの十文字美冴(片岡京子)と根古遥(MEGUMI)と有栖川民代(木﨑ゆりあ)から白い目で見られ、黒澤から「このフライトから外れてもらう」と通告されてしまいます。成瀬からは「遅刻するような人は、チームの一員として認めるわけにはいかない」という厳しい意見も。

春田は肩を落とし、通り掛かった整備士の四宮要(戸次重幸)に泣きつきます。
そんな春田を優しく励ます兄貴分の四宮。そして、後輩の若手整備士・道端寛太(鈴鹿央士)を、春田に紹介しました。道端は、自ら「ミッチー」と呼んでほしいと願い出るほど気さくな男でした。

その後、ディスパッチャーの烏丸孫三郎(正名僕蔵)から、ロッカーの中を整理するよう言付かった春田。
さっそくロッカーの扉を開けると、ファイルがバサバサと落ちてしまいます。
その中に、なぜか春田を描いたデッサンが。しかもその姿は、春田のプライベートを描いたものばかりで、パラパラ漫画のような凝った力作まで。
春田は、ある種の恐怖を抱きつつ、一体誰がこんなものを描いたのかと、気になって仕方ありませんでした。

そんな折、広報の橘緋夏(佐津川愛美)から声を掛けられます。
緋夏は高校のバスケ部の後輩で、リストラされて途方に暮れていた時に、このピーチエアラインのCA転職を勧めてくれた恩人でもありました。
そこで、お礼にと、おでんをおごる約束をする春田でした。

出発ロビーに戻ると、今朝、婚約指輪を落とした客・茂木が項垂れているのを見かけます。
なかなかプロポーズする勇気が出せず、飛行機をキャンセルしたという。
そんな茂木の話を真剣に聞いて、親切にアドバイスする春田。それでも、茂木はなかなか踏ん切りがつかない様子でした。

その後、黒澤や成瀬がフライトから戻ってきました。
春田がその黒澤たちへ声を掛けようとすると、四宮が、点検で出発時刻を遅らせてしまったことを詫びていました。それを優しく受け止める黒澤と、あくまで厳しい態度を取る成瀬。
その様子を、春田まで緊張した面持ちで見守っていました。そして、黒澤たちが立ち去った後、デッサン用のペンが落ちていることに気付く春田。そのときちょうど黒澤と目が合ってしまい「いや、ないだろう~」と、頭を振って、頭に浮かんだものを打ち消す春田でした。

ひと息入れようと外に出ると、若い女性・小比類巻姫子(片山萌美)と何やら揉めている成瀬の姿が。
修羅場のような雰囲気に、春田は急いで気配を隠そうとします。が、ついペンを落としてしまい、結局気付かれてしまう春田。
すると成瀬が、春田の腕を引っ張って、姫子の前に突き出しました。
そして突然、春田へキスをする成瀬。
姫子へ「そういうことだよ」と付け加えます。
姫子は「ひどい…」と呟くと、手にしたコーヒーを思いっきり春田へ浴びせて立ち去りました。そして成瀬も、春田に「お疲れ様でした」とだけ素っ気無く告げると、立ち去ったのでした。
この一部始終を物陰からずっと見ていた黒澤は、春田が成瀬にキスされたことに、なぜか大変なショックを受け、動揺してしまうのでした。

その夜、春田は同僚CAからの歓迎会に。
しかし、春田の歓迎会だというのに、春田の話に全く耳を傾けず、ひたすら飲んで食べ続ける美冴たち。そんな美冴たちが興味を示したのは、ロッカーで見つかった大量の春田デッサン。
美冴たちは「怖い、怖い」「やべーやつ」とか言いながら盛り上がり、「絵が上手いといったら、黒澤キャプテンかな」と口にします。
黒澤という名に、思わずどきっとしてしまう春田でした。

その後、職場に戻って、お守り作りをする春田。
それは、なかなかプロポーズの勇気が出せずに、何度も搭乗キャンセルしてしまう茂木を勇気付けるために思いついたことでした。
けれど、つい居眠りしてしまいます。
そこへ黒澤が、そっと毛布をかけにやってきます。そしてついでに頭を撫でようとしたところで、春田が目覚め、動揺してしまう黒澤。なんとも言えない沈黙が流れ、それを打ち破るべく、「ちょっと風に当たらないか」と提案。

黒澤と春田は屋上へ。
缶コーヒーを飲みながら、茂木からお礼の電話があったことを明かす黒澤。ブリーフィングに遅刻した理由をちゃんと明かせばよかったのに、と言います。けれど、言い訳はカッコ悪いという春田は、話の流れで、カッコいいグレートキャプテンの黒澤に憧れていること、そして、自分はグレートCAになるんだ!という夢があることを明かしました。
黒澤はこれに照れくさくなりながらも、激励の言葉を掛けます。が知らぬ間に、また居眠りしてしまう春田。しかも黒澤の肩に頭をのせて。
そんな春田の無防備な姿に、黒澤は大興奮。
目覚めた後、春田の「月がきれいですね」という言葉に、さらに心をかき乱されてしまいます。後に、「月がきれいですね」という言葉は、かつて夏目漱石が「I Love You」を訳した表現だと知り、一層テンションが上がってしまう黒澤でした。

その後、社員寮に帰宅した春田。
成瀬を見かけて、「今日のあれなに?」と問い詰めます。けれど成瀬はキョトンとした顔で「意味なんかない」と素っ気無く立ち去ってしまいました。

成瀬の相変わらずな態度に苛立ちを覚えながら、キッチンへ向かうと、そこで料理をしている四宮が。
春田は、四宮の出来立ての手料理を頬張りながら、成瀬からキスされたことを明かし、「好きでもない相手と、よくキスできるな」とぼやきます。
すると「好きじゃなくてもキスできるよ」という四宮。その答えに春田は驚きます。しかしすぐに「なんてな」と笑って誤魔化す四宮でした。

部屋に戻って、緋夏と電話する春田。
今度の金曜日、おでんを食べに行こう、と約束します。

翌朝、春田はまた寝坊してしまいますが、何とかブリーフィングにはギリギリセーフ。
このブリーフィングで、茂木の話題が出ます。相変わらず搭乗直前にキャンセルするから困ったものだ、と。
そこで、搭乗時刻までに茂木を説得すると申し出る春田。
成瀬や美冴たちは、絶対フライトに間に合わないと反対しますが、黒澤だけは春田を信じて、任せる決断を下してくれました。

黒澤の了承を得て、春田は急ぎ、茂木のもとへ向かいます。
昨夜手作りしたお守りを渡し、勇気付けます。そのお守りには「大大大」という刺繍が。これに茂木が首をかしげると、春田は「大丈夫」のつもりで縫ったという。それがなんだか可笑しくて、緊張が和らぎ、そして勇気も貰えたと、茂木はプロポーズする決意を固め、ついに搭乗したのでした。

後日、茂木から、プロポーズが成功したという御礼の手紙が。
それを気持ちよく読んでいると、また、成瀬と姫子の修羅場に出くわしてしまいます。
今日は、新たに正樹(ダイキ[プリリアン])という男性も加わっていて、姫子は成瀬に「正樹と別れてよ」と迫っていました。

春田は気づかれないよう身を隠そうとしますが、またもや気付かれてしまいます。姫子にしょっ引かれることに。
姫子が正樹に「諦めなよ。成瀬はこの人が好きなんだって。この前キスしてたから」と言って、春田を突き出します。さらに成瀬が「一回寝ただけで本気にしてるんじゃねえよ」と正樹を挑発。
すると、激昂した正樹が春田にコーヒーをぶっかけ、さらにはビンタ。ついでに姫子も春田にビンタをお見舞いして、去って行きました。
まさに踏んだり蹴ったりの春田。そんな春田に、追い打ちをかけるように、成瀬は足で壁ドンをすると「今のしゃべったら、ぶっ殺すぞ」と脅したのでした。

そこへ、四宮が通り掛かります。
逃げるように立ち去る成瀬とぶつかった四宮は、手にしたファイルを落としてしまい、中の紙がばら撒かれてしまいました。
その中には、春田のデッサンが。
春田は、四宮のことを信じられない目で見つめ、四宮は絶叫。

そして、この一部始終を黒澤が物陰から見ていたのでした。

スポンサーリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

まずは一言。めちゃくちゃ面白い!
正直、牧凌太(林遣都)やちず(内田理央)たちが出ていた前作があまりにも良かったから、(春田&黒澤除いての)キャスト一新で、はたして「おっさんずラブ」の面白さが表現できるのかと不安を抱いていたのですが、それは全くの杞憂だったようです。
おっさんずラブらしさはそのままに、前作にない新キャラだからこその、また違った面白さがありました!

春田は、前作に続き、おっちょこちょいで、お人好しさ全開!
まるで朝ドラのヒロインのように、周囲の好意を惹きつけてしまうのも納得しちゃう、スーパーお茶目なおっさんでした。

黒澤も、黒澤武蔵っぷりが健在!
シェイクスピア演劇の一場面を演じているかのような、ダイナミックな感情表現がとにかく素晴らしい。その雄々しいクオリティと、中身の乙女ちっくさのギャップに、つい笑っちゃいます。
今回の名シーンは、「月がきれいですね」の意味を知って、「オーマイガッ!」と叫んだシーンでしょうか。

四宮は、頼れる兄貴分を戸次重幸さんが好演!
春田が思わず甘えたくなるのも納得です。
そして、まさかのデッサンの犯人…もとい、作者だったことにびっくり!てっきり、黒澤武蔵が夜な夜な描いたものかと…。
どうやら四宮は、春田に隠れぞっこんのようですね。

そして、クールでミステリアスな成瀬竜!
千葉雄大さんが演じるということで、甘くて可愛らしいキャラなのかなと想像していたのですが、まったくの正反対。
何事にも動じず、顔色ひとつ変えずに急にキスする成瀬と、ドタバタ感満載の春田との対比が面白い!
さらに、足での華麗なる壁ドン!
前作でも、眞島秀和さんが華麗な壁ドンを披露してましたが、それをも超える迫力でした。思わず、ドキィッ!と心臓が跳ね上がってしまったほど。
成瀬は、現時点では春田のこと何とも思ってなさそうですね。これから衝突しながら、惹かれ合っていくのかな…?

新キャラの登場で、新しい面白さを届けてくれたおっさんずラブの第2弾。
これから、おっさんたちが巻き起こす激しい恋の乱気流に揺さぶられながら、フライトを存分に楽しみたいと思います!

成瀬と春田のキスシーンに武蔵&視聴者くぎ付け!

最後の数分間は何だったんでしょう…面白過ぎましたね!
待ちに待った『おっさんずラブ 続編』、ファンの期待に応えてくれた内容だったのではないでしょうか?
黒澤武蔵はやっぱり視聴者の期待を裏切りませんね!

とりあえず1話を見たところでの恋の乱気流を整理しておくと。
橘緋夏

春田創一←四宮要←成瀬竜

黒澤武蔵
という関係性となりますでしょうか?

牧ポジは成瀬竜(千葉雄大)と思いきや、シノさんこと四宮要(戸次重幸)なのかな?
というより、少し前作とは別物の設定と考えた方がいいのでしょうかね。

今回は、
成瀬の「1回寝たぐらいで本気にしてんじゃねえよ。」発言。
武蔵の心の葛藤を表す数々の名シーン。特にキスシーンを見つめる顔が最高!
シノさんのラストの絶叫。
に笑わされました。

成瀬竜を演じる千葉雄大さんが持ち味を全力で出してきてますよね。

次回は、橘緋夏(佐津川愛美)と春田との関係が急接近しそう。武蔵や四宮はこの状況をどうするのか?
そして、成瀬は誰狙いなのか?
続編もやっぱり楽しませてくれますね。

『おっさんずラブ-in the sky-』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『おっさんずラブ-in the sky-』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

新人CA・春田(田中圭)が、転職初日に見つけてしまった大量のデッサン…
それを描いたのは、なんと同じ寮に住む兄貴分の整備士・四宮要(戸次重幸)だった!
動揺する春田だが、四宮は、春田以外の職場の仲間たちを描いた他のデッサンを見せ、「絵を描くのが趣味なんだ」だと爽やかに説明する。

一方、副操縦士・成瀬(千葉雄大)が春田にキスをした理由が、“男と別れるため”だったと知り、「俺を巻き込むのはやめてくんね?」と問い詰める春田だが、
その裏で、成瀬がパワハラ疑惑をかけられ、パイロット資格はく奪の窮地に立たされていることを知る。

そんな中、春田を巡る恋の乱気流を目撃してしまった機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は胸にかすかな痛みを抱えていた――。
いつにない自分の状態に疑問を抱き、「まさか乗務に影響のある病気では…」と至急診療室に駆け込むが、なんと医師から「恋の病では…?」と告げられる。

そんな黒澤の想いなど露知らず、春田と広報部員の橘緋夏(佐津川愛美)は、ひょんなことからデートに出かけることに!

しかしデートの約束をした翌朝、春田は突然、黒澤から“空港の中心”に呼び出される。
美しい飛行場の夜景を背に、黒澤は絶叫。
「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」

ご搭乗の皆さま、ただいま激しい恋の乱気流が発生しております。
心のシートベルトを、しっかりお締めください――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0002/