ドラマル

『俺スカ』8話のネタバレ感想!光岡が「青春の主張」で女装が好きと告白!

2019年6月8日に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、文化祭のメインイベント『青春の主張』で光岡がある思いを告白!
そして、のぶおも全校生徒の前で衝撃のカミングアウトをする。

関連記事

『俺のスカート、どこ行った?』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『俺のスカート、どこ行った?』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『俺のスカート、どこ行った?』8話のあらすじネタバレ

文化祭が近付き、2年3組ではどんな出し物をするのか話し合い、若林優馬(長尾謙杜)が「のぶおが前に働いていたお店みたいなのはどう?」と提案して採用されます。
男子生徒が女装して、女子生徒が男装して接客するバーをやることになります。

文化祭当日は原田のぶお(古田新太)の誕生日で、自分のバースデーイベントをやろうと張り切っています。
また、文化祭では毎年お化け屋敷が恒例の出し物となっていて、このお化け屋敷はものすごく怖く、ゴールできる人はほとんどいないようです。
生徒たちの間では、そのお化け屋敷を好きな人と一緒に回って、最後までたどり着いてから告白すると絶対に恋が実るという伝説が広まっていました。

文化祭前日に、光岡慎之介(阿久津仁愛)は原田に本当は女装したいのだと告白します。
それを原田は、どんな格好をしても、光岡は光岡だから好きなようにすればいいと認めます。

文化祭当日、2年3組の生徒はサプライズで原田にバースデーケーキをプレゼントします。
恋が成就する伝説のお化け屋敷には、恋人と別れた佐川天音(大西礼芳)を田中みちる(桐山漣)が誘うのですが、田中が恐がりなため庄司雅俊(大倉孝二)も同行します。このグループはゴールできませんでした。
また、今泉茜(竹内愛紗)が気になっている光岡を誘ってゴールして告白しようとするのですが、光岡のカミングアウトを受けて、今泉は失恋してしまいます。
里見萌(白石麻衣)が原田を誘うと、なぜか古賀健太(荒川良々)がついてきました。このグループは全身グリーンに塗った古賀がお化けと勘違いされて監禁されてしまい、ゴールした里見が原田に告白しようとしますが、想いは伝えられませんでした。

文化祭のメインイベントの『青春の主張』では、光岡が女装して登場して全校生徒の前で、女装していたいと告白し、みんなから拍手を浴びます。
また、原田はなんと、余命宣告されていることをカミングアウトします。
そして、余命を過ぎた時に『やりたいことノート』を書き始め、今は2年3組の生徒の卒業式に出ることや、ノートに書いていることを生きている間に全部やりきるのだと話します。

原田の話を聞いた明智秀一(永瀬廉)は、原田に自分たちの卒業まで生きているかどうかの賭けをしようと持ちかけ、原田もその賭けに乗ります。

スポンサーリンク

『俺のスカート、どこ行った?』8話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

ダイバーシティ、多様性を認めていくことの大切さを子供たちに伝えていくことはとても大事なことでしょう。
しかし、様々なことを子供たちに伝えたり、気づかせたりするのと同じように、まずは大人が実践して背中を見せていくことですね。

いじめなども、学校で起こる問題ばかりがクローズアップされますが、それは単に大人が社会でやっていることを、子供たちが見て真似ているだけのことです。
そのことに大人が気づいていかない限り、いくら口頭や机上で伝えようとしても、子供たちのいじめがなくなることはないでしょう。

自分らしくていいということ、自分らしさを認めることは、まず大人が身の回りから実践していくことで、自然に子供たちに伝わっていくことに気づかせてくれる内容でした。

光岡が「青春の主張」で女装が好きと告白!

阿久津仁愛さん演じる光岡慎之介の勇気を振り絞った「女の子の恰好がしたい」というカミングアウトが良かったですね。
3話ピアスの伏線を、こんな形で回収してくるとは思いませんでした。

それにしても、明智秀一(永瀬廉)は本当にいい奴!
光岡の勇気に応えるように、いの一番に「いいぞ光岡!」と励ますシーンは、グッときましたね。あんな友達思いの男(ピーチ姫?)はなかなかいないでしょう。

それと、光岡に告白しようとしていた今泉茜(竹内愛紗)も、自分の気持ちをグッと堪えて話を聞いていて、すごく好感が持てました。

のぶおが来て、2年3組は本当にいいクラスになりましたね。

『俺のスカート、どこ行った?』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『俺のスカート、どこ行った?』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

原田(古田新太)が生徒に暴力をふるったという動画がネットで拡散されて炎上。しかし、その動画は、いかにも原田が明智(永瀬廉)に暴力を振るっているように映像が切り取られたものだった。女装した教師が暴力を振るうという映像は、興味本位でマスコミにも取り上げられる。世間の反応の大きさから、原田は、しばらく謹慎することに。

騒ぎは大きくなるばかりで、マスコミが学校の前を取り囲むようになる。事態の収束のため、寺尾校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)が記者会見を行う。校長は、責任を取って辞任を発表。記者たちからは、原田の女装やゲイバーから連れてきたことに関する偏見に満ちた質問が飛ぶ。

2年3組の生徒たちは、原田がクビになるかもしれないと心配する。彼らは、自分たちが原田のために何かできないかと考えるが、良い案が浮かばない。
校長は教師たちに、自分が辞めた後のことを矢野(小市慢太郎)に任せると告げる。そして、校長の辞職だけでは済まないという声も上がる。

一方、謹慎中の原田は、家でのんびり過ごしていた。そんな中、長井が原田を訪ねてくる。長井は、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることも納得がいかないと訴える。長井に「なんで先生になりたかったんですか?」と聞かれた原田は、話をはぐらかそうとする。それでも、食い下がる長井。すると原田は「長いわよ。40年分の話だから」と言って、40年前の中学時代に起こった出来事から語り始める…。原田のぶおがなぜ、ゲイで女装家の高校教師になったのかが明らかに―――。

出典:https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/