ドラマル

『俺スカ』4話のネタバレ感想!白石麻衣は原田のぶおのことが好き?

2019年5月11日に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、2年3組の生徒たちが職業体験に!
原田のぶおは、東条、若林らと探偵事務所で探偵に、明智は工場で職業体験するが…。

関連記事

『俺のスカート、どこ行った?』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『俺のスカート、どこ行った?』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『俺のスカート、どこ行った?』4話のあらすじネタバレ

豪林館学園高校では、2年生の職業体験について打ち合わせが行われ、原田のぶお(古田新太)は里見萌(白石麻衣)田中みちる(桐山漣)と探偵事務所で職業体験する生徒を引率することになりました。

2年3組の生徒たちは、古着屋、製作所、お弁当屋、電器屋、探偵事務所の中から、自分の行きたい仕事場を選びます。
しかし、東条正義(道枝駿佑)は希望を書かずに白紙のままで出していたので、原田は自分の担当の探偵事務所に振り分けます。

職業体験当日、原田たちは東条、若林優馬(長尾謙杜)ら4人の生徒たちを連れて魚住探偵事務所に行きます。
しかし探偵事務所への依頼はなく、暇すぎて困っていました。

翌日、原田たちに依頼されたのは人探しでした。依頼者は探偵事務所所長の魚住(前野朋哉)の祖母・豆子でした。
食堂で食事している時、自分が食べきれない分を食べてくれた上に、その代金まで払ってくれた人を探して欲しいということです。
原田たちは豆子の話から似顔絵を描き、若林の絵が一番似ていると、それをもとに探し始めましたが、この日は収穫はありませんでした。

一方、製造工場で職業体験をしていたメンバーは、駒井和真(堀家一希)の作業に文句をつけた工場長が生徒たちを邪魔者扱いして、ろくに仕事をさせてもらえません。
工場長の言い分に納得できない明智秀一(永瀬廉)は、工場長と衝突して他のメンバーと工場から引き上げてしまいます。
明智たちは校長の寺尾綴(いとうせいこう)生活指導の長井あゆみ(松下奈緒)に呼び出されて、明日また工場に戻るように指導されます。

原田は帰宅後、娘の原田糸(片山友希)に似顔絵を描いてもらい、翌日その絵を元に探そうとするのですが、似顔絵が工場に職業体験に行っている駒井に似てることから工場に駒井を探しに行きますが、明智や駒井たちは工場に来ていませんでした。
そのことで、工場長が学校に乗り込んできて、また文句をつけています。
そこに連絡を受けて駆けつけた原田は、生徒たちのために土下座をして謝り、生徒たちを守ります。

原田と一緒に駒井を探していた豆子は、駒井に丁寧にお礼を伝えます。

そして、豆子の「どれだけ時間をかけても、感謝と反省は伝えた方がいいのよ。」という言葉と、原田の土下座して謝る姿に影響された東条が、以前若林に屋上から飛び降りるようにはやし立てたことに対して、土下座をしてお詫びをし、若林も工場長のような大人になりたいくないからと東条を許し、ふたりはまた元の友達に戻ることができました。

『俺のスカート、どこ行った?』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

人間界の組織の中では、上に立つ者は、どれだけ組織に所属する者に対する責任を持てるかが重要です。

「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任。」などという風潮は、まだまだ根強く残っていますね。

こんな大人の社会を築いている大人が、子供たちのいじめなどの手本になっていることに気づくことが大切ですね。

言って聞かせても、なかなか届くものではありません。後ろ姿を見せて届けていくことを大人は心したいものです。
今回も素晴らしい学びを届けてもらえました。

白石麻衣は原田のぶおのことが好き?

白石麻衣さん演じる里見萌(世界史先生)は、確実に原田のぶお(古田新太)に惚れてますよね。

お稲荷さんを作ってきたり、最後、絆創膏をはれず佐川先生に嫉妬するところとか可愛かったですよね。口悪い黒石麻衣キャラもいい感じと好評です。

ところでまいやんは、一体、原田のぶおのどこを好きになったのでしょうか?
前回、お稲荷さんの米粒をのぶおにとってもらった時にポーっとしていたのであの時なのでしょうか?趣味が気になりますね。

『俺のスカート、どこ行った?』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『俺のスカート、どこ行った?』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

若林(長尾謙杜)が拾ったスマホを職員室まで届けに来た。その時、スマホを失くしたという別のクラスの生徒・愛理が職員室に来ていた。若林は「見つけてくれてありがとう」と、愛理にお礼を言われる。

東条(道枝駿佑)は、別のクラスを覗いている若林を見かける。東条に声をかけられた若林は、動揺。そのクラスには、愛理がいた。東条は、愛理と顔見知りだった。
若林は東条に、愛理のことを知っているのかと尋ねる。「ちょっと知ってるだけだけど」と答える東条。逆に東条から、愛理のことを好きなのかと聞かれると、若林の様子がおかしくなる。彼は、愛理に一目ぼれしていたのだった。そこに原田(古田新太)と田中(桐山漣)が通りかかる。

原田と田中は、若林が愛理に恋をした経緯を聞く。原田は、若林の恋を後押ししようとするが、若林は「無理だよ」と最初からあきらめていた。原田は、そんな若林に自信に持たせるために「私があんたをプロデュースしてあげる」と言い出す。
原田は、若林に女心を学ばせようと、川崎(髙橋ひかる)たち女子に協力してほしいと頼む。川崎たちは面白がって、若林を応援しようと盛り上がる。

そして、“のぶおが若林をプロデュース!”がスタート。原田は若林に、愛理から連絡先を聞き出すという課題を与える。原田のムチャ振りに困惑しながらも、若林は愛理との距離を徐々に縮めていくが…。

出典:https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/