ドラマル

『俺スカ』3話のネタバレ感想!不登校男子・光岡の回!阿久津仁愛を推す声殺到!

2019年5月4日に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、ずっと欠席していた光岡が里見先生に連れられテストを受けることに!
しかし、その光岡がカンニングをしたという疑いが高まり…。

関連記事

『俺のスカート、どこ行った?』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『俺のスカート、どこ行った?』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『俺のスカート、どこ行った?』3話のあらすじネタバレ

豪林館学園高校2年3組の担任で、現代文の教師である原田のぶお(古田新太)は、テストに向けてなぜか張り切っていました。

テスト当日、世界史担当の里見萌(白石麻衣)は、校門の前でこれまで学校に来ていなかった2年3組の光岡慎之介(阿久津仁愛)と会い、テストを受けるように諭し教室に連れて行きます。
光岡が学校に来ていなかった理由は、光岡の弟妹を保育園に送り迎えしなければならなくなっていたからでした。

1日目の世界史のテスト中、光岡は隣の席の茂木朱里(菊池和澄)の答案用紙をカンニングをしてしまいます。

その日の放課後、迎えに行く予定だった光岡の母親(須藤理彩)が迎えに行ってないことが保育園からの電話でわかり、慌てて弟たちを迎えに行こうとしている光岡に原田と若林優馬(長尾謙杜)が遭遇して、一緒に迎えに行くことになります。
そして流れで原田と若林は光岡の家まで付いて行き上がり込んで、さらに夕食まで一緒に食べてしまいます。

夕食後に原田は光岡から、全国の母親が自分の時間を持てるようなサービスを提供する会社を作りたいという将来の夢を聞き出します。

翌日、職員室では1日目のテストの採点が行われていましたが、里見が光岡と茂木の答案が同じことに気づき、光岡のカンニングが発覚してしまいます。
そして光岡の母親も呼び出されて、生活指導の長井あゆみ(松下奈緒)から全教科0点になることが言い渡されます。
すると光岡は学校を辞めると言い出します。

長井は、社会に出ると一度間違えると大変なことになるので、間違えることが許されないから、間違えないようにするべきだと言いますが、その長井の言葉を原田は遮って、間違えることが許されない方が間違えてると言います。
自分たち教師が教えなければならないことは、一度でも間違えてはいけない社会の厳しさより、間違えてももう一度挑戦できる社会の優しさだと話します。
このまま全教科0点で、光岡の将来を潰すことが学校の仕事なのか?と問いかけます。
その問いかけに、同席していた校長の寺尾綴(いとうせいこう)は全て再テストすると言い出します。

長井は光岡だけ再テストするのは不公平ではないかと心配すると、寺尾校長は2年3組全員で再テストしましょうと言います。

再テストをすることになった2年3組のクラスメイトの光岡に対する風当たりがきつくなります。
明智秀一(永瀬廉)は再テストの条件として、原田の担当の国語のテストでクラスが前回の平均点を上回ったら、原田がひとつだけ言うことを聞くというゲームを提案します。原田はこの提案を受けます。
前回より点数を上げることに不安を抱くクラスメイトに明智は、自分がカンニングを仕込んで、みんなの点数を上げさせることを約束します。

光岡は今泉茜(竹内愛紗)に借りたノートで勉強して再テスト初日に臨みます。
放課後、明智がバイトをしているのを街で見かけた若林は、明智がゲームで原田を辞めさせようとしていると思い、バイトをしているのを見かけたことを話し、学校はバイト禁止だけど黙っておくと伝え、ゲームを辞めさせようとしますが、明智は辞める気はありません。

再テスト2日目、光岡は再テスト初日のクラスメイトたちの話が、自分への批判に聞こえていたため学校に行きません。
光岡が来ていないことに気づいた原田は、テストに間に合わせるために光岡の家に駆けつけます。
抵抗する光岡に原田は、ミスくらい許せるクラスを作ると言い、強引に光岡を連れ出します。

なんとか光岡はテスト間に合い、クラスメイトにお詫びをします。
しかしクラスメイトの何人かは、光岡をすでに許していることに気づきます。

そして原田は、テストを2回受けて点数が下がったら可哀想だから、国語のテストの答えを黒板に書くのでカンニングしなさいと言うのですが、明智を筆頭にクラスの生徒全員が後ろを向いてカンニングすることなくテストを受けます。結果はまだわかっていません。

『俺のスカート、どこ行った?』3話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

現代社会は学校に限らず、社会全体がミスを攻め立てる風潮にあります。
その風潮を打ち破るべく原田が、光岡のミスを許すアクションを起こしますが、原田の背中を見てきた生徒たちは、自ら許す言動を発するようになっていきます。

こんな素敵な社会にしていくことは、それほど難しいことではないでしょう。
まず自分に身の回りの小さなことから、許しを実践していけば、やがてはそれが大きなうねりになっていくものでしょう。
素敵な奇跡を身の回りから起こしていきたいですね。

不登校男子・光岡の回!阿久津仁愛を推す声殺到!

今回スポットがあたったのは、ずっと学校校門前まで来ては帰ってしまっていた不登校男子・光岡慎之介を演じる阿久津仁愛(あくつにちか)。
光岡くんは家族思いの凄くいい子でしたよね。ようやく、里見萌(白石麻衣)先生に連れられて出席したことで、結果として夢に向かって進むことができて本当によかった。

放送後は、光岡くん演じる阿久津仁愛さんの顔の良さや名前の読み方が難しいと話題になっていましたね。

『俺のスカート、どこ行った?』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『俺のスカート、どこ行った?』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

豪林館学園高校では、2年生がさまざまな職場で仕事をする職業体験が行われる。原田(古田新太)は里見(白石麻衣)、田中(桐山漣)とともに、探偵事務所で職業体験する生徒を引率することに。

2年3組の生徒たちは、自分の行きたい仕事場を提出。しかし、東条(道枝駿佑)は希望を書かずに白紙のままで出していた。原田が東条に声をかけると、東条は「何でもいい」と答える。原田は、東条を探偵事務所に振り分ける。東条はこのところ、明智(永瀬廉)と離れて一人でいるようになっていた。

職業体験当日、原田は東条、若林(長尾謙杜)ら生徒たちを連れて魚住探偵事務所へ向かうが、暇すぎて、仕事の依頼は一向に来ない…。浮気調査ができるかと期待していた原田はガッカリ。 翌日、原田たちが任されたのは、人探しだった。依頼者は、所長・魚住(前野朋哉)の祖母・豆子。食堂で食事している時、自分が食べきれない分を食べてくれた上に、その代金まで払ってくれた人を探して欲しいという。原田たちは豆子の話からその人の似顔絵を描き、それをもとに探し始める。

一方、明智は、工場で職業体験をしていた。しかし、工場長は職業体験の生徒たちを邪魔者扱いして、ろくに仕事をさせてくれない。納得できない明智は、工場長と衝突。明智は他の生徒を連れて工場から引き上げしまい、そのことが問題になって…。

出典:https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/