ドラマル

『俺スカ』1話のネタバレ感想!カーストトップ明智(永瀬廉)がカッコ良すぎる!

2019年4月20日に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、新たなカリスマ教師が爆誕!
52歳、ゲイで女装家の高校教師・原田のぶおが謎のマスク男子を変える。

関連記事

『俺のスカート、どこ行った?』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『俺のスカート、どこ行った?』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『俺のスカート、どこ行った?』1話のあらすじネタバレ

豪林館学園高校は新学期を迎えて、2年3組に新しい担任教師が赴任することになり、生徒たちはどんな教師が来るのかと噂していました。
明智秀一(永瀬廉)は「ヤバイおじさんの方がいいじゃん。ヤバイ方がヤバイから。」とヤバイ先生を期待します。

始業式で2年3組の新担任として原田のぶお(古田新太)は紹介されるのですが、通勤途中で痴漢を撃退していて学校に遅れて、スカートをはいて女装して登場し壇上に上がります。

登壇していきなり、
「あんたたち、私見て笑うのは勝手だけどさ、そうやって他人馬鹿にして笑ってるあんたたちの方がよっぽどブスだからね。」
「どうせ上っ面だけ見て、世の中全部わかった気でいるんだろ。」
「まあ、そういう授業では教えられない、考えたこともない、でも人として知っておかなければならないことを教えにきたから。」
とブチかまします。

校長の寺尾綴(いとうせいこう)は「好きなようにやってみてください」と激励します。

原田は数学教師の長井あゆみ(松下奈緒)と、いきなり5分前行動について議論するなど、職員室でもマイペースを貫いていきます。

そして原田は副担任の田中(桐山漣)と2年3組の教室に行き、原田が自己紹介を始めると、生徒たちは源氏名、ゲイ名を教えてくれとせがんだり、からかい始めます。
東条正義(道枝駿佑)は原田に「なんでそんなキモイ格好なんですか?」と質問します。
「おっさんが女の格好をしていたらキモイってのが常識だろ。」と決めつけている東条に原田は、
「お前程度のチンケな常識でキモイとか決めんのやめてくんない?」
「いつかその決めつけが、お前を大人になってから苦しめる。」と言い、LGBTについて説明を始めます。

東条が「教師が『お前』と言うのダメなんじゃねえの。」と食い下がると、
名前を呼ぶには「敬意」が必要だと原田は答えます。
生徒たちは原田に反発して、誰が原田を辞めさせられるか賭けをすることになります。

原田の歓迎会でも里見萌(白石麻衣)の発した言葉や長井との会話で険悪な雰囲気になってしまいます。

原田が家に戻ると娘の原田糸(片山友希)と糸の元カレの安岡一道(伊藤あさひ)がいました。
糸には問題だけは起こさないでと懇願されます。

翌日原田は屋上で昼食を食べている、2年3組の生徒の若林優馬(長尾謙杜)を見かけます。
人とコミュニケーションをとるのが苦手な若林は、常にマスクしていたので、原田は若林のマスクを取らせようしました。

放課後、若林は2年3組の生徒たちに絡まれ、誰が原田を辞めさせられるか賭けをやっているからエントリーするように言われます。

原田の家では、安岡が麻雀牌に生徒全員の写真と名前を貼って座席順に並べて、神経衰弱よろしく顔と名前を一致させる手伝いをしようとしますが、原田は相手にしません。
むしろ作った安岡が全てを覚えていて自慢します。

その翌日、例によって原田が門が閉まってから登校すると、ずっと欠席していた光岡慎之介(阿久津仁愛)が校門の近くまで来ていましたが、門をよじ登っている原田を見て帰ってしまいました。

賭けにエントリーした若林が学校の屋上に登って「原田先生を辞めさせろ!」と叫び、飛び降りようとします。
屋上に駆けつけた原田は、若林と真剣に話します。
初めは「おまえ」呼ばわりだった若林に対して原田は「若林」と名前で呼びます。
マスクしている理由を「顔がムカつくから。」という若林に「得してるやつばかり見るな。損しているやつも見ろ。」と言います。
そして「飛べ!」と若林に屋上から飛び降りるようにけしかけます。

若林の飛び降りを受け止めようと準備する原田は、2年3組の生徒全員の名前を見事に覚えていて、ひとりひとりの名前を呼んで準備させます。
若林はついに意を決して飛び降りて、外せなかったマスクを見事に取ります。

翌日も登校すると門が閉まっていたので、原田はクレーンを持ってきて門を壊してしまいます。

スポンサーリンク

『俺のスカート、どこ行った?』1話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

原田のぶお(古田新太)のひとつひとつの言動が、心に響いてきました。

人は多くの場合、自然界に存在しながら、人間が勝手に創ってしまった常識などに囚われてしまって、自然界で本来大切にしなければならないことを忘れがちです。それで多くの問題が起きているのに、そのことに気づきません。

そんな自然界の原理原則を確認させてもらえる言動が次々と飛び出してきて痛快でした。
今後も休みなく繰り出されるであろう真理を突いた言動が楽しみです。

1話で最も話題になった出来事

カーストトップ明智(永瀬廉)がカッコ良すぎる!

クラスのカーストトップに君臨し、どこか闇を抱えている明智秀一を演じる永瀬廉(King&Prince)がカッコ良すぎると話題になりました。

ファンからは、演技が本当上手くなった!ハマリ役と賞賛の声殺到!今後、どのような役柄としてドラマを盛り上げていくのか楽しみですよね。

『俺のスカート、どこ行った?』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『俺のスカート、どこ行った?』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

豪林館学園高校では、学校全体の偏差値を上げるための補習期間に入ることに。補習期間中は放課後、担任教師も付き添わなければならない。原田(古田新太)は、残業代なしで補習に付き合わされると聞いて「ブラック企業じゃん?」と不満たらたら。

そんな中、原田は佐川(大西礼芳)から、チアダンス部の顧問をやってほしいと頼まれる。チア部顧問の戸塚(平岩紙)が産休に入ったため、2年3組の川崎(髙橋ひかる)をはじめチア部員たちが困っているという。補習期間中の部活動は休止なのだが、チア部のように成績の良い部活は補習免除で練習を許されていた。チア部の顧問をやれば補習担当が免除になり、手当がもらえると聞いた原田は、引き受けることに。

チア部は大会が迫り、練習にも熱が入っていた。朝練はもちろん、夜遅くまで猛練習を重ねる部員たちに対して、原田は「あんたら練習し過ぎよ。体ぶっ壊れるわ」と練習を止める。原田が案じた通り、川崎はすでに足に痛みを感じていた。川崎と幼馴染の東条(道枝駿佑)は、川崎が足を引きずっているのを見かけ、心配する。 今度の大会でどうしても上位入賞したいと願うチア部員たちは、こっそり自主練を続ける。そんな中、川崎は足のケガを悪化させてしまう。

川崎のケガが学校側の知るところとなり、原田は長井(松下奈緒)から責任を問われる。さらに、チア部も補習期間中の練習を休みにするようにと命じられてしまう。落ち込む部員たちに原田は「あんたらのパフォーマンスに足りないものを教えてあげる」と言い、ある場所で秘密の特訓を開始する…!そして、そんな原田とチアダンス部の行動をみかけた明智(永瀬廉)は・・・!

出典:https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/