ドラマル

『俺の話は長い』6話のネタバレ感想!カニ雑炊で縮まる義父と娘の関係にほっこり!

2019年11月16日に放送されたドラマ『俺の話は長い』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、満と女社長・明日香(倉科カナ)との関係が急接近!
2年前とは違い今回はヒモではなく本気だという満は、岸辺家を去り明日香の元へ…。

関連記事

『俺の話は長い』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『俺の話は長い』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『俺の話は長い』6話のあらすじネタバレ

毛蟹と体温計

BARクラッチでバーテンダーの駒野海星(杉野遥亮)が岸辺満(生田斗真)にオーナーから預かったと言うバイト代を渡します。

多めに入っていたお金に満はいいのかと海星にいいますが、オーナーが満を気に入った様子だったと話します。
オーナーが満を気に入った様子だったと話し、海星が満にどうだったのか聞きます。
まんざらでもなさそうな満でした。

朝。満は最後に風呂に入ったのは誰かと聞きます。
秋葉春海(清原果耶)は自分だと言うと、満は「浴槽の栓抜いたら蓋上げとけよ。お湯残ってると思って蓋開けた時の絶望感味わった事ないのか?」と言います。
春海は「学校行く前にその説教聞かされる絶望感も相当だけどね」と言います。

満は秋葉光司(安田顕)がいない事に気付き、聞きます。
38.8度の熱を出して寝ていると言います。
秋葉綾子(小池栄子)は光司に会社を辞めたらどうすると聞かれた事を話し心配します。

光司におかゆを届ける満。
38度を越さないと休みづらいと話す光司に満は「今日は胸張って休んで下さい」と言います。

ポラリスでは段野(長谷川初範)が持って来た蟹を見て皆んなが驚きます。
段野は頂いた物だけれど興味がないと言い、岸辺房枝(原田美枝子)にと持って来た様子です。
房枝は「こんな高価なもの頂く訳には」と言います。

牧本求(西村まさ彦)が「3人でジャンケンするか」と言います。
しかし、段野は房枝にと言います。
薗田拓斗(本多力)と諸角圭壱(浜谷健司)は牧本が房枝に高級な海苔の佃煮をプレゼントした事をはなすと、段野は「海苔の佃煮って人にプレゼントする物なんですか?」と言います。
妙な雰囲気になったので房枝が蟹を頂く事にします。
悔しそうな顔をする牧本です。

満は光司にうどんを作ります。
光司は「俺がもし仕事辞めたら毎日こう言う状態だよね」と嬉しそうに言います。
光司は選択と掃除が出来、満は料理が出来ると言い、午前中に家事を終わらせゲームしたり理想の生活だと2人は笑います。

そこに房枝がやって来て、高平陸(水沢林太郎)がまたやって来たと言います。
光司はもう連絡は取っていないと言います。
「学校がある時間だから注文受けたけどどうしよう」と房枝は言います。

光司は満に会って来てと頼みます。
「用意したらすぐ行くからオムドライ出しちゃって」と満は言います。

満が陸の元にやってきます。
「私の息子なの」と聞くと「満さんですか?はるみんから聞いてます」と言います。
「なんて?」と満が聞くと「働かない執念が凄いと」と言います。
「情報が間違って伝わってるね。食べ終わったらゆっくり話そうか」と満は言います。

学校では凛奈が春海に声を掛けます。
「友達に戻れないかな?陸と別れたの。アイツ他の中学にも彼女がいたの。サイテーだよ」と話します。
春海は「でもごめん、友達は無理かも」と言います。

満と陸は土手に座り話します。
「何から聞こうかな」と満は言います。「だめだよ。君思ったよりなかなかだね。手強そうだって事」と言うと「ありがとうございます」と陸は言います。

陸は彼女と別れた事を話します。
「その事自体はショックではないんですけど、光司さんに拒否られた事の方がショックで」と言います。「最近の心の支えだったんですよね」と言います。

満は「春海にちょっかい出したいから光司さん利用してたんじゃないだ」と聞きます。
「初めはそう言う気持ちもありました。今は同級生の彼女でも担任の先生でも埋まらない心の穴は光司さんで埋まった様な気がしたんです」と答えます。
「それは特殊なパズルだね」と満は言います。

陸は自分の家庭環境が春海と同じだと話します。
満は「寂しいの?」と聞きます。

陸は春海が羨ましいと言います。

満が春海の事を聞きます。
「好きですよ。ずっと好きです」と言うと「君は正直だね」と言います。
「ずるいって言われます」と陸が言うと「仕方ないよ。それが中3の特権だ」と満は言います。

家に帰ると、テーブルの上には毛蟹が。
驚く満にみんなはシーッと言います。
風邪で寝込んでいる光司に毛蟹の事を話していないと言います。

満は光司が治ってから明日に食べればいいと言いますが、綾子と春海はせっかく生きたまま頂いたのにと言います。

二匹の毛蟹を見て綾子と春海は「5人で分けたら食べる所がほとんどない。」と言い出し、綾子は「4人で分けたら半分ずつで丁度いい」言います。
満も「誰が爪食べて誰が味噌食べるかで揉めるよ」と言います。

足音がして光司が降りて来ます。
綾子と満がどうしたのか聞きます。
氷が溶けて着替えもしたいと言います。

綾子は「病気の時ぐらい私を頼って」と言い、着替えを部屋に届けます。
「熱は37.8分。お腹はちょっと空いたって」と綾子が皆んなに言います。
「綾子に優しくしてもらったの結婚して初めてだって目を潤ませながら言われて、ちょっとショックで」と言います。

「毛蟹あるけど、どうするって聞かない?」と綾子が言うと「半べそ見たぐらいでほだされてんじゃないよ」と満は言います。

満は「今日一日仕事してないんだから贅沢言える立場じゃなくない?」と言うと、綾子が「お前が言うな」と言います。

春海は「ダシで雑炊作ったら?」と言うと、それでも疑われると綾子は言います。
満は春海が届ければそれが嬉しく怪しまれる事はないと言います。
皆んなは春海が作ればもっと喜んでくれると言い出し、春海が雑炊を作り部屋に届ける事になりました。

雑炊を届ける春海。
驚く光司。
春海は「下で毛蟹食べるけど、食べる?」と聞きます。
光司は「これで充分」と言います。
部屋を出る時「私が作ったから美味しくないかもしれないけど」と春海が言いました。
雑炊を見て涙を流す光司です。

洗い物をしている春海を見て「毛蟹食べると洗い物までするんだ」と満が言います。
体温計の電池がなくなったと言う春海は「コンビニで売ってるかな」と満に聞くと、「へー。毛蟹食べるとそんなにも人に優しくなれるの」と言います。
春海は「うるさいな」と言います。

コンビニの帰り道、春海が満に陸の事をどう思ったか聞きます。

「色々こじらせててめんどくさそうなやつだけど、まあ俺は好きだよ」と言います。
「本当に?」春海は聞きます。
「素直だし普通にいい奴」と満は言います。
陸が彼女と別れた事を嬉しいかと春海に聞くと「そうでもない。望んでいた事だけど、どうしたらいいのか分からない」と答えると、満は「そう言うもんだよ」と言います。

「望みが叶わない人は悩みが尽きないし、望みが叶った人もその後どうするかで悩み続けるんだよ」と言います。
春海は「苦しいだけじゃん」と言います。
満は「苦しい?あんだけ毛蟹頬張って幸せそうな顔してた奴が良く言うよ」と笑います。
「もうちょっと食べたかったなぁ」と2人は言います。

熱が下がった光司は「蟹雑炊のお陰ですかね」と笑顔で言います。
そして光司は「もう大丈夫だから」と綾子に言います。
「無理しないでね」と綾子は言いました。

モンブランと亀

三枝明日香(倉科カナ)の住むマンションで満と2人お酒を飲みます。
12月にあるハーフマラソンにエントリーをした明日香は準備ができていないと満に言います。
「一緒に練習する?時間あるんだったら明日の夜からやろうか」と言います。
「いいの?」と言う明日香に「明日の朝こうちゃんの散歩して夜また来る」と言う満に「本当に彼女いないの?」と聞きます。
「いるわけないでしょ。働いてないからデートする金もない」と満は答えます。
「お金はある方が払えばいいじゃん」と言います。

明日香はケーキ食べる?と聞くと満はケーキによると言います。
モンブランと明日香が言うと満は「えー。俺の好きなケーキで驚いてる」と言います。

帰り際にベランダから手を振る明日香。
満も嬉しそうに手を振ります。

朝。満が牛乳を飲んでいると、綾子が「コーヒーの道具処分してから何週間たった?敬意を払えって言うから当然就職活動するんだって思ってたけど何かしてるの?犬の散歩が就職に繋がってるの?」と言います。

満は「説明したいけど今日は忙しいから」と言い出かけます。

マラソンの練習を終えてマンションにもどる満と明日香。
お風呂に入ってきたらと言われ、ソワソワする満です。
クラッチでは光司が最近満が構ってくれないと言います。
その時、店に光司の元バンドのメンバー田原がやって来ました。

一方マンションではお風呂から出た満を見て料理を作っている明日香が笑顔になります。
実家がうるさく、静かにご飯が食べれる時間が貴重だと話す満。
「特にねーちゃんがうるさくて」と言うと、「なるほどね。だから私に優しいんだ。実家が居づらいから逃げ場所探してるんだ」と言うと「そんな訳ないじゃん」と満は言います。

クラッチでは田原が「こうちゃんがまたバンドやるって言ってくれるまで諦めないから」と言います。
田原は何故ベースをクラッチに預けているのか聞きます。
「ズタボロ辞めようって最初にサジ投げたのお前だろ」と光司が言うと、「だから反省してる」と言う田原に「それで謝ってるつもりか」と言います。
そして田原は頭を下げて頼みます。
「もう一度チャンスくれない?頼むよ。こうちゃん」と言います。

明日香が先に寝るけどゆっくりしていてくれたらいいと言います。
そして「満も一緒に寝る?3人まで寝れるよ」と言うと「後で見にいこうかな」と言います。

寝室に行きかけ止めてしまう満。
1人ソファーで悶えます。

朝。満は明日香にコーヒーを淹れます。
お金を渡す明日香に満は「そう言うつもりで来てるんじゃないから」と言います。

コーヒーを飲み「こう言うのが幸せって言うんだろうね」と言う明日香を見つめる満です。

房枝がため息をつきます。
綾子が「まずい流れだな。満が着々とヒモになろうとしている」と言います。
「前の時と凄く似てるのよね」と房枝。

綾子が言いすぎと言う春海に「こっちだって冷静でいようと思ってるけど、いかにも馬鹿にされた顔と言い方されたらつい感情的になっちゃうのよ」と言います。

困ったと言う房枝に光司が、「僕におまかせくださいませんか?」と言います。
「家族の全員が味方って言う事を理解してもらい家に戻って来てくれる様、全力で説得します」と言います。

お好み焼きを食べる満と光司。
ヒモになるんじゃないかと心配してやって来た事を話す光司。
「お好み焼きを食べたら一緒に帰る事約束してほしい」と光司は言います。
「あっ。分かった。本当に会社辞めようと思ってるんでしょう。今の内にねーちゃんに手柄を挙げて仕事辞めた時の損害を最小限に抑えようとしてるんだ。俺を生贄にして。仕事辞める許しを得ようって魂胆だ」と満は言います。
光司は「かつて俺もヒモだったからね。一度ハマってしまうと抜け出せないもんだからね。そう言う難しさを誰よりも理解してるつもりなんだよ」と言います。
「ねーちゃんですか?」と満は聞きます。
「違うよ。綾子と付き合う前の人」と光司は答えます。

「光司さんなら理解してくれると思って言いますけど、今回はヒモにはなりません」と満は言います。
光司は家賃や光熱費を出して貰って生活するのがヒモ。出す気あるのかと聞きますが、満はそう言う事ではないと言います。

「愛情があるかないかの問題ですから。確かに2年前のはヒモでしたよ。彼女から私達付き合ってるのよね?と聞かれても曖昧に頷くのが精一杯だった。友達にも1回も紹介した事なかったですし。ヒモの時は一日千円の小遣いを貰っていましたけど、今回は違います。散歩とマラソンの練習の報酬をこっちから断わりましたからね」と満は言います。

光司が「その人とはお付き合いしてるの?」と聞くと、「まだお付き合いしてません」と言います。
「今回はヒモじゃなくて本気だって事?」と光司が聞くと、「そう思ってもらって差し支えないと思います」と満は言います。

帰り際、光司が会社を辞める事をぼんやり考えていて、満がいないと協力な助っ人が居なくなると言う話をします。
満は「困った時はいつでも呼んで下さい」と言い、家とは違う方向に帰って行きます。

光司が家に帰り「力不足で申し訳ありません」と言います。

明日香が満に「どれだけ働いてないんだっけ?」と聞きます。
「6年」と答える満に「そんなに働きたく無いんだ」と聞きます。
「働きたい気持ちはめちゃくちゃある。ただ、肝心のやりたい事が見つからない」と言います。
明日香はある人から聞いた「やりたい事が見つからなくて何もしないのはよくないから嫌じゃないことから始めてみたらって」という話をすると、満はそんな事考えた事無かったと言います。

「私も目から鱗でさ。動かないと新たにやりたい事に出会えないから余計悪循環なんだよ」と言います。
満は「ありがとう。その言葉を待ってた。それを聞いて腑に落ちた」と言います。
そして、満は明日香の寝室に向かいます。

家に帰り荷物を纏める満。
玄関で春海に「おっ。ヒモ男だ。」と言います。
「しばらく帰ってこないの?」と春海は言います。
「満にーちゃんが居ないと寂しいのかい?」と言います。
「運転手が居なくなるからちょっと不便なだけ」と春海は言います。
「失恋したらいつでも連絡して来いよ」と満は言い出て行きます。
そして寂しそうな顔をする春海でした。

『俺の話は長い』6話のネタバレ感想

40代女性

なか

毛蟹を前にし綾子と春海が食べたくて仕方ない感じがヒシヒシと伝わりおかしかったです。
春海は光司に雑炊を作ってあげるほど食べたかったのだなと、蟹の力は凄いと思いました。
その雑炊を食べた光司が涙を流しながら雑炊を食べるシーンは光司の人柄が凄く出ていて微笑ましくなりました。

陸と満が話している所で、やっぱり陸は寂しくて仕方ないんだなと思いました。
それを理解してあげられるのは春海なのかなと思い、うまく行けばいいのになと思ってしまいました。

そして、明日香と満は少しずつ進展しているような感じもありましたが、明日香に仕事の事を聞いた時「嫌じゃない事をしてみたら」と言われた話を聞いて、満は好きと確信したのかもしれません。

悩んている時ヒントのような答えをもらった時、その人を尊敬したりそこから好きと言う感情が生まれたりするものなのだなと思いました。

今回満と綾子の口喧嘩がほとんど無くて寂しかったですが、最後、満が家を出てしまったので、もう見る事は少なくなるのかなと少しさびしくなりました。

カニ雑炊で縮まる義父と娘の関係にほっこり!

娘の春海(清原果耶)にカニ雑炊を作ってもらい、喜ぶ義父の光司(安田顕)が良かったですね。

翌日、本当はまだ熱があるのに、春海のカニ雑炊で元気になったと体温をサバ読んでしまう姿が娘への愛に溢れていてほっこりしました。

『俺の話は長い』は、なんかほっこりしてしまう。
いい感じにドラマも私たちの心も仕上がってきましたよね?

第2パート「モンブランと亀」では、満のダメヒモ男ぶりが見れるかと思っていましたが、意外や意外、割と純粋でいい恋へと発展していきそうな流れに!

「やりたい事が見つからなければ、嫌じゃないことから始めてみれば。」という明日香の言葉。あれは刺さりますよね。

明日香(倉科カナ)は、たまにグサッとくる冗談をいいますが、お金・美貌・性格の3拍子揃った稀有な人。満が本気になるのも頷けます。
駒野海星(杉野遥亮)は、どうして明日香を受け入れなかったんでしょうか…何か落とし穴があるのかな?

『俺の話は長い』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『俺の話は長い』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ジンライムと商店街

満(生田斗真)と綾子(小池栄子)の幼少期のお年玉が出てきた。取りに帰った満は、房枝(原田美枝子)達が、この家を売る計画があるのを知る。リフォーム中の綾子達の家に、房枝の部屋もあるらしい。

満は、「ルンバ(お掃除ロボット)がなんであんなにも頑張れるかっていったら充電ボックスがあるからでしょ?」「心の電池ボックスをフル充電出来る唯一のスポットが実家であり、そこで食べるおふくろの味なんです」と猛反対。「その割にはいっつも料理の文句言われてたけど」喫茶店を辞める事も考えてるという房枝。

すると、光司(安田顕)が「僕が継ぎます!」と突然言い出した。なんと会社を三日前に辞めたという。「嘘でしょ?」相談がなかったことに傷ついた綾子はプチ家出と称して、光司がベースを預けているというバー「クラッチ」へ。心配する光司は、近所で綾子を探して…。

カレーライスと砂浜

満は、自分の事を尊敬する渡利(間宮祥太朗)の前で、これからは、王族のペットとして飼われるライオンになると宣言。「飼い主が疲れて帰ってきた時は癒しの存在となり、飼い主が外出するときは身を挺して危険から守る」「かっけぇなぁ~」明日香(倉科カナ)にその決意を口にする満。

「自分のこれからやるべきことは明日香のサポートなんじゃないかと思って」「誰かの為に自分の人生がどうなってもいいって思えたの初めてなんだよ」しかし、明日香は予想外の反応を見せて―。

一方、陸(水沢林太郎)を告白のために呼び出した春海(清原果耶)だったが…。久しぶりに家に帰ってきた満に涙を見せる。「…海まで車出して」「ちょうどオレも海に慰めて貰いに行こうと思ってたんだよ」「…自分だって振られてんじゃん」そして二人は海へ車を走らせて―。

出典:https://www.ntv.co.jp/orebana/story/